カードリーディングで運命の出会い

カードリーディングの授業をしているときに生徒さんが
「自分のリーディングカードと出会いたいです」とお話をされていました。

そうですね、そのカードと運命の出会いをしたら・・とってもすごいことですもの。
だからいろいろあちこち見回って・・捜し求めますし。

ネットでもなんでも・・一生懸命探します。
でも・・なかなか見つからない。
みんなと同じものが自分に合うわけでもないし、といって、どうしたらいいのか?

一番いいのはそのカードと出会うだけの自分になることです。

その説明をさせていただきました。

いつもしていただくことがありまして・・それができたらとっても力が付きますし、良いことが続きますし。

そして生徒さんにはそれを実践してもらうことになりました。08050912_1.IMGP3766_1.JPG

少しして・・・彼女からいろいろな報告が来るようになりました。
とても小さなことや、お金が手に入ったり・・・不思議が続きました。

そして・・・・
あるお友達のお家に数年ぶりに遊びに行ったそうです。
お母様とも数年ぶり。
子供の時にはしょっちゅう行っていたようでした。

そこでお友達が・・あるカードを出してきました。
それは・・・昔、子供の時に少女マンガについていたふろくのカード。

当時はその作者も普通の漫画家でしたが、今はとても有名な方になっています。
「あなたにあげるわ」と言われて、受け取った時、身体の感覚が不思議な風に包まれたような感覚だったそうです。
「これは・・すごいかもしれない」と思ったそうです。

確かに・・普通のカードです。
でも・・彼女に見えたものは「特別」という感じ。
このカードならリーディングの時に使えるわ、と確信し、ありがたく頂いたきたそうです。

それから彼女の周りはなおさら変わりました。
彼女の言葉を借りると
「人が寄ってくるのです」と言いました。

女性もそうですが、男性からも飲み会や食事やお茶に誘われ、そしてとてもお友達が増えたそうです。
「毎日が予約で忙しいです」と笑っていたました。

あるお友達が
「カードリーディングをしてほしい」と言われたので彼女は引き受けました。
そしてそのお話を数人にすると、そのうちの一人の男性が彼女のリーディングを受けたいといわれたそうです。
そしてその男性がお友達とやってきました。
その男性を見た瞬間、「この人だ!」と直感があったそうです。

そして
「結婚できるかもしれない」と確信したとか。

リーディングの結果、彼は「結婚」のイメージがどんどん膨らみ、そして彼も「結婚したいんですけど、なかなかいなかったので今回カードリーディングで見てもらいたくて」と言いました。

セッションが終わってから3人で食事に行き・・・
彼は彼女に交際を申し込んでくれたそうです。

「あのカードと出会ってから運命が変わりました。とても幸せです」と彼女は言いました。
「そうよ、はっぴ〜体質に変わると、自分も出会いも変わるのよ」
「はい、そうですね。これからもどんどん幸せを増やします」

彼女は今彼と順調に恋愛をしています。
先日は一緒にある大型家具店に行ってみたとか。

え?それってもう結婚満々じゃない?と私は思うのですが(苦笑)

彼女にはこれからも一生をかけてはっぴ〜カードリ^ディングをしてもらい、たくさんの人を幸せにしてもらいたいと思います。


 

恋愛教室の生徒さんから〜運命の告白


恋愛に臆病になってしまって・・・
そして出会いもない毎日で・・自分がこのままどうなるんだろ・・と思って。

そんなときに恋愛教室に来てください。
占いでもなんでもなくて「恋愛の実力」をつけることによってはっぴ〜磁力のパワーをあげてほしいのです。

「35歳が最後の恋愛です。それからまったく好きな人ができなくなったのか、運が悪いのか・・でも結婚はしたいですし、幸せになりたいのです」と言われた46歳の女性が来られました。

運勢的に今から準備して・・そして数ヵ月後には恋愛パワーをさく裂できるようにしましょう、とお話しました。

数回目の授業の時には彼女はお見合いの会に入りました。08052815.IMGP3828.JPG07051116.IMGP2276.JPG
そして進めていましたが、なかなか見合った人がいなくて・・・

あきらめかけていた時でした。
授業の成果が出てきました。
なんと職場の年下の男性数人から
「最近とってもきれいになりましたよね?彼とかできたんですか?」とか「お化粧変えたのですか?」と年下の女性に聞かれたりしたそうです。
彼女は
「自分がそんなつもりはなかったのですが、周りってよく見ているんですね」と言いました。
私は
「そうですよ、自分では見えないけれど恋愛オーラも、結婚オーラもみんな人からははっきりみえるんですよ。スピリチュアルではなくて人間本来の本能でわかるのです」と話ました。

そして彼女は自信が出てきました。
授業の中でいろいろなお話をしたり、指導していくにつれて・・彼女は変わっていることを他人の目から教えてもらえました。

ある日、お友達から「弟が参加する展示会のチケットをもらったから一緒に行かない?」とある展示会に誘われました。
そしてそれに行きました。
当日も私がいったあることを守って・・彼女はお出かけしたそうです。

会場で友達と待ち合わせをして、友達と合流。
そして弟さんを紹介してくれました。
その弟さんをみて・・彼女はドキっとしたそうです。
とても男らしいし、とても優しそうだ・・と思って。
お友達は
「頼りないけどね〜可愛い弟よ」と言うので
「そんなことないと思うよ〜あなたがしっかりすぎなのよ」と反論したとか。

そして弟さんの休憩時間を合わせて3人で食事をして・・意気投合。

帰り道一人になったとき
「素敵な人だなぁ・・でも年下だし、私なんて無理ね」と思ったそうです。

一週間後、会社の用事で某銀行へ寄り道。
呼ばれるのを待っていると突然男性に声をかけられ、みるとあの弟さん。

彼女はこのとき
「運命だ!」と思ったそうです。
そして彼も
「偶然ですね〜」と言われ、そして立ち話。
途中まで少し歩きながら
「お付き合いをされている人はいますか?」とか積極的に聞かれたそうです。

そしてメールの交換を求められ、交換して。

出会って2回目のその夜に彼がメールで告白。
彼女はいったん躊躇して私のところに連絡がきました。
「彼の人生を考えると私みたいな年上が・・」ということでした。

私は
「相性はいいし、運勢もお互いよくなるし。申ししぶんのないカップルなのに・・本当に後悔していいのなら彼をあきらめたらいいと思う。でもそんな人生をするために恋愛教室に来たのではないし、あなたはあなたの幸せをこの人生で手に入れるために生きていると思ってたんだけど・・違うのかな?」と聞いてみました。

躊躇したっていいことなんてないもの。
この一目ぼれは・・ましてお互いにあったもの。
彼も彼女を見て「年上だから」とかなんか考えてから告白してたとは思えないし。
それに相手はお姉さんのお友達。
中途半端な男性ではないってこと。

彼女は彼の告白を受け止め、今結婚に向けて恋愛を満喫しています。

「あの時私は年上だから・・っていう自分をやめることを決めたんです。前の私なら・・きっと彼に私は年上だからと言っていたでしょうけど。でも幸せになることを決意したとき、自分の心に素直になろうと思ったのです。
心から幸せになりたい、と思った時、本当に運命は動くのですね」と彼女はいいました。


人は変わるのです。
いえ、どんどん変えて・・そう幸せ体質の私にならなければならないのです。
今までの私なら今までの私という答えしか出ないのですから。

幸せを拒否する理由はただ一つ
「私なんて・・・私なんか・・今までそんなことなんかなかったから・・」と思う私を治すだけ。

さぁあなたを幸せ体質にしてみせます。

笙先生とふるらん先生のはっぴ〜パワーできらきらの人生に変えてみせます。


 

神様と猫のお話

お客様のご紹介であるお家にお友達に連れられてチャネリングをしにいくことになりました。

お家に入ると2ひきの猫ちゃんがお出迎えで・・
あらぁ〜可愛い〜〜状態の私でした。
(動物は大好きなので)

そして彼女のお話を聞いていると
「頭痛がなかなか治らなくて・・病院に行ってもなんでもないといわれるし・・」と言いました。
彼女を霊視すると・・だいぶ前に亡くなられたお母様のお姿が見えるので
「お仏壇を見せていただけますか?」と聞き、見せてもらいました。
そして・・その仏壇を見て2・3注意をさせていただきました。
(してはいけないことをしていたので)

それと・・まだ問題があるようでした。08080409.IMGP4106.JPG
家の中を見渡すと・・・猫ちゃんが走り回って、そして彼女の注意されると食器棚の上の二匹で上がっていきました。
「あそこが定位置んです」と言った瞬間、私の頭の中に
「ここ」と聞こえてきました。
それで理由がわかりました。
彼女に
「ここに猫をあげたらだめですよ」と言いました。
彼女は
「なぜ?」と聞くと
「ここは神棚の場所だからです。だから動物をあげてはいけないの」と。
一緒に来ていた友人が
「そうなの?」と言うので
「ええ。ここはこの家の要。だからここに神棚を置くのよ。そしてあっちと・・こっちに・・〜〜を置いてくれたらたぶん・・おちつくと思うわ」とお話しました。
お友達とお客様は不思議そうな顔をしましたが、そのやり方をキチンと説明して、そして私とお友達は帰ってきました。
私はお友達に
「たぶんあれだけでよくなると思うわよ」とニッコリ笑って帰宅しました。

数日後お客様からメールが来ました。
「最初に仏壇のことをしたのです。すると頭痛が軽くなりました。それからそのあとに神棚を置いたら・・猫が上がらなくなりましたし、二人とも(猫のこと)おとなしくなりました。そしてまったく頭痛がしなくなったのです。まだ数日間ですが、不思議です。ありがとうございました」

家には家の波動があります。
仏間との関係、神棚との関係・・たくさんあるんですよ。

彼女はきっとお母様のことが心配でそれでお母様が苦しんでおられると思っておられたのでしょうけれど、それもあると思うけれど・・本当は「いてはいけないところに猫がいた」ということだったのです。

それからしばらくして彼女からメールが
やはり頭痛は止まり、数日前にお母様の夢を見られたそうです。
その中に
「私、猫嫌いなのよねぇ・・・でもこうやって見ていると可愛いと思えるかもしれないって思ったの」といってだっこしていたお母様のお姿だったそうです。
確かに生前お母様は猫が嫌いで、彼女はお母様がなくなってさびしくて自分が好きな猫を飼い始めて・・

猫ちゃんも神棚のすごさがわかるらしく、まったく食器棚の上に登らないそうで。

「猫もわかるんですね〜びっくりです」とお客様が言っていました。

ちなみに今、猫ちゃんたちが座っている定位置は
「神棚の正面」の座布団の上。
「私はこんなところに座布団を置いた覚えはないのですが、猫たちがもってきたのか・・・二人は最近ではケンカもしなくなりました」

うふふふ、やっぱり見えないものをちゃんとしておくとすべてがうまくいくでしょ?と思った私でした。

 

恋愛教室の生徒さんから〜結婚決定!

「お付き合いをしてもう5年・・彼はまったく結婚の意思を示してくれません・・」という30代中ばの女性が来られました。

笙先生が占術でお互いの相性を見ました。
あまり悪くはないのですが、そんなにベストでもない。

「このまま結婚でもいいですし、もっと上を探そうと思えば見つかりますよ」とお話しました。
すると彼女は
「もしもっと上が見つからなかったらどうなりますか?」と聞かれました。
笙先生は
「出会ったらきっとわかりますよ」と話をしていました。

そして彼女は彼に対して本当に結婚の意思があるのかを確認する方法を笙先生から学ぶことにしました。
3回目の授業を受け、そして彼女はいよいよ実行に移す時がきました。
先生には
「この方法で彼が結婚を言わなければ・・それはもう未来にも無理だと思いますし、ある意味一人の女性を守るに値する人間かということもわかると思います」と言いました。

07042610.IMGP2152.JPG彼女は
「彼と結婚するかしないか、その気持ちもはっきりしたいですし、それにもしそれがだめなら早く前をみていい人を見つけたい」といい、帰宅されました。


○月○日○時決行です。
私も笙先生も
「今頃なんでしょうね。はっきりわかるといいですね」と話していました。

夜になって・・彼女から連絡が来ました。
「彼にあのことをしてみました。すると彼は〜〜〜〜〜(ナイショ)をしたのです。私にとって最悪の回答を見せてもらいました。一緒に手伝ってくれた友人も‘最低ね、早く別れた方があなたのためだと思うわ’と言われました。好きで見えなかったものが今回見えたのです。結婚していたらとてもたいへんだったと思います。今わかってよかったと思いました。好きだけで一緒になってはいけないし、ちゃんと好きでもあるし、一生付いていける人と一緒になりたいと思いました。先生、私はまた恋愛教室に行ってちゃんとはっぴ〜体質になっていい人を見つけて見せます」と言われました。

そして・・・彼女と彼は別れ、彼女はすぐ次の男性を見つけることにしました。
恋愛教室をまた2回受け・・・
ある日、前に勤めていた会社の子から連絡が来ました。
一緒に飲みにいかないか?とお誘いのメールでした。
彼女はそれに参加することにしました。
そして恋愛教室のことを実行することにしたのでした。

待ち合わせのお店に入って久しぶりに友達数人に会うと
「え〜〜何か変わったね」と言われ、その反応に彼女は驚いたそうです。
そして聞くと
「前はまったく〜〜なだったのに、今なんかオーラ出ているよ」と。
その言葉の彼女は恋愛教室の成果が出てると実感したそうです。
そして
「ねぇ、男性にモテてるんでしょ?」とか聞かれたり。

途中でお手洗いに行くと、ほかの男性が振り向いたり、歩くところを譲ってくれたり、不思議にてれた反応をしたりするのがわかったそうで
「確実に実力が付いてるんだ」と思ったそうです。

数日後、またその飲みに行った人からメールがきて
「あなたのことを会社の人に行ったら男性数人が今度はおれも連れて言ってほしい、と依頼がきたわよ」と連絡があったそうです。

また週末、飲みに行くと・・・久しぶりの人たちの顔がいました。
懐かしさでみんなと盛り上がり・・
そしてそのうちの一人の男性の目線が気になりました。
彼女のその表情に少しドキッとしたそうです。

帰り道でお友達に彼のことを聞くと
「実はあなたのことが好きだったけど、言えなかったみたい。照れ屋って知ってた?」と。
「知らなかったし、私、全然視界に入れてなかったみたいで」と言うと
「あなた、彼がいたからね。でもね、あの会社の男性の方がずっといい人だと思うけど、みんな言えなかったのよ」と言われたそうです。
自分が気がつかなかったんだ・・・前の彼のことで頭がいっぱいで・・・と思ったら何か馬鹿だったな、と思ったそうです。

よかったら、自分のメールアドレスを彼に伝えてください、とお友達に頼み・・
その夜彼からメールが来ました。

そして恋愛教室の実践編。
本当の愛を確かめ、そして自分の本当に幸せを知るための方法です。

思いだけで頭がいっぱいで幸せになれるわけがありません。
たくさんの失敗例があるのです。
間違った人を好きにならないことが大切なのですから。

その彼は彼女からメールが来たこととお友達の後押しでテレることを辞めることにしました。
多少の照れはのこしても、行動できないのは幸せを掴めないことなのですから。

相手に見えないことは相手に伝わりません。
相手に気持ちを知ってほしい、相手の気持ちを自分に向けてほしいのであれば恋愛の方法を身につけないとうまくいくわけがありません。
ただ存在し、ただ好きになるなんて・・極少のことなのですし。
人は相手が起こす現象で心が動くのですから。
たとえていうなら無表情より、笑顔で好きになるでしょ?

そして二人は交際を始めました。
わずか数カ月ですけれど・・・先日
「彼からプロポーズを受けました。とてもうれしくて涙がでました。涙が出るうれしさって初めて体験して幸せです。私は幸せな恋愛を短時間に見つけて、そしてそれ以上に幸せになれる確信があります。先生、ありがとうございました」と連絡が来ました。

疑問を持ちながら好きという感情だけで結婚できますか?
恋愛は楽しいのは当たり前なのです。だって楽しい時間を過ごす期間だし。
結婚は人生です。
ともに命をかけて歩くのです。
好きじゃなくてはいけないし、相手に責任をとれる人でなければならないのです。

本当の運命の男性をゲットし、そして本物の愛を育てましょう。

男性、女性、恋愛の必勝方法があります。
ぜひ学んで運命の彼、彼女を一生そばにいてもらえるようにしましょう。

ちなみに・・・私は笙先生と初めて会った日の2時間後に笙先生からプロポーズを受け、今年入籍の予定です。
出会って今月で8カ月目ですが、毎日がとても幸せですし、来世もまた一緒になろうと約束しています。

 

占術〜グランドオープン大成功!

ずっとサラリーマンで・・そしてお給料をもらっていて・・
ある日突然首の宣告を見てきて・・・
会社員の安定なんて・・あり得ない時代になってきました。

自分の実力でお金を稼がないとならない時代になってきたのです。
そしてもっと素敵なことを叶えたい。

「お店をやってみたい・・そうこの夢を叶えたい」と本気で思った時、お友達からラピス・ハートの笙先生の名前を聞いたそうです。IMGP4783.jpg

「先生、私は今の会社を辞めて自営(ここではナイショにします。ごめんなさい)をしたいのです。そして自分の力でお金を稼いで自由になりたいのです」とお話しました。
笙先生は
「その夢をぜひ叶えてください。幸いなことに占術の結果をみてもこの自営は成功すると出ています。しかし現実にはちゃんと計画を立てて実行して、確実に足場を作り、積み上げなければなりません。力を貸しますからぜひ計画を立ててください」
「わかりました。絶対成功させます」と言って彼女は心に決意をしたとわかるぐらいの目に光を持ち、帰られました。
そしてまた2週間後に来られて、自分のお店の計画などを見せてくれました。
笙先生はそれを見て、彼女のよいところ、悪いところを説明していました。
彼女は帰り際私に
「難しいと思っていたけれど本当に現実になるんだわ、と実感できます。また来ます」と言われて帰られました。

お店を出すというのは、お金と人生をかけることです。
夢と希望だけではどうにもなりません。

キチンとしたプロの声を聞いて、そして確実な実行をすることです。
笙先生は日にちや時間まできっちりと決めて、運勢をより正しく利用していきます。

そして着実に実行していきました。
約6カ月・・・彼女は会うたびに正しい経営の仕方を学んで、心に余裕ができました。
「学ぶとこんなに違うものですね、心に余裕ができます」とお話されていました。


そして・・友人、知人などにお知らせして・・プレ・オープン!
一週間の間にたくさんの人に祝福されました。
「計画していたようにことが運んでいます」と言う彼女に笙先生が
「これからが本番だからね。きちんと着実に進もうね。そしてまたタイミングがきたら大胆に行動する時が来るからその時を待とうね」とお話していました。

グランドオープンになりました。
彼女は初めてのお客様と接し、今までにない緊張があったそうです。
一日終わってから連絡がありました。
「とても緊張しました。ちゃんと予約通りにお客様が来るかな?と思ったり。でも不安にはなりませんでした。お店の素人の私がこんなに落ち着いているのは先生のおかげです。やはり学んで良かった。これからも日々しなければならないことをしっかりとやっていき、お客様に喜ばれるお店にしていきたいと思います」と言われました。

さぁ始まりました。
彼女の人生の夢の扉が開かれ、彼女は歩き始めたのです。

必ず山あり谷ありになるでしょう。
でも笙先生は必ず味方ですから、応援していきます。

だから・・ぜったいくじけないで。
すべては学びで「ピンチはチャンス」なのですから。

 

チャネリング〜本当のパートナーと巡り合うために。

深く愛すること・・・とても理想であり・・

でも時々愛する相手を間違える人が多いことがあります。

本当に幸せになれるための愛というのは・・・・

自分の考え方が間違っていることに気が付かず、ただ闇雲に好きだけではいけません。
本当の愛の意味はすべて相手のために自分を投げ出し、お互いの魂が安らぐほどの空間が出来るのが「本物」なのですから。
そしてそれは・・ある日突然やってくるのです。

IMGP4769.jpg40代の女性が来られました。
彼女はもう数年、片思いを続けている人でした。
相手は会社の同僚。
「好きなのです。でも・・やっぱり無理だとわかっていても・・好きなのです」とお話していました。

多少のお付き合いはあったようです。
しかしすぐ彼と彼女はお別れしました。
でも彼女はあきらめられなかったのです。
時々彼から来る連絡に心を迷わせ、そしてまた彼に会うということを繰り返していました。

霊視しても彼との運命はないと思いました。しかしどこの占い師さんのところでも、チャネリングの先生のところでも「無理」と言われたことを繰り返し、最後に私のところにきたのですから、私は彼女に「本当の運命の男性」と出会えるということを知ってもらわなければならないと思いました。

「好き」を「嫌いになりなさい」とは言われて、できる人はいないのですから。

私はあることを彼女に言いました。
そしてあることを続けてするようにお願いをしました。
「きっとそれによって何かが起きると思うから、それを見たら、あなたは本当の彼を知り、本当の運命の人を探さなければならないと思うから」と説明をしました。

一か月過ぎて・・・彼女から連絡がきました。

会社の女性が彼女に相談があると言って彼女のところに来たそうです。
時間をとって話を聞くと、なんと彼女は妊娠をしていて、相手はあの片思いの男性。
「結婚を迫ったけど、おろしてほしいと言われたの・・どうしたらいいの、私・・」と言いました。
聞くともう数年のお付き合い。
結婚してくれるものだと思っていたのに・・違ったということだったのです。
でも彼の言う通りにしないと・・・彼と別れることになると思うと怖いと。

「命のことだから・・慎重に決めないとならないし・・」と彼女は説明したそうです。
本当の自分の心は揺れていました。
もしかして・・自分もこんな目に会っていたのかもしれないと。

そしてまた数日後、ほかの部署の女性の噂をきいてびっくり。
彼と婚約しているということでした。

つまり先日の女性は・・遊びの相手の女性。

その女性にそのことを告げると
「私は彼のことが好きだし、彼も私のことを愛していると言ったので、私は彼を信じます」と言いました。

彼女は気が付きました。
人の姿を見て自分の姿を見ることになって、初めて自分を知ったのでした。

「先生、私は守られていたのです。だからこうやって今無事だったのです」と。
「辛かったと思いますが、これからはどうしますか?」と聞くと
「自分の運命の男性を探して見せます」と言いました。


仕事の帰り道で一人のお年寄りが座り込んでいました。
彼女は声をかけていると一人の男性がそばに来て「どうしました?」と聞いてくれました。
そして「あれ、佐藤のおばちゃん(仮名)」と知っている人のようでした。

二人で近くの医院に連れて行って、そしてそこで彼女は帰ってきました。

次の日、地下鉄の駅のところに昨日の彼が立っていました。
聞くとずっと待っていてくれたそうで。

昨日の女性は近所の親類の人だったこと。
そしてそのお礼をしようと思って待っていたことということで彼はおばさんの家まで連れて行ってくれて、そして食事をごちそうになりました。

帰り道・・・彼に
「実は時々地下鉄で見かけていて・・いつか声をかけられないかな・・と思っていたんです。おばさんには悪いけど・・うれしかったでした」と言ってくれました。

彼ももう数年彼女を見ていたそうです。
年齢も彼女と一緒。
とてもお話が合うそうです。

・・ということで、ふふふ、今彼女はとってもラブラブです。

彼はもう彼女に
「結婚を前提で・・」ということを話されているようですよ。

とても安らぐそうです。
そして同じ未来のお話ができるそうです。
彼女の言葉を借りれば
「自分の心がこんなに静かで穏やかになれる恋愛って初めてです」。


愛は突然やってきます。
でもこのお話・・もう数年前から始まっていたのです。

彼は彼女のことを片思いだったし、彼女はそれに気がつくのがほんの少し遅かっただけ。

うふふふ、愛ってね、気がつけば近所にあるかもしれませんね。

 
CMSならドリーマASP