徳積みのことについて

「徳積みとはなんですか?」と聞かれます。

 

すごく簡単にお話すると、いいことをすることです。

 

わかりやすくいうと・・

「自分の時間を何分、神様、仏様、人に親切のために使ったか」ということです。

 

神社に参拝することは自分の時間の都合のよいときに・・ですので。

それと

「自分のお願い事」などのご挨拶は徳積みではありません。

 

簡単書いていますが、細かいことは聞いてくださいね。

 

 

 

神社の日々のお手伝い、氏子さんたちのお手伝い、神社のお掃除など土地の方がされていることです。

 

 

お坊様のお話では・・

自分の都合のよいときに、自分がやりたいことだけをしているのは違うそうです。

時間がないからこそ、なお仏様のためにお寺のお掃除やお手伝いをすることだそうです。

 

神社仏閣に係わることはとても大切なことです。

心してお手伝いをしてください。

・・とあくまでもご縁のあるところとのお手伝いを。

 

「徳積みしたい」という気持ちで氏子さんや檀家さんはお手伝いをされているわけではありません。

 

みなさんは土地のご縁があり、先祖様からのご縁などで神様や仏様にお仕えになっており、その感謝を込めて神社やお寺を御守りされておられるのです。

 

元々の先祖代々、親から子供へ・・というようにご縁のレベルが違うことをご理解された方がいいと思います。

 

 

 

普段の生活なら人に親切にすること。

人を助けたり、心を温めたり、その人のために自分の時間を使うことです。

 

 

それで・・注意があります。

してはいけないことあります。

 

徳積みをしているんだ、とおごり高ぶりがあると、徳が消えるそうです。

それと、一般的に徳積み、と思い込んでいることが不徳の行いになっていることも多いのです。

 

この部分はお勉強してください。

 

ここからここまでは徳積み、ここからは・・不徳、と教えていただいたときはふるらんも

「そうなのね・・」と驚きました。

 

 

 

徳が高くなると自動的に「あること」が起きるそうです(お坊様談)

 

そうならざるを得ないそうです。

不思議ですね。

 

 

 

でも、徳積みの前に普通は不徳を積む方が多いそうです。

 

不徳を知らないから。

 

 

徳積みをしようとして、不徳を積んでから徳積みに行く人もいるそうです。

 

家のことを後回しにして・・・云々、というお話があります。

その他に

「私は神仏のことをしているから」ということで、人に対して・・ということもあります。

 

 

 

 

「神様や仏様の前だけ良い人という人がいます。

でも神様、仏様は・・いつでもどこでもあなたたちを見ています」・・お坊様からのお話です。

 

 

自分・・はすでに不徳です。

家族の協力があって、自分の身体と時間が空く、

他の皆様のご指導があってほんの少しでも自分の時間を役に立てていただけるなら・・という謙虚なお気持ちで毎日の小さな徳積みをさせていただきましょうね。

 

自分の徳が何に使われるのかを知ると、また不思議な世界が広がります。

 

一日数分、自宅でもできることがありますので、聞いてくださいね。


 

タロット教室〜心ひかれるカード

タロットカードさの生徒さんからのメールで
「カードを新しく増やしたいの思う感覚が出て来たので占ってみるとよい答えがでたので買ってもいいですか?」の質問。


どのカードが出たのが聞くと…
キングのペンタクルズ。

あら、良いじゃないですか。


カードさんを買う方法、仲良くする方法や使い方など話をして…


早速購入へ。


カードの売り場で目が引き込まれたのを見つけたそうです。


ふるらんも見せてもらいました。


「これ、軽いね」と話すと
「ええ、持つと気持ちいいです」と生徒さんは言いました。


確かに。



このカードを使いはじめてから仕事や金運のご相談が増えたそうです。

カードさんが引き寄せてくれるのでしょうね。



タロットカードは不思議です。


「ラブのカードを今度は見つけます」と喜んでいました。

ふるらんも早くみてみたいです。

 

背中が熱い〜スピリチュアルメッセージ、4つのバランス

背中がたまに熱くなります。

ふるらんなりには分析完了ですので、あくまでもふるらん体質の答えですが、“調子が変わるスイッチ”みたいな時にボワ〜っと熱くなってきて、

「背中に急に湯たんぽ?」状態になります。

 

ひなたぼっこよりまだ熱いです。

でも汗はかきません。

 

更年期障害は越えました(応援、ありがとうございました)

 

まるで修行のようなものすごい体にくるしんどさを越えたという心は今でも自分の自信につながりました。

 

 

更年期は汗がでてきますので頭が火照るみたいな。

 

スピリチュアルな背中の熱さは・・なんて表現したらいいのでしょうね・・ふわぁっとした熱気が立ち上がるみたいな。

 

そうなってきたときに、メッセージが確実に来る、という感じでは約束されていません。

 

 

「いつでも降りてくる時に・・」の時に、はい必要なものは受け取ります、なので、背中のスイッチという決まりにはなっていないみたいです。

 

