今年もありがとうございました。

たくさんのお客様、生徒さん、そしてブログを読んでいただいておられる方々、本当にありがとうございます。


今年もたくさんの出会いをありがとうございました。



このブログが少しでもみなさんのお役に立てたら・・嬉しいです。





来年のスピリチュアルの目標は・・・

宗教学のお勉強を再開 〜 読まなきゃならない本はすでに言われている。

体力をつけることを言われている 〜 なぜなら○○ところを〜〜〜してくるから。

チャネリングの精度をあげるように言われているので 〜 普通に普段見ているものを〜〜で〜〜してみなさい、と言われている。


すべて完了し、次の年を迎えられるようにしていきたいと思っています。


あ、そうそう。
この世界では2月の節分からが本当の「来年」。


・・・ということで運勢は節分から変わりますので、来年のことをお話ししたお客様や生徒さん、もう少し今年がありますのでよろしくお願いいたします。




では、みなさん、よいお年をお迎えください。



                         笙 &  ふるらん

 

今年最後のスピリチュアル〜指輪の不思議

石やアクセサリー、その他指輪など値段によってスピリチュアルな能力があると言えるかどうか・・というのは疑問です。

何万円の腕輪を買って
「これが効くのです」と言うので、ふるらんが

「もしかして・・こんなお守り持っていない?」とあるカタチを指で教えていると

「ありますよ。でもあれ何にも効かないので」というので、

「粗末にしているから効かないと思うし。それにその腕輪・・作っている人って・・〜〜で〜〜な人でしょう?」と言うと、

「はい、でも能力があるって聞いたので」というので、

「人の能力よりも・・ふるらんは神様のお守りの方がすごいと思っているんだけれど・・・」と残念な話をすることが多いのです。



神様を超える人が・・いるのかな?と思います。


・・・とにかく、効けば・・それでいいとも思っている部分も多々あるのがふるらんです。


作った人のいろいろが宿るのがスピリチュアルなモノ・・・

最初はいいけれど、あとから大変な目にあり、その相談に来たときは重傷になっているのも事実・・・





年末にはいろいろなグッズを持ってこられる方が増えます。

はい、御掃除とともにいろんなものが発見されるからです。


もちろんお守りもでてきますので
(出てくる・・という表現が普段粗末にしていることなのですが)


ふるらんは柔らかい布の袋に入れて、それを毎日持ち歩いています。


忘れたときは・・・とっても注意深くして歩きます。


そしてできるだけ早く家に戻ります。




数日前のお話しです。

チャネリングのお客様が来られました。

やはりあるお店で作られている腕輪のパワーを聞いてこられました。


それもそれなりだけど・・・
正直・・・違うし、それにこれを作った人って・・・なんだろう・・・お金だけの人???と思いました。



アクセサリー全てを持ってきていました。


ふるらんは
「パワーと言ったら・・これ」といい、一つの指輪を指差しました。

彼女は
「これは友達からの海外旅行のおみあげです」というので

「これ、最高よ〜光り輝いているし、友達もとっても素敵な人だし・・お金稼いでいるでしょう?」と聞くと、

「彼女はいつも前向きで転職もいいところばかりに決まります」というので

「それが悔しくて・・これ、しないんだ・・」というと、彼女はうなづきました。


嫉妬って・・幸せの最大の邪魔ね・・・

「これをしていたら・・ますます彼女に負けているような気がして」というので

「え〜負けるとかじゃなくて、パワーもらうだけよ。あなたが一番望んでいることだけど」と話すと、

「なんか認めてしまっているようで・・嫌なんです」と言いました。



それじゃ・・前に進まない。


「腕輪で・・だめなんでしょうか?」と言うので

「今のままでいいなら・・ただ、この作った人と同じ運命をたどると思う」と話すと

「スピリチュアル能力が出るってことですか?」と期待した聞き方をするので、

「もともとないでしょう?ただのお金のことだけ。回りが上手だから・・カリスマ化しているように見せているけれど。
それに・・・」と言ってあることを彼女の前でしてあげると、彼女は驚き、

「こんな風に・・まったく違うんですね・・・」と驚いていました。



パワーがあるかないか・・・
自分で判断できればとっても楽ちん。

でもこの方法の一番のネックは
「自分の思いこみ」で回答を間違えること。


ふるらんの性格だからどんな回答が出ても受け入れるので、正直利益追求ではないし。


「お似合いですね〜」のCMには絶対ならない。



「その指輪を〜〜〜して、〜〜〜してみて。数日後には回答が出ると思う」と話をしました。



正直・・・彼女とその友達の関係で・・・嫉妬があるかぎりあの指輪は使いこなせないし、反発が悪い方に回答をわざと引き出す。
「やっぱりこの指輪、私に不幸を与えます」といい、しなくていい回答にしたいと思う。


でも・・あることを彼女にしてもらって・・それがちゃんと完了したら・・反発すればするほど・・・好転せざるを得ないようになる・・と思いました。




セッションをして・・3日後、彼女からの連絡。

「あの指輪をしてから、転んだり、物を落としたり・・嫌な思いをしました。
でもそのたびに人の親切に出会うのです。
買い物を忘れたときには、ほら、忘れたと思い嫌な気分になりましたが、遠くからお店の人が後ろから走ってきてくれました。

次の日には道で段差でつまづいて・・やっぱりこの指輪は嫌だと思ったら・・そばに小学生の子供たちが来てくれて、おばちゃん大丈夫?と手を貸してくれました。
その手を見ているとなんてかわいいんだろう・・と思いました。

落とした荷物も拾ってくれました。
そしてみんなにありがとうと言ってその場を離れてから涙があふれてきました。


私は友達がうらやましかったから、この指輪をすることによって嫌なことが起きると自分に言い聞かせ、友達を悪者にしたかったのです。
そして、ほら、起こった、と回りの人にも言いたかったのです。

でも人の親切に触れ、そして子供までに親切にしてもらって、自分の心が悪いことを選ぶことに気が付きました。


子供たちが私の服に着いた泥を手でほろってくれた時に、何か心の中に起きた気がしました。


この指輪を大切にします。
人の親切を受け入れ、そして人を心から祝福することをしていきたいと思います。

気づかせていただいてありがとうございました」


と、メールが来ていました。




不幸を呪っている場合じゃない。
これだけで済んだ・・と思えばそれでもっと幸せになれる。

人の幸せを祝福すれば自分にも帰ってくるし、倍層することは間違いない。


「なぜ、あの人だけ?」

「なぜ、自分には幸せはないの?」

・・・そんなことを言っている場合ではないし、そんなことを考えている時間などない。



今年もあと数時間で終了・・

あなたはあと何年無事に生きられる??





ありがたい・・・と思う気持ちはあなたを幸せにする最高のパワーだということを決して忘れないでね。

 

金運教室の生徒さんから〜嬉しいメールをいただきました。

一年頑張ってきて、それでこんなに素敵なメールをいただいて・・・むっちゃ励みになります。





今月もありがとうございました。

先生方には来年の運気まで教えていただき、感謝でいっぱいです。

アドバイス頂いたことをしっかり守って未来に着実に繋がるよう2015年もしっかりと歩んでいきたいです。

 

 

2014年の1月末から教えていただき、今月の授業で10回目でした。

お金やFXのことだけではなく、たくさんの大切なことを教わり様々なことが少しづつ変化してきました。

 

特にお金の使い方はまだまだ甘いところがありますが、変わってきました。

 

目的や費用対効果をじっくり考え、買うようになり

家計簿の残額を意識して買い物するようになりました。

無駄に出歩くこと、服や雑貨をちょこちょこ買うこと、外食や、お惣菜を買うことも減りました。

特に食事は、ちょっと頑張れば、この何分の一で済む!と、買って済ませることは少なくなりました。

健康にもいいですし♪

 

お金(財産)は増やすには、守ることがきちんとできてからのことなんだと、

今までの自分を振り返ってとても反省しました。

これまでは節約している「つもり」でした。

自分では、周りと比べて贅沢してないし、そんな無駄遣いはしてないはずだと思い込んでいましたが、

全然違いました。

これまで根本的なところを分かっておらず、ポイントがずれていたのだと気づきました。

 

 

他にも、先生方に教えていただいて変わった点は。。。

 

・新聞やニュースをよく見、考えるようになりました。

 

この出来事で何が影響をうけ(誰が儲かるようになる)るんだろう、

自分にはどう影響するんだろう、と考え読むようになりました。

物事を知り、考えることの大切さに気づきました。

もっと普段の生活にそんな会話があったらよかったなぁと思い、家族、特に息子と意識的にそんな話もするようになりました。

先日、息子がニュースを見るのが好きだと何気なく言った一言がすごく嬉しかったです。

 

 

 

・アクセサリーを作るときは自分自身がいい心身状態で作るようになりました。

 

石の浄化についてお聞きしたときに、先生のお話から、石自体というより、

作り手(扱った人)の状態が反映されるから、

自分自身が楽しい気持ちで作れるよう心身の自己管理が大切なんだと思いました。

それからは、心身ともいい状態でいられるよう気をつけています。

代金を支払って買っていただくのに、私の不調をまとった作品など申し訳なさすぎるので、

よくない状態のときはなるべく作らないようにしています。

でも何かを販売するということに限らず、

日常生活でいつでも自分がいい状態でいることが大切なことなんだと先生方とのお話で思いました。

 

 

 

・供養について知ることができ安心しました

 

ずっと気にかかってた○産だった○のことや供養のこともお聞きできてすっきりしました。

先生にアドバイス頂いた通り、・・・・(中略)・・・・を実家へ送り

仏壇へお供えしてもらえるよう頼みました。両親も喜んで供えてくれました。

今月は主人の実家へ帰省しますので、ご先祖様(お仏壇)へのプレゼントを持参します。

お墓参りで平穏無事であることの感謝のご報告をして参ります。

今回、長めに帰省しますので、・・・(中略)・・・・思っています。

 

 

 

・○○○○をちゃんと活用しはじめたら不思議なぐらい注文が入りました

 

ふるらん先生からアドバイスいただいた○○○で、〜〜〜〜で〜〜〜〜〜をして写真を撮った数時間後、

偶然、その○○○○を買ってくださったお客様が○○○で紹介くださったので、

タイミングを逃すのはもったいないと、すぐに自分のブログに写真をUPしたところ、

そのお客様がUPしたばかりのそのブログ記事もまたご紹介くださり、そのつながりで注文が入りました。

 

○○○も活用方法を見いだせずにいましたが、

そのことでひらめき、・・・・(中略)・・・・をするようにしたところ、

そこからもまた注文が入るようになりました。

 

 

 

・10年間我慢していた人間関係が変化しました

 

実は最初のダブルセッションのときに悩み事の1つとしてあった、○○○のママ友との関係が変わりました。

去年から今年前半にかけて、ごちゃごちゃした出来事が続き、その出来事を通して、

その人との考え方、やり方がよりくっきりとわかり、共感できず、嫌になり離れました。

離れた後もなぜかモヤモヤと気持ちが晴れなかったのですが、

最近気づくことがあり、今は嘘のように気持ちが晴れて、ラッキーな出来事だったと思っています。

 

結局そもそもの自分の付き合い方に問題がありました。

ちゃんと自分の考えや気持ちを伝えていたら10年も我慢することなかったのでした。

そうすれば、価値観の違う人たちと付き合うこともなかったのでした。

先生のブログの「自分に起こる出来事は自分の垢のようなものだ」という言葉がわかる気がいたしました。

 

そう思い至ったら、これまで、そんな価値観の合わない人を気にしていた自分にも気づき、

愚かだったなぁ、これまでもったいないことをしたと思っています。

今は周りにいてくれた気が合う人に気づいたり、尊敬できる友達が増え、

大切に付き合っていきたいと思っています。

 

 

偶然なのか、この直後から不思議なほどアクセサリーの注文が立て続けに入り、

勝手な思い込みかもしれませんが、

1年以上もてあましていたモヤモヤをよく消化したね、と、褒めてもらったような気持ちになりました。

 

 

 

何かに迷ったりしたときは、

尊敬している方、自分が憧れる方ならどうされるか考えるようにしようと思っています。

頑固で独りよがりになりやすい私にとって、

先生方にお話を伺い、お教えいただけることは本当に大切なことです。

お二人がお元気でラピスハートを続けてくださることに心から感謝しております。

どうぞ、これからいつまでもお元気でいらしてくださいね。

 

わたしももうすぐ○○才になりますが、「まだ○○才」の気持ちで自分の土壌を耕し、

まず自分の基盤をしっかりさせ、いつか人のお役に立てるような自分になりたいです。

また来年からもどうぞご指導のほど、よろしくお願いいたします。

長々となりましたが、読んでいただきありがとうございました。

 

どうぞよいお年をお迎えください。




ありがたい言葉ですね。

ますます仕事を頑張れます。


これからもたくさんの人が幸せになれるように頑張っていきたいと思います。




 

東京スピリチュアルセッション〜首の痛みとクリスマスの関係。

「首相当痛そうね」とふるらんが言うと、首を少し動かしながら

「ここまでしか動かせないのですが」といい、見せてくれました。

う・・んさすがに動きが悪いみたいで・・・

病院で見てもらっても問題なし。

・・・と思う。

体の痛みのある人は対応がきちんとしていかないと後から響くから・・・


でも動きは悪いけれど・・・そんなに深くはない。



聞いていると・・どうやら家族との確執があるらしく・・

「お母さん、どうしてもあなたのお金を借りたいのかな?」と話すと、

「私の名前でローンを通して家を建て替えたいとか言っています」と言うので

「それって・・ひどいね」と言うと、

「そういう母です」と言いながら、もうとっくの前に心理的なことは割り切り、清算しています状態になっていました。


本当は・・仲良く、楽しくお母さんとの関係を作りたいのでしょうけれど・・・この母親は問題あり。


「切ったほうがいいですね・・・首を曲げてきているのはこの人だから」というと、

「やっぱりね」と言いました。


それで、彼女を霊視していると・・・

「引越しと・・・結婚と出ていますよ」と言うと、

「結婚といっても相手がいません」と言うので

「先に引っ越し、それから結婚って感じです」と言うと、笙先生も

「この場所がね、お母さんからすると首をつかみやすいから・・引っ越したほうがこの先楽です。引越しをしたら結婚もくっついてくると思いますし」と言いました。



特にひどくなるのはクリスマスに向けてらしく、
「これからどんどん痛くなるのが毎年の通例です」と言うので、霊視しているとお母さんがクリスマスのプレゼントを要求しているがごとくな行動が見える・・・


「家って巨額なのに・・それに嫁入り前の女性にローンなんて・・そんな荷物を持たせて幸せが遠のくのに」と話すと、

「それが解からない母です」と彼女は小さな声で言いました。




引越しのタイミングを話し、そして彼女から転職の相談も受け・・・
肩の痛みを楽になる方法をお話しをして・・・


とにかく一番にある場所へ行くようにしました。

お母さんが一番苦手な人がいる場所です。

「そこで応援をしてもらえるように・・ね?」と。



セッションの後に彼女からメールが来ました。

セッション後にすぐある場所へ行ってくれたそうです。

すると・・す〜〜っと肩が楽になって来たそうです。


そしてよく考えると・・笙先生が引っ越してよい方向がその場所だったのでした。


「通勤が少し遠くなるぐらいですが、そこへ引越しをしていいですか?」と連絡が来たので

「いいですよ。全体的な引越しはまだもう少し後ですが、先に体だけ行ってもいいです。それとセッションで話したように来年必ず転職をしてくださいね。結婚がかかっていますから」と回答。


はい、ずっと一人でいると確実にお母さんに首を曲げられるので。



そして昨日連絡が来ました。

だいたいの荷物は持ってマンションを出たそうです。
そして・・・お母さんの一番苦手なおばあちゃんのお家に身を寄せました。

おばあちゃんも孫と暮らせて嬉しかったそうで、
「孫と一緒に暮らせると思ったら、クリスマスプレゼントが来たみたいで嬉しい」と言っていたそうです。


彼女のセッションをしてわずか3日間の話。


肩は楽になり、そして回せるようになったそうです。




将来的にはもしおばあちゃんに何かあったら・・の準備はおばあちゃんは考えてくれているそうです。
そして一緒に暮らそうと決まった時に、おばあちゃんが
「これ、あげる」とネックレスをくれたそうです。

その写真を送ってもらいました。


笙先生とふるらんが見て、速攻彼女に返信メールをしました。

「最強のパワーネックレスね」と。



彼女とおばあちゃんにとって最高のクリスマスになりますように・・・・・

 

東京スピリチュアルセッション〜今年最後までありがとうございました。

今年最後の東京セッションに来ていただきましてありがとうございました。


たくさんのお客様や生徒さんの元気なお顔見れて、そして年末のご挨拶をさせていただきまして嬉しかったです。



12月、1月のご予約のお客様には来年の運勢(2月の節分から〜)のお話しがあります。

そしてその時に二人で霊視したものをお伝えしていますので結果を聞かれて来年の予定を立てられる方がほとんどです。


家のこと、引越し、家族・・・

一生考えていなかければならない事項です。


ぜひ、参考にしてください。




ふるらんと笙先生は数日間のお休みをいただいております。

エネルギーをチャージして、あと少し・・・30日までのお仕事をこなしていきたいと思っています。


あ・・そうそう。

今日はクリスマスイブです。

大好きな人にきちんと“心からの感謝”を伝えましょうね。


きっとそれを聞いている神様がお喜びになられると思います・・・・・

 

2015年金運磨き

金運があるのに・・・ない、と思い込んでいる人の多いこと・・・

親が・・
親戚が・・・
自分の貯金が・・・

そんな金運なんてないですよ・・・


諦めるのはまだ早いですよ。

今までなくてもこれから扉が開く人がいるということを知ってください。



ある女性が金運教室のご依頼でお問い合わせをされました。

「金運も知りたいですが、金運があれば磨きたいです。お金に困るのはもう疲れました」と言いました。

両親の借金でずっと育ってきたのです。

「いつも自分のお年玉やお小遣いまで使われました。

もう二度と親に関わりたくないですし、それに親がお金がないからと言って自分も・・と信じたくないので必死に貯金してきました」と彼女は言いました。


今世の問題を来世に持っていきたくなければ今世でカタをつけるべきです。

お金の癖を直そうと真剣に思っている人のお手伝いはさせていたきますが、

「今のままでお金持ちになりたいです(今のままお金を使いたいし、もっと使ったら楽しいから)」という人にはお手伝いは遠慮させていただきたいと思っています。




彼女を霊視していると将来はお金の余裕ができ、老後は安泰の生活をしているように見えました。

「ただし・・・今から変えるのであれば・・ですが」とお話しすると

「変えて今世中に幸せになり、来世は楽になれるようにしておきたいです」とお話しをされました。



金運教室を開始。

毎月きちんとスカイプでのセッションをしました。


お金に対する考え方が変わるとお金を使わなくなります。

だから「使いながらお金を増やしたい」と強く願う人はダメですよ。

と、何もしないでどうにかしてほしい・・・は無理ですよ。




数か月後、彼女からお金の流れが変わったお話しの連絡が来ました。

両親の借金の矛先が変わったようで、お母さんのお母さん、つまりおばあちゃんが
「娘(母親のこと)にお金を貸すならわかるけれど、義理の息子にお金は出したくない。離婚するならお金を貸してもいい」というようになり、母親は離婚をすることにしました。

母親は離婚し、おばあちゃんと同居。

お父さんはほかの女性と再婚し、お金をその人に頼る生活に変えました。



「おばあちゃんのお金を一切期待していませんので私には関係ありませんし」と彼女はあっさり話をしていました。


彼女はそれから転職することにしました。


派遣で働いていたのですが、あと2か月で期限が切れるときになり、転職のタイミングを聞いていました。


「転職なんだけれど・・転職を焦ってはいけないみたいで・・・もう少し待ったほうがいいみただね」と言いました。

あと2か月しかないのに・・待てはキツイかな・・と思いましたが、彼女は待ってくれました。


スカイプ授業の数日後に宝くじで○万円あたり、彼女から
「金運が来て嬉しかったです。転職の件、待ちます」と言いました。



残り一か月後の時、派遣の会社から
「ほかのところなど決めましたか?」と聞かれ、決めていないことを話すと

「昨日入ってきた新しい求人なんですが・・・それを見たとき、これって○○さん(彼女のこと)にいいな〜と思ったんです」ということで会社を見せてもらうと、まさに彼女の理想の仕事の会社。

そして時給が高い。


「今の派遣が終了して数日後からのお仕事なのでどうですか?」と言われ、彼女は

「行きます!」と一つ返事で答えたそうです。




ほとんどの場合、もう次の会社が決まっていますしね・・・


「本当にラッキーでした。でも金運が強くなるってことはこういうことなんですね」とスカイプの向こうの彼女は言いました。

「そうだよ、金運が強くなるといろんなことが良くなるし。そのバランスが取れて幸せだしね」と笙先生も嬉しそうでした。



そしてお母さんが突然病気で亡くなり、おばあちゃんも数か月後に亡くなりました。
遺産そのほかのものは彼女は一切受け取らず、親戚の人に差し上げたそうです。

「もちろん母は借金がありましたから、おばあちゃんので埋めたそうですよ。残ったお金は少しでしたが、それを今親戚同士でもめています」と彼女は言いました。

「でも・・これで縁が切れるね」とふるらんが言うと

「はい、そっちの価値のほうがはるかにあります」と彼女は言いました。



一年をすぎ・・先日彼女とのスカイプ授業。

「一年間で○○万円たまりました。自分としてはそんなに苦労も嫌な思いもしていません。

それにこの調子なら・・もう少し貯められそうだと思う余裕さえ出ています。

それでなんですけれど・・お休みが長いので数日間、年末のバイトに言っていいですか?」と相談。


「それが偉いね〜、そうやってお金を貯める人はもっとスピードが上がるよ」と話しました。



来年、2015年、彼女は大きく変われると思っています。

なぜなら今年とっても努力したから。

彼女の年収で・・○○万円貯めるのは正直大変ですもの。
でもそれをやってのけた!



来年伸ばしておくと・・再来年とっても楽しくなれます。

はい、結婚の準備がありますから。

そのためにも・・お金ためなきゃね。


と、彼女には貯金の感覚が同じ人と結婚してもらいたいと思っています。


はい、今までの辛い経験をふっとばすぐらいの幸せを手に入れてほしいから。





ふるらんも小さい時はとても苦労しました。

看護師さんになって・・毎月○万円貯めて・・30歳過ぎには大きく貯めていました。

そして運用も教えてもらいました。

60歳を超えたら・・お金のことは深く考えることなく、生活できて、趣味を増やせるようにして・・仕事は体力維持をかねてぐらいに抑える予定にしています。


「看護師さんとして働いていてもお金に苦労することがあるから・・お金を作ること、増やすこと、貯めることを覚えなさい」」と言ってくれた先生や看護師さんたちに今でも感謝です。


 

金運教室の生徒さんから〜金運の成長の兆し

金運教室の生徒さんからの朝一番のメールです。


「おはようございます。
ご無沙汰しております。金運教室でお世話になっています〇〇です。
お元気にしていますでしょうか?

前回の〇月のセッション以降のこと、ご報告したくご連絡いたしました。

金運教室では、お金は使わない、使う時は…(金運教室の生徒さんだけが知ってます)…ものに使う、と教えて頂いたにも関わらず、私はそれをきちんと実践できてはいませんでした。
好きなセミナーに行ったり、欲しいカバンを買ったり、習い事をしたり、外食をしたり、お金をずいぶん使っていました。使うばかりで増やすこと、貯めることへの意識が本当に薄かったです。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そんな日々を過ごしていると、あることに気づきました。会う人会う人、夢はあるけどお金はない人ばかり。ギリギリの生活をしながら、それでも好きなことにお金をかけている人。自分の中で、あっまずいな…と思いました。このままでは危ない、と体が震えるほど〇機感を感じました。
そこでやっと、やっと、先生たちに教えて頂いたこと、理解して実践できるようになりました。
お金は使わない、あるもので満足、まだ増やすに至ってはいませんが、不要なものを売ったお金は使わずに貯金して。保険や年金も、もう一度整理して将来のための貯蓄を増やすことにしました。
結婚しなきゃと焦っていた気持ちも何処かに行き、自分の生活を立て直し1人でもきちんと生きていけるようにしなければ、と思うようになりました。ここ数年、何と無く漂って浮いていたような感じが、やっと地に足をつけ、責任を持ち始めた感じです。30歳を過ぎてやっとです。遅いですよね。
一方で、なぜか出会いのチャンスは増えていき、飲み会のお誘いがあったり、紹介があったりしました。〇歳年下の男性に綺麗だと言われたり、昨日は有名な〇〇にお勤めの方をご紹介いただきました。これが、金運と恋愛運は同んなじ、ということなのだなと思いました。結果お付き合いに繋がってはいませんが、焦らずに金運と恋愛運育てていきたいと思います。

先生、私は自分が間違ってたことに気づけてよかったと思います。時間はかかるし、痛い思いしてやっと理解できるような回り道ですが、それでも今の時点で気づけてよかったです。

次回のセッションは〇月ですが、それまで頑張ります。

良いご報告ではなく心苦しいですが、年内にあったことご報告したくてご連絡させていただきました。

残り数週間ですが、良い年をお過ごしください。また来年もどうぞよろしくお願いいたします」





いやいや、素晴らしく嬉しい報告です。




必ず未来が変わりますからね。


来年彼女に会うのが楽しみです。


 

東京タロットスクール〜スピリチュアルな離婚

タロットスクールの生徒さんにはいろいろと注意事項を説明しています。

普通のタロットスクールでは多分教えていないこともたくさん。

なぜなら・・実力が付くにしたがってお客様の質も変わり、その対処の方法も大切ですが、困ったことが起きないようにもしておかなければならないので。



ある生徒さんにタロットを教えている途中にふるらんの頭の中に
「離婚」という文字が降りてきました。

そして授業を中断して・・彼女にカードを一枚引いてもらうと・・・
やっぱり「離婚」。


「立ち入ったことを聞くけれど・・」と前置きし、話をしてみると、
「実は離婚を考えています」と話をされました。


その話が進んでいる途中、ふるらんは3回とも同じカードをひいていました。

ん・・回避は不可能ね・・・ということもわかりました。


ご主人の態度がおかしいので浮気をしているのを疑っていたのですが・・やっぱり浮気をされていたようで、

「正直、これでこの浮気を理由に離婚できるかな・・ぐらいに思っていました」という冷めた感じでした。



ふるらんは彼女を見ながらカードを数回引いていました。

離婚・・・それから・・自立・・・そして豊かな生活・・

ただ・・引っかかるのは・・・彼女の健康・・・



カードさんはハッキリしていました。



ただ・・ご主人の気持ちは・・・このままややこしい離婚騒動なんてめんどくさいので結婚生活を続行しながらの浮気が理想みたいで・・・




「めんどくさいね・・ご主人」と言うと、
「だから嫌になったのもあります」と彼女は答えました。



「ご主人が絶対離婚に反対できないことが起きればいいのにね〜〜」とふるらんが何気に言ったのですが、それがやっぱり本当になるのは・・昔からのふるらんの癖みたいなものだということをまた体験するのでした。





ある日、街で声をかけてくる人がいたので見ると、夫の会社の社長さんと社員さんでした。
はい、彼女は昔その会社で働いていて、そして夫と結婚したのでした。

立ち話をしていて、そしてお茶に誘われ、3人でホテルのラウンジに入ろうとすると・・入れ違いに一組のカップルが客室のエレベーターから降りてきました。
見ると・・なんと夫と女性・・・

二人は気が付いて・・そして驚いて立ちすくんでいました。


つまり・・・夫は仕事に行って、営業中に彼女とデート。
彼女という人は・・前に社長の秘書だった人で会社を辞めてほかの会社へ行った人だったのです。


社長さんはこの秘書さんを大切にしていたらしく、いろいろな世話までしていたそうで・・・

社長さんは
「そういうことだったのか・・」といい、夫に対して
「今日はもう会社に来なくていいから」と静かにいい、社員さんと駐車場へ消えました。


彼女も夫に対し、
「今日は家に帰ってこなくていいから・・」と静かに言うと、夫は
「そんなこと言わないでくれ、夫婦だろう?」と泣きついてきたそうです。


そばに居た女性はそれを聞いて顔色が変わり・・その場から離れていきました。




帰宅し、震えている夫をみて、
「もうこんなのいらない」と思ったそうです。


まぁ・・当然でしょうね・・会社ではもう居場所がない・・・



「でも明日会社に行かないとね」とあっさりいって、その夜は寝たそうです。

夫は出社。
その間に実家に電話をかけて諸事情を話し、両親が
「子供を連れて今日から来なさい」ということで・・・実家にもどりました。



「実家が近くてよかったね」とふるらんが言うと

「はい、決断させてもらえるような超偶然の現象だったと思います。
あの時、夫と彼女を見てカーッとならなかった自分が不思議でした。
本当にスピリチュアルな力が働いて私の幸せの方に風が吹き、夫が離婚を承諾せざるを得ないようになったと思っています」と彼女が言いました。



夫はそれからその会社を辞め、無職へ。
彼女の実家へ迎えに来るかと思いきや・・まったくそれはなし。
電話をかけてきて
「帰ってきてくれ」。



夫の社長さんから連絡が来て
やめてほしいとは言っていないが自分から辞めると言ってきたのでそれを承諾したこと、もし相手の女性を訴えて不倫の現場の証言が欲しいなら協力すること等話してくれたそうです。
それと・・知り合いの社長が人を探しているから、働いてみないかい?というお話し。


週3回のバイトを辞め、その会社へ転職することにしました。

はい、離婚は成立して。



落ち着いてからタロットの授業を再開。


「一枚ひいてみて」とふるらんが彼女に進めると、彼女は一枚引いてふるらんに渡してくれました。


そのカードを見ながらふるらんは
「ほら、スタートのカードよ。これからはあなたの思ったものを作りはじめ、そして成功させると思うわ」と言うと、彼女は

「ありがとうございます。スッキリしたのでこれで全力で自分の世界を作ります」と言いました。



必要なことは起きる。
それも必ず・・・とふるらんはいつも思っています。

 

東京スピリチャルセッション〜新しい出会いの前兆

新しい出会いって・・・できるだけ早く来てほしいですよね。

好きな彼と結婚の夢を持ち・・
なぜか・・別れてしまう運命になり・・・
辛い・・
こんなにさびしいなら別れなきゃよかった・・・と思う気持ちも出てきます。
そして・・それに耐えかねて・・・彼が新しい女性がいるのに関係を続ける人さえいます。

でも一緒。
結局寂しさはより増強し、自己の罪悪感とともに増長し、自己破壊をスタートさせます。




笙先生は
「人がさびしいと思う気持ちはどうしたらいいんだ?」とふるらんに聞きます。


そうね・・楽しいところへ行っても・・楽しくなる人ばかりがいるわけではないですし、人はそんなに単純じゃないし。


ふるらんは幼い時からさびしいのは訓練してきて、もうそれは通り超えました。
でも
「通り超えたら誰でも強くなれるよ」とは答えられません。

大人の寂しさと子供の時の寂しさの意味が違います。

子供の時のは母親とか肉親の愛を乞うものです。

大人の寂しさは・・人間としての生き方本来に一生響いていくものだと思っています。


“自分”として、女性として、男性として・・・
仕事をしているときのチームワークとか、食事をしているときの回りの人の笑い声とか・・・
いろいろな現象が一人でいる自分の心の中に響いて入ってきます。

空虚という何もない空間の中に聞こえぬ音で響き渡るのです。

風の力で壁が揺れるように。

そして築年数を重ねた家が壁も柱も緩くなっていき、最後は人の手で揺らして揺れるのと同じで、年を重ねれば重ねるほどに・・・



特に男性は心の中が一人になる確率が高い。
女性は群れることがなんとかできる人種ですので。


ただ・・「さびしい・・・さびしい・・・」と心の中の音が聞こえるときは要注意。
なぜならそれは○○であって・・・また○○の再来でもある時があるので。







彼と別れて・・○年。
そのあと誰とも出会いもなく・・・
気が付けばもうこんな年齢・・・


「この年齢です。もう出会いはないのかなと思っています。
もう結婚はあきらめたほうがいいのでしょうか?」と話す彼女でした。


「ずっと彼のことばかり思っていたのなら・・・誰とも出会いませんよ」と言うと、

「でも忘れられないのです」と言うので

「だからあなたの心の中がほかの人との出会いをシャットアウトしているのでしょうね」と話しました。


心の中に居る彼と離れると・・さびしくて辛いのです。

だから・・思い出を繰り返し、そして心の中でやり直しを願う・・

でも現実は・・・彼は彼女とは別れたいので‘別れました’。



彼はホッとして新しい出会いを満喫しています。


「彼は幸せになるのでしょうか?」と聞かれる彼女に

「そうやってまだ彼と心でお付き合いを続行されているのでしょうね・・・・」とふるらんは静かに言いました。





心で現実をちゃんと見ないと・・何も変わりません。

現実が大切なのです。

彼は・・彼女と別れました。
それが現実です。


そして・・彼女のことは・・・
笙先生が
「はっきり話していいのかな?」と前置きをしていると、彼女がうなづいたので

「まぁ・・目をつぶって・・時間ができたら都合のいい相手だし、遊べたらいいかな?ぐらいの気持ちでいます。それに彼とは相性が悪いし、彼と結婚しても離婚は見えているし」と笙先生から。



もう、彼は彼女のことは飽きたのです。
彼はほかの女性と楽しくお付き合い中です。


心の中でお付き合いをしているのは・・彼女だけです。


「もしよかったら・・聞いてほしいことがあるんだけれど・・・」と笙先生から

「来年の夏から・・・再来年にかけてとてもいいことが起きるというようになっています。
その時に出会いもあると思うけれど、今あなたは彼と心の中で日々お付き合いをしているので出会いのチャンスが離れていくと思います。でも僕はあなたの心の中に入り、そのお付き合いをやめさせることはできない。

ただ・・・本当に幸せになりたいなら、あなた次第でいくらでも変えられるチャンスがもうすぐやってきますよ」と話していました。



なぜ現実を見ようとしない?
お別れと認めない?

気持ちはとってもとってもわかるけれど・・それをしていてあなたの人生の時計の針は止まらない。


でも・・・認めたら・・次の新しい出会いが始まるのに・・・

「あきらめきれない」という言葉があるのは知っているけれど、結婚も離婚も・・・片側だけで決めることではないし、片側が嫌いになったら・・もう成立はしない。

「やりなおし」はものすごい愛が必要で、それを相手がしてくれるのなら、もっと前からうまくいっているはず。

自己の都合で
「こうなるはずだった」というものがあると思うけれど・・相手に要求も追及も・・相手にとって負担と感じれば・・それは離れていく要素の一つ。


ただ・・相手に見えないものが作用している場合も多く、とっても大変なスピリチュアルの世界。
それにそういう風になるのは・・本人がその要因を持っていることが多々あるし。

悪い癖は・・ほぼ治らないと覚悟しなければならないことが現実だし。



寂しさに負けちゃだめよ。
それに付け込んで○や○○がたくさん寄ってくるんだから・・・



彼女には来年のお話しをしました。

「そんなに変われるなら・・希望を持ってみたいと思います」と話されました。

そして・・ふるらんから
「見ていると・・・〜〜〜で〜〜だから・・・できればその時期までに・・・直してもらえるといいけれど」と説明すると彼女は
「ずっと気にしていたことです。やってみます」と言いました。



それから彼女は運気の良くなるまでにいろいろな変化の努力をしました。

体が変わったこと、そして会社の人間関係にも変化が表れてきました。




そして・・彼女は金運と恋愛教室の混合の教室に通ってくれました。



少しして彼女の同じ年の友達から
「結婚が決まったの」と連絡をもらい、会って話をするとネット婚活で成功し、それであっという間に結婚になった話を聞きました。


それから
「友達もネットで婚活をして成功したので、私もネット婚活をしてみたい」と言われましたのでその成功の仕方をおしえました。
(今、結婚はほとんどネットの時代に変わってきています。それが‘今’の時流です)



そのネット婚活を始めてからずっと急に海外に行きたくなった自分を感じたそうです。

海外に住みたい・・

「昔からそう思っていたのをどこかで、無理とか思っていたのでしょうね。
特に前の彼は収入が少なく・・・生活も大変だからあきらめていました。
でも・・彼と別れる決心をして・・友達が結婚して・・
心の中にしまっていたものが出てきた気がします。

今、ネットで海外に住むにはどうしたらいいか、調べていたりしている自分がいます」と話していました。



あら・・・これって前兆?と笙&ふるらんは思いました。




そこで知り合った海外勤務の日本人の男性が一時帰国した際に彼女とデート
一目ぼれをされ・・・

彼はお付き合いの話をされました。


笙先生いわく
「さすがに海外勤務の男性は決断が早い・・ある意味海外は命がけの仕事だしね・・日本より危険だし、判断が遅いのは命取りだから」と。




あれからもう○年。
来年お子さんが生まれます。

また幸せでかわいい写真が見えるのが楽しみです。



・・・ちなみに・・御主人様は○才年下ですが、とってもしっかりした男性です。




あ〜〜幸せっていいですね。

はやくそっちの方へ行きたくないですか?

悩んでなんていられない。


新しい恋でドキドキする素敵な自分に会いたくないですか?

そして・・・自分の一生という時間を輝きのあるものへと変化させてくださいね。


 

スピリチュアルセッション〜右肩が痛い本当の理由

右肩が上がらない・・・腕がとにかく痛くて・・キーボードが打てない、そんな状況の彼女。

ラピスハートに来てもらうときには必ず病院の受診を2・3件していただきます。


そのあとに・・来ていただきます。

現実が先、そのあとにスピリチュアルです。


笙先生と二人で霊視。

確かに・・今までの経験で病気な観点で見ると・・少しあるし、誰かが何かをしているのは感じるけれど・・・そんなにひどくない・・・

これって・・・
「ちょっと違ったものだよね」と笙先生から。

う・・・・と・・・と思いながら霊視・・・
見えてきたのが・・一つの指輪。

「〜〜で〜〜〜な指輪がありますか?」と聞くと

「はい、あります。それはお金持ちの叔母からもらったものなので金運があると思って・・・」と言うので、妹さんに連絡して、妹さんが写真を撮ってもらって、それを転送してくれることになりました。

その写真をまっている間に・・彼女をほかの面で霊視・・・


どうも・・・2・3つの理由があるみたい・・と思いました。


笙先生の専門は・・先祖のこと。

「いろいろ絡まってるけれど・・大したことはないし・・並みクラス」という結果。

ふるらんはそれを聞きながら・・ふるらん流の霊視・・・

う〜ん・・・何か大きな金庫が見えるのは・・なぜ???


「昔、何かご商売をされていた家系ですか?」と聞くと、

「母の方のおじいちゃんのお父さんの系統が○○屋をしていましたが、時代の波で廃業しました」と言うので、

「そこに大きな金庫がありましたよね?」と聞くと

「ええ、子供ながらにとっても大きいことは覚えています」と言いました。


女の人の手が伸びるのが見える・・
どうやら金庫のことでいろんなことが渦巻いている・・

それから・・指輪・・・

あ〜もしかしてこの指輪・・何か巻き込んでる???



まもなく妹さんから指輪の写真が来ました。

はい、間違いなく、これです。

「できるだけ早くこの指輪を先祖のお墓に戻すことです」と言いました。


理由はややこしくなるので
「悪いけれど、これ以上は聞かないで。知りたくないこともあると思うから・・・」とふるらんは言いました。

多分・・これを言うと、家族の人間関係がおかしくなる・・・



ということで、彼女はその指輪をお墓に収めることを約束してくれました。



まぁ・・お墓の蓋なんて・・そんなに開ける人はいないし。


開けられる権利があるのはそこの当主とお坊さんぐらいなもので・・・


「ここのお坊さんはわかってくれる人だと思うから頼んだら?」というと、

「とても良い人ですから頼みます」と彼女は言いました。


そして・・・
「で、それだけの会話をしたんだけれど・・・今どう?」と聞くと

「気持ちの問題かもしれませんが、気が楽になったような感じで肩がうっすら楽です」と言いました。




昔、この指輪を巡ってもめているんですよね。
家族間で。

で、あまりにも腹が立ったので・・誰かが
「殴ってやりたい」ぐらい思っているみたい・・・


でも今更ね・・代が違うし。


でもやっぱり女性は執念深い・・・・(苦)




・・・とあとは会社のこと。

同僚との問題を聞いてみました。

そしてその同僚の扱い方を彼女に伝授。

彼女は
「確かにそういうことを昔したら喜んでいました」と言いました。




しばらくして、連絡が来て、セッション。


指輪をお墓にいれたことを報告。

そして同僚さんも落ち着きました。

彼女は
「それから・・・妹も落ち着いたのです。時々私に嫉妬していたことがあったのですが、指輪の件を話したら、すぐ納得してくれたし、先生たちが言った通りに、言われた形のもので、代わりのきれいなものを上げたらとっても喜んでいました。

いつも私と自分を比べていたんだと思います。
あの指輪を私が持っていたということもあって。

それと両親が私たちを比べていたのも。

それで・・相談なのですが、私も妹も家を出て、一人暮らしをしたいと話をしています。
一緒に暮らすのがいいですか?別なのがいいですか?」というご相談を受けました。

妹さんの写真を霊視・・・

「彼女は早く結婚する人ね・・あなたたちの未来を霊視しても家を出たほうがお互いに早く結婚できます。

二人とも家を出て、同居、それから妹を先に嫁にだし、そのあと、そこにあなたの彼氏・・・かな?(笑)」というと、

とても彼女は喜んでいました。

この時点でまだ姉妹は彼がいなかったのですが、その数か月後、妹は彼氏を見つけ、すぐ結婚の方向へ。

姉妹の彼と3人でとても仲良しでした。

妹と彼は結婚し、妹は出ていきました。

だいぶ広くなった部屋に・・・今度は友達が頻繁に遊びに来るようになりました。


その中に・・・友達が男性の友達を連れてきて・・・・今の彼。



またセッションの依頼が来て
「この人でいいでしょうか?」と聞かれる彼女に

「肩はどうなったの?」と聞くと

「あ、すっかり忘れていました」と笑っていました。


笙先生から彼のことを聞いて・・・
「取扱い説明書みたいな話し方をするけれど・・彼はあなたに取り扱われるととっても嬉しくなる人だね」というと、彼女は
「はい、彼、先日私に、君と同じ空間にいるとわくわくするのは・・変かな?と言ました」と話しました。




ふるらんは彼女や彼や・・・妹さんや・・・たくさんの人をまとめて霊視していました。


昔・・とってもにぎやかだった店頭の風景のような空気が見えます。

商人さんや・・お客さん、お店の人たち・・・
一生懸命に働いて・・一日の労働と完了に感謝・・・


江戸時代??いやいや・・・
あ・・・歴史をもっとやっておけばよかった・・・と反省するふるらんでした。




ちなみに・・・彼女の彼のご先祖様は○○県と東京で商売をされて、今はお父さんが次いでいるそうです。






ふるらんのご先祖様はある県の領主でした。
いろんな歴史があって・・・

長男より下の人たちは屯田兵になって・・・北海道に移住しています。


時々実家を霊視すると・・その商売が見えたりしていました。



たくさんのお客様のおかげで我が家は成り立っています。
みなさんが働かれたお金をいただいて、生活ができているのです。


本当に・・お客様のおかげです。

そして・・・いろんなご縁をつなげてくださる方たちのおかげです。


 
13件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
CMSならドリーマASP