恋愛必勝メールの書き方

みなさん、メールの書き方が・・下手。

こんなメールを書いたら、彼の心が離れていくのが目に見えているのに・・・と思うのはふるらんだけかしら?

「え?普通に書いていますよ?」と言われますが、ちょっとした書き方の違いで男心をがっちりつかむ方法があるのです。

普通に「好き」とか「会いたい」とか書いていませんか?


だって・・それならダメですよ。

・・ってびっくりしていますか?

うん、びっくりしてください。

だって・・・・ちょっとした書き方で・・・恋愛が終わってしまうこともあるのだから・・・・


IMGP4847 「彼とこじれてしまって・・・何が起きたのかわかりません。理由が知りたいです」と聞かれました。

霊視をしたり、その回答を聞いているうちにわかりました。

ふるらんの頭の中に

「メール」とメッセージが入ってきたからでした。

彼女のメールを見させてもらいました。

すると・・・これが原因・・というものが見えてきました。指摘すると

「こんなことでそうなるのですか?」と答えたので

「それがわからないから・・彼の心もわからないのよ」と私はいいました。

メールにはとても深い心理が働いています。

書いてあることがすべてではない、ということです。

もちろん書いてあることは相手の心ですので、その心と内容、そして行間など・・すべてのころを把握し、そしてメールを返信するのが大切なことなのです。


文章を増やす、減らす・・・そのバランス。

「そんなに気を使うなら、メールなんてめんどうくさい」と思うでしょ?

でも私は

「それを身につけたら、極端な話、メールだけで相手のハートを握れる」と思っています。

たとえば・・このメールを送った後にこんなメールが欲しい・・・

「好きです」とか「会いたい」と書いてメールが欲しい」と思うのであれば、今そのメールの内容を変更し、書き直さなければなりません。

「好きですか?」ときくのはナンセンス!

相手に言わせるテクニックをもってこその素敵な大人であり、上級の恋愛テクニックです。


彼女にこのメールは相手にどういう影響を与えたかを説明しました。

帰ってきた言葉は

「そんな感じを受けるんですね」と言いました。


それからしばらく、彼とのやり取りのメールはすべて私を通し、そして私が添削をして、彼女から彼に送ってもらいました。

彼の心理??

うふふふ・・・そんなことは私の経験上とっても簡単にわかるし、もちろんチャネリングのテクニックをふるに使います。

しばらく「恋愛必勝メール」を続けました。

すると彼女から

「おもしろいように彼が私のしてほしいことを書いてくるようになりました」と言いました。

ほら、覚えると簡単でしょう?

相手の心理がチャネリングでわかると、彼のハートはあなた一人占めですもの。

恋愛は・・テクニック。

正面から真っ向勝負ではありません。


昨日、彼女から連絡が来ました。

「昨日彼からメールで久しぶりに旅行に行かないかい?とメールに書いてありました。彼が全額出してくれるそうです。

とてもうれしかったでした。先生のいうとおり、やりかた一つでこんなに変わるのですね。これからの恋愛必勝メールの伝授をよろしくお願いします」と書いてありました。


私の返信はこうです。

「あなたはまたひとつ素敵な女性に変わりました。それは彼の心を知り、彼の心を正しくつかんだからです。メールはあなたと彼の心をつなぐ大切なもの。これからも腕を磨いて、彼のハートをがっちりつかんでください。あ、もちろん結婚までもっていこうね(ニンマリ)」


 
CMSならドリーマASP