とりあえず伸ばしてみて様子を見て見ます。

 

 

 

 

熱くなるときは良いこともありますし、警戒するときもあります。

 

でも根本はあまり体に答えを求めないようにします。

 

年も年なので(笑)。

 

 

 

心、

身体、

精神、

魂(霊魂)。

 

バランスが大切だと思っています。

 

 

霊的なことに偏ることは他のものを後回しにしてしまうことになりかねないので。

 

 

私たちは、

心だけで動いているのではないし、

身体だけでも

精神だけでも

魂だけでもないのですから。

 

 

すべてのバランスあっての“今日のあなた”です。

 

4つのバランスがどこか傷ついてとても悲しくなって、それをなんとかしたいとか、

 

そうならないように何をしておいたらいいか、

 

魂があまりにも後回しにされて(見えないから)それが今とっても悲しくなっているのか・・・

 

魂の前の前・・

それからこれからの先の先・・・

 

 

ふるらんも毎日実践です。

 

そしていろいろなことを知っている大先輩の方やお坊様からのお話などもお伝えして自分の身を守って行く方法をしていこうと思っています。

 

ブログには書けないことがたくさんあります。

それは・・ご理解をお願いいたします。

 

人の心は人に見せているいるものよりもっと繊細で・・とても壊れやすいものでもあり、

悲しみが深く、

怒りも沸き、

憎しみも集まり・・

辛さが増し、

自分を責め、

現実や見えないものを知り、

・・・自分の立場や心を目の当たりに見せつけられ・・

 

自壊に発展しそうになったり、

人の一言で目が覚めたり、

 

泣いて、泣いて・・

時間が少しずつ過ぎて・・

思い出してまた泣いて。

 

人と話しをしたり、

音楽を聴いて気持が変わってきたり・・

ネットの文章を見て

「そうなんだ同じ人がいるんだ」と思い、共感し、

 

深い谷間からほんの少し・・をすぎて・・

 

やっと前に進もうかと思ったり、

また・・後ろに引っ込んでしまったり・・

 

 

 

でも、でも・・・心も身体も精神も・・魂も、

「このままでは・・自分ではない」と感じて、

やっぱり、どうにかしなきゃ、と思って、

「変えたい!」と魂のどっかで言っている。

 

 

その声を大切にしなきゃ・・・ね?

ふるらんもそうしてきました。

 

心も身体も精神もみんなメッセージを出しているから

スピリチュアルだけには偏らないセッションをしています。

 

諸事情等あると思いますので、セッション依頼やセッションの時にご相談くださいね。

 

 

ふるらん、いっぱいいろんな人のいろんな相談や現実や「人には理解されていないお話」なども聞いてあげられます。

(最近宇宙のお話の関係の方も多くなりました。これから先のメッセージですね)

 

そして見えないことも見てきたし、

知らないことは今、勉強をさせていただいているので。

 

“必要なお勉強”はやっていきます。

 

 

お客様や生徒さんと気軽な話やお勉強をしながらお茶をしたりして笑いながらふっと、

「もっと勉強しなきゃ」と思う時が背中が熱くなるときがあります。

 

本当の根本は「進め」の合図かもしれませんね(笑)。


 

ロウソクのスピリチュアル

ろうそくってとってもスピリチュアルなグッズです。

 

アロマキャンドルなどは形や香りにこだわってみてね。

こちらはヒーラーさんやヒーリング効果のために。

 

好きなキャンドルから香りや空気の流れなどが出てきますのでそれから癒やしの道を歩く方などはインスピレーションを受けられたりできます。

 

あなたの「メッセージを受け取る場所」に不思議な感覚を与えてくれます。

 

 

 

ろうそくは・・・香りなどはありませんが、形に出たりします。

見てわかりやすいのがこちら。

 

風も吹いていないのに、流れて落ちるロウがいろんな形に変わっていきます。

それはメッセージでもあり、形が解釈が出来る人にとってはとてもありがたく受け止めることが出来ます。

 

 

もちろんこのときは風が出るものは一切止めて、ただろうそくの形を見ていてね。

 

 

瞑想が出来る人はキャンドルやロウソクの何をどういう体勢で見るかわかると思います。

 

 

チャネリングが出来る人は最初の段階で、

「ロウソクにしようかな?それともキャンドル・・どちら?それと時間は何時にしようかな?」

という事から始まり、それから準備して炎をみてから答えが降りてくる人も居ますし、ロウソクの準備をしている時にまるでロウソクに火がついたようなイメージや炎を点けてもてもつかないイメージ、他にはついても煙だけ・・などいろんな画面が出てきたり、ふっと

「今日は辞めておこう」と思ったりします。

 

 

霊感のある人は・・これはナイショですね。

またこれを書いていて・・文章が消えたら困るので(苦笑)

 

 

炎に集中したら・・といいたいところですが、人間ですので“長く集中”なんてできません。

 

それよりもお勧めはやっぱりくつろぐことだと思います。

 

 

 

 

 

お客様のご相談。

最近連続してロウソクに形が出てくるということで写真を見せてもらいました。

 

ふるらんから

「これは・・○○でこれは・・・」と説明しました。

その理由もありますので。

見た目で判断も大切ですが、出てくる時のことを聞いて現実的なお話も。

 

 

それと隠れ話(苦笑)

「たぶん・・をすると〜〜しやすいの(苦笑)」

 

それと参考までにふるらんの家で起きているロウソクのスピリチュアルのお話や写真を見ていただきます。

 

みなさん、初めて見るものですから、ロウソクの意味の深さに心を動かします。

 

 

ふるらんの家のロウソクは自分で買った物がありますが、頂き物もありますし、お寺からいただいたものもあります。

 

 

ロウソクは全体を見てください。

全体から・・起きている方向だけに偏らないように。

 

 

人生と一緒、かな?

炎は揺れるし、

風に消される時もあるけれど、

芯はまっすぐです。

 

解けて短くなる・・ということが良くないことではなくて、

芯に火がついて、ロウを溶かし、

その気化したロウに炎が続けて燃えていき・・

 

周りを照らし、明るくして、

人をホッとさせたり、

集中させたり。

 

消えてしまったとしても炎がついていたことに感謝される。

 

 

 

感謝してくれる人がいる・・

 

あなたは感謝される方にも、

感謝する方にもなってくださいね。


 

チャネリング教室〜天使と会話を書いていたら・・

また・・消えてしまいました(泣)。

 

キリスト教の少し深い部分を書き始めたら・・・

 

 

・・ということで簡単に書くことにします。

 

 

あるお客様とセッションをして、そのお客様が

「これから教会に行きます」と言われて、

「あ、あそこの教会ね?」とわかりました。

 

ふるらんもたまにその場所へ行きます。

それとキリスト教の本を読んだり、イエス様やマリア様、天使さんなどを見てきます。

(ふるらんは仏教徒なので買うことはないですが、とてもキレイな場所です)

 

 

その数日後に、ご依頼がありまして、

「天使さんとの会話がしたい」ということでした。

 

ふるらんは、ふるらんがチャネリングする方法と、お客様が天使さんとお話する方法ととちらを選ぶかを聞きまして。

 

それで彼女は天使さんとこれからも話をしていきたいということで、チャネリングへ進めることになりました。

 

 

彼女の場合、過去世がキリスト教ですのでコツをつかむのが早かったです。

 

・・・というところからちょっと深いことを書きたかったのですが、先ほど消えましたので・・

ここを省略しまして・・・

 

 

授業を進め・・

 

お休みのある日、電車に乗っていて、空に天使のはしご(雲の間から降りてくる太陽のすじ)を見ました。

 

「あの場所へもっと近づきたい」と衝動にかられていそいで電車で移動。

 

 

場所へ移動する途中ではしごが消えていったそうです。

やっぱり無理だったかな、と思って、あきらめようとした時に

急に背中に光りが当たりました。

温かい、と思って振り向くと・・自分に光りが指しています。

 

 

「あのときはまるで教会の中で光りを浴びた感じの暖かさと優しさを感じました。

背中に羽があるというのはこんなに温かくて気持良いのだと思いました。

 

あの日からメッセージの感じ方が変わったようになりました。

 

人に愛を、という言葉だけではなくて、もっと深いものと暖かみのある言葉の光を円くしたようなものに。

 

勉強と体験を重ねていくという意味がわかった気がします」と彼女は話していました。

 

 

 

 

ふるらんが子供の時に味わった・・あのガラスから入ってくる十字の光。

大人には光、としか感じないかもしれませんが子供には

「何かわからないけれど、何かを照らされたような光」。

 

その中に広がる、音は・・・

 

 

聞き取れるのはほんの少しの間ですが、永遠に心に残っている音です。

 

 

 

言葉で感じるのではなくて・・感覚を純粋に。

天使の声はとっても小さいから・・ね。


 

大阪チャネリング〜夫と縁を切る方法

「夫と縁を切りたい」と思う方のご相談はたくさんあります。

 

内容は・・・夫の家族や親戚に巻き込まれる、夫の仕事のこと・・・など

 

私にいろんな困った相談をしてくる。

そのたびにうんざり疲れ果て・・・

 

自分で解決できないことはもちろん夫婦だから相談はしようと最初は思っていたけれど・・・

もう話をするのも嫌になってしまい・・・

 

「元気がまったくなくなっているよ・・」と友達にも言われ・・・

 

 

 

「このままではきっと私はもっと気持が落ちこむし、それに夫は何かの問題を引っ張ってくると思います」と彼女。

 

チャネリングしていてもそう思いました。

 

愛というようりも、奥さんに対して寄りかかり、自分で行動という人ではない。

 

 

奥さんも、もううんざり・・という感じでした。

 

 

 

はっきりとした答えを得るために来られています。

つまり夫との縁を切るためにのご相談です。

 

 

 

「チャネリングしていると・・もう別れても良いという答えですよ」と話すと彼女は

 

「私もそう思っています。今離婚しないこの先も不安がいっぱいです。それももう数年の間に起きそうですので、その前に縁を切りたいのです」と女性としての勘もあるようでした。

 

 

 

女性は子供を産みます。

ですから不思議に勘が良いのです。

 

 

子供を自分で育てた方がまだ楽、と彼女は思い、

「自由になりたいと決断することにしました」といいました。

 

私は

「その決断でいいと思います、私もそう感じます」と言いました。

 

すると彼女は

「よかった・・・自分のわがまま、と言われたこともありました。でも私は嫌な予感があるのです。

そのことを考えていたら・・不安でたまりません。私は幸せになりたいので一緒に頑張れる人と居たいのです」と言いました。

 

 

 

何かのお知らせが来ているのでしょうね・・・

「早く(別れなさい)」というメッセージ。

 

 

その不安と戦っていると彼女の血圧も上がってきたそうです。

 

「離婚したら、血圧が下がると思いますよ」と話すと、

 

「離婚した友達にもそう言われました」と笑いながら答えてくれました。

 

 

 

ストレスとは・・・凄いものです。

 

健康は・・心の平和があるからです。

 

つまり心の平和は健康につながっているのです。

 

「子供と一緒にいるときが心が穏やかになれます」と言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある女性が夫からの言葉の暴力に合い・・・この先、どうしたらいいか?と悩みました。

 

それで結局体調を崩しました。

 

血液検査の結果が異常・・

(ストレスってすごいんですよ・・・)

 

 

思い悩む彼女と話し、

「もし・・自分の思いや人生を作りたいと思うなら思い切って離婚することです。自分自身の心のバランスを取れない人と一緒にいても幸せでもなんでもないですよ」と言いました。

 

 

将来が不安・・・

 

不安は病気を引き起こしやすい・・・

 

「一度、少しの時間でも良いからお母さんの手作りの食事を食べると良くなる人も居ますよ」と話し実家に帰ることもお話をしました。

(親御さんの居ない人には生まれた土地のものを食べるといいですよと話している時もありますし、他の方法を伝える時もあります)

 

 

それとスピリチュアル的な部分を少し治してもらうことなどお伝えしました。

 

 

 

 

 

夫との縁を切りたい・・・

 

 

今、離婚したい・・・

タイミングです。

今なら今・・・

そして守りを固めながら、前に進むことです。

 

 

数年も一緒に暮らした人ですから「スパッと切れる」というわけには行きません。

 

相手の方の性格もありますし、相手の方の周りのややこしさもあります。

 

 

 

ですから、心の支えとなる人、家族、友人・・そしてご先祖様、神仏様たち・・・

 

 

愛のチカラは偉大です。

「私は一人」と思うのは辞めましょうね。

 

私は見えない人たちからも守られ、そして私の道をあるくことを喜んでくださっている・・と思いましょう。

(方法はきいてくださいね)

 

 

 

離婚の時に本当にあなたの味方か・・それとも単なる友達だけだったのか・・

一番苦しい時に人の心の深さがわかります。

 

 

 

「私のご先祖様や守護されている人が私に教えてくださっていたのだと思います。

これで自分も守れたし、子供を守れたと思うと母親としての役目が果たせたと思いました」と連絡が来ました。

 

 

 

私からは

「離婚はとてもエネルギーが必要だと思いますから、あのときよく頑張られました。

その頑張りが天に届いたのだと思いますし、あなたの責任感が予感としてあなたに伝え、道を照らしてくれたのです」と返信させていただきました。

 

 

これから先は彼女らしい呼吸で未来を歩けると思っています。


 

ナチュラルスピリチュアル〜背中が急に熱くなる

外は暑い・・・

そしてスーパーやコンビニなどお店に入ると涼しくなる・・・

 

エアコンの風の涼しくていいですが、寒い人にはとっても寒い・・・

 

体温調整が大変な時ですね。

 

それと重なって・・・病中、病後の体力低下の方は大変ですし、更年期の方は突然汗が出てきますし、のぼせるし、お風呂上がりにものすごい汗をかいたり・・

 

水分補給や塩分など気をつけなければならない時期です。

 

朝と寝る前は必ずコップ一杯の水を飲まないと血液がどろどろ・・で詰まってしまう。

 

 

健康管理がとっても大切です。

 

ちょっと気を抜くと・・・この暑さでふわぁ〜〜として倒れますし、頭痛も来ます。

 

 

 

ペットボトルを背中のリュックに入れて歩いています。

時々日陰を見つけてはそこで休憩。

 

他の方とも一緒に休んでいろいろお話をしたりしています。

 

 

 

暑いのはわかりますが、突然背中が熱くなるときがあります。

 

テレビを見ていても歩いていても。

それは突然に。

冷静に受け止めて、きちんと分析するようにしています。

 

 

発信源はどこ?と。

 

 

 

 

背中が熱くなることがすべてスピリチュアルではないことはみなさん理解していただきたいと思います。

 

 

ただ・・

「なんか違うわ」と思ったときにはきちんと立ち止まって冷静になってくださいね。

 

 

ふるらんは現実とナチュラルな受け止め方など・・いろんな方法でバランスを取るようにしていますので。

 

 

昔のふるらんは背中が急に熱くなって・・そのときは立ち止まって必ず呼吸を整えています。

 

それからチャネリング。

 

 

今のふるらんは背中がまず痛くなります。

 

たまに呼吸が少し少なめになるぐらい・・う?と思う感じで。

 

でも落ち着いて・・落ち着いて・・・

背中を伸ばして呼吸を入れて・・・

 

それから静かに背中を伸ばして・・・・

 

肺の中を確認。

 

脱皮の途中なのかな?

 

 

それからふわぁ〜〜と熱くなってきます。

 

 

 

 

すぐ分析しません。

 

静かにしてからです。

 

 

そしてどこからどこまで熱い?と。

 

 

 

体の生なのか、それとも・・見えないものなのか?

 

 

ちょっと体を動かして戻ったり、ふわぁ〜〜と熱いものが続いたり・・・

時々ですね。

 

 

 

 

それで、

「背中を日に当てなさい」とか

「そのまま」とか

「水を」とか・・いろいろメッセージが来ます。

 

 

お茶の銘柄を決めるのもそのせいです。

 

 

 

 

 

「○○神社へ行くと熱いけれど、○○神社とか○○・・へ行くとそれがありません。合う、合わないのせいでしょうか?」と聞かれるお客様が多いです。

 

それもあると思いますよ。

ご先祖様の関係がありますので。

 

 

昔敵対関係ところもありますから。

 

 

 

それに・・お嫁に行ったり、養子に行ったり・・複雑だと思います。

 

 

異変があるなら・・熱い云々の意味より、少し場所を離れることです。

 

 

神社だから神様だけ・・ということはありません。

神社にも歴史があります。

 

伏せられたことがあるのです。

 

 

 

それに昔は戦乱でしたしね・・・

・・と人の想いは何百年すぎても深い人は深いです。

 

 

 

縁がないところへは行かないことです。

御利益は・・縁があってのことですので。

 

 

 

 

昨日、茅の輪をくぐらせていただきました。

その神社は・・昔からふるらんがお世話になっているところとつながりがあったのと、その前にいろいろなことがあって、その神社様とつながらせていただきました。

 

 

ふるらんの前に少し年上の女性が二人・・

「茅の輪をぐぐれるなんて嬉しいわ〜」と喜ばれておりました。

 

 

そのお二人のお背中を見ているとやはり美しかったです。

 

そして二人仲良く茅の輪をくぐっておりました。

 

その後御参拝。

 

 

お二人が帰られた後にふるらんも・・・茅の輪をお作法通りにくぐり・・・

 

夏越しの祓いを。

 

 

本殿の前でご挨拶・・・

 

キレイ・・・・・とっても落ち着くところです。

 

もっと昔は緑が濃かったみたい・・・・

 

そして・・・ここは街道だったんですね・・・・

 

 

 

背中・・・楽です。

そして・・・数グラム軽くなったみたい。

 

帰り道、おはぎを買って、食べました。

小豆は体の中のものをキレイにしてくれるので。

 

 

 

 

無理をしないこと。

おとなしくしていること。

人の温かさや優しさの本質を間違えないこと。

 

仕事はそのまま穏やかに進めなさい。

 

○○の件はまだ動かず。

 

今は‘清祓い’。

 

 

穢れを祓い・・・正しく軽く進めるように。

 

心も体も・・・

 

 

 

・・・・・・・ものすごく苦痛や辛かったでしたが、やっと一山越えそうです。

 

 

 

もう少しすると・・・温泉へ・・みたいなメッセージでした。

スーパー銭湯でも良いみたいです。

 

 

お湯につかること、というイメージですが、もう少し体力をつけてからにします。

 

 

 

きっとそのゴーサインは・・背中が熱くなるのでしょうね(笑)

 

 


 

徳積みとは。

お寺でお話を聞かさせていただいたときのお話です。

 

「徳積みとは」のお話になりまして、それでふるらん的には

 

「人に親切にして、人を助けさせていただく」と思っていました。

 

でももっと深いお話があったのです。

 

 

徳積みをしても不徳を積めば徳が消える、ということを知っておられると思いますが、ほとんどの人がしなければならないことは

 

「不徳を積まない生活をする」ということだそうです。

 

 

普段の“これ”が『不徳になる』。

 

 

 

え?それが?・・です。

 

普段ちょこっとしたフツ〜にしていることが、不徳。

 

あ・・・それで。

 

その宗教によって違うかもしれないけれど、あの世にまっすぐ行ける人ってやっぱり思考と観点が違うわ・・と深く思いました。

 

 

 

不徳を積まないということが大切。

 

それと、人に親切にする、というのは当たり前の事ですが、本当に親切な人はただ親切をしているということではなくて、その人のことを気にかけるということもありますが、それ以上の・・・ある現象が起きるそうです。

 

それを聞いたときに

 

え〜〜〜そうなんですか!とびっくり。

 

 

やっぱり本物の親切の心を持つ人は「ある現象が起きる」。

本人に起きるのではなくて、他の人に対してあるそうです。

 

 

ただ親切な人、という人や親切に見せている人とか、おつきあいで表面的にいい人と言う人はそれがないそうです。

心の底から美しい人は・・美しくなっていく人は自分以外の相手に対してある現象が起きる・・・

 

 

自分じゃないんですよね。

それが不思議・・・

 

 

 

あ〜そういえば・・・ある宗教の中にそれ(に似たようなこと)が起きれば・・というお話を聞いたことがあります。

 

 

本当に人間として心の底から凄い人は、とい人のお話です。

きっと半分以上は心も体のあちらの天国の神様や仏様に近くて愛されているのでしょうね・・・

 

 


 

人の気持がわかる人は、ここでこれをさせていただいたら・・・と思う気遣いがありますし、それ以上にきちんとあることができます。

 

 

 

 

「普通の人に見えますが、やはり徳のある人は違います。

そしてそれ故に(・・あることも)起きてしまうこともあります」とお話を聞かせていただきまして、ふるらんは

 

「なんとなくわかります。どうしてもそうしてしまうのですし、ついつい・・をしてしまったり・・・となるのでしょうね」と話すと

 

「そうです。だからまたそれに対応して成長されていくことになるのでしょうね」と話してくださいました。

 

 

 

 

 

本当はもっと詳しく書きたいのですが、いろいろな宗派や考え方があるので控え気味に書いていますことをご理解をお願いいたします。

 

 

 

ただ少しでもご理解いただけると・・あなたの道が変わると思います。

 

 

あなたの生き方はあなたの道を変えるのは確かです。

そして周りの人を助ける見えない力が発動することも確かです。

 

 

 

人が幸せになることを心から喜んであげてください。

そして人の悲しみや苦しみをあなたはどうとらえるのか・・を神仏は見られております。

 

 

 

「休みませんか?」と声をかけて差し上げること。

 

椅子を用意させていただく事。

 

お水やお茶を差し上げること。

 

団扇を用意してあげること。


そしてお話を聞いて差し上げること・・・

 

すべて親切な方がされることです。

 

素敵ですよね〜その行動とお心使い。

 

見ているだけでも心が癒やされます。

 

 

 

 

そして・・・その先に徳の高い方がされることは・・・・

 

 

考えてみてくださいね。

 

 

そしてその徳を一瞬で消すことを普通にしていることも気がついてください。

 

 

 

「ほとんどの人はそれに気がつかれていないのです。それさえしなければ徳が積めるのですが」というお寺様のお話でした。

 

 


 

ナチュラルスピリチュアルに向けて・・

スピリチュアル、と言っていると微妙にニュアンスが違って・・

 

う〜ん・・ふるらんとしたら、もっと自然に

「神様、仏様とのつながりであり、感謝や恩返し・・そして自分の心のありかた」というようにとらえていて・・

 

見えるということは

そんなに視える、ということにとらわれなくていいかも、と思っている。

 

とらわれているとなかなか前に進めないのと、実際見えていたり、感じていたりいるのにとらわれているせいで、

「これって本当?」と疑う心の方が強くなり、ナチュラルなスピリチュアルメッセージが入ってこない。

 

 

だからチャネリングの講座では、

「止めているのは自分なの」とお話することも多い。

 

 

でも、普段の生活がずっといろんなことを止めているからこそ、その癖はなかなか取れないし。

と言って、止めていないと・・社会生活では「あの人微妙」ということになる。

 

 

ふるらんも・・そういう系統の人も子供の時にはそう言う経験をしてきているから(苦笑)

 

 

 

 

注意されることはいつも同じ。

“(もっと深い)感謝が足りない”

“きちんと(考え方等)なっていない”

 

 

どこまで頑張ればいいのか?

そこまで尽くせばいいのか?

 

きっと一般の人との違いはある思います。

 

 

 

そしてこの仕事と、普通の生活のバランスをとりながらまだまだ自分が出来ていないといつも繰り返しています。

 

 

 

それでですね・・

最近、やっとわかってきました。

 

 

そうね・・場所が変わると考え方が変わるのね、と。

それと、出会う人が変わると・・・自分が簡単に変わるわね・・と。

 

 

 

 

 

 

先日、テレビで「又吉先生」がある漢字を書きました。

 

それを見た瞬間、あ!と府に落ちました。

 

 

そして・・これって・・わかりやすい、と。

 

 

 

スピリチュアルは触れてはいけない部分もあるけれど、もっとナチュラルなことを伝えてあげたら良いのね、と。

 

 

写真を撮る時に後ろが都会か、近代美術館か、それとも森の中なのか、海なのか・・・

 

そうね、その生徒さんに合わせて今まで通りの部分と、そして一番大切なのが・・・ふるらん自身じゃないですか、と。

 

 

 

「動け」と

 

「動くな」と、

 

「(これから〜〜になるから)○○の○○を切れ」と・・・

 

 

 

「何も要らない、要ろうとするな、だから今・・○○だから」と。

 

 

 

 

 

本当のことをいろいろ知って、また前を歩きます。

ただし今までよりはペースを下げて。

 

 

そして今までよりも・・呼吸を自然にして。


 

スピリチュアル能力の上げ方〜霊格が上がる時の変化

大阪、東京ともチャネリングの授業をしていますが、裏授業として霊感教室をしています。

 

ふるらんの教室ですが・・・ブログを見ていてわかるように、結構厳しい人なので(苦笑)、普通の癒やしの先生とちがった教え方をしています。

 

・・で、ごめんなさい。

やさし〜〜くできないので(苦笑)

 

なにせ、霊感教室で霊対応なら厳しいし、相手が相手なので。

 

・・でしょう?

あの世にいけない人の関係ですからね・・

 

なかなか相手は素直じゃないし、恨み辛みも山ほどあるし。

それに執念がすごい人もいるし・・

 

相手によっては・・「殺してもなお」と思う人も多い。

 

 

「なんとかしてほしい・・」と言われても、相手にそれだけの人をしているのに・・どうにもならない時もあります。

 

 

 

・・・という話が霊感教室で100パーセントではない。

 

 

 

 

ふるらんはとっちかというと霊対応能力よりも、生徒さんの能力対応とか・・それと成長過程の人、これからの人のために自分がいると思っています。

 

見えることはすでに働いている方たちのお仕事だと思いますし、いずれ成長したら・・徐々にお仕事が回ってきます。

 

その順番をきちんと待っていられる人だけが霊対応になると思います。

 

わかるかな?

「私が」

「俺が・・もっとすごくなってやる」と思った瞬間に・・あなたは相手にやられます。

 

でしょう?

あなたの弱点は「プライド」だから。

 

プライド崩しなんて相手の霊からしたらおちゃのこさいさい。

 

プライドの裏側を責めたら・・弱いということを知っているので。

 

あっちの人たちは・・常識とか、形とか変化とか・・物体とか・・・そういうものの固定したものがない。

 

私たちは固形のモノが飛んできたらもうそこで

「痛い!」と反応するけれど、肉体のない人にとってそんな概念はない。

 

 

だから簡単にあなたの弱いところは見つけられる。

 

中途半端な世界で浮いている・・(・・というより、あの世へいけないと行いや思考を持っている人)があなたをターゲットにしたときに、一番はあなたの一番の場所を見つけ、そしてそれをちゃんと本質を見抜き、あなたをぐうの音も出ないように静かに攻め込んでくる。

 

やり方はイヤラシくてしたたかな場合もあるし、正面からの場合もあるし・・・

 

一番はあなたが弱ったときとか、その逆で一番腹を立てているときとか、人を恨んでいる時とか・・・

“こころの隙”を狙われる。

 

 

 

 

病院勤務の時に・・・ある奥さんを見たときに・・支離滅裂で、あちこち歩き周り、座っていることもできない人が来た。

 

多言語で話し、そして手を空中で振り回し・・・

 

当然、個室にまっしぐら・・

しかたない、集団生活は無理。

だって・・ほかの患者さんから攻撃を浴びるから。

 

 

 

で、霊感のある先生がふるらんに

「(霊)・・だよね?」と小さなことで聞いたので、

「・・・です」と静かに頷いた。

 

 

 

霊視の結果は・・

どうやらご主人とケンカして・・(もちろんこんなことはご主人はいわないけれど、ご主人の浮気が元)、そして殺してやりたい・・と思いながら包丁で野菜か何か切っている時に・・・隙を突かれて進入された経緯がある人・・・

 

・・という話を先生にした。

 

 

「治療よりも・・お祓いだよね」という先生に、

 

「それが通じないのが・・現代ですね、残念です」と静かに答えた。

 

 

そのときにふるらんが思ったのは・・・

 

霊対策は・・やっぱり男性仕事だな・・・と。

 

 

この進入・・・出すのってかなりの体力。

 

 

と、押さえ込みが必要で、

と、強制送還は・・・相当な実力の人がしないと無理、と。

 

 

だから、ふるらんが教えるのは、その人の霊格を上げることがまず先、と思っています。

 

霊格の超高い人って・・見えるものが全くちがうので。

 

 

 

 

 

 

 

「50才をすぎないと、体ができないし・・それまでに人間の、そして女性としての心を学ぶことになるようになってるね」と言われたことがあるふるらん。

 

50才をすぎ・・そして60才を見えてきた時に変化が出てきている。

 

 

 

更年期障害がキツイ・・・

う・・辛い。

でもこれを超えないと・・と思って。

お陰で・・更年期の辛さと、それをばかにする男性の本心の経験をさせてもらった。

 

こんなに辛いのに・・「もっと頑張れ!と男性がいう心理」は

 

「あ〜私って愛されていないんだ」と確信する。

 

 

たくさんの女性を見て、そう思う。

 

体調が辛いのに・・そこまで言うか?と。

 

 

 

 

・・でやっと更年期も落ち着き・・・昔お坊さんに言われたことを次々思い出す。

 

 

「生理が止まったら・・本物よ」

 

「肉体的に男が切れるからね」

 

「食べ物が変わるからね」

 

「つきあう人が変わるから楽しみにしていなさい」

 

「洋服の趣味が変わるからね」

 

「部屋の中のモノが減り始めるから」

 

「必要なものだけしか残らないから」

 

(上記、人に寄って内容が違いますので、これ以外やこれの中身の細かいことは授業で教えています)

 

 

 

そして・・・

 

「完成されていくと・・・霊格があがるから」

 

・・と、

「霊格が上がるように仏様のお導きが順番に出てくるから。それはモノでもあるし人でもあるし、住むところもすべてそうならざるを得ない状況に導かれるから」。

 

 

 

 

 

 

 

今日は朝から何回も

「仕事に集中しなさい」と聞こえている。

 

 

「9月2日を過ぎたら楽になる」と先月お寺で本堂のところで言われたありがたい言葉。

 

 

あ・・・そうなんですね、楽になれるんですね・・・

 

 

それは修行の途中でもある今の時点で「楽になれる」はとっても嬉しい言葉。

 

 

 

 

 

 

 

霊格が上がるとどうなるか?

 

霊がよく見える?

 

・・とは限らない。

 

 

霊が見えるのはある意味・・微妙な立ち位置。

見えるものによって意味がちがう。

 

でも神仏を見れて

「俺はすごい」と思ったら・・・それはほら、ちがうってわかるでしょう?

 

 

「プライドの高い人の見えるものは・・妄想ですからね」とあるお寺で尼さんに言われた言葉。

 

 

 

 

邪魔ね〜プライドって。

 

「これが見えたら・・みんなにわ〜すごいっていわれるぅ〜」と1パーセントでも思ったら・・あなたはもう妄想しか見えない。

 

 

 

霊格を上げるためには修行が必要。

 

お坊さんの修行がもっとも正しいと思うけれど、毎日の生活がある人たちは・・どうするか?

 

 

答えは、

『本性(ほんせい、と読みます)を変えること』。

 

あなたの持っている本性を変えなければならない。

 

つまり、悪いところは治す、良いところは伸ばす。

 

 

それがなかなか変えられない。

だから同じ失敗を繰り返す。

 

 

 

 

女性でたとえると・・

いつも同じような服を何枚も買う。

そして着ないで捨てる・・・

 

いつも同じような男性とつきあい、そして失敗する。

 

そして・・苦しんで泣く、別れる・・・

 

 

 

 

あなたの本性を変えることです。

そのためにしなければならないことがあります。

 

 

 

 

スピリチュアルの教室だからスピリチュアルグッズで治す・・・な〜んてしませんよ。

 

薬が切れたら元に戻るなんて・・・そんなことをしないでなんとかしたいタイプです。

 

 

グッズがあるときだけ良い子というのはナンセンス。

 

霊格にはまったく響かないし当然上に上がれない。

 

霊格を上げたいのであれば、当然現実世界を変えることからです。

 

好き、嫌いにかかわらず・・ね。

 

 

 

だいたい、苦手なことから目を背けるし、まして自分の性格を変えるなんて・・一番嫌なことです。

 

でもそれを変えて・・変えて・・・

どんどん人生をよくしている人もいます。

 

 

 

 

霊格が上がれば・・見える世界が変わる。

当然その世界におられる方たちとの出会いも変わる・・・

 

心を痛めることも苦しめることもない・・そんな世界。

 

 

それまでになんとか心を変えて、本性を変えて・・・

 

大だけれど・・・いろんなことをお伝えさせていただき、そして実行させていただきます。

 

 

 

ふるらんが今までいろんなことを体験していることは、いずれふるらんのように

「なぜかわからないけれど苦労する」という人たちのために役に立ってもらえると思います。

 

 

 

ふるらんより先に歩いている人たちに深い感謝を感じます。

 

 

そしてふるらんより後に歩いてこられる人たちのために・・・ふるらんも努力していきたいと思います。

 

 

 

霊感教室での霊格を上げる方法は・・・きっとその人の性格、生活等、いろんな方法をお伝えすることになります。

 

「努力は裏切らない」という言葉をずっと信じている自分がいる限り、これからも生徒さんにいろんなことをお伝えしていきたいと思っています。

 

 

(・・・実はやっぱり細かく書いていて・・途中で一回、内容が飛びました・・泣。

こうやって乗せられるところだけ書かせていただきます)

 

 


 
70件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP