忘れていた天職

「自分の天職がわからない」。07073012.IMGP2603.JPG
そうお話される方も多いです。

その多くは本当は知っているのだけれど・・忘れてしまっているか、忘れようとどこかで努力してしまったのか・・・に別れて行きます。


彼は
「今の仕事は一生懸命しましたが・・でも違うような気がするのです。でも生活があるので・・やめることができないと思うのです。このままでいいのでしょうか?」と言いました。


ヒプノを進めていくと・・・彼はイタリアを歩いていました。
そして皮をかなづちでとんとん叩いているのです。
そう、「皮職人さん」。
職人を長年していて、いろんなデザインを親方に提案していましたが、それを認められずにただ言われたものを作っていたのでした。
「もっと今の人が好きなようなものを」「もっと持ちやすくて軽いものを」
そう工夫することを親方に言うのですが、・・通りません。
そして給料をもらって一生を過ごしました。
もちろん生活が楽なわけではありません。
独立も考えましたが・・・
「もし失敗したら家族が路頭に迷う」と思うと勇気が出なかったのです。
それと・・「育ててもらった義理がある」。

彼は最期のに家族に愛の言葉を告げ、そして天国に旅立ちました。
そして天国では
「自分が勇気をだして独立して、生活が豊かになっていれば・・こんなに無理をして仕事をしなかったし、病気にもならなかったし・・・」と言いました。
ハイアーセルフに
「あなたはあなたの道を歩くために、あなたの勇気が必要なのです。あとは勇気だけです」と言われました。

彼が目を覚まし、話し始めました。
「思い出しました」と。

彼は幼い時に洋服やバッグを父親の金づちで叩いていたそうです。
そして母親に何度も叱られ、それをするのをやめました。
そして大きくなってからはバッグなどの革製品の手入れが好きで、クリームを刷り込んでいたそうです。
職人さんが靴を磨くところも好きでじ〜っと見ていたりすると周りがいろいろ言うので残念に思ったり、でも自分の靴は職人さんに磨いてもらっているそうです。

「モノを治すことや手入れが好きだったのです・・でもそれでは生活ができないと思いました」と言いました。
「でも・・・・」と言葉をつづけ・・・
「あのハイアーセルフさんが言っていたとおり、あとは勇気だけでいいのかと思えば、もしかして自分は職人の道を歩けば・・そして独立したら・・・あのときのようにいろんな提案を本当に使って商品を作ったら・・いけるかもしれませんね」と希望の光りを目から出しています。

現実にすぐ職人になって、すぐ食べられるように・・というわけには行きません。
ですから仕事をしながらいろんな講座を利用したりしていくことを進めました。
現代はそういう自由な行動ができる素晴しい時代だからです。

私のお友達やお客様の中には仕事を持ちながら織物の作品を作り、それを展示会に出したりして、先生になり、その講座で生活している人もいますし、ボイラー管理のお仕事をしながら実はもう一つの顔、焼き物の先生の称号を持ち、百貨店で展示会をしている年配の男性もいます。
公務員さんで開いている時間にシルバーのデザインをしては喜ばれている人もいまして、この方は早期定年予定で、その後そのシルバーのお仕事をしていく予定です。

できない理由に縛られて自分をこのまま終わらせるか、それともどうしたらできるかを考えて前に進むか・・・

あなたの前世は何を思い、そして今世で何をしようと決意してきたのか・・・
それを思い出すためのヒプノセラピーです。

私ももちろん、前世を数回覚えています。
ですから、このお仕事をして、毎日をキラキラしています。

 

変わるもの、変わらないもの

いろいろなきっかけでチャネリングを習いにこられる方がおられます。07072216.IMGP2577.JPG
もともと感覚のすぐれている方もいますが、ほとんどの場合、自分の才能に気が付かず、ただ
「やったみたい」というきっかけでこられ、自分に気が付く人が多いです。

自分を変えたい、もっと自分の知らない才能を伸ばしたい。
そのような気持ちを持った瞬間、あとは行動だけになるのです。


彼女はいろんなブログを読んでいて私のブログのその一つでした。
あるブログを読んだ時「会って見たい」と思ったそうです。

そしてお話にこられました。
お茶を飲んでのんびりと1時間ぐらい話されて・・
そのときの印象が
「前を向きたいと思っているのだが、あとは勇気だけ」というようでした。
私に会って数日後、会社で先輩達と食事をした時に先輩が言った言葉が丸ごと私と同じことを言ったしうです。
「まるでビデオで同じ場面でしたよ。顔が違うのと場所が違うだけですもの」。

先輩と私は
「あなたは本当はもっと上の立場に立てる人で、収入もあなた自身に見合うものであり、豊かな生活ができる人ですよ」と。

彼女は穏やかな人でした。ですが、それを壊したくないが故に上に立つことが争うことや、疲れることだという解釈をしていたのです。

「先生のいう使い方を変えると今のままで大丈夫だから、と言うことがわかる感じがしました」
と言いました。

すべてを変える必要はありません。
変えるものと変えなくてもいいものがあります。
それによって変わるものと変わらないものが出てきます。

その整理をするだけです。
ちょとしたこつですもの。

今彼女は3回目の授業を受けています。
先日のメールでは
「あの先輩に変わっていないけど・・なんか変わったなぁ〜なんていったらいいのか判らないけど。ただ、輝いてるように見えるのは・・俺も霊感あるのかな?、といわれましたよ」と書いてありました。

今年中には彼女には考え方やインスピレーションの昇進ができていると思います。
来年は・・・うふふ、ご褒美が降りてくると思います。

 

レイキ&ヒーリング

07081610.IMGP2710.JPG
新しいホームページをご参照ください。


http://www.lapis-heart.jp/

 

天神祭・・大阪に夏が来ました。

昨夜はとても大きな花火の音が鳴り響いていました。07072217.IMGP2578.JPG
大阪で一番大きなお祭り「天神祭」です。

大阪天満宮・・菅原道真様の神社さんです。
沢山の人が花火を見に行きます。
その人の山は・・・地下鉄がいっぱいになりますし、アーケードもいっぱいです。
でもたくさんの人が浴衣を来て歩いているのは風情がありますね。

あの美しい花火を見ながらたくさんの人が思い出を作ったり、思い出に浸ったりしています。
美しいものは本当に嬉しいものです。

いつか飛行機から見てみたいと思っているのは私だけじゃないと思いますが(笑)。
時間が合えば・・上空から見られるのです。
ただし、シートの場所にもよりますが・・。

今朝のはっぴ〜メールです。
「昨日、彼と子供(彼はバツイチで彼の子供さんです)と3人で浴衣を着てお祭りに行きました。そして綺麗な花火を見てきました。子供に‘いつママになってくれるの?’と言われドキッとしましたけど、‘いつでもいいよ’と答えたら彼がびっくりした顔をしていました。帰り道に子供が寝たので車の中で彼に、自分がバツイチなので今まで遠慮して言えなかった、と前置きがあって、プロポーズされました。もちろん縦にうなずきましたよ」。

わ〜〜〜幸せさんがまた一つ。
私もはっぴ〜メールをいただけるので幸せです。

あの花火の下で沢山の幸せのお花が咲いていると思っています。
みなさん、どんどん幸せさんになりましょう。



 

エンゼル(もしくはエンジェル)コミュニケーション。

ヒプノセラピーを受けた時、たくさんの天使さんが出てきたお客様がいました。07072217.IMGP2581.JPG
私が見て、まずこのお客様・・一番多いかも・・と思ったりしました。

わぁ〜〜〜と囲まれる感じで。
ヒプノの中でその天使さんの数人が私にお願いをしてきました。
もちろん私はそれを快諾しました。
そしてその後、彼女自身もそれを行うことを決意しました。
それとは・・・
「エンゼルさんとの完璧なコミュニケーション」。

お願い事とか簡単なことならとっても簡単です。
でも彼女の使命はあのヒプノで出てきたぐらいの天使さんが手伝ってくれるので、私としてもとても頼もしい。

きっとハイレベルまでいけると思いました。

そして第一回目の授業を終えて・・・その数日後に連絡がしました。
「夢の中に天使さんが出てきて・・・いろいろお話していったのですが、私、忘れてしまって・・・」と。
それってありがちなんですよね、初心者さんに。私は
「それならその夢の会話を思い出す方法を今日の授業でやりましょう」と言いました。

人によって思い出し方が違うので、その彼女に合う方法を教えました。
すると思い出してきました。

聞くと・・とっても彼女にとって重要なメッセージだったことがわかります。
でも解読も必要・・・
読み方を間違えると・・違う意味に取れるから。

天使さんもいろんな伝え方をしてきます。
そしてその人のことなのか、家族のことなのかを混ぜてくる時もあります。
こちらの心のあり方ですね。
それと・・・やはり天使さんとの関係。

低空飛行の天使さんが来て、
「お疲れぎみ」とか言う時があります。
あらあら、大変、と思いますわ。

他には変わったところでうちの守護霊さんが
「この子は天使でも違う系統があってる」という時もあるし。

千差万別ですもの。
自分の役目と自分に合っていることをすすめなければなりません。

あなたの力はあなたとそのご加護している方たちとの連携があってのことだから。

授業の最後の彼女の天使さんが彼女の口を通して言いました。
「彼女をこれからもよろしくお願いします」と彼女。
「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」。
直接に天使さんとお話できるのも嬉しいものですね〜〜〜。

ちなみに天使さんを背負ってる人にはある特徴があります。
羽が見える?・・ううん。
天使さんが好き?・・・ううん。
天使さんの声が聞こえる?・・・ううん。

そんなんじゃなくてねぇ〜〜〜〜もっともっと・・・具体的な特徴。

うふふ、ナイショ。

 

指輪物語

生徒の夕子さん(仮名)と話していました。07071811.IMGP2562.JPG
すると私の頭の中にお客様の啓子さん(仮名)と怜子さん(仮名)が浮かびました。

なぜなのかしら・・・?と不思議に思いました。

この夕子さん、啓子さん、怜子さん・・三人とも何の関係もありません。
不思議・・・と思っていると夕子さんの指輪が気になりました。

聞いてみました。
「その指輪は?」
「あ、これは自分のお小遣いで買ったものです、でも・・」
その内容を聞くと、そろそろ飽きてきて、どうしようかと思っていたところでした。

ん・・・それならもしかして・・・と思って
「私がもらっていい?」と聞いてみました。
「え?」
「うん、何か役に立つような気がするの」と言いました。
「お役に立てるのであればどうぞ」と頂きました。

その後少しして啓子さんからメールが来ました。
相談ごとでした。
元彼からの復活愛の相談でした。
あまり気乗りしない、と言うことでした。
そうですね、相性もよくないし・・・
啓子さんが元彼からもらった指輪を持ってきました。
「処分の方法が・・・」
「良かったら私がもらっていいかしら?」
「え?」
「その代わり、こっちの指輪をあげるから」
「あら・・・サイズぴったり。それにこっちの方がしっくり来ます」。

ふふふ・・・何か不思議なことが動き始めたと思いました。

その後また少しして、怜子さんから連絡が来ました。
そしてお友達を連れて相談に来ました。
怜子さんとそのお友達は同じ会社の人でした。
相談は・・
「会社の中である人が仕事をしないで、文句ばかりいう」ということでした。

2人の会社はシフト制だったので、2人はなかなか一緒の時間にはならないらしく・・でも不満は一緒だったのです。
それで・・私は2人にあの啓子さんの指輪を渡しました。
「これ、役に立つから」と。
そして使い方を教えました。

そして啓子さんとそのお友達に
「いらない指輪かネックレスがあったら譲ってくれる?」と言いました。
その後、2人は指輪とネックレスを送ってくれました。

その送ってくれたものを夕子さんに差し上げました。

本当にサイズぴったりなんですよね・・・あれって不思議です。

その後のみなさんの報告です。
夕子さんは欲しかったバッグがバーゲンで安く買えたり、お徳買いが続いているそうです。
啓子さんは無事に元彼の復活愛が自然消滅。そして同窓会で片思いの男性がバツイチになったことを知り、今接近中。
怜子さんとそのお友達の問題にしていた同僚さんは寿円満退職が決定。
「揉めてやめるより、円満で解決できてよかったです」という連絡でした。

女性なら経験をされている人が多いと思います。
好きで買ったアクセサリーが・・なぜか急に飽きたり、嫌になったり・・・
他には元彼からもらったもの、元旦那さんからもらったもの・・・

困っちゃうんですよねぇ・・・
でも心の中では「もったいないし」。
売ってしまうことも一つの案ですが、皆さんの本当の気持ちは
「このまま潰してしまうのは可哀想」という女心ですもの。
女性は本来みんな「優しい」のです。

役に立つ場所へ・・・送ります。
そうして指輪さんやネックレスさんの役目を果たしてあげましょう。




 

蝶々

最近、生徒さんからの報告で07071811.IMGP2560.JPG
「蝶々を見ました」というのが多いです。
ここは都会ですから、見れることが嬉しくなります。

蝶が飛んでいたり、蝉が鳴くと季節を教えてもらっているような感じがします。
そして先日ベランダで大きなトンボが止まっているのをみて、あら、もう秋の準備?ともおもってしまいました。

いつものように花の写真を撮っていると蝶が飛んできています。
そして蝶のお仕事を見ていました。
蜜を吸って、そして受粉の手伝いをして・・・

こんなに小さくてはかないのに・・みんなちゃんとお仕事しているんですものね・・・・・

この時期から授業をスタートされる方のお話の中で
「自分が変わりたい」という方が多いです。
そう、まるで羽化を願うように。

変わりたいと思うときがチャンですもの。
背中のファスナーがかぱっと開いて大きな羽が出てきます。
人それぞれの大きさやカタチや色を持って。


2ヶ月前にチャネリング教室をスタートさせた生徒さんからの報告です。

自転車で町を走っているとふっと遠回りで帰宅しようかな?と思い、町をぐるぐる走ったそうです。
そして一軒のお店の前で綺麗なネックレスを見たそうです。
綺麗・・・と覗き込んでいるとお店の人が来て
「暑いでお店の中でお茶でもどうぞ」と案内してくれたそうで・・・
ネックレスの値段をみて・・こころの中で「ドリカムしよう」と思ったそうです。
(ドリカム手帳もしていた人だったので)
すると・・
お客様が一人入ってきて・・その人がそのネックレスの製作者でした。
聞くと教室もしているそうで・・・これはチャンス?と思い、その教室に案内してもらうことになりました。
楽しそうだし・・・綺麗だし・・・・・
そしてその教室に通うことになったそうです。

「あの時あのお店に入らなければ製作者の方とも会えなかったし、教室にも行かなかったし・・・チャネリングって幸せのタイミングを作りますね」と言っていました。そして
「綺麗な石やトンボ玉を見ていると嬉しくなります」と。

きっと彼女の背中にはキラキラのネックレスのパーツのような・・羽の模様がかいてあると思います。


 

9月7日、東京へ行きます。

仕事の関係と、そして行きたい場所があったので・・・07071813.IMGP2569.JPG
ホテルは品川近辺になる予定です。

久しぶりの東京なので・・
きっといっぱい変わっているのでしょうね。

そして・・念願の「ジゼル」を見に行きます。
そう「妖精さん」の舞台です。

今からドキドキ・・・・。
きっと幻想的な世界を体験できるでしょうね。

私もヒプノセラピーでお客様をどきどき、わくわくさせてあげたいと思っています。

東京へ行くこともきっと何かのメッセージ。
うふふ、やっぱり経験って楽しいです。



 

失った大切な愛が・・今・・・

一番下の子供がなかなか親場離れしないし、いつも私の顔を見ている・・と言われる女性がいました。07071811.IMGP2563.JPG
そしてその彼女を霊視していると・・泣いている前世の彼女が見えていました。

その理由を確かめに、遥か昔の過去世へ・・・・ヒプノセラピーをしました。

彼女には○△という国に暮らし、勤勉な夫と、まだ生まれて数ヶ月の赤ちゃんがいました。

そして・・事件が起きました。
「私の赤ちゃんが!」と涙を流し始めたのです。
「赤ちゃんがどうしましたか?」と聞くと
「戦争に巻き込まれ、逃げ惑い・・・離れ離れになったのです」と。

彼女は心が乱れていました。
私は自分が霊視できる部分を彼女に伝えました。
女性が一人見えるし・・・子供にミルクを与えてるし・・・とても大切にしているシーンが見えていましたので、
「離れてもあなたの赤ちゃんは・・誰かに育てられましたよね?」というと、
「あ・・・・女性が・・・助けてくれました、あ・・・助けてくれたんだわ・・・」と気が付きました。
「安心してください。この女性は子供をちゃんと育ててくれていますから」というと
「あ・・・良かった、良かった・・」とうれし泣きをし始めました。

それから数年後、彼女は第二子を出産。
そしてそれからも離れ離れの子供を捜しましたが・・・わかりませんでした。
そして死に際も
「あの子に会いたかった・・」と彼女は亡くなっています。

「その子の特徴がわかりますか?」というと
「え・・・と・・・○のところにほくろが2つ、そして・・・」
「○の足の○指が長いですよね?」と私が言うと
「そうです、そう、そうです」と思い出しました。
そして・・・・
「あ!」と言いました。
「どうしましたか?」というと・・・
「今の・・・・一番下の子供が・・その子です」と言いました。
「だから・・ああ・・だから・・・」と言葉を続け、
「だから・・どうしましたか?」と聞くと
「おかあさん、そこに居てね。ね?ね?というのがあの子の口癖なのです」と言いました。


そして私は彼女の守護されている方とお話してあることを教えていただきました。
それを彼女に伝えました。

その数日後・・・
一番下の子供さんが
「ママ、私大きくなったら、外国に行ってもいい?」と言ったそうです。
聞くとお友達のお家(お父さんが単身で外国へ行っているお家)で外国の写真を見たそうで、綺麗なお城や、風景だったそうです。
「私、お城が見たいなぁ〜〜」と。
「へぇ〜どこの国のお城だったの?」と聞くと
「○△。シンデレラ城みたいな・・・ふわふわのドレスを着て・・いいなぁ〜お姫様・・」と。


「先生、私ドキッとしましたよ。もしかしてあの子、子供のいなかった国王夫妻とかに最後にもらわれたのかしら・・・あら、妄想入ったかな?」と笑っていました。
「もしかしてそのお子さん、○○の時、○○しません?」と聞くと
「ええ、そうです」と言いました。
「そして、指輪が好きでしょ?」
「え?あ・・そういえば・・小さい時良くおもちゃの指輪をあつめてました」
「ふふふ、それも大きな石の指輪ですものね」と答えました。

本当に国王夫妻にもらわれていったのかも知れませんね。

不幸が続くと思ってはいません。
なぜなら人は幸せになろうと思うこころがあるかぎり、どんな境遇でも乗り越えて幸せになれると私は思っています。








 

天使のヒーリング

天使さんには階級があるようです。07071811.IMGP2564.JPG

それを知ったのが子供の時の「教会通い」。

一行言葉を覚えたら可愛い絵のしおりをもらえました。
そしてそれをノートに貼って・・せっせと集めていたのもです。
クリスマスはもちろん、イースターの時とか、いろんな行事の時は異空間を楽しみました。
だって、当時の我が家にないものがいっぱい。
大きなツリーにキラキラの星がいっぱいで、そしてテーブルには食べ物たくさん。

ホールには静かに祈る人達と、そして合唱の声。
子供は後ろで静かにしていました。
食堂では沢山のお菓子や食べ物がありましたから、私たち子供はそっちの方に興味がありましたものね〜。

聖歌を歌うたびに上からいろんなものが降ってきました。
きらきらしたり、ふわ〜としたり。
子供の時ですから「あれ、なぁに?」と言いかけては
「あ、そうっか他の人には聞いちゃいけないんだっけ」とおばあちゃんからの言いつけを守っていました。

ちっちゃいキラキラのあとに、少しずつ天使が降りてきて、それから大きな羽の人が降りてきて、天井を飛んでます。そのあと・カタチがないけど、もっと大きなモノ?が降りてきて・・・
へぇ・・・・状態。
みんな聖歌を聴いている方向を見ていますが、私は天井を見ていました。

あ、そういえば・・修学旅行でのスナップ写真も空を見てる写真が多いですねぇ・・(笑)。

順番に降りてきてるんだ・・と子供ながらに思いました。

当時から不思議なことをする子供で、草の匂いをかいだり、もみこんで色を出したり、水に漬けて色をだしたり。
石を擦って色の違いを出したりしていましたよ。
あるときは小さくて食べられないような芋を拾ってそれをゆでて、草をまぜて・・それから冷蔵庫で冷やしていたら、お盆にきた親戚のおじさん(お盆の度にこのおじさんにいじめられていましてね・・ハリーポッターの気持ちが良くわかります)にめちゃめちゃ怒られて。
「だって・・・これが身体に効くんだもん」と小さい声で反撃したのを今でも覚えています。

草の上に妖精が止まっていて、指をさしてくれます。
「これと・・あれ」と。
そうして子供の時はいろいろ試しました。
でも不思議におなかは壊しませんでしたが。

とっても大きな人?は遅く来て先に帰ります。
その後に大きな羽の人?が帰ります。
そしてその後を追って小さな天使さんが帰っていきます。
それから・・・小さな光りたちが帰っていきます。

「順番、決まってるんだ・・」とぽつっと言うと
「何の?」と神父様が言ったので
「あ、なんでもないです」と言い消しました。
言ったら怒られるし、また嘘でしょ?とかなんとか・・・
だから大人って・・嫌だな、と思っていた子供の時でした。

みんなが食堂へ行きました。
そしてその後、私はさっきまで光が散っていた場所に立ちました。
上を見ながら
「あの変に穴でもあるのかな?」とじ〜〜と見ていました。
でもなんか・・・暖かい感じだけはあるのがわかります。

当然大人が来て
「何をしているの?」といったので
「あ、なんでもないです」と言って食堂へ行ったのは言うまでもありません。

何回大人に嘘を言ったかな・・・
ごめんなさいね。
でも、聞いてくれないの、誰も。
信じてくれないの、大人って。

それから私はその扉を閉めることにしました。
もちろん「何かがいると感じることすべて」を。
中学3年の春ぐらいです。

でもタロットだけはやっていました。
楽しかったので。

あの教会の天井に本当に穴が開いているかもしれない、と信じていたころがなつかしい・・・
まるでサンタさんが煙突から来るんだ、と信じていたように。

天使の癒しのチカラを、今、また・・感じています。
ヒプノセラピーの度に、そしてお客様の後ろに天使がいるときに、
「あ・・・見守ってくれるということは・・こんなに美しくて、深くて奥ゆかしいのか」と。

 
23件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP