東京スピリチュアルセッション〜強力に縁を切る方法。

働いて、家事は全部自分が頑張って…

夫の一言

「女らしくないよな…」


え…?
だって…びっしりしなきゃならないことだらけで、まる一日でも自分がしたいようにさせてもらったことなんかないし…

「夫は好きなことをして休日を過ごしますが…私には休日はありません。結婚は助け合いだと思ってましたが、まるで夫のお母さんです。なんとか円満にと我慢してきましたが、顔色を見ながら彼に合わせている自分をみていると情けなくなってきたし、もう疲れました。自由になって休日はゆっくり自分をいたわったり、楽しませたりしてあげたいです」と彼女はいいました。
「もう要らないのよね?」とふるらんが聞くと
「はい、要りません。将来もこれが続くならうんざりです」と言いました。



ご主人の性格をみるとかなりしつこくい人みたいだから、
「ばっさり切ると危ないから、上手く進めて綺麗にしましょう」と笙先生がいいました。


強力に縁を切る方法なので彼女の絶対的協力が必要。

秘密厳守で完了するまで完璧な行動を約束してもらいます。



縁切りしないと来世もまた同じ人にめぐりあい、また同じ“わけのわからない自分勝手な解釈”でこっちの人生を破壊され、心をえぐられる。


「縁が切れたら、私は自由になれますが、彼はどうなるのですか?」ときかれたので、
「あなたを傷つけた分は返ってくるし、そのあとはいろいろ考えると疲れるから、すべてを神様や仏様にお任せしたらいいと思いますよ」と話しました。



ふるらんはたくさんの裏切りや蔑み、憎しみのぶつけ合いを見てきましたし、その悲しみも見てきました。


いずれも問題を起こした人は関わってきた人の精神を狂わせ、人生を不幸にさせれる二重の不徳を積みます。


とにかく不幸を積み重ねる人とは離れることですね。

離れたら…ご褒美がきます。


神様の通信簿は今発動するか、何年かあとなのかはわかりませんが…


そのあと夫の浮気も発覚。

彼女は、
「神様は凄いですね。ちゃんと私の幸せのためにいろんな事を準備してくれます。これで綺麗に別れられます」と笑顔でした。

離婚成立。

そのあとピタッとご主人からは連絡が来なくなりました。


矛先が別な女性にいったから楽になったのです。
それとご主人の友達からも連絡が切れました。


ついでに彼女の苦手な友人達とも。


「どんどん悪縁が切れて楽になってきました。肩凝りも不思議に楽になってきました」と連絡がきました。


そして…少ししてから…
「医者に勧められていたけれど、拒否して、薬で引き伸ばしていた〇〇の手術受けることにしました。これで〇縁からすべて切れます」と連絡がきました。


ふるらんは
「よく決意したね、偉いと思います。悪縁を切って、良縁と繋げましょう」と返信しました。




あれから…
彼女は来月、結婚式を向かえます。




彼女からの最近のメールには
「二人で作るごはんはとても美味しいし、彼の私への気遣いが嬉しいです。二人で健康で長生きして行こうと思っています」と書いてありました。


彼はバツイチ。
前ね奥さんは全く家事をせずちらかり放題。

あげくのはては
「子供ができたら、お手伝いさん雇って〜」と言う始末。

理由は彼の年収が高かったから。

(でもこれからの時代、1000万円でもきつくなる時代に入るのにね…)



彼と彼女がであったきっかけは“入院”と“通院”

何回も顔をあわせるから、運命を感じたそうです。


彼は彼女にプロポーズをしてOKをもらってから本当の仕事を伝えたそうです。



会社経営、年収ん〜千万円。


笙先生は
「やっぱりね、会話が違うと思ってたよ」と笑っていました。



彼女の言葉は
「二人とも病気もちですが、二人で支えあって幸せになります」と普通の夫婦感覚。

ふるらんは
「病院の先生にも結婚の報告と先生のお陰で幸せになれたとお話ししてね。きっと嬉しいし、仕事頑張れると思うよ」と伝え、通院の時に先生に話すと祝福と
「君の人生の役に立てて嬉しいな〜」と言われたそうです。



幸せは悪縁をきったら早いわ…としみじみ思いました。

 

5月の東京スピリチュアルセッションをありがとうございました。

今月もたくさんのお客様がきていただきましてありがとうございました。

みなさん、それぞれの思いをもってセッションに来られますが、なんとかお力添えになれるようにお話しさせていただいたと思います。

金運教室の生徒さんやFXの生徒さんなどはそれぞれ成果がでてきて
「一人でもお金を作れる」という自信と「将来は安心」を手に入れていけると思います。



ある生徒さんは出会ったときには仕事での収入の少なさを将来の不安として重く感じていました。

でも今では自力で現金を作れるようになり

「最初はこんなに少額ですが、でも私には大金にみえています。だって、お金を膨らますことなんて皆無だと思っていたのですから。

先生、私を鍛えてくださいね、遠慮しないでいいです。
だって、仕事を覚える努力に比べたら先生の教えを一生懸命覚えて、未来の安心を手に入れるほうがずっと私にとっては価値があります」と笑顔で話していました。


そうですよ、そうなんです。

お金を作れるって素敵。


そして幸せを作れることも素敵。



日々のはっぴ〜は自力と体質づくり。


ふるらんも今回ははっぴ〜パワーで素敵なお部屋に泊まらせてもらいました。


「らんらんしましょ」に書いてありますが、とても優雅になれました。


これからも自分のパワーを増やして、みんなのために、もちろん自分の人生のために頑張ります。



そうそう、笙先生が
「みんなが実績を出せるのをみていると僕もとっても幸せな気分になれる」と言っていました。




では、みなさん、6月にまた会いましょう!

 

チャネラー体質

自転車に乗っていると突然
「さようなら〜〜!」とふるらんが言いました。
・・それで誰に対して?と自分に聞いているのです。

誰に?さようなら?
もしかして自分?

でも、言ったとたんにス〜〜っと楽になりました。

不思議な感覚でした。




 

大阪チャネリングセッション〜お客様からのはっぴ〜予知夢報告


チャネリングをしているときに不意に
「大きなお家」と聞こえてきました。

彼女に
「大きなお家に引っ越したいの?」と聞くと

「はい、そうです。古くてもいいので、子供がたくさんいて走り回るような幸せが欲しいです」と言いました。


彼女は結婚して5年。
まだお子さんはいませんでした。

でもご主人とも「子供がたくさんほしい」というお話しでした。


「子供が欲しいのです・・専門医に行った方がいいですか?」というお話しでした。

チャネリングしてみると・・・彼女の言ったように子供が走り回る音が聞こえます。

ちょっと都会から離れてるかな??とふるらんは思いました。

「ご主人は・・・田舎でも大丈夫な人なの?」と聞くと

「はい、車で通勤しても・・きっと大きなお家が好きだと思います」と言いました。



子ども・・数人・・・田舎・・・大き目の家・・でも・・ちょっと古いけれど、幸せな風景・・・

「彼女の夢、ご主人の夢・・叶うかな?」ということでチャネリングしてみました。


回答は
「先に家」と言われました。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜と思いました。
そうそう、ふるらん、経験あるのです。

職場で昔、引越しをするたびに子供ができていたご夫婦を。

5人目を出産したときに、そのご夫婦は職場を辞め、自営を始めました。

そのお店に行くとお客様はいつも満席で、子供たちもお店のお手伝いをしていました。



そして彼女に先に家を探すことと、引越ししてから不妊治療すること、そして引越しの時に必ず・・・
と言って、あることをお願いしました。


その夜、彼女からメールがきました。
ご主人にふるらんの話をすると、
「それなら古い家でいいから、家さがしを始めよう」と言ってくれたそうです。


それからまた数日後彼女からメールがきました。

「先日はチャネリングをありがとうございました。昨日、夢の中で大きなお家に住んで、ゆったりと暮している夢を見ました。とっても幸せな感覚でした。必ず現実にしてみせます」とメールをいただきました。



通勤ができる範囲の場所を探しました。

古くていいので。


そして買えるものを・・と思っていました。


なかなか金額に合うものがありませんでした。


喫茶店に入ってお昼ご飯を食べていると、そのお店の人がみなれない二人を見て話かけてきてくれたそうです。


家さがしをしていることを話すと、そのお店の人は
「よかったら・・空いている家があるから持ち主さんに聞いてあげましょうか?」と誘ってくれました。


少しして、一人のおじいさんがきました。

そのおじいさんの持ち物、一戸建ての家を見せてもらいました。


聞くと、格安で貸してくれるということになり、ふるらんのところに連絡がきて風水、方位などのことを確認して引っ越すことになりました。

笙先生が
「いい間取りだね〜子供がたくさんできたらもっといいお家になるね〜」と言いました。



そして・・半年を過ぎたころ・・・彼女から連絡がきました。

「妊娠しました!それも双子です」という報告でした。




大家さんのおじいさん、おばあさん、そして喫茶店の人・・近所の人がみんなで彼女をサポートしてくれるそうです。

つぎつぎ子守りをしてくれるそうですよ。



「田舎って幸せです」と彼女のメールに書いてありました。



そしてご主人は
「将来は自営にして、この土地の人に恩返しできるようにしたいな」と言われているそうです。





ご主人のチャネリングの回答は
「走り回る人。でも数年後には固定になる人。自営の星を持ち、イベントなどでにぎやかな部分と物事を生み出す人」というメッセージ。





ちなみに・・・二人の写真を見たときに見えたのが
「土地の神様に感謝することによって昔の徳積みの答えをいただけるのと恩返しが始まる」でした。




 

東京スピリチュアルセッション〜金運体質を育てるともれなくついてくるもの

東京スピリチュアルセッションでは不思議なお話から現実のお話までお客様や生徒さんに役にたつことをお伝えしています。

その一つに「金運体質」になれるようにその考え方、行動などを身につけていただきたいと思っています。


「お金に縁がないといおうか・・少し溜まったと思ったらすぐに消えて無くなってしまします。どうしてなのでしょうか?私には運がないのでしょうか?」

と聞かれたお客様がいました。

聞いていると・・普通の収入であるし、ボーナスもそれとなりにある。

なぜなくなるのか・・・



笙先生とダブルで霊視しました。

そして二人の見解は・・
「あるのに・・隠れちゃってるね」でした。

しばらく彼女のお話を聞いていました。

すると・・・金運があるのに・・使っていない。

使ってはいけないものに使ってしまっている・・・


金運をほかのところに使ってるということです。


「今治さないと・・これから年を重ねていくにしたがってもっと大変になると思うよ」と笙先生がいいました。

彼女に対しての指導が始まりました。

金運とはいったいなんなのか・・・

しいては運の使い方なのです。

笙先生との「考え方の会話」をしていくにしたがって彼女は

「私の考え方が違っていたのですね」と気が付きました。

そして次回会うまでにしてほしいことを伝えていました。

もちろん・・彼女の霊的な見えない部分に対しての対応もあるのでそれは大阪に帰宅してからすることにしました。


その彼女からメールが来ました。

「宝くじが当たるようになったのです」と書いてありました。

小額ですが、とてもうれしかったそうです。

それが買うたびにあたるので

「体質が変わってきた証拠ですからこれからも体質作りに頑張っていきます」と書いてありました。


それから少しして、
「友達からおごってもらうことが連続しました」とメールをいただきました。



そして、そして・・・

親戚のおばさんからお見合いのお話しがきました。

おばさんの息子さん、つまりいとこさんの親友さんでした。


相性を見てほしいということで笙先生とみることにしました。

「いいねぇ〜この男性」ということで彼女に連絡。

そして初めてのデートの感想は

「素敵な人でした。お付き合いを始めます」ということでした。


趣味もスポーツ好きも一緒。

食べ物の好き嫌いも一緒。


違うのは
「私より彼の方がものを大切にするかも」と。


「今まで彼と付き合った人って・・きっと彼のことを神経質に見えるのかもね」というと、

「前の私なら同じことをおもったかもしれません。でも金運教室に通ってから彼の話を素直に聞けます。体質が変わったのだと思いました」と言いました。


体質づくり・・

それは日々自分を鍛えていく言葉です。

自分を変えて今までの自分より輝かせましょう〜

そしてどんどん幸せ磁石にしていきましょう。



ちなみに・・・金運がある人は金運のある人と結婚します。


彼女の今付き合っている男性・・ですか?


ある特殊なお仕事をされています。
年収は・・・ん〜〜〜〜万円です。

でも彼はこう言ったそうです。
「両親が僕にこういったんだよ。お金は人を変えるけれど、人がお金を使って豊かになれるものでもあるんだとね。お金を増やすことは楽しいことだし、それを使って家族を喜ばせたいし、良い行いもしていきたいし。

マネーゲームを見てきたからね・・僕は堅実に増やして、幸せも増やしたいね〜」と。



年収に甘んじない人って素敵。

そしてお金で自分を鍛える人って素敵。


その鍛えた自分をさらに磨こうとする人って・・本当に素敵です。


 

お問い合わせをされていますお客様へ。

 
ラピス・ハートにご予約等、お問い合わせをされているお客様へ。


こちらから返信のメールをしておりますが、2日を過ぎてもメールがお客様に到着されていない場合、パソコンメールからの着信拒否や振り分け機能によってごみ箱に入っている場合があります。


ほかのメールアドレスからの再度お問い合わせをお願いいたします。


よろしくお願いいたします。


                 

 

守護霊さんの言葉


ふっと聞こえてきたのが

「大いなる世界に向かえ」と。
そしてそのあとに
「生けるか死ぬかお前次第」だと。

生きていて生きているならいいでしょうが、生きていて死んでいるのは嫌です。
魂が生きている実感を持つことが天に向かうことだということなのでしょうね。 



 

徳の高い人のオーラ

みなさんスピリチュアルなオーラの色を知りたがるのですが、最高のオーラは・・・説明のしようのないぐらい透明度の高い光といおうか・・なんと言おうか・・・

お坊さんで数人・・まだ5人には到達していません。


今回は・・・一般の方の話で、金紫のすばらしいオーラを四方に2メーターぐらい放つ男性を一人だけみたことがあります。

ご依頼はおじさんから頂いたもの(内緒)を鑑定してほしい・・ということでした。

その方法を伝え・・・そのあとは普通にお話しをしました。




彼は会社を経営していまして、奥様はとてもしっかりしていて・・・
(意外に思うでしょう?でも仕事のできる男性になよっとした女性はいないし、みんなしっかりされている奥さんがほとんどです。甘えられる・・って思ってお金持ちと結婚はできないですよ)


「奥さんが本気で仕事をしたら、きっとご主人ぐらいの会社をするんのねぇ・・・」と思ったぐらいの素敵なものを持っていました。

美人?そうではないです。(失礼ですが)

でも、とっても笑顔が素晴らしい!
顔から光が出てくる感じです。


その彼は奥さんと出会ったときも
「そんなに美人でもなんでもなかったけど(笑)でも愛嬌はあるし、とってもよく笑う人で、笑顔が最高だったし。今でもほかの男性には取られたくないね」と言っていました。


お子さんはおりません。

「僕に問題があってね」と奥さんをかばっていました。

ふるらんからすると・・・何かほかの理由があったようです。
でも・・知らないふりをしました。(大人だから・・・)


薄〜〜〜〜〜い紫の中に広がる金色状の光・・

神々しいわぁ〜彼のは、と。


神棚を見てもとっても綺麗・・・
仕事の前と後で必ずご挨拶。

隅々みても・・綺麗にしています。


そして彼が座った場所をみても・・・金の粉が落ちている感じです。




人には優しく、自分には厳しく。
そして徳積みは毎日。


人を上下に見ることなく、不必要なプライドもなく・・・

普通に見たら、普通の人です。


「俺は社長」とか「俺に対してこういった」とはそんな発言はもちろん聞いたことがありません。


「僕のできることをしていき、毎日努力をすることを喜びをしている」が信念です。



いいですね〜
こういう人は女性からみるととっても尊敬できます。


何があっても一生ついていきたいと思うし。



一人の人間を深く愛せるってとっても素晴らしい人生の歩き方だし。



「神様から与えられた人を粗末にしたら罰が当たるのは当然だしね」と笑います。





金紫のオーラが増幅するところを見ちゃいました。

奥さんに向かって笑顔で会話するときです。


あ〜愛ってさすがにパワーの源ね〜〜〜






 

大阪スピリチュアルセッション〜再婚と背中の痛み

前編より続く・・・



それからいろいろな占い師さんやスピリチュアルセラピストの人に相談しました。


その先生によって答えが違い、彼女は迷い始めました。


「いったい誰が正しいの?」と。



そして、「ラピス・ハート」にたどり着きました。




「ここを最後にするつもりです」と彼女が言われたので、ふるらんは

「‘つもり’なのね・・・まだ」というと

「え?それってどういう意味ですか?」といいました。


笙先生が
「嘘はいうつもりもないし、僕達がいうことを最初から納得してほしいとかお願いすることもないです。
ただ・・今までの先生の中で他人のあなたのことを心配して正しいことを言ってくれた先生もいると思うから・・。僕たちも正しいことしか言わないからね」と静かに言いました。


愛する人とどうやって結婚したらいいか?は理解できます。

でも・・・相手が悪いと・・人生も悪いのです。


彼の場合は・・・ちょっと大変です。




説明をしました。

「彼って・・〜〜な癖ない?そしてあなたはまだ気が付いていないふりをしているけれど、知っているでしょう?意外に冷たい目をする時があるって」

「・・・・・」

「好きはわかるけれど・・・ほかの先生も言ったと思うけれど・・」

「・・・・先生、彼のどこがそんなに悪いのですか?」というので

「あなたに生霊飛ばすところ」と答えると、彼女は黙っていました。



笙先生は
「わかっていたんだよね?」というと、静かに一つうなづきました。


そして
「でも好きなんです」と言いました。


彼を変えられるのは誰もいません。

変えられるのは・・・彼自身。


「生霊のキツイのをこれだけこっちに向けてくるのだから・・・別れたほうがいいと思います」と笙先生は話していました。

「なんとかなりませんか?」と言われたので

「ほかの先生と同じように・・なんとかはできないです。彼はそういう人だから」と言いました。


生霊を飛ばして背中を狙うなんて・・人として問題ありますよね?

つまり・・自分の機嫌が悪いと、ぬいぐるみに向かって怒鳴ったり、蹴飛ばしたりするのと同じ。



DVの見えない版みたいなものです。


「いい人なんですけれど・・」という彼女。


「そうですか?ますます悪くなると思いますよ」と言いました。


「大丈夫か?」と心配しながら見えないもので背中をぐりぐりするのです。

いい人なのかな・・・?





「たぶん・・・よくはならないと思います。それ以上は・・私たちからは何もないです」と静かに答えました。




それから3か月過ぎました。


彼女からまた依頼がきました。

とうとう起きられないぐらい痛くなったそうです。

そして彼に
「変な病気だな」と言われたそうです。

その言葉の温度に冷たさを感じたそうです。


トイレに行くのでさえやっとになり、母親が
「やぱり別れたたら?」と言って、母親のお友達からもらったお数珠を持たされました。


その晩、笙先生とふるらんの夢を見たそうです。

「電車に乗って先生たちのところへ行く夢を見ました。電車に乗る前に、おばあさんが出てきて、早くのりなさい、というのです。そして大阪に到着したら背中が楽になった夢でした」といい、スカイプのセッションを依頼してきたそうです。



「崩れかかるように・・力が抜けるのです」と言いました。

そして・・少し痩せていいました。

まだ見ないお数珠が頭の中に浮かんできて

「それのおかげね・・・」と言いました。


家の中をスカイプを通して霊視。


「ひどいもんだね・・・彼の生霊」と笙先生と話しました。




彼女にこういいました。

もし別れる決心がついているのなら手を貸します、と。

そして守ってほしいことがあるので・・と。



彼女は自分の体をしんどさにもう彼をあきらめることを決意しました。



「しんどくてたまらないです。体がこんなに痛くて・・心まで痛・・あ・・・・」と言いました。

そう、あの母親のお友達の言葉を思い出しました。



「そう思うなら、私たちのセッションが終わった後にお母さんを通してその人に謝罪してね。そしてその人に・・・・」とあるメッセージを頼みました。



そして、彼女にしてもらいたいことを言いました。



恋愛を成就させ、彼の生霊を止める・・という方法をなぜしなかったって?

それは・・幸せな答えでしょうか?


彼に対して一時的な薬を飲ませたとして、生活習慣が変わらなければ・・また同じことが彼女に起きます。

彼女に対しても・・・お金を払えば思ったようになる、というのは間違っていると思います。


まず、何が正しいのかを判断する‘人の心’を忘れてほしくはないのです。





彼女は私たちの言葉をメモしていました。

そしてそれを実行することにしました。



半月後・・彼からお別れのメールが来たそうです。
「好きな人ができた」ということで。


「好きな人ってどういう意味かわかるよね?」と彼女に聞くと

「はい、生霊を飛ばせる相手ができた、ということですね?」というので

「その通り」と答えました。





今回はふるらんたちとお母さんのお友達の女性が協力して対応できたので、助かりました。


後日、そのお友達の方からお母さんを通じていただいたメッセージは

「ご縁をいただきましてありがとうございました。一人の女性をこうやって導かせていただく経験をさせてもらいまして、自分の成長につながると思います」と書いてありました。



人から学ぶことはたくさんあります。

私たちもこの方から学ばさせていただきました。


一度もあったことはないのですが・・・不思議ですね、この世界。
会わなくても・・会えるので。

 

大阪スピリチュアルセッション〜再婚と背中の痛み  前編

結婚って不思議ですね。

それが再婚であっても。

最初の結婚で産んだ子が再婚の男性ととっても仲が良かったり、前の夫よりはるかに素晴らしい人だったり。

「なんで前の奥さんがこの人と別れたのかわからない」と思う人もいるようです。

でも、それはやっぱり縁。

説明のしようのないものです。




最初の結婚でうまくいかず、離婚。

そのあと、3年後に素敵な男性が現れました。

その男性もバツイチ。


二人は意気投合して結婚を意識し始めました。

そして愛を確認して育て始めたのです。


お金を一緒に貯金していきました。

「家を建てよう」
「子供も産もう」
「たくさん思い出を作ろう」と一緒に目標を立てていきました。


そして結婚式の日取りの話をしようとしていくことを進めていたときでした。


彼女は自宅で普通に朝起き上がると強烈な痛みが背中に走りました。
一瞬声が詰まったそうです。

「もう起きられないの?」と思ったぐらい。

そして一息ついて・・・ゆっくり起き上がると・・痛みの余韻はありましたが、まだ痛い感じが残っていました。

「なんだったんだろう・・」と思いつつも、お仕事に行ったそうです。


そして不調のまま、お昼を過ぎ、職場の女性数人に
「今日は顔色が悪いね、病院に行ったら?」と言われました。

上司にも勧められ、病院へ。

結果は・・・
「今なんとも言えませんのでいろいろ検査してください」と。

そして・・・また家で夕食の時、背中に強烈な痛みが走り、一瞬呼吸さえ止まった感じがしました。

一気に押し寄せる不安が彼女をおびえさせ・・・

彼と連絡を取り・・・

彼が自宅に来てくれてました。

そして・・・それが数日間続きました。


痛みは取れましたが、
「またあの痛みが来たらどうしよう・・」と心の隅に不安があったのでした。



そして・・また月に一度のペースで首や背中がグッとつままれるような痛みが走るのでした。


彼は
「早く結婚していっしょに暮らしたら、きっと楽になれると思うよ」と言ってくれたのですが、なぜか彼女は
「痛みの意味が分かってから・・」と思ったそうです。
(女の勘ですね・・・)



彼女は冷静でした。

何時痛みが走るのか、どんな感じなのか・・を書きとめたそうです。


病院の結果は・・・問題なし。


彼女は、
「見えない世界かもしれない・・」と思ったそうです。


田舎の母親に思い切って打ち明けると、母親の友達の霊感のある友達に連絡をとってくれて、後日その友達の人が彼女と会話したそうです。

電話の向こうから
「今付き合っている人とは別れたほうがいいと思う」と。


彼女は
「結婚したら、この痛みが取れないのですか?」と聞くと、

「痛みはなくなるかもしれないけれど・・・でも心が痛いことがあると思う」と言いました。



母親の友達の見解は
「相手の男性の家の問題。どうにもならないと思う、何をどうしても・・彼と結婚するといろいろあると思う。
だから前の奥さんと別れたのは前の奥さんの家のご先祖がそうしただけ。・・でないと・・取られるものは健康かもしれないしね」と。

彼女はなんとか結婚できないか?と思ったそうです。
でもその女性は・・・
「誰にも止められないものはあるのよ」と言いました。


そして
「それより・・・もっと素敵な男性が出てくるからそれを待ったらいいの」と言ってくれました。

しかし・・・彼女は・・彼と結婚したいのです。

どうしても・・どうしても・・・・・・(続く)

 
11件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP