結婚と婚約のはっぴ〜報告をいただきました。

今日はとってもとってもダブルで幸せな報告をいただきました。

詳しくは・・「らんらんしましょ」を読んでみてくださいねheart01


RIMG0058


 

大阪 スピリチュアルセッション〜過去の過ちを清算

スピリチュアルで過去の過ちを清算する時もあります。

その理由は・・

「過ちは時にその家の先祖代々関わっている見えないものによって引き起こされたものもあるから」。


「自分でもおかしいと思うのですが、恋人がせっかくできても上手く進んでいるのに突然他の人と付き合いたくなるのです。

でも彼の事が嫌いでもなんでもないのに・・そうしたくなる衝動にかられます。そして一人でいるときはなんでもないのに、誰かと付き合い始めると・・他の人と付き合いたくなるのです。私っておかしいのです。

それでたくさん泣いてきました。

どうにも止められない自分がいるのです・・」と彼女は泣いていました。


笙先生とふるらんと・・ダブルで霊視しました。

(この時コソコソ話しているけど・・気にしないでね。戦略会議をしているだけなので)

彼女の後ろについて、彼女を動かしているものをどう扱うかを考えていました。

09011215.IMGP4538

「たぶん・・あなたの家の人ではない人なんだけど、あなたが楽しくなると邪魔をしたくなる人みたいだね」と笙先生が言うと

「はい、必ず幸せ・・と思い始めると、他の人と関係を持ちたくなるのです」と言うのでふるらんは

「直結の家の人じゃないから・・少し面倒くさいけど、自分を変えたいと思いますか?」と聞くと

「はい、もちろんです。もうこんな変なことに自分で悩みたくないので」と言いました。

「それなら話は早いですね。あなたが決意して、変えたいのであれば、必ず変えられます。それなら・・・私たちの話を聞いてもらえますか?あなたは大人だから・・あなたにそうしている人(?)の事もわかってもらえると思うし・・」と言いました。

笙先生が彼女にはっきりとその後ろの人のお話をしました。

彼女は大人の女性らしく、しっかりと聞いて、そして受け止めていました。


幸せを邪魔をせっせとするその人は・・・彼女のご先祖様といろんなことがあって・・そしてずっと「良くさせない」風に持っていくのです。

ですから・・・「後ろの言う通りにならない方法」を使うために、笙先生から守ってもらいたいことを伝えました。

彼女はそれを守ることを私たちに誓ってくれました。

そして・・

「終わったことをなかなか忘れられないと思うけど・・・忘れることよりも、それから何を学んだかを大切にしてね」とふるらんが言うと、彼女はうつむきながら

「いままでずっと自分を責めてきたのですが・・・もう辞めます。そして学んだことに変えます」と言いました。


それから・・彼女にしてもらうことと、笙先生が毎日修行の中であることをします。

ふるらんは彼女との連絡をとり、その状態を確認していきます。


2か月後のメールには、

「今日、会社の男性に、雰囲気変わったね〜、と言われましたし、会社の女の子から久しぶりに食事に誘われ、楽しくおしゃべりしてきました。みんなに変な言い方ですけど、最近話しやすくなったから、声をかけたんです、と言われびっくりしました。私って・・そんなに変だったんですね」と書いてあったので

「自分で気がつかなかったでしょう?でも周りってありがたいね〜あなたの成長をちゃんと見てくれるし、そのご褒美に誘ってくれるし、ほめてくれるし。自分を許し、過去を許し・・そして自分に関わる不幸を許したら人生が変わり始めるのをこれからも実感していってね」と返信しました。


そして1年を過ぎようとした時、親戚からお見合いの話が浮上。

「いつもなら写真も見もしませんが、なぜか詳しく聞いてみました。相手は親戚がお世話になっているお寺の息子さんでお坊さんですが、会っていようかと思います。相性はいかがでしょうか?」と連絡が来て、笙先生とふるらんで写真を霊視し・・・

「大丈夫、会ってみて〜」と答えました。

そして、お付き合いをスタート。

3回目のデートで彼から

「結婚を前提に」と言われ、彼女は快諾しました。


彼女のお話です。

彼の写真をみて、すぐ、いい人だな〜と思ったこと。

この話を持ってきてくれた親戚の人が大好きなこと。

お見合いをして、

「温かそうでいい感じの人」と思ったし、彼のお寺を見て・・

「このお寺が私の家になるのね」と一瞬思い、

「え?今なんでそんなこと思ったんだろう・・」と感じたこと。

ご両親も年を重ねておられるけれど、とても優しい方だと思ったこと。


そして・・

「一番はもちろん彼の温かさでしたが、もうひとつがお寺の観音様を見た時、涙がでそうなぐらい胸がす〜〜とした感じになり、心が落ち着いたからでした」と言いました。


もう、これで大丈夫。

あとは・・彼と一緒にそのお寺で愛と慈愛を育て、仏様や彼や、彼の家族や・・地域の皆さんのために、頑張っていきましょうね。


 

東京 タロットスクール〜前世の運命の人

東京と大阪でお仕事をしていますので、スピリチュアルセッションと当時にタロットスクールやチャネリングスクールもしています。

笙先生はお金のプロなので、FXや経営コンサルタントのお仕事もしています。


チャネリングはとってもスピリチュアルです。

でも・・タロットもとってもスピリチュアルって知っていましたか?

「あれって・・単にカードでしょう?」と思っている人もいますけれど、いえいえ、そんなだけじゃないです。

もっと不思議な事がいっぱいあります。


東京でタロット教室に通われている生徒さんの不思議をお話しましょう。


彼女はタロット教室でお勉強していました。

ある日の授業で彼女が占いの練習をしているときにふっと「運命のカード」が飛び出して、彼女のバッグの上に飛んでいきました。

「わ〜すみません」と謝る彼女にふるらんは

「いえいえ、もしかして・・今日はとっても不思議な日になるかもよ〜」とニッコリ笑いました。

「え?それってどういう意味ですか?」と言うのでふるらんは

「それはお楽しみかも〜」と言いながら授業を進めていきました。


08022516.IMGP3463タロットはカードのメッセージでもありますが、偶然に起きることもすべてメッセージです。

ですから、「それ」が「起きる」とか「起こる」とか・・それは偶然にみえても、必然なのです。


「なんにもおきませんでしたよ」と言われる方もいます。

それはね〜ふるらんにすると

「起きているのを気がついていない人がほとんど」だから。


生徒さんと歩いていて「必然が起きているのにまったくきがつかない」で、

「それって・・え〜〜〜???」とまったく認めない人もいます。

受け取って・・メッセージです。


だから、みんなに

“感度をあげないとね〜〜”とお話します。

(アップする方法は・・授業で教えています。だから常に実践ですね)


彼女が授業を終えて・・・帰宅し、お風呂に入り・・

「なんにも起きなかったなぁ〜」と思ったそうです。

でもそのとくふっと

「あ、これじゃいけない、必然は起きるんだ・・」と思いなおして、ふるらんが言ったある言葉を思い出したそうです。

「信じる、信じない・・それはあなたの自由。でも信じないと始らない。神様はどうすると思う?」。


お風呂からあがり、寝る準備をして・・・

いつもより早く寝ようと思い、布団に入り、携帯の電源を落とそうと思った瞬間、

「今日は電源を入れっぱなしにしよう」となんとなく思ったそうです。


そしてうとうとしかかると・・・

携帯のバイブが動いていました。

それを見ると・・・・会社の年下の男の子からでした。

彼は、今、出張で他府県へ行っていました。

メールが

「今起きていますか?ちょっと相談があるので」と書いてあったので彼女は

「起きていますよ。電話をしてもいいですよ」と返信をすると彼から電話が来ました。


仕事の相談をして・・そしてそれからあれこれと話しをしたそうです。

彼女は

「明日ももし話があったら、遠慮しないでメールでも電話でもいいからね」と返し、彼からは感謝の言葉を言われました。


その夜の夢です。

前の彼とそっくりな男性と口論をして、そして・・別れ、泣いて、泣いて・・苦しんでいる場面から始まりました。

場面が変わり、年老いた両親を養うために、リヤカーのようなものを引っ張って仕事をしている自分がいたそうです。

それからその後ろをいつも若い男性が押してくれました。

その彼はいつもその道を彼女が通ると自分のお店をそっちのけで仕事を他の人に任せ、彼が彼女の家までリヤカーを押してくれた人でした。

そう、年下の・・・その人でした。


彼女に彼は愛を打ち明けたのですが、彼女の答えは

「私には年老いた両親がいるし、私は年下の人と一緒にはなれない・・」と言ったそうです。

彼は年は関係ないと言ったそうなのですが・・

彼女の心の中には前の彼が存在していました。

どうしても別れた彼と一緒になりたいと思っていたのです。

でもその別れた彼は

「お前の両親の面倒はみたくない」というのでした。

彼女の心の中では

「両親さえいなければ」と思う感情と「なんてこと思うんだろう・・・」と罪悪感が生まれていました。

(罪悪感を持たせる男が悪いんだけどね。そしてお前が悪いように話す人って・・不安が強い人で人間的に小さい人なんですよ)


彼女にふられてからも、リヤカーを押してくれました。

雨の日も風の日も・・

そしてある日・・・彼がお店から出てこなくなりました。

その変わり、お店の人が出てきて、

「昨日から熱が出て、お手伝いができなくてごめん、と言っていました」と言われました。


彼が出てこなくなって・・一週間後、お店から人が出てきて

「昨日、亡くなりました。それで・・・彼に頼まれたので、今日から僕とか他の人が来てあなたの車を押します」と言われました。


目がさめて・・その朝に

「ふるらんさんに聞いてほしい話があるので、今晩電話していいですか?」と連絡がきて、大阪に戻ってから夜、電話で話をしました。




「夢だったんですけれど・・・リアルでした。泣いて泣いて・・・涙が止まらなくて・・・涙が耳に入って目が覚めたのです。


そして気がついたのです。

年下の彼の事が好きだったということを。

迷惑をかけてはいけないからと思ったし。


それに前の彼とは結婚するという意地もあったと思います。

もっとすなおになってたら・・前世は幸せだったし・・・」と言うので

「それじゃ、今世はやり直そうね」というと

「・・できますか?」と聞くので

「できるから・・運命のカードがでるのよ」とふるらんはニッコリ笑いました。


彼女は勇気を出して・・・彼に連絡をしました。

そして彼に、東京に戻ったら話がしたい、というと、彼から

「それなら先に僕から・・」と言われ、告白されたそうです。

彼女も

「実は私も・・」と話し・・・


東京に戻ってきてから、彼から正式に

「これから一緒にいてほしい」と言われたそうです。


それで、彼が彼女の手の平を広げて

「これ、この手なんだよね」というので

「え?」と聞くと

彼女の指の曲がったところを指をさし・・・

「僕は同じ夢を年に何回か見るんだけど・・車のような荷物を押しているんだよね。両親の仕事の手伝いかな?と思うこともあったけど、女の人の背中なんだよ。その人は指が曲がっているんだよ。怪我か何かわからないけど・・

前に会社で手相の話をしたとき、君の手を見たら、思い出したんだ、夢に出てきた手を同じだったとね。

この人だ!と思ったんだ。でも・・僕は年下だし・・君は年下が嫌だって聞いたから・・でもこうやってこの手に触れる日が来たなんて嬉しいな」と言ったそうです。


タロットの凄さは

「勘が磨かれること」。

あの日、彼女が電源を切っていたら・・

彼とはこんな風にはならなかったでしょう。

そして・・前世から手をつながなければならなかった人との再縁は無かったでしょう。


生徒さんに言っています。

たくさんの人と握手してみて。

あ、この人いいな、って思うことあるから。

だって・・前世で手をつないだことがある人は・・たぶん時代背景からして・・数人。


今はたくさんの人と手をつないでも大丈夫な時代だから、どんどんつないでみて。


ふるらんは看護師さんの時代からも

友達も、先輩も、患者さんも、あの世へ旅立つ人も・・

たくさんの手を知っています。

どうしても・・相手の意識が遠い時や、無い時には・・・

手をつないで

「聞こえてる・・・?届いている?」と温かさを伝えています。


「その手に触れたい・・」と思うのは前世での縁が知らせてくれること。

そして・・

運命は・・必ずあなたとその人とつながってることを信じてほしいと思っています。


 

大阪スピリチュアルセッション〜相性を占う

出会って・・恋愛をして・・・

最初はお互いがわからないから、とっても楽しいんだけど、付き合いがある程度まで行き、そして時々相手の行動や言動に

「?」が出てくる。

そしてその先に

「この人でいいの?」と思う。


相性が合わないと、好きだけど、苦痛。

・・って変でしょう?


でも好きなんだけど・・これでいいの?といつも問いかけるのよ。

それで・・悩んでいろいろ占い師に相談して・・・何件も相談して・・・

そしてご縁があったら・・ラピス・ハートに来られる方が多いです。


その時にみなさん言われるのが

「何件も占いをしてもらいました。でもなんか納得できなくて・・」と言われます。

ふるらんは言います。

「好きだから・・納得できないと思うわ。でも・・納得しなくていいと思うの。ただ・・知ってほしいだけ、あなたの未来が幸せになるのか、ならないのかを」

笙先生は

「はっきり言った方がいい?それともオブラートに包む?」と聞きます。

でも、今まで数人の人だけです。

オブラートを選んだ人は。

ほとんどの人は・・・はっきりを求めてラピス・ハートに来られます。


ふるらんも笙先生もセッションが終わってからいつも言います。

「本当は辛いんだけど・・みんな偉いよね。だから・・・未来が変わるんだよね」と。

CIMG0613

「彼との相性を見てほしいのです」と言われました。

占いでは相性がいいですが、でも・・霊視ではあまりよくないと思う彼でした。

「何か彼についていますか?」と言われたので詳しいことは彼のお家に関わる事なので、言えませんが

「あなたがこの家に嫁ぐと・・大変だと思います」とお答えしました。

すると彼女は

「あ・・だから、相性はいいと言われても、自分で納得できなかったのですね・・」というのでふるらんは

「それを女性の感覚でなんとなく・・という感じがあったのでしょう?」と言うと

「ええ、友達ほとんどはなんであんな彼がいるのにそんなに不安なの?、と言われるのですが、親友だけはよく考えたら?というのです。だから・・自分の不安が本当なのか?相性はどうなのか?といつも思っていました」と言いました。

「彼と結婚しても、子供もできると思いますよ。でも・・あなたは多分・・離婚すると思います」と笙先生がいうと

「ええ、離婚する・・と思っていました。でもそれは正しかったのですね」と言いました。

彼女と彼は普通に相性はいいのです。

でも・・家と家の相性が悪いのです。

たぶんご先祖さん同士・・戦っていると思います。


しばらくして彼女から連絡が来ました。

彼と別れて、3週間後、新しい男性が現れました。

その男性といるととても心が安らぎ、そして落ち着くそうです。

友達も親友も・・

「前と全然顔が違うね」と言うそうです。

そして出会って3カ月で彼からのプロポーズ。

今着実に結婚に向かっています。



もうひとつの相性のお話です。

女性が

「私の母が私の結婚に反対するのです」と言いました。

お母さんと彼との相性を見ると・・・最悪。

でも、彼女と彼の相性はいいのです。

「母を説得することは可能でしょうか?」と聞かれたので笙先生が

「相性が悪いので説得も大変だと思います。ただ・・」

「ただ・・・?」

「あなたたち、早く子供を産みなさい。今年が一番のチャンスだから。今年妊娠して、来年の○月○日まで出産したら、お母さんきっと変わるよ」と言いました。

彼女は

「え〜母を説得してから・・結婚、妊娠と言う風に・・」と言いましたが、笙先生はまた

「それを待っているうちに、たぶんますます揉めるから。とにかく妊娠しなさい」と言いました。

ふるらんも

「たぶん・・生まれるのは女の子・・ってあなたも思ってるでしょう?」と聞くと

「はい、10代の時から産むのは最初は女の子って思っていました」というので

「それなら今、彼もあなたの最高の運気だし、子供を産んでその運気でお母さんを丸めてしまいなさい(笑)きっとお母さん、ごろっと変わるわよ」と言いました。

全員に有効な手ではありません。

彼女と彼、そしてお母さんとの相性をみて・・の結論です。


そしてふるらんは元看護師さんですから・・

○月○日・・・と彼女に伝え、そして彼女は彼と話しあい、計画を実行しました。

はい、ちゃんと妊娠しましたよ。

そしてそれと伝える方法も笙&ふるらんが彼女に伝授していましたから、安心。

おかあさんはとっても喜び

「面倒は私が見る」という状態で、すぐ結婚式を日取りを・・と流れるように進行しました。

おなかが大きくなるにつれ彼女は

「母が赤ちゃんを甘やかさないかって心配です」とメールが来ていましたが

「あ〜大丈夫、子供はいずれおばあちゃんから離れるから〜」と返信し、そして無事出産。

夫婦二人にとっての最高の相性であり、お母さんにとっても相性のいい子供が生まれました。


・・・というkとで時々彼女から子供の写真が送られてきます。


はい、相性はいろいろあるんです。

そして夫婦だけの問題でも恋人だけの問題でもありません。

両親、親類、そして子供・・・友人、PTA付き合い、先生、会社の同僚、社長・・・

相性が悪ければ、相談に来てください。

相性が良ければそれをもっとよい風に使う方法を教えてあげます。

あ、もちろん・・夫の操縦法も教えます(苦笑)


 

背中の痛み〜スピリチュアルセッション中のできごと。

たまにいらっしゃいます、

「ラピス・ハートに行くのを決めてから、時々痛かった頭痛が、急に強くなり・・」とか

「急に仕事になって、日にちを変更してもらえますか?」と言われる方が。


でも、そういうときには本当に無理をしないでください。

途中で何かあったら大変なので。


笙先生は毎日みなさんのためにあることをしています。

特に、今日会うお客様の霊視を先にしていたり、無事に来られるようにしたりしています。

もちろん、ふるらんも・・というよりは、

「何らかのメッセージ」をいただいたりしています。

特に身体的に問題がある場合は・・それが形を変えて、メッセージが来たりします。


あるお客様と会うときに、笙先生は夢の中で女性のおなかが見えて、それから携帯番号がでてきて、それが娘さんのおなかの中の赤ちゃんのお父さん、つまり、相手の男性の電話番号だったことがありました。

ふるらんは会う日の前の日の夢に、川に赤ちゃんが流れていくのが見え、そして朝腹痛でした。


そして、笙先生とふるらんと二人で話し合って・・

「今日は〜〜〜なお客様ね」と話したりします。

それが身体症状なら

「ちょっと・・今日は頭かな?」とじわぁ〜〜と来たりします。

09011511.IMGP4542

「家と会社にいる時だけ、背中が強烈に張るのです」とお客様が言いました。

確かに霊視していると・・背中がすごい。

パンパンだから。

「いろんな整体の先生に見てもらいましたが、みんなに鉄板だと言われます。実はここに来るのを決めてから・・」

「とっても張るようになったでしょう?」

「はい、だから辞めようかと思ったんですけれど、友達に霊感がある人に聞いたら“我慢していきなさい”と言われたので来ました」と言いました。

「我慢かぁ・・それはその友達に感謝ね」というと

「それって・・痛みを我慢して・・ですよね?」

「他に意味があるって・・なんとなくわかっていたでしょう?」

「・・・ええ」

そう、なんとなくなんだけど、わかってる。

いままでずっとそうだったから。

認めたくないし、認めたら・・怖い気がして・・・


我慢していいものと悪いものがある。

勇気がないから痛いのを我慢している・・それを辞めないとね。


「今、とっても背中が張ってきていない?」と笙先生がいうと

「はい、今いつものように強烈に来そうな予感が・・・」

「ちょっと〜〜してくれるかい?」といい、笙先生があることをしました。

「どう?」というと

「少し楽です」と言いました。

霊視するととっても剛鉄なものが乗っかってるというか、すごいね〜その見えないものは・・という状態です。

「何が乗っかってるんですか?」と彼女が聞くので笙先生は

「友達は偉いよね、感謝した方がいいよ、たぶん言えば君が驚くから言わなかったし」というと

「え〜そんなにすごいんですか?」と驚くので

「はっきり言った方がいい?それともオブラートで?」と聞き返すと

「ここまで来たんですからはっきり言ってください。この体をなんとかしないと・・この先しんどいです」と彼女がいうので笙先生から

「君の背中にはとっても太い男性がどんと乗っかったり、離れたりしているんだよ・・・」というと彼女は黙ってしまいました。

ふるらんが

「不倫でしょ?」というと

「・・・はい」と答えが返ってきました。


相手の男性は前の会社の上司です。

彼女は仕事を変えましたが、まだその男性と会っていました。

その男性はもちろん結婚していましたし、奥さんもお子さんもいました。

そしてその男性は・・・

「甘えっこでしょう?ちょっと大変なとき、いつもあなたに甘えてくる。そして嫌なことから逃げる・・なんだったら彼の癖いいましょうか?彼、座る時、必ず〜〜する人よね」というと

「その通りです」と言いました。

正確にいうと彼の生霊ですね。

今でも彼女にくっついている。

そして楽しい時は家族と、しんどい時は彼女を頼りにしているんです。

結構しつこいタイプの人。

と・・・

「かなり重たい人よね?体重も、性格も」というと

「はい」と言いました。

そして苦痛な顔をしてきたので

「また背中痛いでしょう?」と笙先生がいうと

「・・はい・・・」と言うので、ふるらんが

「彼からもらったもの・・身につけてる?」というと

「今日は・・」と言って、バッグの中からネックレスを出してくれました。

「私たちにばれたら困るから・・今日ははずしたのね?」というとわぁ・・・・と泣きだし、

「好きなんですけど・・・でも・・・でも・・・」といい泣いていました。

ふるらんが隣に行き、

「最初は結婚しないからいいか・・とか言って、遊びだけど、女はね・・・体を渡すと本気になるから・・。でも勇気を出して私たちに会いに来たのは偉いわよ。本当は別れたくないから、来たくなかったんだもんね」というと彼女は小さくうなずいていました。

「笙先生にそのネックレスを渡してくれる?こっちで処分するから。ついでにあなたの次の人を教えてあげるから・・どう?」というと顔をあげて

「私は・・彼以上の人と会えるのですか?」というと笙先生がにっこり笑いながら

「君は金運がある人から彼以上の金運の人と結婚するのが本筋の人生だよ」といいました。


ネックレスをもらいうけ、笙先生は鞄にしまいました。

私は、笙先生の隣にもどり、作戦会議。

「どうする?」

「そうね〜」と始り、

今の彼より、これからの彼の出会いを教えてあげました。

でも約束は

「もう、今の彼とは会わないこと」

でなかれば・・

「次がない」です。


彼女にやってもらうことを伝えました。


そして一週間を過ぎた頃、メールが来て

「霊感友達に会うと“不倫のこと知っていたけど言えなくてごめんね、そして・・・今日はとっても背中が綺麗”と言われたそうです。


それから数カ月過ぎ、背中の痛みも少なくなった頃、彼女は両親とハワイ旅行へ行こうと思い、旅行会社へ行きました。

とっても混雑していて、それで帰ろうと思うと、椅子に座っていた男性が荷物をよけてくれて

「どうぞ」と言って座らせてくれました。

ふと見ると、旅行に予定していたハワイのパンフレット。

「ハワイに行かれるんですか?」と彼女が聞くと

「はい、姉夫婦と一緒に有給を利用して」というので

「私も両親とハワイに行く予定にしているんです」と話しが始り・・・

お互いにいつですか?ということで・・

そしてお互いに独身だと知り・・・・

お付き合いが始まりました。

彼のお姉さんの家に行く途中に彼女の家があり、お姉さんと早々に会い、そして、両家一緒のハワイ旅行になりました。

出会って、わずか2カ月。

そして、ハワイでお姉さんに

「ついでにハワイで結婚しちゃったら?」と言われたそうです。


「ものすごいスピードで進んでいきましたからびっくりです」と彼女。


「結婚が決まる時ってみんな同じ発言をするんですよ」というと

「そうなんですか〜!」と声が弾んていました。


もう、背中の痛みのお話をすることはありませんでした。

つまり・・前の彼がいなくなったってこと。

よかったですね〜

笙先生もふるらんも嬉しいです。

笙先生に

「今回の彼(霊)は(レベル的に)どう?」と聞くと

「しつこかったね。でもなんてことないよ。女には強いだろうけど、男には弱い奴だから」とニンマリ笑っていました。


そして・・・彼女は最近、霊感友達に

「来年、子供できると思うわ。たぶん女の子」と言われたばかりだそうです。


 

お金と心のセラピスト

「先生達はお金と心のセラピストですから、スピリチュアルの世界ではめずらしいですよね」とよく言われます。


・・でしょうね。

癒しとか心とか・・・その傷も治していきたいですし、生きていくのに必需品のお金も手に入れてほしいです。


もめごとの原因はたくさんありますが、お金もその原因になることが多いです。


それと・・今の生活を変えたいなら・・どうしてもお金の考え方や使い方、金運も高めてほしいと思っています。


欲張りかな?

金運も、健康運も、恋愛運も、家庭運も、子供の運も・・・


確かに・・生きていく過程でいろんなことがあって当たり前だから、不幸があるたびに

「欲しいものが多いから・・こんな目に会うのかな?」と思ったでしょうね。

そして次に思うのが

「一つにしておこう・・・」って。

だから

「だから・・だから・・・恋愛運を・・」と星に願いをかけるのよね・・・


でも思ったの。

神様も仏様も

「有限じゃない」って思った時に

「いいんだ、欲しいものを手に入れるのは無限で」って。

だって・・・手に入れたとしても・・・それをちゃんとみんなのために使えばいいんだから。


一人で独占したり、一人のために「愛」なら・・きっと手に入らないし、きっと失うと思う。


お金で説明したら・・・

自分の欲求で多額のお金を使えば、突然の大きな不幸や、一番失いたくないものを神様に返還することになる。

それも超強力なやり方で。

09020412.IMGP4575

ふるらんが一人でお仕事をしていた時のお話です。


激しいお金の集め方をした、ある大きな会社の社長さんのお話です。

その社長さんが人の目があるので、ホテルのお部屋を取ってくれました。


「今まで散々苦労してお金持ちになり、大きな邸宅で、家族も幸せだったのに・・・そのために寝ないで働いてきました。でも・・・」といい、その後涙を流し始めました。

理由は・・・

「自分の命より大切な愛する息子が不治の病になったこと」。

余命はあとわずか。

必死に私に

「私は・・一生懸命にやってきたのに、神様はどうしてこんな仕打ちをするんですか?」と聞いてきた。

私は

「その答えの出し方をするのですから・・そうなるのでしょうね」というと驚き、

「神様が命を奪うのでしょう?」というので

「神様は命を奪わないと思いますよ。奪うのはあなた自身だと思います」というと

「え?」というので

「本当に神様が好きな人は神様が奪うという単語は使わないと思います」と言いました。

社長さんはしばらく黙っていました。

そして

「私は・・神様を憎んでいたのでしょうか?だから・・こんな単語を使うのでしょうか?」というと

「ええ、だから・・お仕事でも人に対してそういう気持ちでお仕事をされていたのでしょうね」と言いました。


正直、キツイ会話だと思いますよ。

私だって・・ここまで話したくないですもの。


「神様が奪うのではなく・・正確にはあなたが巻いたものが、集まって、息子さんのところに攻撃しているのではないのでしょうか?」というと・・

「そうですね・・・私のやり方が、人を通して・・息子に・・」と言いました。


そして、社長さんは涙を止めるために天井を仰ぎ、少しして私に

「今からでも・・お客さんに優しくしたら・・・息子は治るかな・・・」とポツっというので

「治るかどうかも、もうあなたは知っていると思います。ただ・・・」

「ただ・・?」

「きっとお医者さんの言う生きている期間が延びるとか、あなたの思いが少しでも叶うかもしれません」というとこらえていた涙が吹き出し、嗚咽していました。


もう知っているんですよね、長生きは少しでもできるけど、生きていられるという答えはないって・・


そして嗚咽が終わるまで静かに待っていると社長さんが

「お金、お金で人を傷つけてきた結果ですね。俺も・・息子のことを通して、生き方を変えないとならないですね」と言いました。


ふるらんには見えていたんですよね。

息子さんがあの世に行ったら・・夫婦仲がなおさら悪くなるって。

唯一の「結び目」だったから。

それに社長さん、他の女の人もいたし。

・・それじゃ・・・ねぇ・・・失うものが大きいでしょう?


と、息子さんがいなくなると、きっと奥さんも離婚を請求してくると思うし。


愛人と一緒になるつもりは毛頭ない。

体の欲求を埋めても、心は埋まらないのは彼自身知っているから。

もし結婚しても・・・上手く行くわけがないしね。

彼女の目的が違うから。


いっぱい、病院で見てきたけど、愛人さんはお見舞いに来ても、患者さんの体一つ拭いていかない。

一度も見たことがない。

もちろん下の世話なんかしたのをみたこともない。


倒れて初めてわかることよ。

本当に自分を愛してくれているのは家族だし、大切なのは家族の絆だって。


社長さんとお話をして、そして落ち着いたので、また連絡をいただくことにしてお帰りになられました。


そして数カ月過ぎ・・・

社長さんから連絡が来ました。

「息子の検査結果がよくなってきました。ふるらんさんのいうように、考え方を変えて、お客さんや、みんなに対する態度を変えた結果です。お金に対してもずっと考えて、なおしてみました。なんとなく、女房とも仲良くなってきたみたいです。これからもがんばって奇跡を起こして見せます」と言いました。

それから一年すぎ・・・

息子さんが亡くなられたと人に聞きました。



それから一カ月をすぎたころ、私に電話が来ました。

内容は・・・

お医者さんの思っていたより、長く生きられたこと。

そして息子が

「親父より長く生きられなくてごめん」と謝ったこと。

最近の親父は金の事でガツガツしなくなったし、人に対して優しくなったと母さんが言ってたから・・・嬉しいし、それに笑顔がよくなって、俺が好きだった昔の親父になってきたので安心したこと。

それで願いが・・親戚の○○は自分より才能があるから、そいつに会社を継がして欲しい、俺からも頼んだということと・・

「かあさんと親父が健康で仲良く長生きしていくのをあの世からみているから」と。


電話の向こうで社長さんが

「やっと涙が出ないで話ができるようになりましたよ、ふるらんさん」と言っていました。


お金の事、ちゃんとわかって稼いでほしい。

そして心の事も、ちゃんとわかって、人に使ってほしい。

お金も心も・・健康につながるし、そして家庭運につながるし。


それができたら・・最高に幸せだと思うshine


だから・・みんなにお願いが。


ちゃんと心もお金も知ってね。


そしてちゃんと病院に行ってね。

今回の息子さんの場合は

「お金、お金とお父さんがせかすので、仕事が忙しいのと、両親の不仲のことで悩んでいたから、しんどいのを我慢していて発見が遅れた」んです。


病院に行き、

「なんでもないですよ〜」と先生に言われたら、それでいいんだから。

苦しくなってからなら遅いですからね。


すべての運を手に入れてもいいの。

ただ、独占したらだめよ。

そして・・少しでも手に入れたら、分け与えること。

分け与えたら減ると思うから、ダメなの。

分け与えたら・・増えるの。


だって・・愛はわかりやすいでしょう?

赤ちゃんに笑ってあげたら、赤ちゃんは笑うでしょう?

家族に分け与えたら・・愛される。

人に分け与えたら、尊敬される。

そして神様に感謝を述べたら・・・愛が降り注がれる・・・・・・



 

大阪 チャネリングスクール〜チャネリングの方法

チャネリングの方法には理論があります。

何かのグッズをつけて、できるようになる人と、何ももたないで、できるようになる人とがいます。


前者も後者も特に変わりはないですが、やはりその人の特性であり、その人の役目によって変わります。

だから・・スピリチュアルは面白いですし、教えていてもドキドキします。


ある生徒さんのお話ですが、

「何かを持ってチャネリングができるというようではなく、何も持たないでチャネリングができるようにしたいのです」と言いましたwink

それで私は彼女にそうできるようにしました。

ただ、一つ疑問が・・

なぜ彼女は「何ももたないことにこだわるのか?」と言うことでした。


授業が進んで、数回目の時、ふっと彼女の前世が出てきました。

手に大きめの石を持っていて、歩いている姿が見えました。

水晶のようなものですが・・ちょっと意味が深い感じでした。


09022814.IMGP4624そして彼女が転んで・・膝をぶつけている姿が見えました。

手から石が落ちて・・崖の下のようなところへ落ちていきました。

彼女はそれを取りに行こうとするのですが、みんなに止められていました。

あ、男性が見える・・・と感じました。


彼女に

「左の膝って・・痛くない?それか・・あざがあるとか」と聞くと

「子供の時から左の膝が少し外に向いているという風にお医者さんに言われました。あざはないですが、骨が変形しているみたいです。ひどくはないですが」と言いました。

彼女に見えてくることを話すと

「私・・高所恐怖症まで行きませんが、崖とか、はじっことか嫌いです。そして、穴の中に顔を入れるイメージの夢をよく見ます」と言いました。

その話を聞きながら彼女を見ていると・・いろんなものが見えてきたのでその説明をすると彼女は

「そんな夢をよく見ます」と言いました。

そして私は彼女に

「前世の答えが出る夢が見えるようにしましょうか?ただし、今日か明日か・・もしかしたら今知ったらダメなタイミングかもしれないので、見れないかもしれないけど、どうします?」といい、彼女は

「是非答えを知りたいです」と言われたので、ある方法を教えました。


そしてその晩、私は彼女に夢が見えるように、ある方法を使っていました。


彼女から次の日メールが来ました。

夢を見ました・・と文章が始まりました。


彼女は馬車に乗ってたそうです。

あちこち、移動していました。

そして生活をしていたそうです。

数名の家族と、他の家族がたくさん集まって・・・

先祖代々伝わる、石をもって、その村の運命を見ていたそうです。

そして移動の時期、方向を見ていました。

ある日、移動しているとき、次の場所を見ていると、子供が火に手を伸ばしそうになり、それを止めようとして手を出すと、持っていた石を落とし、それが転がって、谷底へ落ちていきました。

彼女はご主人が止めるのも聞かず、それを取りに行こうとしました。

でも、ご主人に

「石の命が終わっただけだし、神様がもうお前は石を使わなくていいからと言っているんだよ」と言われ、それからは自分の力で占いをすることにしたそうです。

彼女は

「物を使わなくてもできる・・私はできる。愛する夫や子供がいると力が倍以上になる」ということを知ったそうです。


「壮大な土地でした。そしてとっても大きな心をもった夫と可愛い息子がいました。まだ出会っていないと思いますが、彼を見つけて子供を産みます」と彼女は言いました。


そしてこの数カ月後、その「前世の夫」と出会うことになるのです。



石を持って、身につけ、その石の力でチャネリングができるようになった女性のお話です。


ブレスレットをつけて、私と会った時はただ焦っているだけの気持ちが全面に出ている彼女でした。

「その石ではダメよ」という私に、彼女は

「どの石ならいいですか?」と言うので

「まだ石を使えるだけのあなたになっていないの」と言いました。

石でできる人もいますが、まずそこまでになっていない人がたくさんいます。

持っても利用できない人が多いのです。


石のパワーはあります。

でも相性や、タイミングがあります。


彼女が‘今使える石’という題名で探してみると・・・

ある宝飾店のウインドーで一点のネックレスを見つけました。

値段が・・3万円。

妥当かな?とか思いながら、彼女に連絡をし、そして後日合うことにしました。

彼女は焦っていて、

「無くなっていたらどうしよう」というので

「それは縁がなかったってことよ」と言って、なだめていました。


そして日にちになって、二人で待ち合わせ・・

お店に並んでいました。

ふとみると・・確かにこれだけど・・なんか違うな・・・と思い、お店の人に聞くと

「よくわかりましたね、先日、あのネックレスは交換して、ちょっとデザインを変えようかと思ったのです。よかったら前まで出していた、ネックレスを今持ってきますよ。まだ加工していませんから・・」と言って奥から持ってきてくれました。

私がそれをみて

「あ〜これこれ」と言うと、彼女は

「綺麗ですね〜」と一瞬で気に行ってくれました。


とっても石が小さなネックレスです。

(石はナイショです)

彼女にはベストな大きさで、そして彼女ならこの石をパワーでチャネリングできるし・・・

そして

「今はこれだけど、これである程度の経過をしたら、これに・・・たとえばあっちの石を足して・・っていうようにできるとパワー増大ね」と言いました。

何をするかで使う石、つまり付け足す石が違いますので、それに応じてまた石選びです。


そして、店頭にあったネックレスをクリーニングしてもらって・・彼女の胸元へ。


お店の人も

「お客様にピッタリですね」と言ってくれました。


今そのネックレスをしながらチャネリングをしています。

まだ自分のチャネリングだけですけど、いずれお客様対応になると思います。

その日がお楽しみです。


焦っちゃダメよ〜

まず

「自分が育たないと石は使えないし、今もっている能力さえ使えなくなってしまう」からcoldsweats01


 

大阪スピリチュアルセッション〜お墓参りと金運と魔法の財布

「お墓参りに行くと金運が上がるでしょうか?」と聞かれ、笙先生が笑いながら

「それはかなりあいだが抜けていますよ」と言うとお客様が

「それはどういうことでしょうか?」と言いました。



お墓参りに行くと・・金運が上がる・・・

そうですね、あいだがかなり抜けています。


そしてその前も・・かなり抜けています。


まず、日ごろの感謝をしましょう。

そして手を合わせましょうね。

お金が欲しいから手を合わせるのではありません。

それが先なら・・金運は逃げます。

金運は準備が必要です。

先に「金運!」としてしまうと・・間違えます。


RIMG0058たくさんの人に感謝して、感謝されて・・そして金運の基礎ができるのです。

お金持ちになったとするでしょう?

でも誰にも感謝されないし、圧倒的に恨みを買った方がおおい場合は・・たとえ一時的にお金持ちになったとしても、すぐ倒産や地獄を見ます。


・・となった人は・・あなたも知っていると思いますよ。


私が知っているお金持ちの男性達はみんな朝必ず手を合わせます。

そしてもちろんのごとく、朝、家族に優しい笑顔で

「おはよう」といい、特に奥さんには

「おはよう。昨日は眠れたかい?」と聞きます。

そしてご主人が台所に立ち、朝一番のお仕事をしますよ。

奥さんがご飯の支度をしている間に、仏間のお花やご飯の支度、そして子供たちを起こしたりします。

子供は仏間に来て、手を合わせ、おはようございます、とあいさつをしますし。

お父さんが毎日しているのでマネをするのが当たり前。

そしてマネではなくて、心からの感謝を朝一番にしている父親を見て尊敬し、そしてそれを自分でもするのです。


朝、遅く起きてきて、

「新聞は〜?」と聞いている男に成功はありません。

成功していても・・いずれ家族が何らかの形で居なくなるでしょう。


特に娘さんの目には

「男って・・お母さんの大変さがわからないのね・・私は結婚なんかしたくないわ」と写ります。


食事が終わり、子供たちを送ったり、そして自分も出勤。

奥さんもお仕事に行きます。


お仕事もちゃんとみんなと協力して、尊敬され、そして周りがその人を認めてくれます。

つまり・・敵のいる人には未来がありません。


たとえ敵であっても・・本当にできる人は味方に変えます。

味方にできない相手なら、上手に振る舞い、そして・・・相手に恨みを買わず、勝利します。

・・・それか独立をして・・お金を作っていきます。

味方が多くなければ・・会社では勝てないのです。

独立しても、味方が少なく、敵が多ければ味方が敵になることもあります。


絶対的安心と信用と・・そして心の強さが必要です。


ご先祖様からのお力もその強さのその一つで、必ず、協力していただきながら前に進むことです。

「我が家は・・先祖代々ひどいから・・」ではダメですよ。


一つの小さな穴から崩れ落ちることもある・・ということも覚えておいてください。


ご先祖様へのお心使いの仕方は・・聞きに来てくださいね。


“あるもの”が超強力なエネルギーを発し、運勢を変えたお話もいずれお話させていただきたいと思います。


これは・・本当に不思議です。

あ、ブレスレットとかではないです。

これは・・特別。


お墓参りは行ってください。

「遠いんです」・・かもしれませんが、行けば変わります。


そしてその時期を聞きに来てください。


普段のあなた、そして今のあなた・・ご先祖を敬うあなた・・・


そして、そして・・・何が大切で、何を育てていくかを知っているあなたは・・金運が大きく流れ込んできます。


先日、お母さんと娘さんのお財布を選んでほしいというご依頼をいただきました。

それで、お参りの仕方と、時期をお話し、数年ぶりに両家のお墓に行ったそうです。


そして、その後、娘さんが

「お財布が欲しい」と突然言い出し、そしてふるらんと時間を合わせて、百貨店に行きました。


娘さんは・・実はあまり人が好きではなく、特に人の気に当たりやすい子だったので、正直お母さんは

「途中で娘が気分を悪くして帰るといいだすかも知れません」と言いました。

ふるらんはそれを了承しました。


お墓参りをしてから、娘さんは急に

「楽になってきた。ありがとうお母さん」と言ったそうです。

それでお母さんは

「あれって・・娘の言葉ではなく、ご先祖様の言葉だと思いました」と言いました。


約束の日になり、百貨店に行き、母子と待ち合わせて・・お財布を選んであげました。


娘さんは

「このお財布・・実はさっきから私を呼んでいたんです」と言いました。


その後、その娘さんは・・・その財布を枕元に置き、毎日一緒に寝ているそうです。

そしてお母さんに選んだ財布をご主人と他のお嬢さんたちが見て

「それって、ママにピッタリ!」と言いました。

外へ行っても他のお母さん達に

「どこで買ったの?素敵ね」と言うそうです。


でも・・このお財布、2万円はしないんですよ。

不思議でしょう?


その後・・宝くじが1000円当たり、お友達からご飯をおごってもらい・・・

友達からチケットをタダでもらい・・

安売りのお店にどんぴしゃりで行けたり・・・

「お金はもちろん出ていきますが、不思議に戻ってきます。使っていて気持ちいいです」と連絡が来ました。


金運財布を手に入れてください。

運勢をちゃんと見て・・・お買いものに行くときに一緒について行ってあげます。


 

毎日のお勤め

毎日、お経を読んでいます。

いつもはとってもあわただしく、時間との戦いの狭間で読んでいるので落ち着かないのですが、今日はお休みなので、ゆったりと気持ちよくお経を読んでいました。


そして、途中で仏様とのお話をさせていただくのですが、今日言われたのが

「真心 (まごころ)shine」と。

あ・・久しぶりに聞いた大切な言葉だなぁ・・と思いました。

深くて、温かくて・・・そしてとっても大切で。

普通に聞いても美しいのに、仏様の言葉は意味が深い。

きっと、忘れていたことをちゃんと教えて下さったんだ・・と思い、嬉しくなりました。

CIMG2164

普通の言葉でもあり、仏教用語でもあるこの「真心」は、これからのお仕事や生活でもとってもとっても大切にしていかなければならないものだと思います。


忘れずにきちんと心に留めておきます。


ありがとうございます、と手を合わせました。


今日と言う日、明日と言う日・・・

ありがたや、ありがたや・・・・shine

そして・・出会う人たち皆さんからいただくご縁やお金・・

本当にありがたいです。

すべて・・真心の形の一つ。


これからも大切にしていきますheart02


 

東京スピリチュアルセッション〜刺さるような背中の痛み

スピリチュアルでもいろいろな相談があります。

痛みや体調のお話もそうです。

この場合、必ず先に病院に行くことをお勧めします。

そして・・その後にご相談をお受けさせていただきます。


前回の東京セッションで初めて来られた方のお話です。

彼女は地方の方でしたが、日程を合わせ、東京まで来てくれました。

(このような方は本当に多いのです)


「たまに強烈に背中と右腕と肩甲骨が痛くなり、いろいろな病院にいきましたが・・どこも異常なしでした。

でも・・・嘘じゃないんです。痛いんです、それも強烈に痛くてたまりません・・」と彼女は説明しながら泣きだしました。

体が痛くて泣いているのではありません。

誰にもわかってもらえなくて・・心が痛いのです。


CIMG0613「この辺が・・特に痛いでしょう?」とその部分をヒーリングしてあげると

「温かいですね・・・楽です。ふるらん先生の手って本当に温かいですね・・」と少し落ち着いてくれました。


笙先生がふるらんを呼んで小さな声で“あること”を言いました。

ふるらんはそれに小さくうなづき

「うん、そうみたい・・でもそんなレベルはきつくないから、時間をかけたら楽になれると思うわ・・」と言いました。

この時、何が彼女を痛めているのか、大体は正体が見えていました。

ただ・・それを彼女に説明するのに、彼女に許可をいただくことにしました。

「優しく話す?それとも・・・」と言うと彼女は

「今日は決心して来ています。何でも言ってください。

それにいろんなところへ行っているのです。そしてどうにもなりませんでした。

だからきっと本当の事を知っていないのだと思いました。

それまでたくさんのお金をかけてきましたが、これで最後にしたいと思って来ました。

実は・・ふるらん先生のブログを見つけてくれたのは、兄のお嫁さんで、義理の姉ですが、霊感があります。

その姉がラピス・ハートを見つけてくれました。

その姉が‘今まであなたの話を聞いて・・私は外から来た人間だから言うに言えなかったけど・・・

それで、私にはどうにもならないけれど、ここ(ラピス・・)ならきっと時間もかかると思うけどわかってもらえると思うわ’と教えてくれたのです。

ですから、覚悟して来ました。

義姉に‘早々と解決できる問題ではないと思うけれど、でも一度だけ、ここが最後だと思って行ってみたら・・強くは押せないけれど・・’と言われました。

だから、はっきり言ってください。お願いします」と彼女は言いました。


それで彼女に笙先生から説明がありました。

「あなたのご先祖様の・・・・」と。

あくまでも私たちはどこかの○教団体をお勧めしているわけではありません。

私たちの見える範囲でできることをお話し、そして対処をお伝えしています。


それをやった人、やらなかった人に別れていきます。


やった人に聞いてみてください。


「お金が戻ってきました」

「子供ができました」

「心が落ち着きました・・・」


そして・・それは私たちがしたことではありません。


決断し、ここに来てお話を聞いて行動されて、努力された方に仏様や神様のご加護をいただいたのです。


はい、私たちの力でもなんでもありません。


ふるらんは今まで

「ふるらんの力」だと一度も思ったことがありません。


彼女は決意しました。

なぜ痛いのかの理由を聞いて

「やっぱりそうですよね・・」とどこかで気がついていたようでした。

そして・・

「理解できます。我が家は・・・」という説明をしてくれました。


そして私たちからはこれからの道筋をお話していきました。


彼女ははっきりとした口調で

「がんばります。そしてこれを超えて本当の強さと自分を作っていきます」と言いました。

ふるらんは彼女に

「決意した人はもう変わり始めています。あなたは本当の幸せという目標を手に入れられますから、一緒に頑張っていきましょう」とお話しました。


それから数日後、私たちが帰りの新幹線の待合室で座っていると彼女からメールが来ました。

そのメールには

「先日はありがとうございました。

お話を聞いてもらえて、心が楽になったのと、前が見えてきたので頑張れるような気持ちになりました。

昨日の夜、義姉が兄と一緒に家に来て、みんなで夕食を取った後、私は義姉に

「ラピスを教えてもらってありがとう」と言うと義姉が

「よかったね〜」とニッコリ笑ってくれて、今日あなたを見たら・・少し変わってきているから・・きっとゆっくりと楽になれると思うわ。ただ、あせったらダメよ。あなたがあせると、無理が出るから。

自分を育てるように、頑張っていきましょうね。何かあったら貯めないで私に行ってね。それと、昨日の夢にあなたが出てきて、〜〜をしているのが見えたの、と言っていました。

私は変われるのだと信じています。

絶対、この痛みから解放され、幸せを手に入れます」と書いてありました。


今月も彼女に会います。

そして・・義姉さんの言われたように、彼女が育ち、守る力と幸せになれる力をつけれるようにお話させていただきます。



 
16件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP