東京スピリチュアルセッション〜ありがとうございました。

今月も東京セッションが無事に終わりました。

雨も地震もなく・・・みなさんが無事に来ていただけて、そしてまたお家に無事に帰ってもらえるのは嬉しいことです。


たくさんのご相談があります。

泣いても泣ききれない大変な問題もありますし、やっと山を越えて、これからの幸せの道を作るためにご相談に来られる方もおられます。




今月は・・・出会いのお話しが多かったですね。
それと・・・お仕事が決まったことです。


出会いは・・まだ本格的に着地ではありませんが、とにかく相性がよければお付き合いをさせていただいて・・様子を見ながら進行するか、やめていくかを決めていきます。


お付き合いの途中でいろんな疑問が出てくるでしょうし、笙先生とふるらんが聞いていて・・・
「それって大丈夫?」のところは必ずうまい具合に確認を撮れるようにしていきます。


人生は・・長いですからね。

「好き」だけでは結婚できませんし、そのお給料なら・・・奥さんが大変とか、未来が妙な風に見えるのであればお付き合いの件はほかの男性に変更していきます。

男性のオーラが見えると楽でしょうけれど、その時は良くても人間は変化します。

変化したり、嘘が始まったりすると・・・オーラが変わります。

たまに・・彼の写真を提出してもらいますが、
「この人だったっけ?」と思うときもあります。

・・・と必ず、ご両親のお写真も提示になってきます。

え?そんな、結婚もまだ決まっていないのに?と思うでしょう?

結婚を決めていないうちに会わないと・・・怖いですよ。



結婚を決意するまえにいろんなことを知っておかないと・・大変なのは“あなた”です。




結婚して初めて知ることが・・・とっても怖かったりしたらどうします?


先に知っていることが大切ですから、適度な数か月になったら必ずご両親やあることをしてもらいます。





完璧な着地をしていただきたいのです。
・・じゃないと・・結婚生活大変ですよ。

・・・とお金の価値観が男性がきちんとしているのかどうか、恋愛教室の生徒さんにも覚えてもらいます。


きちんとしている男性は、お金のことをちゃんと彼女に話せますからね。




・・・と、結婚を考えている人はちゃんと貯金をしています。

それと・・貯金していない人は
「結婚相手にこれからの生活を支えてもらおう」と思っている人が大部分です。


怖いですねぇ・・・・
こっちの貯金をあてにしている男性と一緒になって・・・子供ができたらなんというか知っていますか?


「お前が産んだ子供だろう?」といった男性もいるのです。






スピリチュアルな仕事をしていますが、結婚は現実です。

あなたと男性との出会いのタイミングを見つけ、そしてそれに照準を合わせ、出会いを選抜し・・・

赤ちゃんと産みましょう〜
そしてあなたと子供の為に命をかけてくれる男性とともに一緒に人生を歩きましょうね。

 

大阪チャネリンセッション〜スピリチュアルな離婚の方法






離婚はとても体力も気力も必要です。
けっこういろんなことをしないといけませんし、パワーを使いますよ。
そしてもちろんお金・・つまり貯金がないと大変です。


でも・・これからの人は離婚するしないにかかわらず、女性は長生きしますのでお金がないと自分の老後は悲惨ですので必ず貯金をしましょうね。



ある女性がチャネリングに来られました。
最初はチャネリングスクールを学びたいということでしたが、その前に一度チャネリングを行けていただくことにしました。


二人のお子さんを抱えての離婚の相談。

当然お金がかかりますので離婚は回避したいのですが・・でも家庭生活はすでに崩壊していました。

お子さんにも悪影響を及ぼす感じの夫の言動・・・


「早く離婚しないと・・子供も私もおかしくなると思います」と言いました。


貯金は或る程度ためていました。
回りの人の協力もあって・・・準備は万端。
引越しのタイミングなど・・つまり離婚をご主人から言わせる方法をチャネリングで・・という依頼でした。


自分でチャネリングできたら・・という気持ちで最初依頼をされていたので
「お金がもったいないから、チャネリングを受けて、そのあと必要なら授業にきたらいいですよ」という説明をしました。



ふるらんのチャネリング・・

「やっぱり・・少しでも早い方がいい、と聞こえてきますね」とふるらんがいうと

「あ〜よかった、自分が間違えているのかと時々自分を疑っていました」と言いました。

ふるらんは
「そう思うでしょうね・・離婚の重大だから。自分を疑って当たり前。でも、今年中・・それも2・3か月のうちにタイミングが来るみたいですよ。半袖の風景で荷物を積んでいるのが見えるから」と話すと

「そうですか、よかった。それなら夫がいない時に引っ越しができるということですね」

「そうですね。ご主人は見当たりません。それと・・・ご主人から離婚を言ってもらえるにはどうしたらいいかということですね・・・・・ちょっと待っててね」といい、もっと深くチャネリングしていきました。



ご主人が・・・小さな箱にきれいに品物を梱包している映像が見える・・
何を詰めているんだろう・・・と思って奥さんに聞くと

「あ〜趣味のフィギアです、え?詰めているんですか?」と聞くので

「こつこつ詰めているシーンが出てきますよ・・もしかして彼、家を出る準備をしているんじゃないですか?」と聞くと

「夫の部屋には入れないんです。壊されるとか言われて、入れませんが・・・え・・・それじゃ・・彼、出ていくことを想定して・・・荷物をまとめているんですか?」と聞くので

「すごく神経質なご主人なんですね、梱包に時間をかけているから・・」と笑うと

「フィギアは命ですもの・・私たち家族より」と言いました。

そしてまたチャネリングをしていると・・・

「あれ?・・あれ?・・・ご主人と同じぐらいの男性が数人・・・」というと

「主人と同じ仲間の人です。彼たちの生活がうらやましいとよく言っていましたから」というので

「なにか・・結婚の意味ってわすれちゃったのね?ご主人」とふるらんが言うと

「結婚は彼にとってお母さんと兄弟が増えたみたいなものだったと思いますよ」と彼女は言いました。




ご主人から離婚を言うまで・・まだかなりの時間がかかりそう・・・
でも離婚はここ2・3か月で決着させないと・・・と思いながらチャネリグしていると・・・

「○○へ行け」という声・・

いつもと違う声の感じだったので・・・

「○○って・・・何?」と彼女に聞くと驚いた顔をしてふるらんを見て

「結婚した姉のいるところです」と言いました。



お姉さんは彼女に
「いつでも相談においで」と言っていたそうです。

そして
「離婚したら・・・近所で暮らしたらいいし、互いに子供の面倒をみながら暮らそうよ」と言ってくれていたそうです。


「姉に会いに行ったら・・何かが変わるのですか?」と聞かれたので

「きっと・・何かが起きるんでしょうね・・」とふるらんは答えました。




お姉さんに会いに行くから・・ということ夫に伝えたそうです。

そしてお姉さんと今後のことを相談。

近所に家を借りてくれることを約束してくれました。

お姉さんのご主人はとても良い人でなんでも手伝ってくれて、義兄さんの協力もあって、未来が見えてきました。



帰宅すると・・テーブルの上に手紙がありました。

離婚の用紙が入っていて、判も押してありました。


手紙には
「お姉ちゃんに会いにいったってことは離婚を考えている証拠だし、それなら俺が先に離婚をするから、あとは適当にしたらいい」と書いてありました。
あわててご主人の部屋をみると・・・荷物がカラ。

出かけている間に彼は引越しをしたのです。


そして彼女は行動開始。
弁護士さんを通して養育費等のことを進め、整理をすることになりました。



「願ったり、叶ったりです。このまま波に乗って、離婚、お金、引越し等進めます」とメールが来ました。





その2年後・・彼女から連絡がきて・・・

「離婚が成立して、落ち着いて生活ができているので・・・チャネリングスクールに通いたいです」とメールが来ました。

「チャネリングスクールはお金がかかるから・・もっと落ち着いてお金をためてからでいいですよ」と返信すると、

「前夫が親に泣きついたのか、まとまったお金が入ってきました。養育費は月に○万円ですが、これなら夫も払っていける程度なので、もらって行こうと思います。チャネリングを受けて、落ち着いて行動ができたことが嬉しかったので、この技術でほかの人を助けてあげられたらと思っていますのでぜひ習わせてください」とメールが来ました。



ふるらんは
「それなら・・人のために使ってくれるなら・・・」ということチャネリングのスクールをスタート。

離婚が成立して、落ち着いた人になったので、‘あること’を彼女にお願いすると、快く引き受けてくれました。






今、彼女は友達をチャネリングして、時々人の役に立てているそうです。

「今は・・もちろんお金も必要ですが、それよりも自分が助かったことを感謝しているのでそれのお返しをしている気持ちでチャネリングしています。

もっと経験を積んで、自分ができることをこつこつしていきます」と話されていました。







自由になってください。

もちろん愛するものを抱きしめながら。

そしてその先の自分のきらきらのオーラを作れるように、“今”しっかり歩いてくださいね。



 

ダブル霊視〜転職を成功させたスピリチュアルな指輪

お客様とのご予約はもちろん受付で調整しますが、不思議なご縁がある時が多いです。

他人のようで・・みんなちゃんとつながっているんだわ・・と思う瞬間です。


奈津子さん(仮名)の授業をしていて、彼女が
「これ、もう要らなくなったので・・」と言って指輪を見せてくれました。

聞くと
「一番最初の給料で買ったものですが、その時の会社も辞めましたし、付き合っていた彼との思い出を思い出すのも嫌ですし・・・もうデザインも古いし、ずっと使っていないので」ということでこちらで受け取ることにしました。

そして・・・彼女の次のお客様が来られました。
澄子さん(仮名)さんとセッション。

彼女の相談は
「彼と別れたい」というお話しと、
「転職してもなかなかよい会社に恵まれなくて・・今はずっと派遣でいますが、この先は正社員で働きたいので・・・
この先のことを相談したいと思っています」ということでした。

彼女を霊視していて・・・
さっき奈津子さんからもらった指輪が浮かんできました。

そして
「よかったら・・・この指輪してみない?」ということで、彼女に渡すと

「サイズが合わないです・・」というので、それでまた霊視すると・・・

「あ、それ、指じゃなくて・・・ネックレスにするといいみたい」と彼女に伝えました。

すると・・
「あ・・それで・・・」といい、バッグの中から箱を出してきて

「今日、ここに来る前にチェーンだけ買ってきたんです。ペンダントトップだけ取り換えるタイプを探していて・・・ずっと欲しかったのですが、今日素敵なのを見つけて・・」といい、一本の18金のネックレスを見せてくれました。


そして・・そのネックレスを最初にしてもらって・・・

「それで・・それのチェーンをはずして・・・今度はこの指輪を通してみて」と言うと澄子さんは、その指輪をチェーンに通して、また首にしてくれました。
すると
「なんか・・変な言い方ですけれど・・・重さがしっくりします」と言いました。


「多分・・これで彼氏と別れられるし、転職もできると思うわよ。ただ・・この指輪の注意事項があるから・・・それをメモしてね」といい、お話ししました。

そのあと、笙先生から転職のタイミング、そして彼氏の対応方法などメモをしてもらいました。

「絶対約束は守ってね。でないと・・ちょっとしつこい彼だと思うから」と話すと

「わかりました。必ず連絡を入れます」と約束してくれました。



そのあと時々のメールを入れてもらって・・・


2か月後・・彼から完全にメールが来なくなりました。


そして運気が変わる3か月後・・・

不思議なことが起きました。


会社のロッカーで着替えをしているとき、ちょっとした拍子でネックレスが服にひっかかり身動きが取れなくなりました。

このまま無理をしたら・・・服がほつれる・・

彼女は焦ったそうです。

そしてあたふたしていると・・・

ロッカー室に尊敬している先輩の女性が入ってきました。

そしてその先輩は彼女を見て、
「とるのを手伝うわ」ということで、ゆっくり外してくれて、服にあとが残らないように取ってくれたそうです。


先輩は
「もしよかったら・・・この後一緒に食事しない?」ということになり、初めて2人で食事に行きました。


そしてそこで先輩が今月いっぱいで仕事を辞めること。
新しい職場が決まっていて、そこは知っている人が数人いることなど教えてくれました。


うらやましい話だな・・と思って聞いていると・・
「もしよかったら・・私がやめて、一か月後にこっちに来ない?」と。


先輩には仕事を評価してもらっていました。
もちろん先輩のいく会社の内容も彼女の願っている職場そのままだったので、即、返事をしたそうです。

(いい話があったら即乗っていいよ、と笙先生からの指導があったので)







「仕事の内容も元々したかったものですし、尊敬する先輩はいるし、通勤はたった20分になります。
給料も先輩が聞いてくれて・・問題なしでした。

来週型どおりの面接に行くことになりましたが、先輩の評価が高かったせいで、内定を先にもらっています。

全部思いのままに進んでとっても嬉しいです」と大変素敵な笑顔になっていました。



そしてあのネックレスをふるらんに渡してくれたので、

「もう私はほしいものを手に入れましたから、これを誰かに使ってあげてください」と言われたので

「チェーンはあなたのものだから・・・返すわ」と話すと彼女は

「いえいえ、私はこのチェーンと指輪のおかげで仕事が手に入ったのです。

このまま持っているよりも、ほかの人の為に使ってください。
もし、使えないなら・・先生がいつもされていることに使ってください。
私はこれをもうおしんでいないので」というので、

「それじゃ・・・そうさせていただきますね」とお話しして、チェーンと指輪をいただきました。




笙先生とふるらんと二人で霊視して・・・

「指輪は・・・もう使えないね」と笙先生。

「そうだね〜それじゃ・・いつもの通りに処分ね」ということで決まり。

「それと・・・チェーンは・・・」と笙先生が霊視して・・・ふるらんも一緒に霊視して・・・

「〜〜の時、使えるね」と二人でニンマリ。



今、ふるらん家にあります。


・・・ということで〜〜の時にはきっと
「持っていけぇ〜〜〜」と聞こえてくるか、持っていく風景が入ってくるか・・・

それか・・・
「なんとなくしていく」ことになると思います。





モノには・・いろんなオーラがあります。
そしてオーラ意外にメッセージや、もっと深いものがある場合があります。

たとえ新品でも。


・・・ということで、ものを買うときはちゃんと慎重にね。


ふるらんも・・・しっかり見ています(苦笑)。

 

恋愛教室〜スピリチュアルな運命の出会い




昨日のお客さんから聞いたお話しもそうですが・・・

旅行の時についでに占い師さんに
「結婚は?」の質問をして・・
「無理ですね、一生できません」というお話しを聞かされて・・愕然・・・

そのあと、ある場所で、同じ会社で働いていた男性と偶然あって・・・
それからわずか数か月で結婚・・という話がある。


旅行からわずか・・3か月で彼と偶然の出会いがあったということ。




ふるらんのところにも
「ほかの先生のところで結婚は無理と言われました」と落ち込んでこられる女性が増えてきています。

確かに・・・そのままでは無理とは言わないけれど苦戦すると思う・・という部分があります。

だって・・・ご先祖様にも何もせず、服装もお化粧も・・・何もなし。

「このままの私」が通用しなくて・・・結婚できなかったことに気が付いてほしい。

「このままの私」は私の中では通用するけれど、女性も同じで、

「このままの俺」でデートに来られたら
「それって・・・私のデートってこの程度なの?」と思ってしまう・・・

相手に緊張感をもっていることは正しい。
だって嫌われたくないから・・どうしたらかっこよく見せられるか・・・と考えることが本心からの声だと思っている。

動物でさえ、大きく見せたり、綺麗に見せたり、綺麗に鳴いたり・・・
何としてでもこっちを向いて・・と行動しているのだから。



若くてかわいい子には絶対にかなわない・・
それは男性の本能がそうさせているし、それに反応しなければ男性的な部分が草食であるということ。

「優しくていい人なのですが・・・まったく○がありません・・・子供ができないかも・・・」と相談されに来られる女性も多いのです。



結婚して・・・子供が欲しいと心から思うのなら、その計画を立てなければならない。

出会って・・から・・なんて遅い、遅い・・

出会う前から決まっている。

出会ったときに普段の気の抜けた感じでいて、そのあとにどんなにきれいにしても、その時はその前に出会ったきれいなかわいい子に彼を取られている。

出会う前からの勝負なのだから。


出会って・・・1秒・・・で恋に落ちる。
正確に言えば・・・一秒で彼を落とさないと。

後からの変更は・・・男は難しい。

あ、そうそう、女の子は「考え直す」から結婚式の互いのプロフィールの女性の部分に
「あまりなんとも思わなかった」とか「まさかこの人を好きになるとは」と書いてあるのが多い。

はい、女性は・・あとから考え直す。

男性は・・・難しい・・・




普段、普通に会っていて・・・
突然違う場所で会った時にギャップを与えたら・・彼はあなたに夢中になる。


でもそれにはあなたのいろいろな部分を直さないと・・・となる。



「ロンドンハーツ」を見るたびに

男性の目線がいかに女性と違うか・・ということを思い知らされる。

もちろん・・・その人の生い立ちや精神状態、家庭の環境もあるだろうが。





スピリチュアルな部分にももちろん刺激や変更を与えなければならない。

何もなく・・・突然明日から変わるわけではない。

現実を変化させ、そして見えない部分を変化させることが道の幅が変わるからだ。








ある女性にこんなことを頼んでみた。

「○月までに〜〜をしてくれる?それが約束、当然、毎日〜〜〜をしてほしいの」というと、

「はい、わかりました」と了解してくれました。


彼女は・・確かに普通の女性。
でも、ちょっと変えたら・・・運命が来るかも、と思いました。

今の彼女では・・・やはり難しいと思って。


そして毎月恋愛教室に来てもらい、彼女の変化を確認させてもらいました。


男性目線も当然その都度伝えました。(笙先生もいるし)



数回教室を受けてもらいながら笙先生から
「もう少しこうした方が男性にもてる」という話をしているのをふるらんが霊視していて・・・

スピリチュアルな部分を治すようにしていきました。


1年をすぎ・・数名の男性とお付き合いがありましたが、どれも結婚には結びつきませんでした。


でもめげずに結婚という一つの目標を手に入れるために頑張ってきてくれました。



彼女には
「○○才、○○才を重点的に狙うこと」と話していました。



あるとき、
「資格を取りたいので学校に通っていいでしょうか?」と聞かれたので、内容を聞くと

「夢の中でその仕事をしているのを見たし、前から興味がありましたと話すので、

「それは取ったほうがいいですね」と笙先生から回答がありました。

彼女は来年に向けて資格試験の勉強をすることにしました。

電車を待つ間の数分でも、買い物のレジを待つ間でも常に勉強をしていました。



あるとき、地下鉄の椅子で少しの間でも勉強をしようと思って座ろうとすると、その椅子に30代の男性が座っていました。

「お隣、いいですか?」と彼女が聞くと、彼は笑顔で
「いいですよ」といい、彼女は座って本を出しました。

ふと見ると・・・男性も同じ試験の勉強をしているので聞くと
「今年試験を受けようと思って」と教えてくれました。

自分は来年受けようと思っていることを話すと
「お互いに頑張りましょうね」ということになりました。

感じの良い人だな・・・と思った彼女は地下鉄に乗る時に彼をなんとなく探すようになったそうです。


一週間ほどして、同じ椅子にあの男性が座っていました。

「また偶然でよかった」と彼女が言うと

「いえ・・実はずっと待っていたんです」と彼は言ったそうです。



実は・・時々彼女が立って勉強しているのを見ていて・・・
素敵な人だな・・と思っていたらしく・・・
(前は全く気が付いていなかったみたいですね。苦笑)

それで・・・いつか自分のこの席のとなりに来ないかな・・と思っていたそうで・・・

彼女も自分が彼を探していたことを告げました。




「先生、相性を見てほしいのですが・・・」と聞かれたので、笙先生回答。

「雄〜素晴らしいね。ベストだと思うよ。ただ、焦らないで相手を見ておこうか。前世がいくら良くても、今世で大変だったら困るしね」と慎重に進めることを話しました。

「あのね。背格好が・・・〜〜な人で、話し方が〜〜〜で・・」と話すと

「なんでわかるんですか?」と聞くので

「あなたのことがそうとうに好きみたいだし、ずっとそばにいるしね・・・」とニンマリ。

そして続けて

「お互いにつながっていたら・・・ちゃんと見つけられるんだろうしね。それとやっと綺麗に、本来のあなたになったから男性も見つけやすいし・・」というと、

「そうですね。何年もあの地下鉄に乗っているのに・・お互いにまったく気が付かないなんて・・・運命って自分で変化させないとつかむことさえできないんですね」と彼女が言いました。




確かに・・・ふるらんたちのところに来たときは・・・普通〜〜〜〜の女子。

でもいろいろいじらせてもらって・・・
むっちゃ光始めていい感じ。


デートが進むたびに確認作業。

恋愛教室で出した宿題をこなしていただきます。



そして彼の会社も彼の考え方もばっちり。

それから・・・彼の写真も手に入り・・・笙先生とふるらんとで霊視して・・・

「いいじゃない、結婚したら?」と回答。



ふるらんは
「赤ちゃん、できてもいいよ」と付け足し。

彼女は照れていました。


あ、ちなみにふるらんたちがゴーサインを出すまで○は禁止です。



・・と
「彼と結婚するなら・・家を買うのは禁止。たぶん・・・転勤とか土地が変わることが見えているから」と言うと、

「大丈夫です。先生たちのブログを見ていたら家を買って借金なんて絶対しません」と言いました。





来月あたり両家にご挨拶。
来年の春あたり・・・は・・・そうね、結婚式しましょうか?

あ、その前に妊娠してもいいよ〜

だって・・彼、前世も彼女の彼。

同じ大学に通い、そして学生結婚。
彼女が病気で亡くなり・・・・って・・・彼、健康に対して結構発言するでしょう?


だから・・・許してあげてね。

そして・・
今は医学が発達しているからそう簡単にあの世に行かないことを彼に伝えてね〜〜


 

大阪ダブル霊視〜スピリチュアルな肩の痛み

「ここ数か月首の痛みが取れなくて、病院に行ってもまったく治らず、整骨院に行きましたが・・」とお客様。

笙先生とふるらんが彼女を見て、そして二人の会話・・・

「あれ・・だよね?」。

同じ意見だったので、彼女に

「今つけているネックレスを外したら治りますよ」と言うと

「え?」と驚くので

「それ・・・少し年上っぽい女性からもらったといおうか・・・買ったと言おうか・・・」と話すと

「あるスピリチュアルの先生から買いました」というので

「そうなのね・・・」とそれ以上は言いませんでした。

少しして・・
「外したら・・オーラが悪くなると言われているのでずっとつけっぱなしで・・・先生に首の痛みのことを話すと、オーラができていないから痛いのよ、と言われているのです」という彼女にふるらんたちは

「ごめんね・・・こちらからはもう何も言えないわ・・・」と言いました。


だって・・・原因は・・・その人が常に彼女が逃げないように引っ張っているんです・・・

それで確認されているから。
お客さんを離したくないんでしょう・・・


それに彼女、その女性に傾倒しているのでなんとも言いようがなくて・・・

「ごめんね・・これ以上は・・」といい、ほかの質問を受けることにしました。


ほか、彼女の家族のこと、
彼のこと・・・


「でもこうやって話しているだけで・・首が痛いのです」というので

「申し訳ないけれど・・私たちはそれ以上その話の先は無理・・」と言いました。


こっちが彼女を引き離せば・・彼女の首がもっと痛むのです。

最良は彼女自身がそれを外すこと・・・

・・・って外さないよね・・そんなこと言われているので。


オーラ・・・スピリチュアル・・パワー・・・

でもその前に・・まず体だと思う。



いろんな相談を受けるのですが、ものすごい病名を
「スピリチュアルで治したいのですが」と言われたり、ほかの先生の実力をお聞きになられたりする方もいます。


ふるらんは・・もちろん笙先生も
「まず、現実ありき」です。


今まで使わせていただいた体が病気になる・・・
それは当たり前です。

いろんな形で病気やけがをします。

そのメンテナンスを自分が逃げてどうするんですか?


体に
「ごめんね・・・使いすぎて・・
それでね、一緒に治療しようと思うの。私、痛いのも我慢するから・・一緒に頑張っていかない?」と体に相談します。




オーラも・・ある程度まではいろんなグッズやスピリチュアルで治るかもしれませんが・・
でもそうすることによってより複雑になってしまう場合もあります。


関節が抜けて、素人治療をしたばっかりに大変なことになるのと一緒です。





「その先生のことはノーコメントだけれど・・・いずれ何かが起きるときが来たらもう一度自分自身と会話してね」と彼女に話しました。


その彼女の背中を見ながら
「もっとオーラのことにすごく詳しい先生に出会えますように・・」と祈っていたふるらんでした。


2か月をすぎ、彼女から再度の申し込みがあり、セッションをしました。
















首の痛みがますますひどくなり、そしてネックレスを買った先生に相談したところ、

「こっちのネックレスを買いなさい」と言われ、その値段を聞くと・・・○○万円。


「え〜それって・・・もしかして、先に買ったのは・・いくらだったの?」と聞くと

「○万円です・・・」と彼女がポツリ。



さすがに彼女も払えない金額だったのですが

「オーラが良くなるんだから・・買ったほうがいいわよ」と。



それで疑問が増大し、友達に話すと、注意され・・・

そして友達の関係で数人を介し、オーラが見える人を紹介してもらい・・・

最初に言われたのが
「そのネックレス・・外したほうがいいわよ」。


実は同じことをある先生(笙&ふるらん)に言われたことを話すと、

「私もその先生たちと同じ意見。だって・・あなたのその首の部分からエネルギー漏れているみたいな・・壊れかけているコップのヒビみたいになってるもの」と言いました。




そして続けてその人は
「私はオーラしかわからないけれど、もう一度、その先生たちに会ってみたら?きっともっと先の話をしてくれるんじゃないのかな?だって・・・オーラって〜〜〜で〜〜〜だから」と言ったそうです。




「その人、一緒に話していたら、温かいを超えて、熱い人ね」とふるらんが言うと

「わかりますか?私もそう思いました」と彼女が言うので

「ええ、あなたの口から出てくる声を通して、その人のエネルギーを感じますし、そしてオーラも安定している人。
でも・・人には指導もなにもしない役目の人みたいだから・・きっとスピリチュアルな仕事をする人じゃないのね」と話すと

「ええ、そうです。普通に働いていますし、普通の人の生活を送っています、と聞きました。
どうしてなのでしょうか?」と聞かれたのでふるらんは

「オーラってね、〜〜〜〜〜なのよ。
それに〜〜〜と〜〜〜があるの。

きっと彼女は自分自身をよく知っている人だから・・そつがないのでしょうね・・・」と言いました。



ネックレスは首から外して、封筒に入れて持ってきてくれました。

「これはこっちで処分してあげるからね」と笙先生が受け取り・・・そして、空いた首に向かって霊視していると

「治るまで少し時間がかかるけれど・・・でもたぶん・・・○○好き?」と聞くと

「ええ、大好きです」というので

「このネックレスをする前にはかなり行っていたでしょう?」と言うと

「はい、そうです。ネックレスが痛むから行かないようにしていて・・・あ!」と気が付きました。


スピリチュアルにのめりこむあまりいつもの自分のことを辞めてしまっていたのです。


だから・・ますます首がこる・・・



・・・と、ネックレスってね・・愛する人からもらったものをした方がいいですよ。
ず〜〜っと一緒に居られるし、母親とか祖母さんのものはまさに最高のパワーでのお守りです。




外したものをこちらで処分を。
それと彼女にはあることをしてもらうことにしました。


それが終わったら・・きっと少しずつ良くなると思います、という説明をつけて。




笙先生と帰宅して、家に帰ってきてからそのネックレスをお祓いしようとして、出したら、笙先生が
「あれ?」と言うので、見てみると・・・


切れていました。

あららら・・・・
これって・・・面白い・・・



彼女には
「もしかして・・話をした予定日より早く首が良くなると思いますよ」とメールをしました。






彼女と会ったオーラが見える女性がふるらんにメールをくれました。


「ホームページを読ませていただきまして、一度お会いしたいと思いまして・・」という内容でした。


そして彼女と会うと・・
あら〜なんて素敵、と思いました。
だって・・・とってもパワー系のオーラ。

「自分がスピリチュアルの仕事を前世でしていて・・それでもう今世は普通でいたいと思っています」というお話しでした。

「ふるらんも・・前世でたくさんの人を引っ張っていたから・・今世は少人数にしているわよ」と笑いながら言うと、

「こうやって話していると・・ほかの先生とはタイプが違うんですね。オーラの色も違うし・・」というので

「そうね、いろんな先生から、あなたは違う、とよく言われたわ〜」と言うと、彼女は笑いながら

「そうでしょうね、もともと人間対応じゃないし、○○はその次だし・・・本来は○○対応ですよね〜だってほら・・・〜〜〜が〜〜しているから」と言いました。



自分の道を決めるのは自分・・・
選択権は自分にあります。


人が言ったことをちゃんと分析し、自分にとって磨かれるものであればそれに進んでください。

言われるがままに動いているのなら・・それはあなたの苦痛になります。



首が痛い、ならまだ軽い方です。

ふるらんは昔、首が曲がったままのお客さんとセッションをしたことがあります。

強烈な○○で、ふるらんにはどうしようもない状態でしたが、頭に浮かんできたことを彼女に伝え、そして実行してもらいました。


少し良くなってはお医者さんのところへ行くようにも進めていましたので、お医者さんから
「どうやってなおしたの?」と聞かれたそうですが、ふるらんは彼女に「お医者さんには言わないでね」と約束してもらっていました。


ふるらんの実力で治したわけではありません。

ふるらんにいろんなことを教えてくれる見えない世界の方たちのおかげです。



笙先生はこういいます。
「女の子って・・どうしてこれを買うのかわからない」と言います。

でしょう?
そうなのよ、女の子だから買うのよ。
パワーグッズ。
そして・・神秘のエネルギーのものを。

だって・・女の子はいつも神秘が好き。

だって・・だって・・・お腹に赤ちゃんが育つから・・・ね〜



でも・・ちゃんと信じてね。
人間、本気で本気を正しくタイミングよく出したら・・・ちょっとしたものぐらい、吹っ飛ばせるのよ。

悪い男も、悪い縁も、悪い運も、悪い霊も・・・





 
CMSならドリーマASP