大阪 タロット教室〜夫の不倫

友達がタロット教室にきてくれて・・・お茶を飲みながらの会話.

 

 

友達は最近ある人の相談をタロットで受け・・

あまりにも内容がひどいので

「私のタロットの先生(ふるらんのこと)に聞いてみます」と回答されました。

 

 

内容は・・簡単に言うと、その人のご主人の浮気・・・

でも本当に壮絶で・・ご主人も相手の女性も・・凄いわ・・・

 

 

その人は・・悩んで悩んで・・とうとう体にじんましんが出たということ。

 

ふるらんは聞いていて

「それはひどいは・・・体に来るもの」と言うと、

友達は

「本当の気の毒だと思う」。

 

 

 

そうですね・・・本当に気の毒だと思う。

 

“気”の毒・・・

 

毒気に当たった証拠ですもの。

 

 

 

相手の毒気に当たったのもあるし、その毒と戦って相手にまた毒を与える。

 

「勝たなければならないし、相手に勝ちたい」。

 

 

そう思えば思うほど相手に対して毒がでて・・その毒を出している自分にまた毒を与える。

 

 

 

・・・苦しい話はたくさん聞いてきました。

 

わかりますよ・・・

聞いていてとても辛いと思います。

 

 

・・辛い・・

頭にくる・・

でも怒っても・・今離婚する勇気がない。

 

誰にも言えない・・・

 

どんどん自分の心に押し込める。

 

 

 

 

 

 

「腹が立つんです。そしてどんどんストレスが溜まって・・・子供にも当たるようになるし。

ストレスの毒を消してあげるにはどうしたらいいでしょうか?」・・・をタロットに聞いて見ました。

 

 

回答は・・・学びからシフトして・・・離婚の準備を。

 

「毒といえども少なく上手に使えば薬にも学びにもなる。

 

しかし・・たくさん集まるから自分がやられる毒になる・・・

苦しみは・・・毒になる。未来のために・・毒になっていることから離れるように」。

 

 

 

大量に薬を飲めばどうなるか・・・

 

 

でも・・許せない・・

 

 

ただ・・・わかりますよ。

やっぱり許せない。

 

でも・・・その許せないから・・・また来世もこの人と出会う・・

 

『勝つために』。

 

 

 

ふるらんから

「この毒の使い方あるから教えて上げるわ」と友達に話しました。

 

そして友達が頷いていました。

 

少ししてから・・・

湯飲み茶碗を両手で持ち、友達が

「両手でゆっくりした時間と友達と安心してお茶を飲めるって・・幸せなのね」と言いました。

 

 

そうですね・・・両手で持てば・・本当に大切にしなければならないことに感謝できるそのときの心の余裕。

 

 

苦しみを知っている人なら・・

あと少し・・もう少し・・・

と自分を言い聞かせて超えてくる。

 

 

 

 

悩みを遠ざけるかどうなるか・・

 

とても辛いまっただ中にいる人にはとてもとても・・ですが・・・

 

やっぱり時間が経過するまでは静かに・・安静にして、時期を見て・・エネルギーを溜めて・・・離婚へ。

 

心をこれ以上毒を溜めると・・離婚もできなくなる。

 

 

タロットで相手にやさしく話すこともそうですが、心を癒やす方法も友達にお話してあげました。

 

「考えることは・・計画と実行。だから今することは」と言ってタロットカード占いをしました。

 

 

 

 

友達は依頼されたお客様に追伸でメールを送りました。

 

それでそのお客様は実行に踏み切ることを決意されたそうです。

 

 

 

「心のスイッチを入れる前に・・心の癒やしなのですね」と友達はいいました。

 

 

ええ、病気を治療するためには・・まず治そうと思う気持が大切なのと一緒。

「治しましょう」では足りません。

 

そのお客様に一番大切な『心の言葉』を渡してくださいね。


 

大阪スピリチュアルタロット教室〜親の生き霊

霊視、霊感がないとタロットができない・・

 

なんて思わなくて良いですからね。

 

カードさんが教えてくれます。

 

「見える方がいい」なんて思っていると見えないし。

 

だから・・・

「見せてくれようになるのは・・」のお話をさせていただきます。

 

 

チャネリング等とはちょっとちがっていて、カードさんからの情報です。

 

「怖い物を見るのが嫌・・」という方には良いかもしれなせんね。

 

 

 

 

 

 

「いつも肩が痛くなったり、のどが痛くなったりします。

病院に行ってもなんでもないと言われるのです。霊視に言われて怖いものが出てきたら・・と思うとちょっと怖いので、タロットでわかるならとタロット教室の生徒さんの友達が質問してきた、ということでした。

 

それで生徒さんはふるらんの相談して来ました。

 

 

そうですね・・

知りたいけれど知りたくない。

 

そういう人にはいいかも。

 

 

 

だって・・・霊視でいきなり、

「生き霊ですね」と言われても。

 

まぁ・・他人よりは身内の方がまだマシですが、身内でも、とっても執念深い人もいるし。

(睨む人多いですね。プライド高いから)

 

特に両親で執念深いとか、意識が男女としての回答しか持っていない親(たとえば、子供と若さを張り合う親とか、お前が居なかったらお母さんはもっと幸せだったとかいう恨み節をいう親)などおられますので、その性格にはあきれるものがあります。

 

 

 

そういう親をなんとかしたいといっても何にもなりません。

 

なるのは・・・離れることです。

 

離れることによって

「遠いから」と言う理由で相手があきらめるというまではなりませんが、多少、気持の中に執念を燃やすモノが薄れます。

 

 

「○○県だから・・遠いし」とか。

 

それで離れるように話すのです。

 

でもここで大半の人が言います。

「家から離れるのは親を捨てることだと思います」と。

 

 

 

親に困っているのに・・・

・・不思議でしょう?

すっかり相手の術にかかってるのです。

「ずっと恨まれる場所にいる」といるということをもうしっかり了解済みにしています。

 

 

だから来世も同じ親に産まれてくるのですから。

 

 

 

タロットさんを使って・・

 

ん?オラクルカードも・・必要かな???

 

 

 

あら・・・・親ね。

 

それも・・・お母さん。

 

 

 

あるやり方を教えて・・・生徒さんに訓練していただきました。

 

と、

「この方式は正直やりすぎるとあなたに来るから(もらい霊)、必要最小限度にね」と説明をつけて。

 

 

助けてあげたいのはわかるけれど、それ以上に生き霊さんってね・・

甘くは無いってことです。

 

 

おぼれておられる方を助けるのは並大抵の体力では無理です。

必死に努力して筋力と冷静さが必要で・・・

 

 

あの世に引っ張っていく霊の方が容赦ない視ですから、助けに行った人に対して

「ジャマ・・スルナ・・・」と言われて一緒に引きずり込まれます。

 

でしょう?

せっかく苦しめているのに、それを邪魔する人が出たら今度はそっちに攻撃対象とするのだし。

 

 

 

助けられる人というのはやっぱり日頃努力されている人ですから、引きずり込もうとしている人よりも遙かに強く、そして徳が高いことが前提です。

 

引きずり込もうとする人は日頃努力している人には近づけません。

 

と、霊的地位の低い人は高い人を引っ張れるだけの能力が無いのです。

 

低い霊は低い人を見つけるのが得意ですから、狙いを定めて日々くっつける人を探しています。

 

 

 

 

 

 

 

その流れのお話で・・

 

 

お寺の前や仏壇の前・・とか、いろんなところでお経を読む人をみます。

読んではいけない場所もあります。

 

 

ふるらんはあまり怖いものを見える人ではないタイプの人なので・・

でも不思議なものを見る人でして・・・

 

 

お寺に来ている人でたま〜〜に、お経を読んで居る人のそばに変な影が見るときがあります。

 

普通はその人の関係者(親、祖父母・・ご先祖様)なのですが・・・

 

 

 

 

たま〜〜〜に小柄で土着のにおいがするので・・・

なんだろう??といつも思っていました。

 

 

女性の場合はだいたい決まった服装と雰囲気の人。

 

