ラピス・ハートが新しくなります。

「ラピス・ハート」を読んでいたたきましてありがとうございます。

ホームページを移動しましたのでよろしくお願いいたします。


新「ラピス・ハート」HP〜http://www.lapis-heart.jp/


08120812.IMGP4481.jpg

 

東京 金運教室〜スピリチュアルな金運アップ!

先日のFXの生徒さんが
「これを手に入れました〜」とあるものを見せてくれました。
あら・・・・それはすごい金運!

めったに手に入れられないものです。

そして・・・昨日のFXの生徒さんもお金が入ってきました。

お〜〜やっぱりつながってパワーを増やすのね〜生徒さん同士(顔もあったこともないのですが)がつながっているんだな〜と思いました。




笙先生のFXの教室に通ってくる生徒さんは遠くは海外の人で、普段はスカイプ、そして帰国の時対面・・という人もいますし、国内では沖縄(スカイプ)から北海道、離島の人もいます。

みなさんの共通点は
「将来の仕事が不安」。

具体的には・・田舎なので会社がどうなるか・・・
そうですね、
ふるらんの実家の場所を久しぶりにみたら・・・ふるらんの田舎で一番大きな工場が消えていました。
そして名目が「○○○工業蟆饉匳伉ソ蝓廚任靴拭

つまり・・工場閉鎖。
事務所のみ・・・

と・・・女性が働ける唯一の工場が・・・やっぱりすべて消えていました。


あ・・・みんなどうやってご飯を食べているんだろう・・と思いました。


田舎にいても稼げるのは・・近所のパートだけ。
もちろんFXができれば・・・日中パートで働いていても夜、スマホを見てできるからですよ。


足りない分を稼ぐ・・そのツールです。



「都市で働いているから大丈夫」

・・ですか?
あなたは確実に毎年年をとり・・年齢制限に入るのです。


田舎はですね、温情だし、そして働く人がいないから年齢がそんなに制限がないのです。



まぁ・・ふるらんが田舎にいたら・・家の周りで野菜を作り・・
時々FXをして・・
そしてたまに海に行って・・魚を釣ってくるという生活かな。



都会は生活費がかかります。

・・で将来はやっぱり海に行くまで自転車で移動できる範囲で。

津波が来たとしても自転車で逃げれるように、電動付きを購入予定。


ポケットWi-Fiの無制限使用の場所を見つけて・・緊急情報はタブレットでニュースを見る。



「命」の大切さは知っているので常にそれと連動して行動する予定です。




もちろん食べ物は命とつながっているもの。

今朝は薬膳スープを作りました。
(鶏肉、ネギ、きくらげ、くこのみ、にんにく、しょうが、にんじん・・・)


強い体にしておかないと・・・



この体でお金を作っていくので。



あとは・・薬膳茶(なつめ、人参・・)をいただきながら東京の荷物を整理する予定です。






スピリチュアルの能力を上げることの基本はやはり健康です。

金運を上げるのももちろん健康ありきです。



ですから・・お客様や生徒さんとお会いした時には必ず健康状態を聞いていますし、霊視しています。

おかしいな・・と思ったらすぐ病院へ行くことを進めています。



・・そのぐらいみなさんの体のことが心配です。

ほとんどの人が一人暮らしですからね。

きっとご両親様もご心配だと思っています。


食べ物を削って・・生活している人が多いですし。



体調がおかしいな・・と思ったら・・時には
「これ食べなさい」と進めるときもあります。

それとか
「最近、〜〜していない?」と霊視で話したりしています。



金運の運命だけ論じていてもその人の人生は変わったりするとは思っていないので。


それと健康な心は金運を呼び寄せるし、ひきつけると思っています。




スピリチュアルな部分でもっと深いことを言うと・・

その生徒さんにも伝えていますが、(人によって違うので)
「もっと〜〜したらいいですよ」とお話ししたりします。


そしてその変化を聞いたりします。

会社のことや人間関係も金運に響きますからね・・・


単にチャートを見たりしていても・・やはりスピリチュアルな金運のエネルギーが減っているとFXの稼ぎも急に減ったりしたりしますし。



先日、笙先生の前世の関係を二人で話し合っていまして、笙先生が前世のことでまた一つ気が付いてくれまして・・
「俺って・・〜〜なんだな・・・」という姿を見ていると、こうやって人って気が付いて・・受け入れられることができるようになるために、その問題が常に目の前に現れるようになってるんだわ・・と思いました。

本当に受け入れたとき、現象がなくなるのでわかります。

例えばチャネリングの授業をしていることもそうですが、課題が来ます。
その課題ができたときに現象が消えます。

メッセージが下りてきて、受け入れを完全にしないとまた現れます・・ということです。


「知っている」と
「わかっている」では違うのです。



人間関係もその反応も・・・それだけではすみません。


人に対する反応はほとんどお金に関する反応と似ているものがあります。



ダメなときに
「わぁ〜〜〜〜」とか、カッとなる人はお金に対してダメなときに「わぁ〜〜」とかカッとなります。


人から逃げる人は・・FXに対しても損切りが遅れるか、逃げて放置する人が多いです。



ふるらんは・・小さい時から大人の顔をみて、人との距離を考える人なのでFXもチャートをじっと見ているほうがお金を稼げる人です。
ですから・・あれこれ同時にすることはできても最終的にまとまりがなくなるのが弱点。


・・と読んでいてわかるでしょう?

あなたの性格と前世の関係。
そして今世のあなたがしてきたこと・・

いろいろまじりあって作られている自分が起こしていること。

それと自分の周りの人達が自分に起こしてきていること・・・






自分の弱点を隠しているから・・お金を稼げない。


・・・と根本的に人や自分に嘘つきな人は人間関係もお金も・・どんなに稼いでもお金をなくす運命を持つ・・・





金運の根本は・・「物の移動」とか「位置」とか「物質」の話が全てではなく、その人の本質とそれに連動するスピリチュアルな部分のものの比重が多いのだと思っています。


さて・・どうしますか?
今のままでいいと思っている人は少ないでしょう。



もちろん・・ふるらんもそう思っています。

ただ・・・ふるらんは莫大にお金が必要だとは思っていません。
だって・・あの世に行くときには必要がないので。
食べていければいいと・・思うのが一番仏さまに対して失礼がないとと思っているので。





要求すればするほど失うし、必要を超えると無駄になる。

暴れると壊れるし、
逃げると追いかけてくる。
泣けば怒るし、
怒ると離れる。
隠れると出てくる・・・
隠そうとすると大きくさせる・・・


身の丈が見えないものには輝きが見えない。


“ホンブン(ある単語の一番の省略の言葉です)”を知ろ。

お前が一番お前を知らない・・・






金運教室の生徒さんたちへ。
あなたが今努力していることは笙先生やふるらんが一番理解しています。

それは二人が努力してきたからこそあなたの大変さを知っているからです。


そしてそれ以上に・・神様や仏さまはあなたを見ています。

ふるらんたちが見ていない時も・・いつもあなたを見ています。



そしてふるらんたちが思った以上に神様や仏さまはご褒美の準備をされておられます。


それはお金だったり健康だったり。


今ある自分より来年の自分を。

・・数年後のあなたに
「努力してくれてありがとう」と言われてくださいね。



 

大阪ダブル霊視〜スピリチュアル能力を開花させるために

「スピリチュアル能力のことで相談を・・・」という今日のお客様。

はい、これから書くことは今日の朝1番のご相談のお客様の相談です。

ということはまだ数時間前のこと。



第一印象は・・あら〜いい感じ〜〜〜と思いました。

30代のちょうどど真ん中。
お子さんも霊視して・・
当然ですよね?

だって・・セラピストの仕事をしていて、体にくっついたものを家に持って帰って・・・何かあったら当然お子さんに攻撃されるし。
お客様っていろんな人がいるので(苦笑)

え?セージの葉?
それで取れるなら・・・楽ちんよねぇ・・・

きついのって見えやすいのもあるけれど、別な形を取ってきたり、いろんな方法でこっちに来るから。



特に・・霊的なことを背負って(みんな背負ってるから生まれてくるんだけれど)それが濃すぎると、将来お客様になった人がセラピストにやられるというパターンもある。


だからふるらんのところで「セラピストになりたい」と聞かれる場合は当然家族さんを霊視する。

御主人の霊視をして、職業を聞いて・・
職業に妙な特化されても困るしね。

たとえば客商売をしていたら・・
「最近変なお客さんばかり来る」と言われたらあなたの影響で引き寄せがご主人に行ってるかも。


スピリチュアルセラピストと霊能者の表現の違いは・・・霊的なことに関わっているかどうか・・と言ったほうがわかりやすいかな?

でも人の相談って結構霊的なことで起き上がってることが多いので・・一時的に気分は良くても、やっぱり霊的なことで頭を悩ませることが多い。



自分の分だけ、家族の分だけ・・・とちゃんとわきまえている人は助かる。
将来の道は歩きはじめて初めて向こう側に見えてくる。

視えてきたものをまた考え、対処することを成長と言うと思う。


山に登る人はわかるけれど、一度谷に下がらないと頂上に到達しないということを。




お子さんを一人で育てているだけのことがあって、さすがに芯がある。
そうよね〜
離婚って大変で苦しいけれど・・・でも自分の決断とパワーを実感させてくれる。

そして自分の持っている本当の愛を実感・・・というよりも自分で決断した凄さから愛の強さを教えてもらえる。



どんなにセラピストが
「愛」と言っても言葉ではわかるが、なかなか魂までは響かない。
それを超え、感じることができる凄さなのは・・本気にいろんな体験をし、単なる単語を言っても心の底に響くような音域に入るような人になるからである。


・・ということでふるらんは癒しのセラピストとかではない。
現実に足が付いて、そして歩き、視えてくるもの、ふってくるものに対してお客様に伝える一方で必ず
「あなたの変化の決断」を待っている。

笙先生はもちろん現実主義だけれど、霊のことに対してと、経営、お金などに関して現実を踏まえて堅実に対応しようとする。



・・と、彼女を見ていると
「悩みって・・どう自分で受け止めて解釈するかもう出来上がってるね」とふるらんが言うと苦笑いしながら

「人生いろいろありました。仕上げまでにはなっていないと思いますが、あの世へ行くまでに仕上げて見せます」とキッパリ。


いいね〜
その切れ味を持っていたら、霊障害のキツイ人がこの人の前に現れても・・「いずれできる」でしょうね。





当然しなくてもいい苦労を彼女はしている。

女性として・・人生で受けたくないこと。


そして・・家族のことでも。



さすがに神様も仏様も・・・今のところここまでは助けてくれている。


「それでなんだけれど問題が・・」と笙先生。


彼女を子供を見たら・・
「引越しが必要なんだよね。ここはあまりあなたの希望する仕事ができる場所ではないから」と。


つまり・・・写真を視るとどうもおかしい。



家の中の光の中に・・どうやら小さな虫が居る。
虫は正確に書くと“蟲”


「お子さん、たまにピリピリするでしょう?引越しすると治りますよ。ただ場所とタイミングは・・・」と話しました。


はい、笙先生もこのお客様にはスピリチュアルの仕事をさせても大丈夫の意味。


ふるらんに
「どうする?(ふるらん教える?)」と言うので

「いいけれど、この彼女は・・・梅雨を過ぎたらということみたい。引越しをして乾燥した場所に・・土地がいいところに来たら、きっと子供も守りながら行ける」と話しました。



不思議でしょう?
人助けしようとしているのに・・なんで人からそんな不思議な変な目に会うのかって。

でもね、霊障害を起こすほどのモノがくっついているってことをお忘れにならないように。

それを起こすってことはそれだけの負のパワーがきついということ。




神様も仏様も人の話もまったく受け入れないヒトだっているってことです。




まして自分が不慮的なことやうらぎりにあったとか信じられないことに対しては・・
「神も仏もいないのか・・」と天を仰いだりする人も、天に向かって怒りをあらわにする人もいる。



現象をどう受け入れられるか・・・


まぁ・・確かにもしふるらんが子供がいて・・何かあったら・・きっと受け入れられないかもね・・・と思う。


でもね・・しなきゃ・・・
それが仏様を信じているということだから。





引越し、そして子供が家で落ち着いたら・・・チャネリングスタート予定。

当然、お金のこともあるからお財布と相談をして。

「今までは焦って失敗しましたから、今回からは絶対焦らないでゆっくり自分を育てます」




よしよし。
いい言葉だね〜


笙先生が
「やっぱり離婚してよかったね・・そのおかげで彼女は新しい道を歩けるから」と言っていました。






さて・・ふるらんは彼女が来たときのためのプログラムを立てます。

何としてでも・・今までの彼女の辛さを経験値として栄養にできるように持って行きたいから・・・・

 

大阪ダブル霊視〜スピリチュアル体質が体半分・・

スピリチュアル体質が開花されて・・・そのような方はたくさんおられます。

いろんな能力があって・・・

視える・・聞こえる・・感じる・・・
複合型の方もいます。

問題は・・聞こえていること、視えることをどう解釈するか・・ですね。



ダブル霊視に来られたお客様を見ていて・・笙先生とふるらんと微妙に意見が分かれたことがありました。


ん?いつもはほぼ一緒で、時には相手の話を聞いていて
「あ、自分の解釈の方法が違うのか・・」と気が付いたりします。

二人でいるありがたさですね。



彼女が質問してくることに対して・・やぱり笙先生とずれる・・
「え?そんな風に視える?」と。

で、おかしいな・・おかしいな・・・と思ったときにふっと頭の中に笙先生の後ろにふるらんが立っている風景が見えてきました。

それでいつもは笙先生の隣で見ているのですが、ふるらんは立ち上がって・・笙先生が座っている椅子の後ろに立ってみました。

すると・・・

あ〜〜〜そうなんだ・・・とわかりました。

笙先生の座る位置だと彼女の霊の影響が強い方・・
ふるらんからみたら・・霊の影響が弱い方・・

そうなのね・・とわかって、笙先生後ろに立って笙先生が見ている方向で話しをすることにしました。



そしてわかったことが・・・
彼女の体半分が霊感体質ということ。

それで彼女はいつも眉間が痛いんだ・・と。



と、その霊感体質をここで止めているのは半分の方。

「嫌なことがあったら体の片側ばかりに来るでしょう?」と聞くと

「はい、いつも○側ばかりぞくっとしたり、ビリビリしたり・・・そして○側の耳だけに霊の声が聞こえたり・・・」

「それを能力と取るか、出さないようにするか・・自分はどうしたいですか?」と聞くと

「霊感があると・・みんなの役に立てるならいいですが・・自分はどうなのか?と思う部分と、ふるらんさんのブログを読んでいて、霊感を間違えると大変だと思う気持ちと・・半分半・・・あ・・そうなんですね。今の自分の半分なんですね」と言いました。




ふるらんも長年、人をたくさん見てきている。
中学生から人の運命や未来を見てきたし、霊現象などの経験もたくさんしてきた。

そして身内のことも・・


笙先生もいろんな経験をしてきて・・そして修行に入り、除霊の修行もしてきた人。
それでも
「本気の修行をしてきた数人がかりで一人の人を見て、対決してきたときもあるし、僕でもできない強烈な霊がたくさんいるし・・・こっちがやられそうなこともたくさんあったし。やっぱりもっと上の人に頼まないとならないことはたくさんあるよ」という。

本気の霊との対決をする覚悟があるのなら・・申し訳ないけれど日常生活のいろいろはすべて意識を分散させるから・・離れないとならないでしょうね・・・
お金のこと、生活のこと・・病院にいかねば、とか来月の生活費とか・・
そんなことを考えてたら、本人の弱点を突かれてそこに強烈に攻め込んでくるのがものすごい霊だしね・・・
「お前・・ここ弱いだろう?」とね。


窓も空いていないのに風が吹くし、窓ガラスに何もあたっていないのにヒビが入る。

椅子の足がガタガタいうし、家の中のニオイがすごい・・・

扉が必ず開き・・階段を駆け上る音がする。

止めたはずのガスが付いていて・・お湯が沸騰したり・・
戸だなの扉が開いて・・お茶碗や皿がまっすぐ飛んでくる・・・



今日の帰り道、地下鉄に乗ろうと歩いていたら・・百貨店に入るところの前でそれなりの生活をして身なりをしている40代の女性が明らかに霊に憑かれている行動を繰り返し取っている。

百貨店の入口では警備員さんが警戒して彼女を見ていました。


あの独特の体の動き・・・
目は完全に乗っ取られてるし・・

・・だからあの場所、嫌いなのよね・・・

疲れているときは絶対あそこは通らないようにしている。
と、心がぼ〜〜っとしていたり落ち込んでいるときは特に。




彼女の霊体質は・・これ以上は増えないようにすることを彼女と話し合い・・

「まず・・人の役に立つ前に自分の人間としての基礎体力をつける方が先だと思いますよ」と話し、彼女も納得。

笙先生は体の半分の霊能力を抑え込むほうを教えることにしました。
ふるらんはもう半分の人間としての幸せの能力が増えることを教えることにしました。



食べるものが変われば体調も変わるように、彼女の人生の体調を変えないとね。



真ん中の‘自分’がいつも迷うのはそのせい。
どっちに振る?

どっちもワタシだし。


だって・・女の子ならわかるけれど眉毛がそろっていないと・・変でしょう?(苦笑)


両方のことをしてもらうので少し量は多いけれど、でも彼女は
「自分としての軸を持ちたいし、もうぶれたくないです」というので応援することにしました。



実はこの時、まだ彼女は本当に気が付いていなかったのですが・・・

ネイルもお化粧も実は・・右と左が微妙に違っていました。


服装も・・ハードな服を着たかと思ったら、ロマンティクなかわいい服を着たり・・
友達は個性としてみていたようですが、彼女にとっては半分は半分の言うことを聞かざるを得ない状況だったので真ん中の自分は常に違和感を持っていたのです。




戦わないようにして・・ともにまじりあい・・ちょうどいいところを取って普通の生活・・
芸能人さんはこの逆で個性を出さなければならないからいい意味で売れますが・・一般の人は或る意味キツイ。


そして結婚が遅くなる。

芸で食べる人はいいんですよ〜
それが売りですからね。



それで・・半分さん同士をなんとか・・ということでやってもらうことにしました。




しばらくして、彼女から連絡が来て、
「声が遠くなってきました。霊的なものにあまり反応しなくなってきました」と言うことでした。


もっと続けて変えていきましょうね、と返信し・・・
それからまたしばらく過ぎて・・・


「服装の趣味がすっかり変わりました」と。


でしょうね〜
言われたことをしていたらロマンティックもハードもなにも・・・

中間を取らないと落ち着かなくなる・・・

とちょうどいいところに治まったらもっと回りが褒めてくれる・・・


1年をすぎてすっかり落ち着いた彼女からのメール。
添付されていた写真はすっかり普通の女の子になっていました。



声や聞こえる音を聞くことも、無視することが今では普通にできるようになりました。
それと友達からは
「やっと何を考えているかわかりやすくなってきたから話していて楽しいし、うれしい」と言われました。

私ってそんなに変わっていたんですね、というよりもすごく強い霊にいろいろ誘導され過ぎていたのがわかります。

これからも自分の軸をもって本当の自分でいきています・・・と書いてありました。





自分の人生です。
ややこしい人の声を聞くのを辞めましょう。

そして聞こえることが正解だからと思いすぎないように。
守護霊だと信じ込んでいる人が多いのも確かな話ですので。


最初はとてもいろんなことを当ててあなたを信用させてきます。
それにいいことが続いて見せたりします。

自分にすごい人が憑いている・・ぐらいになります。


でも・・よく考えてください。

凄い人は・・ほんの数えられるほどです。

そしてその人たちの共通点が・・・すごい霊感があるということではありません。


ただ、その共通点の一つには
「ものすごく人格が素晴らしい」ということであり、やはりそれだけのことをこの人生の時間内できるだけの空気をまとっています。

と、「賢い人である」ので、決して「〜〜〜〜」をすることはありません。

 

スピリチュアル体験〜夢に出てくる男

ほんの少し前の出来事である。

ある場所に用事を足して・・・・・そして次の用事を足すために道を歩いていたら・・・後ろから走ってきた女性にぶつけられて持っていたものを飛ばされ、そして前の人にぶつかった。

その時不思議に冷静で・・・まるでスローモーションのように覚えている。

で、ぶつかった人がすぐ謝ってくれたけれど・・・持っていたものがぶつかった女性はむっちゃ怒っていた。

それは・・わかるけれど・・・ぶつけた相手の人に怒りすぎじゃない?と思いつつ・・
で、後ろから来た女性はその人に謝っているんだし、大きな怪我でもないし・・
人がぶつかると骨折したように大事に言うのは・・してはいけないことだと思うのはふるらんだけなのかな???


・・・って日常ありがちなことなんだけれど、この時、ふるらんは妙〜〜な気分になった。

ん・・・いつもとちょっと様子が違う・・と。


そしてその日の夜、ふるらんの夢の中に男性が出てきた・・・



彼は・・・40代前半かな??
中肉中背、そして・・普通の服よりも・・少しきちんとしている感じの人である。


仰向けのまま床上1メートルぐらいの空中に平たくなって寝ていて・・
頭はふるらん側、足は向こう・・・
そして顔を天井に向けているのだけれど・・上半身をねじらせて・・ふるらんの方に顔を向けて・・こっちに身体をお越しまた上半身をねじって起きあがっている・・・
で・・・ここでまた不思議なことに怖くないんだよねぇ・・・なんでこんなに落ち着いてこの妙〜な半回転男を見てられるのか?と。


エクソシストの映画で出てくる男性と一緒。
一般人の男性なら決してできないカタチの身体でねじ曲がってこっちを見てくる。


・・・という初日。

あんまり楽しくないな・・と思いながら、次の日もそいつが来たら笙先生に相談ね、と思っていた・・・

・・って来たわ。

今度は下半身は完全に消えて・・・上半身だけで浮いている。

普通に男性のヘアースタイル。
襟があって・・白っぽいシャツみたいな・・でも首のあたりが空いている・・・
すこし首元が・・だらしない・・・


ん?不自然・・・

で・・・こっちをうすぼんやり見ている・・・


まぁ・・・精○科でいろんな表情の患者さんを見てきたからこのぐらいのことでは驚かない。

まぁ・・笙先生がこんな顔をしたら・・・緊急で○○へ連れて行き、○○してもらうことになるけれど、その時が一番慌てるかな・・と思う。

笙先生でさえ、自分のスピリチュアルのメンテナンスに手は抜かない。
それほど・・あっちの世界の人(?)はややこしいから。


で、この男性と会話したいと思わない。
ふるらんはこの人に用事はない。


そして・・・やっぱりなぜかひっかかりがあるから・・・日中になって笙先生に
「実は・・」と話すと、笙先生がふるらんを霊視して・・・
「今、除霊の・・濃い方のする」といい、速攻してもらいました(二人の間だけはしてくれます。お客様にはしません)


数分後・・
「終わったよ」と。
「なんか出てきた?」と聞いたら
「大したことないよ〜」という顔を見て、
おや?なんかあるな〜とふるらんの勘。

そりゃ〜なんかわかるでしょう?
もうだいぶ一緒にいるもん(苦笑)


で、きっと真意を言ってくれる時が来るかな?と思って待っていました。


それから男性の夢は見なくなりました。
街を歩いていても妙〜〜な感じもなくなり・・・

落ち着きましたわ。


で・・・今日お客様のセッションが終わって、帰宅した時に
「最近、夢は?」と笙先生から聞かれたので
「見てないよ。おかげ様で出てこなくなった」と答えたら、
「実は・・」という感じでお話しが・・・

要約すると・・・普通レベルより濃い目の男が来ていて・・・窓の外にへばりつき、ふるらんを狙っていた・・・ということで・・・
「・・パッと見た目は○○、でも人実体は人間で、性別不能なぐらいの○○方をしていてね。こ〜〜んな顔(実際に笙先生がしてくれました)をしてお前を見ていた。あの時は言えなかった・・でももうがっちり○○して○してあるかし、動けないようにしてあるから大丈夫だよ」と言いました。

あ〜やっぱり。

で、
「女だから脇が甘いから・・とかそれで狙らわれるの?それともこの仕事だから?」とか聞いてみたら、笙先生の回答は
「女だからとか、そういうことではないね〜そうだね・・・道に落ちているガムを踏んだようなもんだよ」と。

ガムか〜〜〜〜〜〜〜〜(斜め上を向いて思うふるらん)

あれって・・いつどこで踏んだかわからないし・・・
それにくっついているのを知るのはたまたま靴が玄関でひっくり返った時か、友達に言われるか、周りの人が
「ついてますよ」というか・・だよね。


たまたまふるらんの体質だから・・「居る」が解かるけれど、ほかの人はわからないだろうし・・・



何か変・・・をすべて自分のせいにしないようにね。
もしかしたらあなたの足の裏に誰かが捨てたガムがくっついているかもしれないから・・・

 

大阪ダブル霊視〜断捨離、母の日に起きたこと。

断捨離は素敵だと思っています。
運勢が良くなりますからね。
でもやりすぎたり、捨ててはいけないものを捨てたら・・・結構いろんなことが起きます。



ダブル霊視のご希望で、ご相談内容が転職と金運のこと。

笙先生と二人でお客様をスカイプで視ながらの会話。

途中から笙先生がふるらんに
「彼女のご先祖さんでかなりつらかった人がいて、その人にお母さんが引っ張られたね」と言いました。

ひっぱられて・・お母さんが早くあの世へ行く・・・
そしてあの世にいったお母さんが辛くて・・また彼女にいろいろ言う。

話しているとはいえども・・・苦しくて歪んで・・
あの世に行って楽になる?

・・・う〜ん・・・楽になるのは身体の重さであって・・・
で、苦しんだ心の痛みはやっぱり解放できないかぎりはまた生まれたとき(誰かの肉体の中に宿った肉体に入り・・)・・記憶で行動を開始する。・・・といっても本人は赤ちゃんだから無意識なんだけれど。




転職がうまくいかない・・・
なぜなんだろう・・
どこへ行っても人ともめる。
確かに本人さんの問題もある。
「もっと人には優しくするべき」と自分が思うのは正論だけれど、でも会社によってはいろんな人がいる。


いい人ばかりなんて・・そんなにないと思うし、まずその職場は空きがでない。


表面的なことは彼女に話して、
「なんとなくそう思っていました。これから変えます」と約束してくれました。

そして・・・問題は・・あっちの世界のこととのこと。


お母さんを引っ張っていった人・・・の人を引っ張っていった人・・・

その人が問題。

でもそれをどうこうするにはかなりの力のある人じゃないと・・・絶対無理。
(この仕事の人もものすごく大変だけれど)

・・・と書いていてなんとなくわかった人はいるだろうけれど、お母さんがなぜ転職と関係が?と思うでしょう?


・・・で引っ張っていった人が人間関係で困って・・で・・・・苦しんだ人なのよね。



でしょう?
昔は上下関係ははるかに厳しく、失敗したら命を取られる時代だったし。



「さて・・・こまったね。依頼をいただいたときからすこし引っかかっていたけれど、こうやって画面で見ていても相当お母さんは大変そうだし・・・」と笙先生。

それで・・ふるらんと相談タイムをもらって・・・


どうする?のこと。




かなり前の人間関係を今の時代で清算するには事象が深いし古いし。


でもここの家の問題で一番なんとかしないとならないのは・・・といって、できるのは・・・


「とにかくお母さんの苦痛を和らげることからしていきましょうか?」と彼女に説明をしました。



お母さんの心配事って・・・聞くと・・・
けっこうあれこれある。

それでできそうなことから彼女にしてもらって・・・


形見の品を見せてもらうと・・・
ん?と思いました。

「これ、菩提寺に持って行ってお坊さんに〜〜〜してもらってね」というものもあったのですが、気になったのがカラになった香水瓶。



「母のお気に入りだったのですが、使い切っていたらしく、でもきっとお金と相談して買えなかったのだと思います。
病気になって香水をつけなくなって・・気持ちも下がっていて・・・」と言われたので

「それって・・・これを入れるアトマイザー(小分けにして持って歩けるようにした小瓶のスプレー)が無かった?」と聞くと

「中に入っていた香水が固まって・・・でなくなったので捨てました」と。


あらら・・・・・・・・・・・・・・

女性ならわかるのですが・・・
持っているということは想いがあるんです。
ですから、同じものを買って渡してあげると喜ぶんです。


ただ・・必ず遠回しに必ず行っていそうなところに行って本人に選ばせるようにしてね。
違うものが欲しい人もいるので。



香水とは・・・女性にとってパワーグッズの人もいます。

特に男性とのデートやお友達とちょっとリッチな場所へ・・の時はエネルギーをくれます。
(食事の時は控えめにするので、アトマイザーを持って食事後に食事の香りを消すために着ける人もいます)



海外の映画など見るとドレッサーの前にたくさんの化粧品や香水の瓶があって・・お化粧完成の後に優雅に香水を振り掛けるシーンがあります。
あの時が一番ホルモンが出て、肌の艶が良くなるスイッチが入るとふるらんは思っています。



「同じ香水を買ってきて、そして捨てたアトマイザーと同じものを見つけてきて・・・
もし同じものがなければあなたがお母さんに母の日として買ってきてあげて、お母さんのお仏壇のそばにアトマイザーを置いてあげたらいいですよ。
それをあなたが場所を選んで振り掛けてみて。そのほかにあなたの好きな香水をいずれ買えばいいし・・」と勧めました。



香り・・匂い・・・臭気・・・・

実はとても意味があります。
先日、ふるらんは地下鉄に乗っているときに・・・霊的な臭いを察知して後ろをゆっくりと振り向くと・・・いかにも危ないものがしっかりついている全身黒づくめの男性ですごい霊の臭気を放つが真後ろに立っていました。


危ないな・・と思ったので床に置いてある荷物を持ち(武器になるので)、たまたまお寺で買ってきてあったお香の袋を破いて・・・少しだして・・手に塗っているとその男性はふるらんから離れていきました。

久しぶりにむっちゃ霊対応スイッチ入ったな・・・と思いましたよ。

普段は持ち歩きません。
でも・・たまたまお寺で買ってきていたものがバッグに入れっぱなしにしていて・・・
あ・・やっぱりこの時期はお香入れを持って歩くべきだな、と思いました。






ほかに笙先生からこれからの注意点を話して・・・




しばらくしてから彼女から連絡が来ました。

お仏壇に香水を入れてアトマイザーを置いたら、父親がその香りをかいで
「お母さん(奥さんのこと)の匂いがしていいな・・」と言ったそうです。
父も落ち着いたのでしょうね。

お母さんの香水を少しだけつけて出勤したら気分が違い、何か守られている気分になるので仕事にも余裕みたいなものが生まれて人との会話も楽になったということでした。

それと自分用に一つ買ったら、会社の女性数人に
「前と違う香りだね」と言われて、前のは母親ので自分用に買ったということを話すと、みんなに
「それは守られているみたいでいいね」と言われ、ちゃんと人って見ているんだな・・と思ったそうです。


写真もなぜかわかりませんが、笑っているように見えて・・・
父親もよく仏壇のところで笑顔になるようになりました・・・


という内容のメールをいただきました。


そうなんですよ。
亡くなって一番心配なのは・・・お母さんからしたら子供たちもそうですが、お父さんのこと。

ほとんどの男性は何もできないですからね。
子供たちに負担をかけている・・と思ったら天国へ行く気持ちよりも
「どうしよう・・どうしよう」と心配する気持ちの方が強いし、自分を引っ張った霊に対しても抵抗力が使えない。



つまり家族が心配なら自分の本気も出せない・・・
あっちの世界へ行くスイッチが入らない・・

子供のことをかまっていたら・・・綺麗にお化粧ができないでしょう?
お化粧って自分を守る力も出せるし、男性にきちんと会話ができる勇気も出るのよ。


だからお化粧が下手な人はうつむくし、綺麗にしてもらった後の女性は胸を張って歩く・・・

簡単な話。
あなたの胸にダイヤがキラキラ光るネックレスを付けてごらんなさい。
自動的に胸を張って歩けるから猫背なんてすぐ治ると思うわ。
・・・でしょう?
それが女の子。


お母さんの本来のパワーを出してもらうためにまず家族さんを・・・。





そしてそれからしばらくして・・・母の日にメールが来ました。

今朝、母親がでてきました。
ドレッサーの前に座っていてとてもにこにこしてい私に言うのです。
髪を伸ばしたいといったのでいいと思うと答えたら、
「もう無理やり引っ張られないからそうするわ」と笑うのです。

そして目が覚めて、父親にその話をしたら父親も自分の夢にもお母さんが出てきて
「髪の毛を伸ばしていい?」と聞くから
「いいよ。知り合ったときは長くてそれが好きだったし」と言ったらとっても喜んでいるので
「子育てで髪を切ったからな。もうもとにもどして綺麗にしていいよ」と言ったら
「ありがとうあなた。これで好きなところへ出かけられるわ」と言ったそうです。
悪かったな・・女性として扱ってあげなかったな・・・と心が痛くなっていたら、
「あなたが悪いんじゃない。たまたま私の身体が悪かっただけ・・・」と言って消えたそうです。


同じ夢を見るなんて・・きっとお母さんも余裕が出てきたんだね・・と父親と話をしました。



入院するときには髪を切って・・短くなったことを思い出しました。
あの時、
「仕方ないじゃない」と母親に言ってしまった自分が恥ずかしいと思いました。


そして母の日の昼から、母のお墓参りに父と二人で行きました。
お線香なのに不思議に香水の匂いが少しするのは気のせいかな?と二人で笑っていました。

・・・(略)。







お化粧は無駄、なんて思わないでね。

女性にとってはパワーです。
少しでも亡くなられた方のパワーを付けてあげられるようにしてあげてください。

普段の生活の中であの世の人にしてあげられることがあります。

そしてそれがあの世の人の気持ちを強くさせ、天国に登れるようになれます。

いろんなことで引っ張られたりしてあの世へ行く人もいますが、できることがあればそれをしましょうね。




ふるらんの鏡の前には数種類の香水があります。
行く場所によって使い方を変えています。

お仏壇の上にはお香がいろんな種類があります。
その時によって「これ」の指定があります。


香りはニオイだけではなく、守りにも心の支えにも・・・そしてあの世へいくための心の準備と・・・・・
そして・・・道しるべにもなることを忘れずに。



お線香の香りだけでお寺の“あること”がわかるぐらいの凄さがあるのですから・・・ね(ニンマリ)。


 

大阪ダブル霊視〜耳鳴りの理由

大阪府○市の人には耳鳴りが多い・・・
○のところにアルファベットを書いたら・・・
「え〜」と思われたら関係の無い人まで思っちゃうかもしれないけれど・・・
でもね・・・
ほかの霊能者の人も言うのです。

「○市の人には・・耳鳴りが多いんだよね」と。


右・・左関係なく・・結構皆さん耳鳴りが多い。

まず耳鼻科に必ず言ってもらうことが必須。


整骨院の先生に耳鳴りのことを聞いてみたら・・・
「頭蓋骨がずれている人が多いのと・・ある癖を普通にしている人も多い」と言われました。


先生には、たまに触ってもらって、様子を見てもらっています。
(この先生も少しスピリチュアルな家系の方ですが現実的なところはきちんとされているので安心してお任せしています)



お客様を霊視していて・・・
数が多いときもあるし、一人の時もあるし。
守ってくれるためにちゃんと音を出してくれる人もいるし、ヒントになることを言っているのだけれど、耳鳴りにしか聞こえないという場合も多いです。


ただ・・霊感の強すぎる人にとっては・・視えないものが圧倒的に話しかけてきている場合もあるので・・それはちょっとかわいそうだな・・と思います。


笙先生が
「ちょっとキツイな・・」とボソッとふるらんに言ったりします。
で・・どうするか?が問題となります。


基本は本人さんが本気で取り組んでもらえるかどうか。

ラピスでは「お祓い」などしていないので。

祓っても・・また同じ行動や思考である限り・・そうなるし、自分を変えないと未来が変わらないということを実戦してもらい、耳なりを解決していこうという勇気も持ってもらえたら・・その勇気が見えないものを寄せ付けないようにしていくと思っているので。



ふるらんにも巻き起こることがあります。
更年期や体質の変化。
病院にも行くし、お医者さんとも相談します。
そして今食べものを変えて行っています。

笙先生も
「おれもやる」と言います。
普通は・・男性は嫌がるんですけれどね・・・
やっぱり白いご飯にガッツリしたものを食べたいでしょうし。

でも健康が一番宝物を知っている人は起きたことを必ず学習し、成長とするのです。


昔から
「ふるらんさんは長生きするからね〜」と言われていたので、きっとその準備をさせられているのだと思います。







「この彼女の耳鳴りは・・本人が聞こえているよりもかなりキツイ耳鳴りの音ねぇ・・・」とふるらん。

笙先生が
「俺にも仕掛けてくるぐらいだからね・・・」と言うので
「あら・・・そっちに行ってるんだ」と言うと、
「このお客さんが到着する前にすでに来てるよ」と苦笑い。


ふるらんは自分でもたまに耳鳴り(季節の変わり目とか時空の変わり目とかに)なっていたので、カットの方法を少しずつ実践していました。


で、今はあまりなし。
もしなったら、整骨院へ行き・・そしてその後自分で対処・・の手はずになっています。


「で・・どうする?彼女の耳鳴り・・・・」

・・・と言って二人で霊視をしながら、二人で霊感会話。

・・といっても言葉であまり会話しないで、回答が出てくるんですけれどね。



「父親側の方と・・今の土地とのつながりだね」と笙先生。

「お父さんの家系で武士の人で・・(中略)・・・・ですよね?」と聞くと

「そうです。今住んでいるところも父親の先祖代々の場所です」と言うので、

「家、出ませんか?」と聞くと

「やっぱり」と彼女。

小さい時からずっと実家が嫌いで、嫌いで・・・
でも・・家を出るときは結婚の時と親に言われて・・
どうやったら家を出られるか・・と考えていたという。


で、また二人で霊視。


お父さんを霊視して・・・
「お父さんって・・〜〜で〜〜〜だよね?」と言うと、

「そうです」と言うので、

「じゃ〜〜お父さんに〜〜〜〜〜で〜〜なの。〜〜〜(略)・・・・って言ったらいいよ。その後少ししてから・・・」と戦略を伝え、それからお母さんにもあることを話すように言うと、
「それなら納得してくれると思います」と笑顔になりました。



でしょ?
お父さんやお母さんを霊視していたら・・・そのポイントが出てくる。
それと・・ご先祖さんがどうしても彼女を捕まえているから・・・それを何とかするためには・・・

「〜〜してほしいんだけれど」とお伝えしました。




ご先祖さんを落ち着かせる方法は・・ですね。
またご先祖様との会話なんですよね。

でもですね、いろんな気性の人がいましてね。
時には何の話もしてくれない人が居るんですよ。


居るでしょう?
そんなおじさんやおばさんや・・じいちゃんやばあちゃん。


人っていろいろあるのよ。
時代にもよるし。
まして歴史のその時代にあったことなんて・・・100年前のことでも
「絶対許さない」といまだに思っている人なんて山ほどいるし。

ふるらんの家系を調べたら・・歴史上、行ってはいけない場所もあるし。
もちろん敵味方、そして裏切り・・反逆・・仲介失敗・・等いろいろあるもんねぇ・・・・



なぜ耳鳴りかというと・・
彼女の場合は・・愚痴を聞かされているみたい。
まぁ・・本当は愚痴より恨み言なんだけれど。
「そうならなかったのはだれだれが悪い」の強烈版。


まぁしつこいからね・・・人によっては。


恨み言を言うときは聞いてくれそうな人にずっと言うのが定番だし。



「なぜ私?」かというと、
聞いてくれそうだから。
ただそれだけ。

そのほかに・・・関係者のつながりとか本気で恨まれているとか・・
「○○代先までぇ〜〜」の人もいる。

特に女性関係でもめた人って・・その恨みが永遠と続く。
他には
「付き合った女性とけっして幸せにならせるものか」とか、。


理由はたくさんある。
それも数名いたら・・塊にもなってくる時があるし、バラで来る時もあるし・・・


でもね・・相手によってはやって完了したら・・すごく不思議なことが起きることもある(少ないけれど)。

先日も・・おじさんから○○万円もらった・・という着地。

そのあとに
「おじさんに・・・」としてほしいことをお客様に伝えています。





やっぱり何かが変わると・・変わるんでしょうね・・・



それと家の中にあるものを整理していただきまして・・・
耳鳴りを近づけているものを捨ててもらいました。

もちろん引越し前に。




それから○月に引っ越し。
方角も見て。


引越しをしてから少しすると・・
「耳鳴りの回数が減ってきました実家との土地の縁が薄まったと思いました」と彼女から。

後は・・結婚に向けて頑張ってもらう意識を持ってもらい・・・
実家の名前から早く離れることを彼女に行動計画をしてもらうことに。





その彼女から昨日のメールです。

「耳鳴りのことを最近忘れかけていたぐらいに軽くなりました。

耳鳴りがしているんだろうなとおもうぐらいの音だと思います。


実は、一週間前に会社の男性に突然お付き合いをしてほしいと誘われ、食事を2回ほどしています。

2回目に気が付いたのですが、彼を話していると、自分の回りに柔らかい風のようなものが吹いている感覚がしています。

自分の思い過ごしかもしれませんが。
それでこの男性とお付き合いをしてもよいか、またご相談をさせていただきたいと思いましたのでご予約をお願いいたします」。



いいですよ〜
是非、その彼を霊視させてください。

そしてその彼との未来を見て・・よければもちろん彼のコントロール法も教えちゃいます。


幸せになる方法ならどしどし教えますので、ぜひ聞きに来てくださいね。











 

東京ダブル霊視〜人間関係で悩む本当の理由

人間関係ができないと仕事は無理か・・しんどいか。
長く勤められないです。

もちろん・・自分から相手に合わせないとだめですよ。
相手がこちらに・・は少ないですから。

多少のお誘いは行きましょうね。

行かないと・・まぁ何があるかわかるでしょう?




いろんな噂や評価が出てきて・・・仕事に行きたくなくなるのも当然です。

聞くのも言うのも疲れた・・
しんどい・・・
上司がきつい。

それで心のバランスがなくなり病気になる人もいます。
精神的なもののありますし、仕事から離れる理由をつくるためにそうする人もいます。
(それでその人の為に回りの人がまた迷惑・・というお話しもあります)



でも・・仕事なので、お給料をもらわないとお金が無くなるのは必須。


自分の性格上の問題もあります。
やはり治してもらうところがありますので。
出てきた病気は病院へ行きましょう。

そして・・できるだけ若いうちに次の仕事へ行きましょう。



問題はもう一つの方・・・
見えないものの関係の場合です。


会社に居る場合もあります。
お客さんの家に居る場合もあります。

この場合は場所を変えてもらうことになります。

でも意外に
「変えられません」と言われる人もいるのです。

変えないで変えることはできません。



・・・だから・・揉めるのでしょうね・・・と思うときもあります。




ふるらんは体質と加齢と見えない関係のせいでいろんな症状がでます。
必ず病院へ行きますし、お寺にも行きます。
メンテナンスをするのです。

今、食事を変えようと思って、毎日の記録を付けています。
そして足りないものを食べ足したり、運動などもきちんと書いています。
お医者さんに提出できるぐらいのものを書こうと思って。

それが自分のためと誰かの役に立てるように・・と思っているので。



見える部分はそれを。
見えない部分はお寺に行きます。

そしてうまい具合にちゃんと解決してくれる方に会えます。

今回はお守りの使い方。
え?お守りって持っていたら・・・って思うでしょう?
ちょっと違うんですよ。
お守りのお役目っていろいろあってですね・・・ということでした。
それと・・顔を合わせてすぐ言ってくれるんです。
「今日はまた一段と白い顔をされて・・肌もつやつやだし」と褒めてくださいました。

昨日は笙先生に
「なんか顔黒い・・(スピリチュアル的に)どうした?」と聞かれ、
「ライトのせいだと思うよ、お寺では白いって言われたから」と言うと、外に出てから
「あ〜白いな〜いつものふるらんだ」と言いました。


ええ、メンテナンスは必要なんです。

自分もお守りも。




お客様の彼女には
「霊視すると、聞こえてくるのと見えてくるものは、引越しと・・・そして会社を変えることですね」とふるらんがお話しすると
「二つともですか?」と言われたので
「はいそうです。現段階では。
あなたの場合・・・両方とも合いません。特に自宅の土地はあなたとは合いませんから、ここにいるとどこの会社に行ってもまた同じような症状がでてきて、人間関係でいろいろあると思います」と笙先生が説明してくれました。


ふるらんからは
「お母さんから離れたほうがいいと思うの。一緒に居るからおかしくなってるし、それにお母さんはあなたがいないようが楽だと思うわ」と言うと、目を赤くし始めて
「私は愛されてないのでしょうか?」と聞かれたので
「もともと子煩悩でもない人でしょう?あなたが求めている母親像ではないと思います。
女で生きている人だから。子供が近寄ってきたら邪魔と思うぐらいの人。
母親に認めてほしいと思うのはわかるけれど・・・もうへその緒は切れているし、まだつなげようと思うのは親離れしていないし。

早く家から離れて・・あなたが子供を産んで、出産した時にへその緒が誰とつながっているのか体験するのが幸せだと思いますが・・
それとお母さんの・・視えないけれど後ろにいる人・・あなたにはあまり良い影響を与える人ではないし」と言いました。

お母さんからもらえる愛に期待する年齢は終わったと思う。
たしかに何歳になっても親から愛をもらえたら幸せな人だと思うけれど、愛を知らない人から愛なんてもらえない。

それよりも身内のほかの人や他人の方がずっとずっと愛が深い時が多い。


生まれてきたところからの愛もいいけれど・・・
自分で作る愛はこれから先に必要な愛だと思う。



「母親に愛を求めている限り、他人に対しての愛の育て方に手を付けられない・・・
だから回りの人に対して喜びや幸せを与えてあげられない・・・
自分の行動の何が相手によろこばれるのか・・そのことを自分でやっていかないと・・ね?」と話しました。



お母さんが・・
お父さんが・・・

・・・そんなことを言っているのは10代まで。

自分で働きはじめたら・・・もう自分で歩かないと。



でないと・・他人との関係が薄くなる。





手を合わせ・・仏さまから聞こえてくることは
「生まれてきたところにとらわれず。自分が作る道の先に意識を持て」



自分を愛してくれることよりも、
この自分を愛せるように努力すること。
努力している自分を愛してあげること。

認めてくれる人はそれを見ているし、
解かっている人は・・ちゃんと人をほめてくれる。

そして親切にしてくれる・・・





彼女にはスピリチュアル的にあることをしてもらうことにしました。

「たぶん・・3か月もしたら現状が変わると思うよ。ただし・・引越しをする前にこれをして、それから引越し。

引越しをしたら教えてね。会社の件も新しくしていくために必要はことを次にあるから」と言いました。


変化を見てから。
変化の努力によって先のことを伝える内容が変わる。


子供だって何センチ伸びるかわからないのと同じでしょう?





母親と離れることを決意し、引越し。

すると母親はすぐ付き合っている男性を家に入れてその人と暮らすことにしました。
「私よりその男性が好きだったんですね。少し落ち込みましたが、でもいいんです。実は最近会社の人と仲良くなってきたと思えてきました。
気持ちを会社の人に使う様に意識して、そして3か月先生の言われたことをしてみました。

会社に行くたびに空気が変わるのを感じます。
前は挨拶をしても返事ももらえなかったのに、今は数人から言われるようになりました。

そして先生に報告しょうと思っていたところだったのですが、昨日、先輩に、最近明るくなって話しやすくなったね、前はとっつきづらかったのよ、と言われてハッとしたんです。
親の問題を会社に持って行っていたということを。
どうせ誰も私を愛してくれないということを

・・・(中略)・・・

私はこれから今まで変われそうな気がします」と連絡が来ました。



その返信です。
「よかったですね・・・(中略)・・・もう会社を変えなくていいと笙先生と同じ見解が出ましたよ。
頑張ってくれてありがとう。
本当にあなたは変われるし、将来は幸せになれる人ですから、今度は彼を見つけることに集中してね」と書きました。


我が夫となる人は・・・心の糸の先が結ばれて堅く、堅く結び目ができるもの。
そして生まれてくる子供はあなたの身体からこの世に最初に出てくるためにへその緒というねじれて丈夫になっているヒモでつながって安心して赤ちゃんが生まれてくるもの。



その人が何を目的として生きているのか・・

よく見て判断してくださいね。

人の本音を見抜く方法を教えてあげますので。

 

スピリチュアル霊感教室〜霊能力コントロールと服の趣味が変わる意味

チャネリング教室の中に霊感の教室があるのですが・・(そういう体質の人もいるので)
対処方法とか、これから先のお話しなどしています。



彼女は一番最初にダブル霊視を受けに来られて、そしてその時に
「チャネリングの勉強をしたいので」というご依頼もあったので、そちらの道にも行ける人だったのでお勉強を開始しました。


毎日某コールセンターで働いている人でして、
「今日は嫌だな・・・と思ったらやっぱり嫌なお客様から電話をもらったりしてストレスが溜まります」と言われました。


スピリチュアルのコントロールができないと、こういう状態になりやすいです。

悪い意味で・・・予感は当たってしんどくなる。
つまり・・当たってしんどい、で終わってしまって、本来は
「来る」から「対処ておこう」とか、
「来ないようにする」とかわからないのです。


悪い人が来る・・のがわかるのは嫌なことではないのです・・という風に意識を変えてもらわなければなりません。

霊能力コントロールの前にまず霊感の意味やその意識の持ち方、実践の積み方などあります。


「見えるようになりたい」は・・結構あとが大変。

F1の運転ができるようになっても・・・マシーンのことは全部頭に入れていないとね。
と、天候や温度、湿度、風、周りに走っている人たちのこと、もちろんすべての車のこと・・・


見えるものは分析すればいいのです。

「え〜めんどくさい〜」って言っていませんか?

簡単にできるようになるって・・・できてもいいのでしょうけれど、精度が低いか大きな意味で落ちてくるから・・いざとなると
「意味が解からないのです」となるのです。


降りてくるメッセージは・・その人のモノです。

それまではいいとしても・・・人のメッセージを取る時にはコツがあります。


精度を上げるためには・・・チャネラーさんが霊感のある人かない人か・・にも寄ります。


あるほうが良い・・とは言いません。
霊感があるというのは・・ある意味「○○○で〜〜である」ということもあるのです。




人は誰でも霊感があると思っています。
霊をみることだけが霊感ではありません。

いろんな能力のことを差します。




コールセンターで働く彼女のストレスを和らげる方法の最初は・・もちろん解釈と防御体制から。


なぜ防御を教えるかというと・・


チャネリングの先生の御相談の中で一番多いのは・・・
「なぜかしんどい」
「お客さんが来ない」

・・・と「○○したい」。



普通に聞いているとなぜ?ですが、その方によってはやはりチャネラーさんでも体質が違います。


昨日ふるらんもびっくりしましたが、お医者さんに
「もしかして・・牛乳と小麦粉かも」と言われて
「え?(今まで身体が痒いとかなんにもなかったのに・・)」と思いながら、なんとなく心の奥底で・・・
「そういえば・・・牛乳って・・・北海道に居るときはあまり飲んでなかった・・(水がおいしいし、病院で夜勤の朝ぐらいしか飲んでなかったし、普段はそんなに飲む必要なしだし、ジュースも飲まなかったし・・・と、お米もおいしかったからパンもパスタもほとんど食べてなかった・・・)」と思い出しました。


本州に来て外食のお米のおいしくないこと・・・びっくりするぐらい。
美味しいな〜と思うお店はほんの数件。



・・・でも大阪生まれの人であったり、体質によっては大丈夫な人もたくさんいますものね。

土地によっても違うってこともあるのです。


ですから、北海道の人、大阪の人、九州の人・・・
ふるらんはみんな教え方が違います。
と・・ご先祖様も。

それで
「よかったな(原因が)わかって」と守護霊さんに言われて心の奥に安心みたいな不思議な落ち着きの空気感が広がりました。








チャネリングの授業を進めて行って・・霊感の関係も整え・・・

そしてある日、セッションの時に彼女を見たら・・・

あれ?・・・服装が変わってる・・・

「どうしたの?むっちゃセンス良くなってるじゃない。あなたの雰囲気に合ってるし」と言うぐらいのスッキリした感じになり、体型のバランスにちゃんと合わせているし。

すると
「会社の人にも同じことを言われました。わずか3か月の間にこんなに自分が買う服が変わって自分も驚きです。
タンスを開けるたびに昔の服が嫌になるんです。
そして新しいのを買っては古いのを捨てたり、友達にあげたりして・・・こうなりました」とにっこり笑いました。




仕事のことを聞くと・・・
確かに嫌な予感はあるそうです。

でも・・
「あの方法を使うと・・・電話が来ない日もできました。
もちろんたまには嫌な人がちゃんと電話してきます。でも以前よりは余裕で話せるようになりました。

それと・・そんな日はいつもイライラしていたのが無くなって、会社の人に、服装も変わったし雰囲気も変わったから、好きな人ができたの?とまで聞かれました。
不思議ですね・・こんなに変われるんですから」と言いました。





そうなんですよ。
服が変わるって自分をどう見せるかという部分もありますが、今の心の心境もありますし。
それと・・スピリチュアルでは服装は重要な意味があります。

それが変化したのですからとっても素晴らしいことです。



彼女のチャネリングは・・お客様に対して使えるようにしてあります。
個人的に営業方法ではなくて。

今の会社は正社員でお給料も良いし、やめる必要もなし。

そのうち・・・会社で落ち着いたら、先をまた見直して・・・未来にチャネリングで生活していく使命があるのであればまた方法を使っていきたいと思っています。




先日の話です。

いつもの感じで仕事をしていたら・・嫌なお客様とつながりました。
このお客様は商品にいつもクレームを言ってくる人だそうでして、それも長い間話たり、こうしたら、ああしたら・・とずっと話す人だそうです。
でも、その予感が無かったそうです。

予感が無くなったって・・困るじゃない・・と一瞬思ったそうですが、でもすぐ
「そうか・・苦手じゃなくなったんだわ」とすぐ気が付いたそうです。

そして電話の向こうのお客様に
「こんな私の話をいつもきちんと聞いてくれて本当にありがとう」と言われたそうです。


そしてご注文内容の確認をしていくと・・・

あれ?この人も買う服の趣味が変わってきている・・と気が付きました。




「チャネリングを鍛えていくと・・その先にお客様も変わられていくんですね」と笑顔でふるらんに教えてくれました。





ええ、恐れる前に・・相手を知るチャネリング。

そして相手の視えない部分をどうみて行くか、解釈していくか・・・

と、その人によって見えないものが攻撃してくるのでその対処・・・




きちんと覚えたら・・できるようになったら、あなたはきっと楽しくチャネリング&霊視能力アップ&服のセンスアップです。




 

東京スピリチュアルセッション〜左肩の痛みと金運の関係

ストレートネックの治し方の本とかありますよね。

わかりますよ・・
ふるらんは今、FXネックです(苦笑)

でも、じわじわ稼いでいるので・・いずれ消えると思います。
努力好き!のふるらんにとって、未来が見えることと手に入れられるものがあるのは楽しいので。



「左肩が痛くて、病院や整骨院へ行っても治らなくて」という彼女。

笙先生と霊視をしていて・・
「強烈ですね・・それもかなりハイレベル」と笙先生が言いました。



笙先生も長年いろんな人を見てきた人ですからね・・・

ふるらんよりは強烈経験はしていると思う。


ふるらんなんて甘い、甘い。



「お金で悩んで自○した人だね。身内の人ですよ」と言いました。

それも・・・結構近い人。


聞くと・・
「事故で亡くなった人はいますが・・自○は・・・」と言うので

「事故じゃないですよ。自分でそう見せているだけです」と笙先生、キッパリ。


確かにね・・・
そうみせてそうしている人もいるし・・・




そこで
「なぜ私に?」と思う疑問が生まれる。

でしょ?
なんで私????と思うんです。


その理屈がありまして・・・

優しい人とか、供養してくれそうな人とか・・・
それとか同じような生活をしている人とか・・・
同じ想いをさせてやりたい・・と思っている霊なのか・・・

だから他人がくっついてくる時もある。

その影響でいろいろ悩みが増えてくる。





たまに一瞬いいことがあって
「あの場所はいい」と言われる時もありますが、それをして仲間をますますくっつけてくる・・というやり方をされる霊もいますのでお気をつけて。




あっちの人は勝手でして、あっちの人はあっちの人の都合でくっついてくる。
(生きている人でもこういう人いますよね)


だから・・神社とかお寺とかパワースポットとか・・いろんな思いの深い人が集まる場所とか、あちこち行かないでね、と生徒さんやお客さんに伝えています。



彼女の場合は・・身内。


「それで・・・お金にいつも困るでしょう?」というと、

「はい、入ったと思ったら出ていくことが起きて、今は実家を立て直すからそれを出してほしいとか言われ・・まったくわかっていないと思います。
何も私は悪いことをしていないのに・・どうしていつもこうなるのか・・と思うと辛いのです」というので、


「それはいつもお金に困るところに滞在しているからですよ」というと、

「どういう意味ですか?」というので

「同じ思考の人はずっと同じです。あなたの場合は家族がお金を人に頼るというシステムの思考です。
それをあなたがいつもかわいそうとか・・助けてあげないとと思うから余計な人まで寄ってくるんです」というと、

「でも家族を助けないと・・・」というので、

「助けるの意味を間違えていませんか?」と話を進めました。



助ける・・・
それで助けられますか?

相手は助けを求めることで生きている人です。

計画性がなく、欲しいから買う、治したいから直す・・お金は・・誰かが・・の人たちです。

それで・・そのお金の問題で自○した人も追い詰められています。



「もし自分が出さなかったら・・両親が自○したらどうしますか?」というので

「そう思わせてあなたを育ててきたんでしょうね」と言いました。

実際、妹さんは実家を離れました。

そして・・お金をちゃんと貯めて、自立をしています。


「妹さんの口癖って・・・実家は嫌いということと・・親に利用されて幸せなの?というこというでしょう?」と言うと、

「その通りです・・」と言いました。


娘をあてにするなんて・・・最低の親。

普通は子供が自立して・・二人になって・・またこつこつ貯金して・・つつましやかにして・・・


人なんて当てにしない。
まして・・娘に負担なんてさせたら、ローンのある娘なんて嫁に行きづらいし。





「ちなみに・・・今、肩痛いでしょう?」と聞くとうなづくので

「それでためしに・・私は自分の人生が忙しいのでできることとできないことがある。そして・・・(ナイショ)・・・とやってみて」と言うと、彼女はそれを実行。

少しして・・・
「あれ?・・少し肩が楽・・・」というので、

「気持ちを変えるだけで違うでしょう?
同情なんて・・相手の為にならない場合もあるの。
もちろん相手次第。
ただ・・あなたの場合は家族のことをあまりにも助けすぎ。
そしてそれをしているから・・・金運が悪くなるし、そして弱ったあなたにますます身内の○まで来ているだけ」というと、彼女は考えていました。


除霊したって・・同じ。
だって彼女の考え方を変えないと同じものを食べすぎて・・同じ病気になるのと一緒。



そしてお話しが続きます・・・
詳しい内容はあまりかけないので・・ごめんなさいね。


ただ・・あまりにも親の役目をしているので、肩に集まる(ちなみに複数なんですよ。一番手前がその自○の人、その後ろに・・)です。






お話しが終わり、数日間でいいのでためしにしてみることを言いました。






彼女のセッションが終わり・・○日後、メールが来ました。


友達に言われたそうです。
いつも肩の高さが違って痛そうなのに・・ちょっと変わってない?と。


それと不思議だったのが・・今日、妹がたまたま泊まりにきていたのですが、親から連絡が来て
「家を建てるのを辞めた。市営住宅に住んだほうが安くていい、と回りの人に言われたし、知っている人も何人も市営に居るのでそうすることにした」と言われたそうです。

それで・・
「引っ越し代を出してほしい」と言われて、彼女は

「自分のことは自分でしてください」とバッサリ口から出たそうです。

親はびっくりしたのか
「それでも子供か!」と言ったので

「それでも親なの?子供に辛い思いをさせて何が楽しいの!」と言い返し、電話を切ったそうです。


そばで妹が
「よく言ったね。これで私も安心した」と笑顔で拍手をしていたそうです。




「やっと気が付きました。一番妹を私が悩ませていたんだと。
両親には感謝をしている部分があるのは変わりませんが、もうこれ以上は無理だと。
そして妹を守れるのは私しかいないと思ったら強くなれる気がしました。

妹がいたらいいです。
そして私の悪いものが妹に行かないようにしなきゃと思ったら、先生に言われたことをしっかりしようと思いました。
自力で人生を変えます。またわからないことがあったら先生たちに会いに行きます」と連絡がありました。





変えられるのは・・私たちではありません。

あなたの心しだいです。

お手伝いはします。

でも努力はしてください。

努力はあなたを裏切りません。

やった分だけちゃんとご褒美が来ます。


途中いろんなことがあると思います。
自分を信じられなくなることもあると思いますし、自分を責めるときもあると思います。


でもですね・・・
そんなことをしている場合ではないのです。



あと何年自分のしたいことができるのか・・・考えたことがありますか?

遊んでいる場合ではないでしょう?
無駄なことをかまっている暇もないでしょう?



肩にくっついてくる霊に
「どうしよう〜」なんて思っている場合ではありません。


どうしよう・・ではなくて、こうするんだ、という解決の方向に行くしかないのです。


本当に大切なものを失わない前に・・・・ね。



 
1110件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP