「杖の4」・・タロットの意味と未来の声

タロット教室の生徒さんとお話をしていました。

「先生、最近同じカードが出てくるのです」というので聞くと「杖の4」が続くそうで。
「それはきっと幸せごとがあると思うわ」と話しました。
彼女は特に彼がいるわけでもなく、普通の生活をしていましたが、
「それならそうなると信じます。楽しみにしてください」と前向きな話をして帰りました。

ふと彼女の手提げ袋をみるとフルーツの模様が書いてありまして、私はおもわずニッコリしていました。
本当に・・「幸せが来るわ」と。

08092712.IMGP4325.JPGしばらくして彼女から連絡がありまして、電話で話すことになりました。

友人が入院をしたので、彼女はお見舞いの品を考えたそうです。
そしてフルーツのことを思い出し、果物屋さんに行きました。
そこでおいしそうな果物を数点選ぼうと思ったそうです。
店員さんとお話をしていて・・その店員さんが他の人に声をかけられ、彼女は急いでいなかったので、そのお客様のところへいくように店員さんに話し、待ったそうです。

彼女の横に一人の男性が来ました。
彼もどうやら果物を選んでいます。
少し迷っているようで・・・
彼に声をかけて
「もうすぐ店員さんが戻ってくるから一緒に相談しましょう」と言いました。
そして話をしていると、二人ともお友達の入院で同じ病院だったとわかりました。

もちろん二人は店員さんとお話して、そして一緒に病院行きのバスに乗り、お友達の病気のお話などしたそうです。
お友達の面会をして・・・彼女は何気に
「玄関で彼を待ったほうがいいかも」と思って行くと、彼が座っていました。
そう彼も彼女を待っていたのです。

そのあと二人はお茶をして仲良くなりました。
「もう数回デートをしました」と彼女。
「あらぁ〜それはよかったわね」
「はい、何か不思議な出会いだと思いました」
「うん、突然だけど、でも必然ね?」
「はい、カードの通りでした。フルーツですもの」
「うふふ、それに・・その先もでしょ?」
「あ、はい、結婚とか・・・うふふ〜」
「そうだ、また彼とのことを占ってみましょうか?」

そして・・・・今度は「カップの10」。

もちろん私も彼女も笑顔になったのはわかりますよね?


カードはそのまま読むこともありますが、それに関連していろんなことを読めるようにしておかなければなりません。
ステキな偶然を一回で確実に手に入れるためにも正しく、そして美しく・・そして永遠に幸せになれるようにカードの声を聞けるようにしておきましょう。

タロットは「偶然」ではなくて「必然」に声を届けてくれるのですから。


 

チャネリングのお客様から〜自分をプロデュースする

不況での突然のリストラ・・・

彼女は困惑していました。
まさか自分がこうなるなんて・・・と。

実家は田舎にあります。
当然実家に帰っても仕事はありませんし、兄が結婚してもう一緒にお嫁さんもいます。
そして子供ももいます。
彼女の帰る部屋はありませんでした。

「どこにも行けません。私はこの大阪で暮らしていかなければならないのです。仕事を探してなんとかしていかなければ・・・」と話す顔は苦悶に満ちていました。

仕事がない・・・それこそ不安のすべてです。
そしてそのタイミングであたらしい職場を見つけるか。

しかし・・・ハローワークに行っても・・・自分が行きたい仕事はない。

不景気には人が殺到しています。
就職活動は・・・・好景気こそしなければならないのです。

私はチャネリングしてみました。08010714.IMGP3302.JPG
すると彼女が綺麗な場所で綺麗なお化粧をして写真を撮っているのが見えました。

そして
「よかったら証明写真をお金のかかるところでとってもらったらどうかしら?お化粧とか、服装も綺麗にして・・そうしたら何かが始まるかもしれないと思うの」。
「それだけでいいんですか?」と話すので、
「きっとね、印象を変えて、今までとは違った自分を外面で作ってみたらいいと思うの。綺麗は武器だし、それにあなたを今までと違った扱いにしてくれると思うわ。中身は今までの経験が武器だから。印象をまず作って自分の自信のひとつにしたらいいと思うの」と話しました。

彼女はまず美容室へ行き、ヘアースタイルのアレンジを聞き、それからお化粧を学びに行きました。
写真スタジオに行って身なりを整え・・・そしてその写真を私に見せてくれました。

私は驚きましたよ、
「え〜〜〜!」と。
やっぱり女性はプロの手に掛かるとこんなに綺麗になれるし、本当の彼女は「これ」なのですから。

他の女性も綺麗にしているのですから‘素’で勝負するなってそれは絶対不利。

まず見た目を綺麗にして、そして同じステージに立たないと・・ね?

お化粧は「マナー」ですもの。
その技術を学ぶのは女性として必須ですし。
自分を最高にプロジュースしてくれるプロに学ぶのは当たり前。

自分の顔を最大限に美しく。
自分の身なりも最高に美しく。
その場にあわせて・・・最高の自分に・・・

その後その写真とその身なりで面接に行ったそうです。
もちろん書類選考は全部通ったそうで。
会社の内容を聞いて彼女が決める、という立場に変わったとか。
そして
「先生、就職が決まりました」と連絡が入りました。
「よかったね〜」と私が言うと
「はい、やりたかった仕事だったのでとっても嬉しいです」と話していました。

そしてしばらくしてまた連絡が入りました。
「前の会社はとっても雑に扱われていたのですが、今はみんな優しいです。特に男性は気を使ってくれます。不思議ですね」とメールが来たので私は
「それはあなたを優しく扱いたいと思っているからそんな風に扱ってくれるのよ。つまりあなたは周りからそう思われるようになったし、そういう風に自分がちゃんと努力して自分をプロデュースしたのよ」と返信しました。
帰ってきたメールは
「綺麗になった自分を初めて見て、そして周りの人が綺麗、と言ってくれて・・その後から私は私を大切にしようと初めて思いました。綺麗になると周りが変わるってことを知りましたし、自分が楽しくなることがわかりました。そしてこんなに日々が充実することもわかりました。ありがとうございました」とメールに書いてありました。
私は
「もうひとつ忘れていることがあるわよ。今度はパートナーを探してもっと幸せにならなきゃね」と書きメールをしました。
そして
「はい、頑張ります!」と帰ってきました。


幸せは自分で作るものです。
じっとしていても何も変わりません。

運を待っていることも大切かもしれませんが、まず自分がその運を使えるようにすることが先決。

あなたはどんな運を持っていますか?
そしてそれを使いこなしていますか?

あなたは自分を否定していてその運を見ようとはしていませんか?

もったいない、あなたはあなたらしく美しく、楽しく、そして幸せにならなければならないのですから。


 

過去から生まれるもの・・・

男女が知り合ってそしてお互いに過去のお話をしたりします。
それは「相手に隠すつもりがないこと」という「すなおな気持ち」でお話されているのですが、それをそうととらずに捻じ曲げて「過去に嫉妬」したりする相手もいることを忘れてはいけません。

ですから、過去を話すときは相手をきちんと見ること、そしてけっしてすべて話す必要がないということをわきまえては話さなければなりません。

愛の大きさや想いは必ずしも自分と同じと思わないように。
そして愛しているからすべて受け入れられると思うようなことを思わないように。

過去を良く思わない人もいれば、許したフリをする人もいます。
だから・・・「過去は過去」であり、あなたがあなたを許せばそれ以上の許しは必要がないのです。

もし・・あなたが神様で、あなたの目の前にあなたがひざまずき、過去の過ちを話始めたら神様のあなたはなんというでしょうか?
「お前が悪い」といくらしかってもどうにもなからないのです。
「これからそれ以上に頑張って罪の償いとその先にある幸せをつかみなさい」というでしょう。

毎日、毎日罪の償いをしなければならないことではなく、まず自分を許し、自分をいたわり、そしてエネルギーが出来てきたところでいろんなところで人を助けることが「自分への愛」を取り戻し、「人への愛」の本当の意味を知るでしょう。

相手に「許し」を得ようと思う前にまず自分を許してあげてください。08010714.IMGP3299.JPG
そうしたら・・・許しを得るために痛い思いをしなくていいでしょうし、傷の痛みも早く終わり、あたらしい世界へと歩くことができるでしょう。


相手が許しを得てきたら内容にもよりますが・・・相手は勇気を振り絞っていることを感じてください。
そして
「この人は変わろうとしているんだ」と思ってください。
許してあげるだけで相手が変わる場合が多いのです。
しかし同じ過ちをまたされた場合は・・・あとは神様に任せましょう。
「裏切られた」と思わないように。
裏切ったのはその人がその人本人にしている行為ですからあとは神様にお任せしましょう。

相手のことをいつまでもつつかないように。
その行為がまた同じような行動をする魂を呼ぶからです。

過去のお話をするのは少し。
大切なのは未来を作るお話です。

過去から生まれるものは「経験」です。
それと同時に人によっては「不幸」が生まれるときがあります。

テレビの対談の時に有名人の方は
「過去は一切話さない。何も生まれないから」と言われていました。
それも一理あると思います。

ただ・・どうしても相手のことは知りたいのです。
なぜなら
「自分より好きだった人がいたのか知りたいし、本当に自分は最高に愛されるのか知りたい」からなのです。


過去から生まれた「嫉妬」というお話をさせていただきます。

ある女性のお客様からご相談がありました。
彼女の部屋の写真を彼と見ているとき不意に元彼の写真が出てきて、それを追求されたそうです。
彼女はその写真の男性とは結婚する予定でした。
しかし、いろいろな事情で結婚することができませんでした。
その話をきちんとしたそうです。

今の彼はそれを静かにきいてくれたそうです。
彼女は「受け止めてくれたんだ」と安心したそうですが・・・・

07011909.IMGP1720.JPGそれから二人がちょっとした口げんかをするたびに
「前の彼ならケンカしなかったんだろうな?」とか前の彼のことをいろいろ持ち出すようになったり、その男性の会社の車とすれ違うたびに
「あれって前の彼の会社の車だよね」というそうです。
それが何回も続き・・・彼女は
「もう疲れてきました。結婚してもこの調子かと思ったら・・・」と泣いていました。
私は
「せっかくすなおに話したのに、何かの度に持ち出されたら・・女の子は引くよね・・」というと
「ええ・・もうすっかり引こうかと思うぐらいです。本当に今の彼が好きなのに・・・」と泣いていました。
正直彼女も過去は早く忘れたいのです。
昔の傷を掘り返されても・・・・辛いだけで、愛なんか育たない会話ですもの。
被害者という立場だってもう忘れたい、未来の楽しい会話をしたいのに、蒸し返られるとぞっとする・・・
結婚まで行った愛だったのに・・彼女だってどれだけ泣いたか・・判っていない彼。
冗談のつもりには決してならない会話ですもの。

彼女が
「きっと別れたら今度は‘やっぱり前の彼がいいんだな’といいそうです」と悲しい顔をしました。
私は
「もうそこまで想像できてしまうのなら・・・整理したほうがいいですね」と話し、彼との関係を清算する方法を教えました。
そして彼女を見ていると優しい感じで細身の男性が見えるので・・・
「たぶん、このお話が終わるとき、いや、私からのお願い、あなたは早く心の整理を強制的にして、早く終わらせたらきっとステキな男性があらわれるから。早く切れば切るほどいいと思います。だから・・・」とお話し、その方法も教えました。
彼女の心には傷がいっぱいあります。
そしてまた新たな別れで傷になるかもしれません。
でも彼女には・・その傷を癒せる男性が現れるのです。

しばらくの間私は彼女と連絡をとり、無事彼とお別れできるようにしました。
彼に・・あたらしい彼女ができたので、それであっさりと。
そして彼女には注意事項を数個教えました。

その後・・・彼女からメールが来ました。
お友達の紹介で男性と出会い、交際がスタートし・・・そしてしばらくして一枚の写メールが添付されて来ました。
少し細身の男性で彼女の肩に優しく手を乗せています。
二人の笑顔がとてもまぶしくて・・・

その彼は彼女の過去を一切聞かないそうです。
理由は
「僕が知りたいのは僕と君が幸せになって子供が出来て・・そして自分の子供にどんなことを聞かれるかなんだよ」ということだどそうです。
彼女は意味がわからないというと彼は続けて
「あのね、子供に‘お父さん、お母さんを好きになった理由は?’とか‘どこで出会ったの?’とかどんなことを聞いてくるんだろうと思うと楽しいから。僕が知りたいのは未来だよ」と。

未来を見ている男性は素敵です。
そして未来のために愛を育てて、努力している人は最高に素敵です。





 

チャネリングの生徒さんから〜「君を抱いて・・・」

「先生、不思議なんですけれど・・」と生徒さんから言われました。
よく聞くと・・・

生徒さんが
「お友達とお話していると後ろに男性が見えて、そして手が伸びて彼女を守っているように見えるのです」と言いました。
そうですね・・普通に聞くと何かが憑いている?と思うのですが、生徒さんのお話を聞いていると・・少し違うし。

それで・・チャネリングの授業の延長で生徒さんと二人でチャネリングをしてみることにしました。

そして生徒さんが
「若い男性が・・・・君を抱いて・・、と聞こえてきます。でも怖いお話ではなくて・・なんだろう・・」と考えました。
私はそこからもっと深いチャネリングの仕方を教えました。

数分後、生徒さんははっとした顔をして私に08010714.IMGP3297.JPG
「先生、抱くって・・もしかして・・・・」と言いました。
そう、生徒さんは気が付きました。
お友達が「抱かれている本当の意味」を。

「私、お友達の様子をもう少しみて、また何かあったら連絡します」と言って生徒さんは帰っていきました。

男性の声、でも・・霊ではなくて・・もちろんわるいものでもなんでもない。
愛の・・それも深い意味の愛。

しばらくしてまたお友達とあったそうです。
そして話の流れで家族の話になったそうです。
生徒さんは特に質問したわけでは無かったそうなのですが、なぜか家族のお話。
そして・・・彼女に聞いてみたそうです。
「お父さんとのこと」

そう「君を抱いて・・」とはお父さんが生まれたばかりの赤ちゃんを抱いていること。
彼女が赤ちゃんの時にお父さんが事故で亡くなっているそうです。
今の父親は彼女が幼い時に再婚した人。

お父さんはいまでも彼女を抱いて、彼女を守っているのでした。

若い男性が見えていたのは、お父さんもまだその時は若かったので、そのイメージだったようです。

「今でも父は私を愛しているんですね」と彼女は言ったそうです。
その時生徒さんは
「そしてお父さんから感じるのはね、人は血ではなく、心で愛していることを感じてほしいといっているの」と伝えたそうです。
するとお友達の目から涙が溢れてきました。

彼女は今の父親と性格が合わないそうで・・母親と今の父親との間にできた姉妹ともあわず、いつも孤独を感じているようでした。

「心でつながっている愛」があることを生徒さんと話しをしていき・・・
お友達は
「自分の思っていた愛の狭さに気が付いたわ」と言ったそうです。


「先生、私はお友達にお話をしている間に自分にも言っているような気持ちになりました。チャネリングで判ったメッセージの本当の深い意味を自分に言っているような感じです。
聞こえるだけ、伝えるだけではダメなんですね。本当のチャネリングは伝える側の成長も伴っているということなんですね」と言いました。


どうしてもカタチの愛にこだわるのですが、でも見えない愛もあり、今の愛もあり、これから育てる愛もあります。

あなたは誰に抱きしめられていますか?
そして誰を抱きしめていますか?

人?それとも未来の自分?

大切なことを忘れていませんか?
あなたが生まれてきたときに最初に抱きしめてくれた人を抱きしめてあげてくださいね。

あなたは生まれたときから愛されているのですから。

 

チャネリング・・・写真の中の真実

女性のお客様が私に一枚の写真を見せてくれました。
「今付き合っている男性ですが、この先のことを教えて欲しいのです」といわれました。

私はその写真を見てすぐ
「彼は・・今は独身ですよね?」と聞きました。
すると彼女は
「はい・・・私との不倫が奥様にばれて離婚し、そして結婚する話だったのですが・・どうも話が変わってしまってきているのです」と言われました。

彼女と彼と出会った当時彼も彼女も結婚していました。
そして二人は御互いに離婚を決め、先に彼女が離婚しました。

その後に彼が離婚・・というまでしばらく時間がかかりました。08010112.IMGP3279.JPG
そして彼女は彼に
「約束が違う」と迫りました。
そしてその数ヵ月後に・・・奥さんに関係がばれて・・結局離婚へ。

二人とも離婚になって、そして一緒になれるはずが・・・彼からの結婚のお話が聞こえなくなりました。

「私がせかしすぎたのでしょうか?」と彼女は聞いてきたので、私は写真を見ながら答えました。
「彼には他の女性がいるので、きっとそちらの方と一緒になると思います」というと彼女はびっくりして
「そんな・・・」と言いました。
「写真を見ていますと、若い可愛い女性が見られます。そしてその女性とは・・お子さんもできるようですね」と答えました。

そう、彼の本当の離婚の理由は
「もう一人の若い女性に子供ができたことで奥さんにばれて・・それで離婚」だったこと。

そして私はその若い女性の姿を彼女に教えてあげました。
たぶんできる子供は女の子、とも。

続けて
「でもよかったわね、あなたはこの人と一緒になったとしても彼はこの女性と出会い、やはり子供が出来て結婚されてしまうと思います。つまり・・あなたが結婚する前に彼女が出てきてくれてよかったと思ったほうがいいですよ」と話しました。

彼にとってはこの若い女性が運命の女性。
今の奥さんも彼女も「違う」のです。

彼女はすっかり落ち込みました。
つまり・・なんとなく若い女性存在を知っていた様子で・・・

私と話していて現実を受け止めることになりました。

「なんとなく・・そんな感じがしていました・・私はそれをちゃんと受け止めて前に進まないとならないのですね・・」と言われました。

写真のことを説明しました。
女性が見えるのと・・それとちょっと大変なものが見えるので、これ以上彼とかかわりにならないこと。
もし付き合うのであれば・・心と体と・・命のことまで考えるときがやってくるので・・と。

「お友達は先生に会いなさいと薦めてくれた理由がわかりました。友達は先生に会えば真実を知るし、決断させてくれる先生に会いなさいという意味だったんですね・・本当に私のことを心配してくれて・・・」と泣き始めました。

確かに・・別れることはきついです。
でもそれを越えて・・・本物の愛を見つけるために生まれてきたのですから。

私はもうひとつのことを言いました。
「あなたにはもう一人大切な人が現れるはずですからそれを楽しみにしてください。きっとその人はあなたの過去を優しく包み、そしていつも手をつないで歩いてくれる男性のはずですから」と。


それから数ヵ月後・・・彼女から連絡が来ました。
人の紹介で男性と出会ったそうです。
彼はいつも彼女の手を取り
「安心して、僕がいるから」と彼女に言うそうです。


愛は必ず何度も現れます。
そして必ず本物を見分けてください。

情に流されて相手から奪うことで愛の勝利だと思わないでください。
勘違いしてはいけません。
愛は奪うものではなく、育てるのであり、そしてお互いの心の安らぎになるのですから。


 
CMSならドリーマASP