男性の場合は・・・あまりわかりづらいのでなんとも言えませんが・・・

 

最初は

「この人の家の子供かな?でもそれにしても・・・土のにおいが強いな」と思いました。

 

 

 

それであるとき・・

ある男性が本堂の前でお経を読んでいるのを見て、ほら・・誰かそばにいる・・・と思ったときに、たまたま通りかかったお寺の事務所の人(霊感あります)に聞いてみました。

 

「あの・・・・・・・・・・・・」とむっちゃ遠慮しながら。

 

 

事務所の人もふるらんが霊感があるのを知っていますから、ふるらんの質問に答えてくれました。

「あら・・見えるですね」と。

 

 

 

それでその理由・・・

 

「お寺に来る前していること。たとえば・・不浄なこと。たとえば不倫とか淫乱な会話、行動などしてとか来られ、その後お経を読むとね、どんなに高尚なお経でもその人にそのあなたのいう土着な○○様がついてくるの。

 

本来は高尚な人がそばに寄ってくるのに、行いが悪いから高尚な人がこない。

だって汚いお経の声に変わるからね。

 

声に出さなくても汚い。

写経を下としても、何回お経を読んだとしても。

 

仏様は日頃の行いを見ているから、今のそのお経を聞いていないし。

 

で、本堂で聞こえてくる声は仏様ではなくて、その人が連れてきた土着の人の声を聞き、

「仏様がね・・こういったと言うのよ」

 

「へぇ・・・・それはすごいですね。というよりも怖いですね」というと、

 

「お経のすごさよね。いいお経を読む人はいい神様や仏様を呼ぶけれど、日頃の行いのだめな人は・・・だめね。そしてもっとひどいのは悪いものが来たのにそれを良いモノだとみんなにいうことよね」と言われました。

 

 

 

 

 

昔から確かに・・・お経を読むときは手と口を清め・・・ですし、その前に行いを・・です。

 

 

寄せるのは・・やっぱり本人次第。

つまり生き霊を飛ばしてくる相手と関わりを持つ縁を切ること。

そのほかに、もし結んでしまったら切るという決意をしっかり持ち、切ることです。

 

 

 

「それで・・あの土のにおいのするのは・・何ですか?」と聞くと、

 

「ふるらんさんならたぶんわかると思うわよ」とにっこり笑って仕事に戻られました。

 

 

ん・・なんなんだろう・・・・・???

 

まぁそのうちわかるかな?と。

 

 

 

 

こんな清らかなお寺の中でも・・連れてきて・・こんな風にお寺を汚される人も多いのね・・と思うと悲しいなと思います。

 

きっとこの中には

「何を連れてきても清らかになるからいいか」ぐらいな感じの人も居るんでしょうね・・不心得者ですが。

 

 

 

 

 

それで・・それから少しして・・・図書館にいく用事ができました。

 

図書館に入って・・・必要な本を見つけ・・・

それを読みながらメモしていたら・・・

 

ある文章を見つけたのです。

「昔むかし・・・」から始まり・・・

あるお坊さんが女性とおつきあいをしてから(やわらか〜〜く遠回しにふるらんは書いていますが・・某歴史上有名な二人です)、その男性の方がお清めもせずにお経を読んでいたら・・・ある神様がやってきた・・というお話です。

 

 

 

あ〜これ!

と思った瞬間、あるお店の前にある神様像が頭にぽんと浮かんできました。

 

確かにあの背格好・・・・

 

 

 

 

この神様、普通にはあることを守るために、もう一つのことは昔からあることをかなえるために存在される神様です。

 

 

・・・だから・・女性はあの格好をしている人がほとんどで・・男性はこうなんだ・・・

それで・・・・この人が来るのね・・・と思ったら不思議な感覚を覚え、大きく頷いていました。

 

 

 

お経って・・すごいわ・・・。

高尚なことも、低俗で○○○なことも・・(とても書けません)。

 

 

だから・・

だから・・・あの○なんだ・・・と。

それでそういう人はあの問題を引き起こすんだ・・と。

 

 

 

 

 

 

 

 

お経もそうですが、言霊もそうです。

 

お経の中にある音読がきちんと出さないと本物のお経ではありません。

空(そらとよみます。意味も感じなく、感謝もせずに)読むと悪いものが寄ってきます。

 

 

 

言霊もそうです。

浴びせる方も返す方も・・言霊がどんどん悪くまります。

 

そして弱い方にその悪いものが押し寄せてきます。

 

だから縁が悪い時は早く切るべきなのです。

 

 

 

 

 

タロットの訓練をしていたときに・・何回も

「人の思いの深さ」よりもっと重たいモノを感じていました。

 

一枚のカードがどんどん重くなるのです。

 

でも

「霊的に」というよりは、「生き霊的に」ね。

 

 

 

死霊さんより生き霊さんの方がマシです(苦笑)

 

 

 

 

本来は両方の縁を切ることです。

 

・・ということでそういうつながりのある縁のある人とは切りましょうね。

 

 

 

 

 

 

親の生き霊さんが来ている時は・・ということをお友達に伝えてもらいました。

 

 

友達は腹を決め、実家から離れることにしました。

 

 

 

そしてまもなく・・・友達はすてきな彼氏と突然の出会いを迎えることになったのです。

 

 

 

 

 

彼も・・家のごちゃごちゃから離れた人だったらしく、二人とも境遇が似ていました。

 

 

そして二人が出会った場所は、二人ともず〜〜っと行きたいのを我慢していた旅行先に行くための列車の中で、到着先も、ホテルも同じという奇遇がつながって・・ということでした。

 

 

 

我慢していることをしましょうよ。

 

きっと・・それを邪魔している人があなたの人生をおかしくしている人です。

 

 

縁を切ったら・・人生が変わりますよ。

 

 

ふるらんも・・・いろんな縁を切り、そして今があり・・・

これからまた切らなければならないこと、モノ、人・・と決断を繰り返していくのだと思います。

 

 

 

 

 

ある意味タロットの威力は・・

はっきりさせるのと、

「これでもか!」というメッセージで続け様にあなたに言葉を浴びせてくるときがあります。

 

それは愛だとふるらんはいつも思っています。

 

 

深い愛がゆえ・・・本気であなたを心配してくれている証拠だと・・・・

 


 

断捨離スピリチュアル〜タロットとの出会いを導く

タロット教室をしている時に生徒さんから

「タロットカードから断捨離のメッセージが来ているわけではないのですが・・無性にモノを捨てたくなって・・」と言うので

 

「あら〜それってすてきね」と言いました。

 

 

捨てたくなる・・

それは変化です。

 

もちろん・・当然のごとく自分が変わる証拠がうずうずしているのですからとってもすてきなことです。

 

種あって・・水分を含んできて・・・

それで皮がむけてきて・・根っこの芽がちょこっと出てきて・・・

土の栄養を取り始める。

 

「皮剥けよ」というと、彼女は

 

「つまりタロットも変わるとか、やり方が変わるとか・・ということもですか?」と聞かれたので、

 

「そうだと思うわよ。もしかしてテーブルクロスも変えたくなったとか思わない?」と話すと、

 

「その通りです。今のクロスがちょっと地味に思えてきたところです」と笑っていました。

 

 

 

 

女性って・・すごくわかりやすい。

好きで買った服も・・新しい彼ができた時には

「なんかちがう」と思うぐらいすごいわかりやすい。

 

 

「自分とちがう」と思ったら素直になりましょう!

 

だって・・成長したんだから。

 

すなおに行動したら・・・次の変化がまた出てきます。

 

 

 

 

 

女性は特に“予感”を感じるのが早い。

それは体力的に男性より劣るので、先を読んだり、空気を読んだりするのが得意なのです。

 

 

何か良いことがある場合は・・・着るものが変わったり、食べるものが変わったり、行く場所が変わったり・・・

 

「友達と話が合わなくなってきました」はある意味正解だと思います。

 

 

 

「あなたは変わってしまった」と言われたときに、悪いことをしていないのであれば、変わって当たり前。

 

 

だって・・あなたの周りの人が成長している限り、あなたも周りのお陰で成長させて“いただいている”のですから。

 

 

 

変化を生徒さんに見るたびに

「この人はちゃんと周りのことを見て、そして常に自分もそうさせていただいているのだろうな・・・」と感心します。

 

 

 

 

親、友達・・・会社の人。

お店の人や、出会う人・・・

 

その人たちに感謝を続けているとやっぱり成長です。

 

 

 

 

 

断捨離の順番を教えてあげました。

 

「あなたの場合は・・台所のしたから・・っ聞こえるので」と言うと、生徒さんは苦笑いをして

 

「台所の下をここ数年何も掃除していません」と言いました。

 

 

食に関わること、そして水に関わることを整理すると、金運と健康につながります。

 

「それが終わったら・・タンスとかクローゼットみたいよ」と。

 

 

 

 

一ヶ月後、彼女の授業で再会。

 

 

「あれ?痩せていない?」と聞くと

 

「無駄な食品とか在庫とか片付けていたら、自分が食べ過ぎだと思いました。在庫のありすぎでいつも夜中に食べていたと気がついて・・・特にラーメンとか・・笑」。

 

 

「それで・・そんなに痩せた〜すごいというわけではないけれど・・・なんか透明度がでてきたとか思うような感じね」と言うと、

「昨日合った友達に、ファンデーション変えた?と言われたばかりです」と言いました。

 

案の定、授業の回答では彼女の言葉から透明度が上がっていることがわかりました。

 

 

 

 

その数日後に不思議なことがありました。

 

タンスの中身を整理して、ほかのモノも一緒にゴミ袋に詰め・・2つ出たそうです。

それをもってゴミ捨て場に行くと・・タロットさんが捨てられていたそうです。

 

ゴミ袋から出してあげて・・それを綺麗に拭き・・・

 

もしかして使ってはいけないものかもしれないから、ふるらんにすぐメールが来ました。

 

「助けてあげて良い物でしょうか?」との問いに、ふるらんは

 

「あなたに拾ってもらうためにそこにいたのだと思いますよ」と回答しました。

 

 

写メを見ても・・古いけれど可愛い。

 

ちょっとお年をめしておられますが・・きっと回答には古さの良い部分がある。

 

きっと若い人なら・・「くどい」と思われるかもしれないけれど、古さの中に大切さと重さがあると思える人ならこのカードは行ける!

 

彼女はお年寄りさんを大切に思う人だし、それに年上の人に対して敬意がある。

 

「だから出てきたんだと思う」。

 

 

 

 

 

 

授業までにそのカードさんをどうやっておうちになじんでもらうかを彼女に説明。

 

まさに『おもてなし』ですね。

 

 

「まずあなたがカードさんにどのぐらい気持を伝えられるか・・そのおもてなしをしてあげたら良いですよ。

もしちがえばきっと何らかのことがあると思うので」と連絡しました。

 

「自分なりにおもてなしをしてみます」と返信が来ました。

 

注意事項はただ一つ。

「一回も質問してはならず」です。

 

でしょう?カウンセリングでも無い限り、初対面であれこれ聞くのは・・失礼なので。

 

 

 

 

 

 

授業日がきて、カードさんを見せてもらうと・・・

思ったより、とてもカードのはじっこがボロボロとしていました。

 

「かわいそうに・・・雑だったのね〜前の持ち主さんは」と思いました。

 

 

彼女のおもてなしを聞くとほぼ正解。

それで足りない部分を彼女にお話。

 

「・・・で良いですか?とカードを初めて一枚引いてみて?」と彼女に言うと、一枚引きました。

 

出てきたカードが「運命」。

 

 

彼女が

「タロットってすごいですね・・・」と言いました。

 

 

 

そうなんですよ。

すごいんですよ。

 

心が通じれば。

 

通じないで

「これはどうですか?」

「あれはどうですか?」

「うまく行きますか?」なんて雑な質問はいけませんよ〜(苦笑)

 

 

 

 

今、そのカードさんはまだお休みをさせていただいております。

 

あと・・そうですね・・

来年の春ぐらいになって・・ある花が咲いたときに使わせていただきましょうか。

 

ええ、そうなんです。

 

このタロットさんのある番号のカードには・・あるお花が書いてあります。

 

カードさんが一番好きなお花さと思われます。

 

それをカードさんと一緒に並べてあげて・・・・それからこの‘カードさんとの会話が本気のスタートです。


 

霊感タロット講座〜生徒さんの体験談

霊感をメインとしてのタロット講座もしていますし、タロットをメインとして霊感も教えています。


でも安易に考えないでね。
「え〜見えるようになるの?」というものではないので。

霊感とは・・見える、感じる・・云々・・とありますが、本来の正しい霊感とは・・「○○○・・・・」ととても長い正式名称になるので・・の話です。


霊感ですべてを見通す・・のは結構体力と・・そして〜〜されることも多く、仕事にされないで普通に生活をされている方も多く、単独霊感仕事って・・大変なんです(苦笑)。

芯が強く、守りが完全にできないと・・〜〜されるので。
もっと悪いのが
「俺(私)はすごい」とか・・方向がなんか・・あれ?になっちゃうし。




能力の使い方のコントロールができないことのご相談を受けるのも私たちの仕事です。

「やめるべきか・・どうか」。


そのほかプロとしてお仕事をしていても・・・いつか見えなくなる時もあります。

その反対に60歳を超えてから見えるようになる人もいますが・・・人生をいろいろ体験している人にとっては・・
「・・見えるってそれでやることが増えたかもしれませんね」という境地です。



ただ、タロットでのお仕事をされている人であれば、多少の霊感があるのはお客様のお役に立てます。

気を付けてほしいのは
「当てるための霊感」というような場所にいてほしくないこと。

「え?どういう意味ですか?」と思うでしょう?

もともと霊感って・・当てるためだけにあるんじゃないんですよ。
仏教がお亡くなりになられた人のためにあるようなものでないのと同じ。

“生きている人のための知恵の完成”であり、“あの世にスムーズに行く為の心の修行”であり、“来世生まれ変わる(多分解脱って・・・とってもできないと思うので)ための自分の変更の仕方と徳積みの仕方”であると思っている・・というのがふるらんの個人的見解。



はるか前世で・・仕事上、〜〜な霊感のあったふるらんは「当てる」は全くすることはなく、ただ日々の仕事をし、神仏のことをしていた・・ということで人の相談等は受けることはなかったでした。

していたのはその仕事をしていた人の管理とその相談。




人に伝えることは・・智慧。


「〜〜しなさい」は無かったみたいで。

時代とともに生まれ変わりを何回かして・・・

で、今現在。

今の時代の霊感の使い方を必要な人にお伝えして・・・

そしてスピリチュアルなお仕事の人にお伝えして・・・

「必ず人のために使ってね」と約束していただきます。




タロット教室の生徒さんの体験談です。


彼女は自分で
「多少・・勘がいいと思います」と話されていました。

うん、そう思う。

あなたの・・・のところに見える・・それってそういう感じ。

「タロットを通じて霊感を使う分にはいいと思うけれど、霊感だけで・・というのは今のあなたの年齢や環境では・・キツイと思います」と言いました。



まぁ・・季節の冷たい雨を全身で受け止める・・(まだ甘い言い方ですが)・・それで身体を冷やして風邪から肺炎にという感じ。


必ずワンクッション置いたほうが良いのです。



タロットを通じて霊感のお勉強をスタート。

授業の回数が増えてきたぐらいになったころ、夢の中にタロットが出てきました。

そのカードからメッセージが、
「近いうちに男性が現れるが・・その人には近づいてはいけない。気をつけなさい」。



ふるらんにメールが来ました。
そしてふるらんからは
「ありがたい話ね・・・先に言ってもらえて。だって惚れちゃったらカードさんの話なんて無視する人いるからね。
それで手痛い想いもする人もいるし。
男性が出てきたら教えてね〜〜〜」と返信。


その一週間後、出てきました。

友人と一緒にコンサートへ行って、そこで知り合った人。

見た目も話し方も・・・いい感じでラインでの会話。

友達はのりのりで
「付き合ったら?」と押してくる。

まさか・・・霊感の勉強をしてるとか言えないし・・


そしてまもなく彼から交際を申し込まれました。

バツイチ、独身・・そして会社も大きなところで安定・・

結婚には申し分ない内容だし、易しいし・・・


でも引っかかるタロットカードのメッセージ。


ふるらんからは
「何を信じるかで未来が変わるし。その信じる対象はあなたが決めること」と返信しました。



彼女は
「付き合ってからでも遅くはない」という解釈にしてしまいました。

まぁ・・わからないではないですが・・・この夢の場合(内容はもっと細かいのです)、最初から付き合うなぐらいの画像なんですかれど、自分のわくわくした方をとっちゃいましたね・・・


お付き合い開始。

そして間もなく男女の関係になり・・・

タロット教室も
「忙しいので」と来なくなりました。

当然ですが・・やっぱりね・・と思う部分もあります。

でも・・・あの夢、霊感でお仕事をしている人にとっては要注意夢なのです。




しばらくして、彼女から連絡が来ました。

授業の再開ということで。

そして話を聞いてみると・・・

彼、バツイチではなくてバツ2だったんです。

と、それまではまだしも・・・子供が○人。

「君と結婚も子供はもう○人いるからいらないし、子供ができなかったらその子供を育てたらいいよ」と簡単にいう人。



え〜〜〜!どういう意味なの?????

でも好きになってからの本当の話を聞かされて・・ですから・・惚れた弱みで悩み始める・・・

本来は
「嘘をつかれたのだから、わかれる」が正解ですが・・心はそうはいかない。

しっかり騙されて洗脳されて・・相手のペース・・・




「タロットを何回もしても・・枚数が足りないのです。数えてやってみても2枚がくっついていたり、テーブルから落ちたり。
私がタロットを信じなかったからだと思います。
本当にすみませんでした。それでどうしたらいいでしょうか?」とのお話し。



夢も何回も見たそうです。
ケンカをしたり、睨まれたり、怒られたり・・
自分の時もあったし、ほかの知らない女性だったり。

そして極めつけが・・・
離婚用紙がでてきて自分の名前を書いているものでした。




タロットさんに謝ること。
霊感はもともと悪いことを当てるためだけではなく、本来は良いことを伝えるもの、とふるらんのところの授業を教えているのにそれだけの嫌な夢をみるということは・・タロットさんは本当にあなたに知らせたかったのに受け止めてくれないから・・それだけキツイメッセージを与えてきたのでしょうね・・と話しました。



彼とはキッパリ別れました。
もちろん、笙先生の力も借りて。


切るってくっつけるより大変なんです。
だから
「この人と深入りしていいのか?」の前にいろいろとみて行くことがあるのです。

そのための霊感でもあり、タロットです。


謝っていただきまして、そしてまたそのお詫びの件でしてもらうことをしてもらって・・・








先日のタロット教室で生徒さんの報告は・・

ある女性の占いをしていて・・頭の中にポンと赤ちゃんの顔が出てきたので
「女の子かな?赤ちゃんの顔が出てきたんですけれど」というと、

「結婚して5年子供ができなかったのでもうあきらめていました。不妊治療にいこうかも聞こうと思っていました」と言われたので

「不妊治療・・かどうか・わから良いのですが・・・・」と言いながらタロットを開いていたら、今度はお医者さんが赤ちゃんをだっこしている風景が出てきて・・・

「若い感じのお医者さんで男性で・・・その人が赤ちゃんをだっこしている風景が出てきてるんですけれど、どこかわかりますか?」と聞くとその女性が
「車で少し離れたところですがまだ若いけれどいい先生という評判のところがあって・・・そこかしら?」と考えていて・・

「とりあえず、そこへ行きませんか?ほら、カードさんもそうしたらいいとでています」と言うことで行ってもらったそうです。


その女性から
「妊娠報告」をいただき、生徒さんも大喜び。

なんと自然妊娠。

でね、これにはすこしある不思議なことをほんの少し、ふるらんは生徒さんに伝えておいたのですが、
「そのお客さんに・・・〜〜で〜〜って言ったらいいよ。きっとご主人がね・・・」と話しておいたのでした。



スピリチュアルなお仕事の人ってあんまり横のつながりって少ないけれど、協力したら解決できることってあるのよね。

ふるらんは笙先生との協力でお仕事をしているし、あなたもほかの人との協力で一人のお客様を幸せにできるし。


もっと人と人は綺麗につながったら・・・世の中が幸せになれるんだけれどね・・・とふるらんは思うのです。






今、彼女はタロット教室を終了し、霊感の能力を少しずつ上げています。

いっぺんに、すぐ・・のやり方は・・守りが少しずつできないと・・いきなりF1の車に乗るのは危険でしょう?


まずそのステージを少しずつ上げることです。


霊的なこともいきなり大変でしょう?

霊って見える・・ってことはどういうことか・・なので。
けっこうしんどいんですよ(苦笑)


それよりも・・・カードさんと仲良しになって・・まずはそこから。

それから順番に・・・人のお役に立ちましょう。





・・・正しく信じることは自信になり、信頼も増え・・ますます未来の道を明るく照らす光に変わるので。

 

東京ダブル霊視〜家の電気が切れるのは・・

スピリチュアルな言い方をすると・・・当然何かがありますよね・・・
ちゃんと回答があっちの世界からの影響・・という場合は。


まぁ・・ほとんどの場合は「電気の寿命」ですが、お客様にそれを説明しても

「絶対違う」と否定される方もまれにおられます。

どうしても・・幽霊のせいにしたい・・と思うのもわかりますが、人(元人)のせいにするとますます相手を怒らせますし、引き寄せの法則のマイナスが働きはじめます。

モノには寿命があります。

電気の球なら・・一度外して・・それを優しく振ってみたら小さな音がします。

はい「切れています」。



なので・・あまり幽霊さんたちのせいにしないこと。

それを思うと・・・
あなたはあちらの世界から見ると敵とみなされます。

そんな事態にならないようにしてください。

「きじも泣かずば・・撃たれまい」ですので。





「お客様がたくさんのスピリチュアルグッズを持ってこられまして、その鑑定をした後から体調が不良になりまして・・・」とスピリチュアルのお仕事をされている女性が来られました。

・・○年の仕事歴。

「・・・経歴が浅い割には・・・なぜこんな程度で攻撃を受ける?」と不思議に思いました。

そして・・
「家の中のものが・・特に電化製品が壊れるのです」と。

家の中のものを写真を撮っていただいていたので・・・視ると、確かに数名のものがいるのですが・・・
笙先生いわく
「この程度なんて大したことないよ」と言いました。


まぁ思い起こせば・・・ふるらんも笙先生と出会う前はよくやられたものでした。

変えの電球はとりあえず買っておく・・・

きゃ〜パソコンだけは・・パソコンだけは・・お願いだからやめて・・・

と願ったものです。



彼女の話を聞いていると・・・お客様に対してちょっとお疲れ気味。
それで彼女に提案しました。


「あのね・・・仕事を終わったら、もうお客様のことを考えないようにしないと・・・連れて歩いているよ」と。

はい、仕事が終わってからも自分の人生の時間の中でお客様のことを考えて、考えて・・・

それでずっとお客様を連れて歩いているのです。

その一部のせいで・・・電球が切れる。



なぜ電球が切れるかと言いますとですね・・・

人とあっちの人の電圧が違うみたいなもので。

と、、人によって
「私います」と主張している人もおりまして・・・
人ってさまざまなのです。



それで彼女にはある訓練をしてもらうことにしました。

そして2か月後・・今度はスカイプでその結果を見ることにしています。





もう一つのお話し。


「何度付け替えても・・・○側にある電気が切れるのです。あまりにも切れるので本体を買い替えました。でも新品なのに切れるのです」とお客様からのお話し。

その写真を持ってきていただきまして・・・そのほかの部屋の写真を霊視していると・・・


あ・・・・いるいる。


「ご主人、浮気していますよね?」とバッサリ聞くと、彼女は

「あ・・・やっぱりね」と言いました。

飼っているペットの様子がおかしい。
主人を時々吠える。

何か変だな・・・と思っていました・・・と言うことでした。


簡単なお話し。
同じところを何度もやられるのは・・・同じ攻撃を受けているということで・・・つまり同じ人の確率が高いということで・・・

それの○○の方角にある○○の上のライトといえば・・・霊感が無くても多少の知識があれば

「あ〜やっぱりね」になります。


「髪がこんなんで・・こんな足の子好きでしょう?ご主人のタイプ。それに御主人、嘘をついてもあまりまわりにわからないように巧妙だから・・相手の女性も本気だしね」と言うと、

「前の奥さんとの離婚の理由は向こうが悪かったと言っていましたが・・やっぱり彼が悪いのですね」というので

「相手を責める人も悪いけれど、自分が悪いとか言って周りの同情を買う奴もいるから・・それを見抜かないと、大人になれないでしょうね」と言いました。



風水とは面白いもので・・・霊感が無くてもその方向で何かが起きて、その解釈の仕方を覚えると霊感パワーを使わずに済む。


ふるらん達は霊感があるので写真を見たらわかるけれど・・・

「結構本気にさせて遊ぶのがご主人の趣味といおうか・・離婚しても滑り止めぐらいの女に仕立てるのが彼が人生で楽しんでいるゲーム」みたいなもの。


人の魂や感情に触れることを楽しむと・・・必ずその部分を通して何倍にもなってわが身に変える。



言葉じゃなくても文章でも。
相手を攻撃したり、もてあそんだりすると・・・ちゃんと帰ってくる。


「お前も彼女も本気だ」という変な思考の方とは早急にお別れください。

そして
「あの子はかわいそうなんだ」とか

「お前はなんでもできるけれど俺がいないとあの子は大変なんだ」とか

「お前の変わりはいくらでもいる」とかものすごいことを言う人とは速攻別れましょう。



それにもちろんのごとく
「彼女とは遊びだし、浮気だから〜」という人とも。


その人は人の魂をなんとも思っておられないので、いずれ仏罰等に合うことが決まっておりますので。

それをあなたが前にでて
「ゆるしてあげてください」は彼と同じく不徳を積むことになります。


必要なことは助けてあげましょう。
でもその前にその人がいままで自分にしてきたことをよく考えてから・・ね。


そして不必要なことは・・・してはいけません。



また生まれ変わったら・・あなたを利用し、あなたに自己都合と助けを求めるみっともないその男と結婚し、またあなたは彼とともに苦しみを何度も味わう人生が待っています。




その後、探偵を付け、離婚の準備を完成させ・・・無事離婚。

彼女は自立して今とても心が豊かな生活をしています。





あるお寺のお話しです。

お寺の天上にあるスポットライトがとても短い期間で切れる・・・という話をしていました。

ふるらんは電球の交換を見ながら・・・霊視をしてしました。

そして・・・
あ〜〜そうなんだ、そりゃ〜〜切れるわ、と思いました。



お坊さんたち数人で電球を交換して・・・


そして無事にまた点きました。


でもふるらんは
「この電球・・切れたらいいのに」と思ったのです。


回答はですね・・・その先にあるものが・・このライトが嫌いなのです。


はい、仏様にライトを当てるなど・・・どんでもないことです。


この仏像を彫られた方、仏師の方はこの大きさからして・・・大仏師と呼ばれるほどの超最高の方です。


彫られた方の時代を考えると・・・当然ライトなどありませんので、ろうそくの炎で仏様のお顔が美しく見えるように計算されて彫られています。



だから・・ライトアップなって・・ねぇ・・・・


揺らぐ炎で仏様の表情が変わる・・・というのを魂にしみるように仏師の方が命がけで掘られています。


と、あのあたり具合・・・
きっとまぶしいと思うわ・・・


ということで・・多分、そう思う人の念みたいなもんがあのライトに集中〜〜なのでしょうね。


もちろん仏様がされているとは思いません。


だって・・・人間のやることなんて・・・仏様からしたら・・とってもとっても小さなことだと思うので。




昔の光をみることを“観光”を言います。

はっきりくっきりしっかり見ることと意味しませんし、行かなきゃ損とかいう問題でもありません。




勘違いをしてもらっては困るので・・・

ふるらんもライトアップは好きです。

でもね、人の顔をライトで照らすのはショウービジネスだけにしましょうね。



私たちは視える光の中に感じるものを読み取るという仕事であり、一般の人は自分の心に感じるものを自然に受け止めればいいと思いますし。


夕日をわざわざより赤く染める必要もなく、

この青い空をもっと青く色を変換する作業もすることもなく、

あ〜〜今日はこんな色だ・・・で感謝できたらそれでいいかな〜〜と思うふるらんです。




いろんなことがあって・・・夕日がとてもつらく見えるときもあると思います。

でもそんなときでも
「これ以上悪くならなくてよかった・・」と思えるような自分でいたいと思っています。




年末に向けて・・電球の交換をお勧めします。

お正月に電球が消えるのは嫌でしょう?(苦笑)。



 

大阪ダブル霊視〜金運を上げる方法

金運を上げる方法は・・・いろいろあります。

普通に言われているように断捨離もそうです。

お部屋の掃除をして金運の神様が来ていただけるようにしましょうね。



あなた自身の考え方もそうです。

無駄がある人はいくら金運を上げる方法をとっても・・ぜったい無理です。


だって・・やっぱり自分で自分の穴を掘っていますからね。


それと・・金運をダメにする人間関係。

会社のストレスでイライラしてお買いものをしすぎたり、食べ過ぎたり。

家族の過剰なお金の使い方。

そして・・・夫の裏切りもそうです。



金運の神様は「人を裏切ったりする人」や、「嘘をつく人」そして「道徳に違反する人」、つまり汚い人は嫌いです。



金運の神様は・・・ある行動をとります。

それがある場所にいるときにはあることが起きます。



でも・・・一時期はお金が多額に入ったとしても・・・やっぱり汚い人である限り神様はいなくなります。

そして・・夫婦であれば片方の裏切りは裏切りを受けた方の憎悪を呼び、家をゆがみ、そして人生をゆがませます。


不徳を積むことは汚いものを集めるということです。

自分の欲求のために相手に平気で嘘をつき、そして相手を振り回して・・・自分の楽しさや人生を過ごす・・・
そんなことが絶対ゆるされるわけがありません。


そしてそんな行動を取る人には・・・もちろん、神罰や仏罰等あるということを忘れないでください。


「ただで済むと思うな・・」と言うことです。



奥さんを裏切り・・

未来を誓った人を裏切り・・・

それで・・ただで済むと思うな・・・です。





・・・ということを裏切られた方のあなたが考えることは短時間にしましょう〜

こんなことを考えるよりも次のことや次の男性を見つけましょう。


だってほかにもたくさんいるもん!

あなたを心から大切にしてくれる尊敬できる人が必ずとこかにいるはずです。




「いらん奴はいらんと思うよ」とふるらんはバッサリお客様に言います。


だって・・・一度裏切った人は・・また一生裏切るもん。
誰が信用なんてするもんですか〜でしょう?


いろんな人を見てきましたが・・・スピリチュアルでどうにもなるものではありません。

古い言葉にもあるぐらいなので。





いいですか?

あなたを裏切った人はあなたのお金さえも狙っています。

とにかくあなたがいてくれればいいのです。
毎日の生活はあなたがやってくれる。
そして働いてくれる。

俺は楽〜〜


そしてひどい話では・・・
「死んでくれたらいいのに〜」とご主人が男友達に話したり、付き合っている女性に話したり・・・そんな人もいます。


お金が無くなる男性とは縁を切りましょう。

そして・・やっぱり借金のある男性とは縁を切るのが一番です。(内容にも寄ります)







ある女性からの相談で
「彼が親の借金があってそれで結婚ができないから借金を返すまで待っていてほしい」と言われました。

彼女は・・・12年待ちました。

そして子供ができる年齢が過ぎていきました。


私たちの前で
「子供が欲しかった」と泣いていました。

ふるらんは
「彼の前でそれを言わなかったのでしょう?」というと、

「はい、そうです」というので

「なぜ言わなかったの?」と聞くと

「いえなかったんです」というので

「いえなかった理由は・・・言えば別れるって言われるのがわかっていたからでしょう?」と言うと彼女はまた泣いていました。



つまり・・・彼にとって彼女との子供は必要なかった・・と言うことです。

はい、彼は彼女と結婚の意志については逃げて・・・いいだけ付き合ったという事例ということで・



子供を産む期限があります。
それから逃げる男性は結婚の意志がありません。


そして・・・借金のことで彼女を振り回すのも・・神様から見てどう思われるのでしょうか?


「もっといい人がいるよ」と言われているのではないのでしょうか?


「子供が欲しいといったら別れを言われる」・・・


それって・・・すっかり脅されていますよね?

「産むな」って。




お金が無くても結婚して二人で幸せに生活している人もたくさんいます。

そしてそこからこつこつためて・・幸せな人生を作り上げる夫婦もいます。




「籍は入れられない・・・」

不倫もそうですし、彼に結婚の意志がない、ということです。

つまり・・・これも汚れた約束をさせられています。

神様からみてどう思います?


女性は心の底から彼のことが好きで結婚したいのに・・・


でも・・・
「籍は入れられない」。


「紙切れ一枚だから」という人の気持ちが意味不明・・・

神様からみたら
「そうね〜紙切れ一枚ね〜〜」と言われるのでしょうか?


そして自分のおなかを痛めて産んだ娘が
「あのね、彼が籍を入れられないっていうの」と言ったら

「そうね〜紙切れ一枚だからね〜〜」と言うのでしょうか?


私が親なら
「そんな人、将来が危ないし、信用できないし、尊敬もできないわ〜〜別れたら?」と言いますが、間違っていますか?





相手の気持ちにこたえるのが愛だとふるらんは思います。

愛があるから相手のために結婚できるように頑張る。
働く、努力する、貯金する。

「幸せにしてくれてありがとう」と相手から言われたい。

絶対言われたい!

そしてもし自分があの世に行くときに最後に
「幸せにしてくれてありがとう」と相手に言いたい。


そして・・・相手に不快な思いをさせるような行動や思考をする人は・・・神様から愛されていないと思いますので金運も無くなるでしょうし、あとは〜〜〜と〜が無くなります。




互いの愛があれば・・・

愛情の運もお金の運もちゃんと付いてきます。

そして互いに健康を気遣い、健康運も上がります。

どんな苦労も乗り越えられます。

だって・・隣には命がけで守ってくれる素晴らしい人がいるんだし、そしてこの人のためなら死んでもいいと思うぐらいだし・・・


手放したくないから・・・ほかの人に取られたくないから結婚でしょう?

欲しいものを買ってあげて、
「ありがとう〜!」と言われて抱き着いてもらいたい・・・


それが愛でしょう?
だから金運もあげてパートナーのためにも努力したいし。




裏切り者は・・・いらない。

お金も愛も・・・裏切ったらそれ以上はなにもない。



神様も仏様も・・
もちろんそれ以上はなにもない。


ふるらんの中では・・神様も仏様も厳しいお方、だと解釈しているので。







あなたの金運を守ってください。

足を引っ張られて・・大変な目にあっている人たちをたくさんみてきたふるらんにとっては
「早く気持ちを切るのが先決」だと思っています。




ある女性を霊視していた時に足元に異変を感じるので
「足痛くない?」と聞くと

「時々強烈に痛くなるので病院に行ってもなんでもないと言われて」というので、

「ご主人に引っ張られてるよ」と言うと、急に笑い出し、

「やっぱり・・ですね」と言いました。



気が付いていました。

犯人は・・「夫」。




悲しい話ですが、「身内にも敵がいる」ということも心の隅においておいてください。




「金、金っていうな」というお叱りも受けるでしょう。

でもお金が普通に使えなくて辛くて相談に来られるのです。


その方たちのご相談を受けて・・・のお話しですのでご理解をお願いいたします。





大阪にはふるらんが知っている場所で・・・金運の素晴らしいところが2か所あります。

残念ながらここには書くことができません。

それは・・「いろいろな人」に荒らされる可能性があるからです。


そこの場所に行くと・・・身体にある反応が起きます。

そしてもう一つの場所に行くと・・・ちゃんとお話しをされる方がおられます。




金運単体のお仕事をされておられてはいませんが、大阪の金運やいろんなことをお守りされておられております。




注意事項を承ることが時にあります。

それをメモをして・・・もう一か所へ行く、というのが通例です。




ちゃんと持参するものがあります。
そしてそれにはある決められたもので、ご指定をされたモノです。





何百年にわたり・・この地を治め、そして今もなお、このつたない人間たちのためにお仕事をしていただいて・・・

本当にもったいない、もったいない・・・と頭を深く下げるのがふるらんのお仕事の一つです。




ふるらんも・・・きちんとしようと思います。

ぜったい神様や仏様から
「こいつは裏切り者」「汚い者」と言われないためにも。



 

大阪タロット教室〜恋愛を成功させるメール

メールの上手な子がいますよね。
読んでいても感心します。

ロンドンハーツの淳さんが女性のメールを代弁して書きますが、上手だな・・と思います。


はい、女性のみなさん、男性のメルアドをいただいて・・・どのタイミングでどんなメールを書いていますか?


まさか・・普通に
「今度食事に行きましょう!」とか
「お休みはいつですか?」とか・・書いてないでしょうね・・・?


最初が肝心なのに・・・これじゃ男性なんか落とせない。


「え?まだ好きでもないのに・・」とか思っている人もいると思いますけれど・・恋愛の基本をお忘れですか?

こちらが好きになる前に男性はもうあなたに対して結論を出す・・という生きものですよ。

・・・ともう一つ。
「女性が必要ない」という男性もとっても増えてきました。

こういう男性を落とすにはやり方が全く違います。


・・とあれこれやってから
「うまくいかないんですけれど・・」と言われても、もう相手は結論を出していますので、修正は難しいと思います。

逆に急に変えてきたら・・ある意味目的が違うかも・・と思う節はもっていいと思います。


ただ・・今書いている文章はすべての人に合うというお話しではありません・・ということを理解してください。

「自分の場合は違う」と言われるもの当然。

ただ・・世界には何十億人の方がおられますので、ここでお話しするのはふるらんが経験したお話しだということです。




何度も言いますが、ほとんどの場合は・・最初が肝心です。

いろいろやった後で
「修正・・」は難しいです。

ただわかってほしいのは・・最初にきちんとしておくと、そのあとがとっても楽チン!

と、あとは恋愛を上手に持って行き、結婚、結婚生活を順調にもっていくためにも本当に最初が肝心です。



ただ・・結婚したくない男性とか「いまさら責任をもつ家族なんて」とか思う男性はとっても難しいからやり方も違うので気を付けてね。




今回の女性は最初からメールのやりとりの訓練から始まりました。


タロット教室の生徒さんでしたが、途中から気になる人が出てきて、彼を落とす方の授業になりました。
もちろんタロットさんの意見を聞きながら・・です。

でもちゃんと
「結婚のカード」が出てきます。

「結婚するしかないでしょ〜〜」とふるらんは彼女に言いながら授業を進めていきました。


彼女のメールの文章が・・・正直男性の心にまったく響かない・・

「このメールなら・・後で返信してもいいか」クラス。


「ここは・・・こうやって、ここは・・」と説明していくと

「こんなに大変なんですね」というので、

「それを怠ったから・・・今までの人は返信が来なかったんでしょう?

初めて行ったお店で印象に残らなければ二度と行かないのと同じで、相手の男性によって書く文章が違うぐらいの女の子のキモチを書かないとね」と話しました。


めんどくさい人は・・どんなに頑張ってもメールで彼を落とすなんてできません。

と、言われたことをは完全にやってね。
・・でないと、彼、落ちませんよ。


「運命なら・・普通に結婚できますよね?」と聞かれる人もいますが、前世でも努力なしだったから・・結婚できず、そして今世でも努力も変化もなければ・・やっぱり片思いの恋愛という結末であなたは年を取っていきます。

はい、俗にいう
「繰り返す」ですね。



今世で変えようと思いませんか?


変化に対しての努力は必ずご褒美があると思います。

ただし・・・気になる彼と結婚するのが本当に幸せかどうか・・は別ですが・・・


ある女性の場合は・・本命の彼とのメールのやりとりをしていた時に、相手の彼の本音が見えて
「この人と結婚しても不幸ね」とはっきりしたものが視え、メールの生徒さんと二人で
「ほかの人と変更」という回答を出したこともあります。


・・そして不思議なことにそういうときに限って・・すぐ結婚相手の男性が現れるのです。

つまり・・
「本命だと思っていた人の本性が見えて、とっても訓練になった。そしてその結果本当の本命が出てきて・・」ということだと思います。



何回も生まれ変わっています。

まったく結婚していなかった人もいますし、何回も結婚している人もいます。

どの人と今世結婚するのか・・あなたが決めることです。

今世のベストの彼。

メールでの会話で相手のことがわかるなんてなんて楽なんでしょう〜!・・・と思いませんか?





「俺、メール苦手」・・・

まぁ・・それでもいいですよ。

でも
「電話も苦手・・」なら、この男性、仕事できるんですか?と聞きたいところです。


・・・「じゃぁ会おうよ」という話になると

「忙しいから・・○日の・・・・」という人がいますが・・

は?今から何日目の話?


できる男は
「5分でもいいから会っていただけますか?」と相手に言いませんか?



対会社でも、女性でも。



・・・とスカイプあるじゃない。

「俺、忙しい・・・」の本当の本音は

「忙しくて(そんなお前にかまっている暇と)時間がない」。





さて・・本題のメールの書き方ですが、あくまでも相手の男性を霊視させていただきまして、決めます。

タイプによってまったく書き方が違います。



と、時間のタイミングも違いますしね。


絵文字の範囲もあります。



でも・・・ふるらんはお客様に

「今、返信が欲しいなら今すぐ帰ってくるメールを書けるよ」と言います。


変ですけれど・・・むっちゃ自信があります。


なぜかというと・・・昔仕事でいろんなお勉強をしているので。



返ってくるメールの時間と内容によって彼のことが良くわかりますよ。



それと・・今までたくさんのお客様の結婚を決める文章を制作してきましたが・・・

とっても面白いぐらい気持ちいいです。





男と女は違う。

そして性格も違う。

考え方も相性も違う。


仕事の内容も違うし、そして意識も違う・・




メールって覚えたら最強のツールだと思っています。






タロットの生徒さんにいろんなことを教えて・・・

そして今、彼と彼女はお付き合いをしています。

彼女には
「この人は早く落として、早く結婚を決めたほうが幸せになれるタイプ」と伝えてあります。


そしてやっぱりタロットカードは「結婚のカード」が繰り返し出ています。



やってほしいことをいろいろ話して、そしてそれを実行してもらい、それをクリアーしたら・・・結婚をしたくなるすご〜〜〜いことを仕掛けます。


今まで失敗したことはありません。

・・もちろん、男心を知る笙先生にも参加していただきますので。





「結婚を決めるなら・・年末まで。それ以降は来年の○月・・そのあとは○年無理」という回答。


さて・・・彼女と彼、とってもお楽しみです。



ちなみにふるらんはいつもで彼を落とすメールをスタンバイ中です。


 

東京ダブル霊視〜生霊の匂い

生霊とはしつこいもので・・・

こちらに落ち度がなくても相手側の感情の問題が多いですね。


「そんなつもりはないのに」と思っていてもやっぱり相手も人。

特に念の強い人は・・・相当な匂いを放ちます。




「今日のお客さんは相当思われているから気を付けてね」と笙先生。

ふるらんが
「そうなんだ・・・どおりでくさいな・・と思ったのよ」と言いました。


ホテルですからね、そんなに匂いはしないはずです。

常にリネンは交換、掃除も毎日ですし、空調は自宅よりも完璧です。

なのに・・・人が何日もお風呂に入っていないような・・・そして腐ったすえた・・匂い。





お客様が時間に来られました。

はい、始まりましたね、ドアがあきません。
引っ張っても。

笙先生が
「ドアから離れてくれる、ふるらん」といい、あることをしてくれました。

そして一呼吸置いてドアを開けると・・・お客様が立っていました。

・・・と、もう一人、女が。



「私についてきていますよね?」という彼女に

「相当私たちに会わせたくない人なんだね」と笙先生がいいました。

それでふるらんは、

「誰かにみてもらいましたか?」と聞くと

「友達に霊感のある子が2人います。でもその子たちも怖いからイヤと言われました」と言うことでした。


まぁ・・若い女性からしたら・・・この人は猛烈に怖い。


ただ、笙先生にしたら
「で?」ですし、ふるらんにしたら

「長年働いてきた仕事でみたものよりはるかに楽じゃない」と思うのでした。




話しはシンプルでした。
この彼女が今付き合っている男性の元カノ。

この女性がものすごい執念の匂いを出してついてくる。
それも・・・まるで○す勢いで。


体が重いし、しんどい・・・
それとそのせいか私はいったいどうなるんだろう・・・と思い、悩む日々。




「よっぽど結婚したかったんだろうね・・・」とふるらんが言うと

「彼女はいまだに彼に連絡してきてケンカの件を謝るからもとに戻ってほしい、とメールが来るらしいです」と言いました。

「え?そのメール、あなたに見せるの?彼」と驚くと

「はい、見せてくれます」と言いました。



・・・・あ〜〜それでね。


解かるでしょう?
大人の女性のみなさん。

彼の“やり方”

嫉妬させて面白がるってこと。


そしてたぶん・・・前の彼女とこの子と・・・重ねて行って・・そしてこっちを取ったってことね。





「どうしたらいいでしょうか?」と聞かれるので

「いのちがけの恋愛ならこのまま頑張ればいいし、でもこの彼のことどう思っているの?」と聞くと

「好きです。でもまだ結婚は・・・でも前の彼女から守ってあげたい」というので

「彼、お母さんとうまくいっていなかったでしょう?」と霊視の結果を言うと

「え!どうしてわかるんですか?」というので

「彼の・・・下に妹か弟、弟かな?そっちにお母さんを取られたからあなたと前彼女とつかってそれを解消している風景が見える」というと驚いていました。


「実は・・・女友達ににたようなことを言われました。

彼、あなたを利用しているだけで、別にあなたを一生大切にしてくれるとは思わないし。

会話を聞いているとあなたがお母さんみたいといわれました」と言いました。



笙先生から
「相手の生霊のパワーがありすぎる、このままではあなたの体に異変が起きていくからね」というと、

「最近生理の調子がおかしくなっているのとよくモノが壊れます。それも前の彼女のせいですよね?」と言うので

「正確には彼のせいだからね、それにもちろんあなたのせいじゃない。利用されているのはあなただし、彼もずるくてあなたを盾にしているから無事。

もしできるなら・・・」と言ってあることを試すように進めました。


「もし、このやり方に疑問があるなら、友達の霊感のある人に言ってごらんなさい。きっとあなたの為にあることを言ってくれますよ」と話しました。





彼女は彼が好きです。

でも彼も彼女は好きですが・・・ちょっと観点が違います。

霊視をしていると彼は・・・彼女を見ていますが、本当はお母さんを見ています。

つまり
「俺に愛情を注いでくれているのかどうか確かめたい」の人なのです。


こんな人の子供を産んだらどうなります?


「子供より俺じゃないのか!」と言うにきまっているでしょう・・・





そして1週間ほどして彼女から連絡が来ました。

「先日あの霊感のある友達と話、先生の言われたことを伝えました。すると友達が、その先生と同じ意見だから、と言ってくれました。そしてそのあとに、
本当に大切な人には嫌なメールは見せないし、それに不快な思いをさせることはしないし。

愛しているなら・・本当に大切なら、そのラピスの先生に言われたこと、試してみたら?と言われてしてみました。

すると(あることをしてもらいましたが、ここでは内緒です)彼は私にこういったんです。

お前が悪いからこうなったんだろう、と。

かばうどころが攻撃してきました。
あんな言い方をされてびっくりしましたがあれが彼の本音だと思うともうお付き合いは怖くてしたくありません。

別れる方法をおしえてもらいにまたセッションを受けに来ていいでしょうか?」と言うことでした。



東京セッションはお席が少ないのでスカイプでの対応になり・・・

彼女に彼と円満に別れる方法をお伝えしました。



それと、前の彼女に別れることが伝わるように仕向けてもらいました。




しばらくして・・・彼女から連絡が来て、彼に新しい彼女ができたとのことでした。


それでメールの匂いを嗅ぐと・・・

「お、落ち着いたね」と。


霊視は見える。

霊感は感じる。


そして霊臭もあるので、くれぐれも気を付けてくださいね。




場所によっては・・・ものすごいものがありますし、元○○とか、元○○で〜〜〜だったとか。


独特の匂いがします。


ただ、素人さんがやると・・怖いですからしないように。



視えるということは・・視られているということですから。





その点、生霊さんは・・・〜〜〜で〜〜ですね(苦笑)

 

断捨離〜恋愛上手になれるファイル発見!

断捨離していまして、とってもゴミがたくさんでています。
今のところ・・・ビニール袋に2つ。


夏のシーツ(5年以上もの)・靴下(夏のよれよれ)・5年前以上に買ったはいいが、ふるらんのテイストではないワンピース・・

動かなくなったけれど、大阪に来たときに買った時計。

色あせたポロシャツ。

使っていない急須、コップ・・・大量〜〜〜です。


そして紙類に手を付けました。


すると・・・・あら、恋愛教室に使おうと思っていて、集めた資料と・・・と、ふるらんが今までの経験を語ってまとめた

「恋愛指南書ファイル」が出てきた〜!!


すごくまとめてあって、それを生徒さんに教えて行こうと思っていたもので、

たとえば・・・

彼をひきつける方法やそれを持続させる方法。




キスのタイミングで彼をグイっと引き寄せることもできるし、別れることもできるだけの威力があるということ

エッ○はどうするのか?
どのタイミングで?

それを間違えるとあなたはたんなるエッ○の相手の女になるということ・・・

(エッ○の時、必ず確認しておくこと、視えない世界の関係があるので)



メールも大切だけれど、効果的な電話の掛け方。

彼から電話が必ずかかってくるメールの書き方。


女友達との関係で気を付けておくこと
(視えない世界の話もあります)


相手に「結婚したくなる女」と思えるようなことをする方法とタイミング。


家族の対応。


結婚しても大丈夫なのか見分ける方法・・・



これを言ったら・・・確実に結婚してもらえない言葉。



・・・・・・・・・等、たくさん書いてありました。


すっかり忘れてましたわ・・・・(涙・・・)。




これが出てきたので、使わせていただきます。



・・・・ということで断捨離を適度に止めて、このファイルをまとめる時間に変更しますわ。




恋愛教室のみなさん、お楽しみに。

 

大阪タロット教室〜スピリチュアルな断捨離の仕方

スピリチュアルな断捨離はなにも霊視のセッションだけの話だけではありません。

そして見えるもの見えないものに関わらず、離婚、不倫、仕事・・・人間それぞれ忘れたいことはありますし、家の中のものを捨てることも同じようなことだと思います。


タロット教室に通っている生徒さんのお話しです。


お友達から断捨離の相談を受けたそうです。

「自分は詳しいことはわからないので」という話をしたそうですが、ふるらんは彼女をみて、友達と話をしている風景の霊視をしていました。

そして生徒さんに
「タロットに聞いたらいいですよ」と言うと、生徒さんは驚いて

「え!霊視とか・・そうじゃなくても断捨離の基本とか全く知らないですし」というので、

「タロットさんもスピリチュアルさんですよ。見えないものが私たちにメッセージをくれますから、それを信じたらいいんです」と生徒さんに言いました。




タロットの本質とは
「ただ占う」だけではありません。

私たちが友達と話して
「ただ話す」だけではないと思います。

話し合ったあとのあの気持ちよさ、ここちよさはやはり人との見えない縁のたまものです。

そして・・・出会いと縁に深く感謝することだと思っています。


縁が切れることは悪いことではありません。
人にはそれぞれ道があるのです。



そして新しい今世の出会いも当然作っていくことが大切だと思います。


ただ・・・やはり縁を切ることが先。
切ってからの出会いです。




生徒さんは自宅で友達の家の中の何を断捨離したらいいのかタロットと相談してみました。

そして出てきたのが・・・
「ソファー」。




そう、女帝が座っているソファーです。
(実際のものと写真は違います)


友達は実家に住んでいました。
しばらく家には行っていませんでしたから家の中のことは知りません。


そして友達に連絡をすると・・・

「そのとおりなの。このソファー、あまり好きではないのだけれど、父親が気に入って買ってきて・・・
でももうだいぶ凹んで座り心地も悪いし、母親と相談してなんとか捨ててほしいと父に頼んでも捨ててくれないし。

母親が腰が悪いので固いものを買ってあげたいと思っているの」と連絡が来ました。



そして、またタロットで占って・・・

出てきたのが・・・女帝の逆。

「まさか・・・」と思って、友達に

「そのソファーの購入先とか教えてくれる?」とラインで聞くと、

「父親が気に入って勝手に買ってきたの」と。



そして、生徒さんはその友達と電話で
「お父さん、浮気していない?」と聞くと

「え、なんでわかるの?いつも浮気症でお母さんを苦しめるの。
別れたら?と母親に進めても意地を張っているみたいで」という回答。



はい、このお父さん、浮気相手の関係で・・一緒に買いに行ったのか、それともそのソファーのお店で彼女が働いているのか・・・



それで生徒さんは友達を連れてふるらんのところに相談に来ました。

「じゃぁタロットで見てみるね」と言って出てきたのがやっぱり女帝の逆。


「しっかりお父さんの身辺調査をして、お母さんに突きつけることね。

そして・・お父さんに出て行ってもらうか・・自分たちが出るか・・ですね。

ソファーと人生と・・断捨離しましょうか」とふるらんから。


そしてふるらんは生徒さんに
「友達とお母さんの未来の占いを今ここでしてあげたら?」と言って進めてしてみると・・・


「世界」と「コインの10」などとても幸せなカードが並んでいました。




しばらくして、お父さんの身辺調査の結果、浮気相手を見つけました。

その相手はなんとお母さんのお友達。


その事実をお母さんに伝えると、逆上することもなく
「離婚するわ」とお母さん。

どこかで何かを感じていたのでしょうね・・・・



そして母娘で話しを水面下で進め、弟にも話し・・・


弁護士さんと相談。


そしてお母さんは笙&ふるらんと面接をして、家を出るか、家から夫を出すかを相談しました。


「この家は・・・もともと〜〜だったので」と霊視の結果がでて、家を出ることにしました。


ふるらんから
「家と人生・・ごっそり断捨離ね〜これでこの先、明るい未来が手に入りますよ。ぜひ弁護士さんとの縁も大切にしてしっかり前に進んでください」と話すとお母さんから

「安心してこれから進めます」と喜んでいました。





家を出て、離婚へ。
相手の方へ慰謝料請求。

もちろん夫も。




そして・・・お金も自由もすべて手に入れました。



それと・・・お母さんの腰もよくなって来たそうです。





生徒さんに
「お友達の占いを今してあげてくれる?」と授業で言いました。


数枚並べて・・そして生徒さんが言った言葉は・・・
「え〜〜〜彼女、結婚決まるんですね〜〜〜」と。



はい、悪縁切れて・・・良縁結び、幸せになる!です。

 
15件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP