チャネリングスクール〜前世の記憶

チャネリング教室を進めていると、生徒さんの過去世が現れてくることがあります。

それは生徒さん自身が気がつく時と、私が気がつくと気があるのでとても楽しみです。

大阪市内のある場所で生徒さんと待ち合わせをしていました。

外はもう冬の風ですから、もちろん室内で待っていたのですが、私の頭の中にフッと

「外で歩きながらチャネリングを教えるように・・」と指示が入ってきました。

(私はひとりひとりの生徒さんに会わせて教室をしていますので、みなさん同じ授業にはならないのです)

生徒さんがやってきて彼女に

「寒いけど・・外で歩きながらチャネリングのお勉強をしましょうか?」と話しました。

そして二人でホットコーヒーを買って歩きながら話すことにしました。

肌に触れる風は冷たいです。

でものどを通るコーヒーの温かさと手に伝わるカップの暖かさに喜びを感じていました。

CIMG2012 生徒さんが

「暖かいって・・不思議ですね」と言いました、

私も

「暖かいって幸せね」と話しました。

少し歩くと彼女は

「ちょっとあの木の下にいっていいですか?」というので

「いいわよ」といい、一緒に行きました。

彼女はその木の下に行き、じ〜〜っと上を見つめていました。すると

「はるか昔・・こんなことをしたと思います」と言って

「私は・・私は・・・雪が降るのを待っていたんです・・・」と言い始めました。

その姿を私が見ていて・・

「あなたは・・雪が見たくて・・でも身体が持たなくて・・亡くなった人よね?」というと

「ええ、そうです。一度でいいから雪を口の中にいれて感触を味わいたかったんです・・でもベッドからでてくるのがやっとで・・木の下に立っているのがほんの数分で・・・あ・・・立てるって幸せだったんだ・・・」と話していました。

彼女は思い出したのです。自分自身の前世を。

「私に話してくれる?前のあなたのこと・・」というと

「はい・・・実は・・」と言いました。

アメリカで商売をしているお家に生まれました。

父は貿易の仕事、母は彼女が20代の時に病気で亡くなりました。

父親はほとんど家にはいないので彼女はお手伝いさんと一緒にくらしているようでした。

庭をみながらお茶をするのが彼女の日課。

本を読むことと、占いが大好きな女の子だったようです。

占星術が得意だったみたいで。

「スピリチュアルの世界にもっと集中したいわ〜」と思っているようでした。

毎日カードを開いては今日の運勢をみている・・

そんな毎日でした。

ある日、胸の病になり・・

入院をしていました。

父親は仕事でめったに帰ってきません。

毎日、庭の木を見ながら・・自分の命を占っていたようです。

前のように元気になって歩きたい・・

その願いもむなしく・・23才で亡くなりました。

「したかったことはなに?」と私が聞くと、彼女は木の上を見つめながら

「やっぱり占いですね。そしてカードが無くても占えるようになりたい、と思っていました。

「先生・・」というので

「はい?」と答えると

「こうやって立っていられるって・・幸せなんですね」と言いました。

私は

「そうよ。二本の足でバランスをとりながらこうやって立ってるって奇跡だもん。本当にありがたいことだものね」と彼女と同じ方をみながら言いました。

そして

「人の人生を占うって・・どう思う?」と質問すると

「大切なことです。そして・・ありがたいことです。そうわかりました」と言いました。

命はとても大切なこと、健康はありがたいこと、そして話せて、会話ができるということは幸せなこと・・

彼女は前世でそれを深く学んでいるのでした。


「思い出した?」と聞くと

「はい、なんかいろいろ思っていたことがつながりました。私は・・カードなしで人の幸せを伝える仕事をしていけたらいいな〜と思うことだったんですね」と言いました。


風は・・冷たく、それでいてありがたい。

え?冷たいのに・・ありがたい?って思うのは変?

変だとは思わないのが私です。

だって・・・冷たいってわかるのは幸せなことだから・・・・。


 

東京スピリチュアルセッション〜ありがとうございまいた。

11月の東京スピリチュアルセッションに来ていただきましたお客様、生徒さん、ありがとうございました。

いつものみなさんとそして新しいお客様に会えてうれしいです。

みなさんが少しずつ変わっていかれるのを見て、ますます応援したくなりますし、今運気の悪い人の手助けをして少しでも楽に越えられるようにしてあげるのが私たちの仕事だと思っています。


30代女性の相談です。

好きな男性がいました。

そしてその人とのお付き合いが3年続きました。

最近少し雰囲気が変わったなぁ・・と思ったそうです。

そしてなんとなく違和感を感じ始め・・・

ある日友人から突然の電話。

「あなたの彼、3ヶ月前に結婚したみたいよ」・・

「え?」・・・・

彼に問いただすと、

「俺が幸せになるのがお前の愛だろう?俺もお前のことが好きだからこのまま付き合って行きたいし。無理なら今別れよう」と言い出しました。

彼女は彼のことが好きだったので我慢することにしました。

毎週2・3回のデート。そして大人の関係・・・・

「だんだん苦しくなってきたのです」と彼女は言いました。

「でも・・別れたくないのです」といいました。

好きだけど・・つらい。別れなきゃと思っているけど、別れられない・・・

「答えは知ってるものね?」と笙先生が聞くと彼女は小さくうなづきました。


CIMG2021


ふるらんが昔、実際に聞いた話です。

ある女性がお友達の結婚式に行ったときにたまたま新郎さんがビルの陰に隠れて電話しているのを聞いたそうです。

「俺、これから結婚式なんだ。お前の事は好きだから、結婚してもお前と一緒にずっといるから大丈夫。じゃ〜俺これからいってくるわ」。

彼女はあわてて友人に相談しました。

「何とかこの結婚を阻止しないと」と。

でも式の時間は押し迫っている・・・

彼女は思い切って新婦さんの部屋に行き、彼のことを話したそうです。すると・・・

「ええ、知っていたわ。まだ切れていないんでしょ?でも彼は私を取ったから。今彼は私と結婚して、そのうち彼女と別れると信じているから」と。

彼女と友人たちは新婦の部屋を出て話をしたそうです。

「友人として最後の親切になったみたいね・・」と。

結局今だにその夫は彼女とお付き合いと続け、奥さんになった人は毎日が苦しみだそうです。


「何を信じてるの?」とふるらんが聞くと

「きっと私もその女性のようにいつか彼が彼女と別れてくれると信じています」といいました。ふるらんは

「そうか・・残念ね。本当はあなたを心配してくれる人たちを信じるほうが正解だと思うけど」というと彼女は考え込んでいました。


信じている・・って本当なのかな?

信じていると自分の思ったとおりになると思っていない?

本当は裏切られているのに・・

彼の都合の人生に振り回されて・・それで幸せ?

それに「俺の幸せのためにあなたが犠牲になる」って・・変の極み。

笙先生が

「たぶん・・○年後、本当の彼に出会うと思うよ。最高の運気だからね」と説明し、そしてふるらんが

「体型が〜〜な感じで、〜〜な話し方の人好きじゃない?」と話すと彼女は

「そうです」といいました。それでふるらんは

「何を信じるかはあなたの自由だけど、本当の愛なら相手を苦しめるような行動は一切しないし、自分の幸せよりさきに相手の幸せを作るのが先だと思う。そしてあなたが彼を愛していることを逆手にとって、あなた条件をつけたり、いろいろ認めさせることをしないし、一番にあなた以外に愛する人は存在しないはず」といいました。

「未来を信じるように・・ね」と笙先生がいうと彼女は泣いていました。


人の心は変化するもの・・

それは悲しいかな・・仕方のないことで誰にも止められない。

でもね・・ちゃんとルールがあるはず。

相手を傷つけないでお別れするとかなんとか。

だって、大人でしょ?

「もし別れたら・・彼って彼女と一緒になって幸せになるんですか?」と聞かれたので

「きっと向こうの彼女も苦しんでると思うよ。だって彼は二つの罪を犯しているんだから。罪には罰がセットになってるので・・きっと何かが起きるんでしょうね・・・・」といいました。


東京から戻ってきて1週間後、彼女から連絡が来ました。

「信じるということを間違えているとわかっていました。だから先生たちに言われて・・正しいことを信じることにしました。私は私の幸せを信じます」とメールがありました。

そう、そうなのよ。

つらいけど・・正しいことを信じましょうね。

必ず未来は幸せになることが「本当」なんだから。


 
CMSならドリーマASP