大阪チャネリング教室〜仕事をやめるタイミング

仕事をやめるタイミングはとっても大切です。

今年なんとしてでも辞めてはいけない人もいますし、絶対やめないといけません・・という人もいます。


なぜなら・・あなただけが働いているというならまだしも、周りに人がいるというなら周りの人の影響も受けるのです。


風むきが変わったら船の帆を方向を変えるのと一緒です。
とっても強いエンジンを持っていても・・・波の方向に対して直角に入らないと横の腹から波が来て船を倒します。




ふるらんは生まれたときは海のそばで暮らしていました。

毎日浜辺に行っては船を見て・・・空を飛んでいる飛行機を見ていました。


波の音、風の音を聞いて・・・おかしくなったら家に戻りなさい・・・と大人に言われていました。

風は最初に私たちに予感を教えてくれるのです。



そして・・・ある国では風は重要な意味を示します。




チャネリング教室で生徒さんが
「前に相談したときに、今年が転職の勝負よ、と教えていただいて、それで今年になって探しているのですがなかなかなくて」と話していました。

「チャネリングでは何月ぐらい?と聞こえていたの?」とふるらんが聞くと

「風景がとても太陽が感じていたので、きっと夏ぐらいだと思っていたのですが」というので、

「そうね・・・もう夏だけれど・・今7月入ったばかりだから・・8月も過ぎたら9月は秋だものね」と話すと

「私のチャネリングは間違っていたのでしょうか?」と話すので

「そんな風には思わないで、よい方に回答が出ると思うとした方がいいですよ」と話すと、

「ふるらんさんはどう思いますが?」というので

「チャネラーが自分のチャネリングを疑ったら・・・どんどんチャネリングがずれてきますよ」と言うと、彼女は少しうつむいてしまいました。


なかなか見つからない・・・焦り。

わかりますよ・・・
ふるらんも希望のような病院がなかなか見つからなかったですし。



焦ったりしましたが、この時、必ず
「私には答えが降りてくる。それも・・ちゃんと私の為に降りてくる」と繰り返したものでした。


自分を信じるのはなかなかできないことです。
必ず・・・自分の土台が揺らぎます。

疑って・・疑って・・・いつまでたっても確信のあるチャネリングができないのです。


この山をどうしても越えてもらわなければなりません。





ほかのところでチャネリングを覚え、精度を高めるためにふるらんのところに来て、その厳しさにへこむかもしれませんが、
「凹むなんてもったいない。私をどしどし鍛えてください。人助けって自分と相手の両方を助けることですから何倍も強くないとできないと思っています」といい、とっても前向きなチャネラーさんにもあったことがあります。





技術はいろんな先生に教えてもらって・・・それからふるらんのところに来るととっても厳しく思うのは当然。

だって・・・だって・・・人ってそんなに簡単なものではないし、そんなにそんなに変化に対して順応ではないし。

今のままでなんとかして・・悩んで苦しんで・・・我慢して・・・という感じで依頼も多いのですし。


人の痛みって・・・わかりますよね?
自分もたくさん経験していると思いますから・・・・





ただ・・・幸せになれる人は何かを知っていて、ちゃんと変化を好み、正しいものだけを持ってまた成長のために旅立ちます。







彼女の夢はスピリチュアルで食べていくこと。
ですからますます鍛え上げないと・・です。





7月の第一週を過ぎました。
そのあと・・不安なメールが来るかどうかの勝負でしたが、それは耐えたようでした。


それからまもなくメールが来て・・・
「夢の中で笙先生が出てきて、ふるらん先生があなたのことを大丈夫だから心配しなくていい人だよ、この言葉は必ず覚えていてね、と言って消えていきました。そして目が覚めると不思議に胸の奥に温かいものを感じ、私ってもっと自身を持っていいんだと思ったらうれしくなりました。

チャネリングを信じたら・・その答えになるんですね」というメールをふるらんが見て、


「やっと超えたね〜」とふるらんは回答しました。



そう、信じないと出現しない。

嘘を信じると・・・それは偽物になる。



そしてどんどん嘘を積み重ねて・・壁を作り、いつ壊れるかと心配しながらもっと大きなことを言い始めるのですから。



7月20日に以下のメールが来ました。

「派遣で登録していた会社から連絡が来て、9月からある会社に派遣に行く依頼が来て、その話を聞いたらとても良い条件でした。


結婚が決まった人で彼の街に行くそうです。
おめでたいお話しのことで、私も嬉しいです。

そこの社長さんがとてもいい人らしく、派遣で仕事ができる人は正社員にというお話しもあるそうで、頑張ってみたらどうですか?ということでした。


信じたら形がきました。

今まで自分を疑っていたことを反省します・・・(略)・・・・」




そうなのよね。
簡単なんです。
自分を信じるのって。



「そんなことなんて自信がない」と言っていたらいつまでもチャネリングはできません。



私はできると思ってください。



それで先日彼女と会ったときのお話しです。


いつものように洗濯物を干していたら、急に風の向きが変わったそうです。

「あ、家の中の干そう」と考えて、すべての洗濯物を家の中に干したそうです。

ご主人は
「なぜ晴れているのに?」と聞かれたそうですが・・・


そして雨が降りました。
ご主人は
「なぜ降るのがわかったの?あんなに晴れていたのに」と言ったそうです。




はい、もう彼女は大丈夫です。

「コツつかんだでしょう?」と聞くとにっこり笑いながら

「チャネリングって自分もそうですが、すべてなんですね」と言いました。





はい、その通りです。(ニッコリ)。


 

東京スピリチュアルセッション〜咳は浄化?の意味

「咳は浄化のためにしているといわれているのですが・・まったく咳が止まらず、正直不安です」と言われる男性を霊視。


笙先生が
「自○の人が一人・・・身内だね・・、それと他人で病気で亡くなった人が2人きてるし」とふるらんに静かに言いました。



浄化のための咳の仕方と、霊が来ている時の咳の仕方は違う。
ほかには・・精神的にあることがあると・・咳をし続ける人もいる。

それと、身内であることが起きることを教えるときにも変わった咳をする人もいる。

それと・・・季節の変わり目などで咳をする人もいる・・・




ただ・・お願いだから最初に病院に行ってね。

ラピス・ハートでは病院に行かない人を霊視するつもりはありません。
なぜなら、神様も仏様も・・医者さんは必要だからお作りになられたと思っていますので。

風邪じゃないのに・・咳をする病気もあります。


ですので、必ず病院には行ってください。
呼吸器の専門のところへ・・ね。





彼に親類や家族のことを聞きました。
彼は・・知らないようでして、帰ったら家族に聞く等・・と思いましたが、もしかして家族も知らないこともあります。

まして自○の場合は・・隠すことも多いのです。
それや・・・遠方に行ったり、行方不明の扱いなど、疎遠という形で忘れられた人もいます。


ただ・・ふるらんには
「変な言い方だけれど・・・○○くさいんだけれど・・・」の感触。





自○の方は・・正当に仏教できちんとお墓にお参りか・・・もしかして入っていないでそのままでいるかもしれないので・・・ということできちんとしてもらうことにしました。
ただし・・・わかる範囲で。
無理やり・・は避けて。




「何かあっても大人の対応をされるように」と彼にお話ししました。


問題は・・・他人の方。

「この他人は・・・たぶん身内に関係のある他人ならまだしも・・見ず知らずかもしれないね」と笙先生。

ふるらんから
「あのね、さっきからいろんな神社やお寺が見えてるんだけれど・・」というと、

「スピリチュアルなことが好きであちこち行っています」というので、ふるらんから

「縁もゆかりもないところへは行かないように。そしてあなたのご先祖様と戦ったところもあるので・・・あまり余計な扉は開けないように」と説明をしました。


○代先まで行くと・・・親戚やら知り合いやら・・・かなりの数になります。
その人全員が素晴らしい人というわけではありません。

それに・・歴史の関係で・・戦争をして、相手の胸に剣を指して○したこともあるでしょう。

そういうときは相手の人は自分を○した人の顔はしっかり覚えています。



ヒプノセラピーであったことですが・・・
外国の人と結婚したのですが・・・旦那さんが憎いという相談で、ヒプノをすると・・・戦争で自分を刺した相手でした。

なぜ結婚したかというと・・・その縁の根本は
「なぜ私を刺したのか聞きたい、知りたい・・・そして相手を○したい」。


彼女の魂の記憶にはなんとしてでも復讐したかったのです。


出会った時のときめきは・・好きだから、運命だったから・・と解釈したと思います。

でも本当の本当は・・・やっと出会えた運命の相手!だったのです。





「右の背中から左の心臓にかけて・・・手が伸びて圧迫しているような感じです。

だからのどの咳というよりは押し出されるようは咳の仕方をしています。

この手をなんとかするためには・・まずあなたが変わらなければなりません。

お祓い等をご希望でしたらほかのところへお願いします。

私たちはお祓いではなく、ご自分を変えて人生を変えて、また生まれてくるための準備のためのやり方をしていますので」と言いました。




咳が強くでます。
きっと咳をさせている人たちが反発をさせて、変えさせたくないのでしょうね・・・



こちらからお話ししたことをすべて守っていただくということでまず簡単なことから始めてもらうことにしました。

そして時々報告が来ていて・・楽になってきたということでした。


毎日することはもちろん、たぶん阻止も来ると思うのでそれに対抗する強い気持ちを持つこと。

けっこう激しい抵抗をされるために途中で辞めてしまう人も多いので。

「取ってほしい」と思う人は・・・ふるらん達には無理です。

体の不調をお薬だけで治して・・・というのが無理なように、生活を変えてもらうのがこの先の安泰になりますし、癖は直してもらいます。




しばらくして、再度のセッションのご希望があり、対面しました。


顔がすっかり変わり、聞くと、
「1か月前から急に走りたくなり、週に2回は走るようになりました」とのこと。



顔が引き締まり、そして目が開いていい感じになり、
「なんか男らしくなったね」と笙先生。

ふるらんは
「いい意味で体が薄くなり、余計な肉の重さが無くなりましたね」と言いました。



がっつりくっついていたいろんな肉体がはがれている。

はい、頑張る人には変な人(元は人)がくっついている場合ではない。


「もっと楽な人にくっついている方が楽」という考え方の霊が多いし。



人と一緒でしょう?
努力しない人って・・・くっついてくる人は決まっている。


“同じ考えで同じように行動する人”を常に探そうとするのだから。





「こっちにこい」
「仲間になろう」



なっちゃだめよ。
そんなのにくっついてもらったら苦しくてしょうがない。

ただ・・そっちの方がその人のその思考で生きていることを認めている限り、その先の回答は必ず決まっているのだから、来世の回答もずっと同じということを早く気が付いてほしい・・・





これからさきの対応をお伝えして・・・


そしてまたしばらくしてからメールが来ました。

内容は・・・

咳はすっかりとまり、楽になり、仕事も充実してきて、上司から好評化をもらうようになったそうです。


そして・・・待望の彼女もできたので、今度相性を見てほしいということでした。




ほらね、頑張ったら必ずいいことありますもん!

だから・・・最初は大変だけれど、これを超えたら・・・むっちゃ本物の自分に会えますよ。


幸せで楽しくて・・・そして辛いことがあってもこえていける強い自分に。

 

大阪スピリチュアルセッション〜離婚の決意と運命の出会い

離婚を考えはじめ・・みなさんとっての悩みます。
その顔には影が、そして顔にはシワが増えます。

当然です。
だって・・ずっと下を向いて歩くようになりますし、笑顔が消えますし。

子供がいたら自分のお給料で生きていくことを考えて・・・不安がいっぱいになります。



でも・・・離婚した人に聞いてみてください。

ほとんどの人は
「生活は大変だけれど、夫と一緒にいるあの苦労に比べたらなんとかなるものよ」と。




彼女のご主人は決定的に問題のある人でした。
お付き合いの時から浮気を繰り返し・・・
それでも彼女はなんとか治ると信じていたそうですが・・・治りませんでした。

子供が2人。
もうすぐ一人は大学生です。

「二人を大学に入れるとすると・・お金が足りません。でももう耐えられないのです」という彼女に

「お子さんは大学に入りたいと言っているのですか?」と聞くと、

「上の子は勉強をする子なので入りたいそうですが、下の子はまだ聞いていません」と言うので、霊視すると

「上のお子さんは確かにまじめですので、公務員か公共系へ。下のお子さんは・・・専門学校で好きなことをやらせてそれを仕事にしてください。
たぶん・・・親から見たら落ち着かない人だろうけれど、それが彼の才能をのばして将来は今ない仕事をすることになると思いますよ」と話すと
「いつもネットでいろんなことをしています。不思議にゲームよりは情報を見ているという感じですね」というので
「今をそのまま育ててあげたらいいですよ。それにお兄ちゃんって弟思いだから、きっとお家を支えてくれますよ」というので
「そんな気がしていますがそれを信じていいのでしょうか」と彼女は言うので、
「そうですね。でも・・・近いうちに新しい出会いもあると思うので、そんなにお兄ちゃんに頼らなくてもいいと思います。
それに離婚は親の責任ですからね。あなたが必死でこの家族を守れば、子供に通じますし、それと出会いも早くなると思いますよ」と話すと彼女は喜んでいました。


彼女の後ろに・・・背が低いけれど、穏やかな男性が見える・・・
「あんまり背の低い人には興味が無いんでしょう?」と聞くと、
「ええ、背が高い方がいいので」と言うので
「ふぅ〜〜〜〜ん・・・・(もったいない)」と思いながら笙先生に
「出会いを邪魔しているのは・・彼女自身なんだろうけれどね・・・・」と小さな声で言うと、笙先生が
「そうだね・・・背は性格とは違うんだけれどな・・・・」と言いました。




経年変化がある。
だから顔は変わる。

そして・・背は変わらないって思うでしょう?

でもね・・・
年を重ねた人たちを見ていて・・・背の高い人って・・結構年を取ると背中が曲がるのね。
なんで?って思うでしょう?
背の低い人が背中がまがってもそうそう目立たないんだけれど、背が高いと目立つ。


でも・・背中の筋肉が劣ってくるので・・背中が曲がる。
当然背の高い人は支える部分が多いから・・なおさら。



・・って・・人ってちゃんと年を取る。

若い時の結婚ならまだしも、子供も産み、ある程度落ち着いたら・・・
もっとちゃんと見るところと生活の考え方を変えることが必要だと思う。


本当に求めなければならないものは・・絶対的に“愛”
愛がなければ・・裏切ることは平気である。

「好きだけれど・・ほかの人も好きなんだ」という理由は少なくてもふるらんには成立しない。


と、この言葉、神様や仏様の前で言えるのか?


自分が神様だったら
「仕方ないね〜」と言うのか?


もしいうのであれば・・・あなたは○○に○○されている○○○で○な方に○○である。




いろんな人間がいるけれど、血も肉も・・・色や形や大きさなど多少違っても土台は一緒。

みんなみんな・・・高次元の魂とつながっているはず。

高次元のものとつながっているのであれば・・なおさら、あっちこっちの愛はないと思うのだけれど・・・

まぁ・・・
無いんでしょうね・・・

本当にもっていなければならない“大切なもの”が。




将来の説明をしていくと、彼女の心に勇気が出てきて・・・そして笙先生と具体的に生活の関係のお金を計算。
どうしても足りないお金が○万円・・

生活費を見なおおして・・・
そして足りないお金が・・・○万円。



「本気で自分を変える決心をしたら、きっと何かが起きますよ」と話し、彼女に離婚の方法とタイミングを伝え、そして不足の○万円の部分の仕事量を増やしてもらい、会社との折衝にしてもらうことにしました。




セッション後、
「彼女のけっこう近くに再婚する男性が見えるんだけれどね・・・・」と笙先生。

「うん、本当に愛さなければならない人って・・・近くて見えないのかもね」とふるらんは言いました。








彼女はそのあと、会社に話をして、仕事をする時間を増やしてもらい、そしてお金も○万円増えることになりました。


弁護士さんとの離婚相談も開始。
その報告を時々もらっては、確認していました。



半年後・・離婚成立。

そして会社に報告。
母子家庭の手当等ありますので、それを整理し・・・

慰謝料○○万円、それと養育費○万円もらえることになりました。




仕事の場所が移動することになり、新しい部署へ。
昔働いていた仲間も数名いました。


そしてその中に・・・一人の背の低い男性が。

彼も離婚をして、今一人。

互いに離婚の話をしているうちに急接近になり・・・

連絡が来ました。
「彼との相性を見てほしいのでセッションの予約をお願いします」と。



そして・・・写真を見せてもらうと・・・
「だいぶ前からあなたのことが好きだったんでしょう?でもあなたは背が低いということで、対象にはしていなかったけれど」とふるらんがいうと、
「はい、今回二人で話をしていたらとても気が合うし、痛みも同じだし。とても楽に話している自分に会いました」というので、
「それは良かった。この人となら早めに結婚してもいいよ」と笙先生から。



会社の人たちも祝福。
もちろん、子供たちも彼のことをすく気に入ってくれたそうです。

二人のお子さんとも
「気楽に話せるお父さんができてうれしいな」とあっさり。





「ものごとがすんなり進むってこんな感じなんですね」と彼女は不思議な顔をしていました。





そうなんですよ〜
本当の運命の人って・・・むっちゃすんなり〜〜〜〜〜〜〜〜



今恋愛教室に通っている生徒さんもすんなり進み、すんなり両親にあい、両親から
「いい人ね〜〜〜」とすんなり。


そんなものなんです、運命の人って。






だからね、あんまり最初からややこしいハードルを用意される人には・・・気を付けてね。

諸事情があるって・・それだけその人には○○が○○であり、○○○で〜〜〜なのだから。

 

東京スピリチュアルセッション〜嫌いな上司の対応

東京スピリチュアルセッションで・・・今回一番多かったのは上司との関係。

会社の人が病気やうつになったりして・・人員移動などある場合・・結構イレギラーで「え?」と思う上司が来たりするときもあるので。


それと・・自分が配置が換わったりしたりして・・・

と・・・会社の方針が変わって・・・いつの間にか子会社に転籍・・・とか。

だから
「正社員が一番」と思っているのは・・怖い話ですよ。



正社員でものすごく責任を取らされて・・(回りがみんな派遣なので)
「一人で重圧を背負い・・疲れました」という女性もいました。


女性も40代に入ると、責任のある席に座ります。

でしょう?
平であるのは楽かもしれないですが・・・周りが派遣だと自動的に自分に全部来る。

・・といおうか、周りの人の発言は
「私、派遣なので」。



正社員の保障〜って思っておられると思いますが、会社が
「あなた要らない」と言われたら、なんにもどうにもなりませんし、それに、あなたの会社がこれからどうなるかは・・だれも知りません。



今回も・・・日本では名だたる会社名にお勤めの方も数名おられました。
ご主人が・・という方もおられます。

でも・・で、楽です、は無いです。

給料はもちろん普通の会社よりもいいですよ。

でもものすごくダントツに言い訳ではないのです。


ふるらんびっくり!
笙先生
「現実ってこんなもんだよ」。



確かにお医者さんよりもらっている会社員の方も多いのが東京です。

田舎育ちのふるらんにとってお医者さんが一番お金を稼ぐとか・・大きな会社の社長さんは・・でしたが、都会の現実を知り、
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と思うことが増えました。


なので・・・本来はその小さな世界という会社の中で
「あれが嫌」
「これが嫌」
「あの人とは・・」と言っている場合ではないぐらい・・・日本の経済はおかしくなってきているこの現実に小さな入れ物でお互いにもめている場合ではなく、会社の人間関係を揉めずに、そしてきちんと業務をこなし、会社に長くいられるか(正社員)のことはしっかりと考えて行動しなければならないのに・・・

長く務めていると・・現実が変わってきていることもわからずに
「このままでいいんだ」といい、そして新しい社員(仲間なのに)をきつく言ったり、怒鳴ったり・・


う〜〜〜ん・・・そんなことをしていたら、いずれ自分の首も危なくなるのに・・・と思うのですが・・・

 

 

まさか
「自分は大丈夫。だから・・」と思っていないでしょうね。




日本で名だたる大企業でさえ、いつの間にか自分の席がほかの会社の名前になっていた・・という現実があることをお忘れなく・・




「今が続く」
「今日は明日もある」と思っておられないように。

仲間とともに今日がある、と思われるように。

はい、上司のあなた。
あなたがもし会社で突然倒れたら・・救急車を呼んでくれるのは・・あなたの回りの人です。





ある会社の写真を見せてもらいました。

「ひや〜〜ここって、人間関係ひどいね」と思いました。

だって・・生霊たくさん飛んでましてね。

数枚目のものを見せていただくと・・・


ある部長さんの回りがものすごいことになっていましてね。


「この人、しょっちゅう体調不良でしょう」とふるらんが聞くと、彼女は

「はい、でも仕方ないと思います。みんなにキツイので。きっとほとんどの人は・・・この人のことが嫌いです。
私ももちろん嫌いですが」と言いました。


彼女は普通の平で正社員。


前に勤めていた会社の方が大変だったし、今の会社の仕事はそんなに難しいことでもなく、ある意味、みんなにいろいろなことを聞かれるそうです。

でもそれが部長さんにとって・・・気に入らない。




まぁ・・・その先のことはみなさんが想像するように・・・彼女自身も
「いなくなれば心地いいのに・・・」と生霊を飛ばしていると思えるような心まで持つ感じになるのですが・・・

 

「このままだと人を恨んで生きるような自分になるのが嫌なので・・変えたいのですが、どうしても部長をなんとかしたい、という気持ちが強くなり・・・そして自分をまた後悔させているのです。
その繰り返しに疲れました」と言いました。


「そういう風に自分の罪悪感をきちんと認める人だからいい人ですね」と笙先生がいうと、

「もうやめたいのです。会社を辞めてもいいですか?」と言われました。



二人で霊視すると・・・
「なんか・・・他から会社に来ないとかお誘いがないですか?」と聞くと

「実は・・・昔働いていた会社で一緒に居た女性から連絡がきて、今日久しぶりに会うのです。
その子がちらっと某○○○○関連のところに今在籍していて、席が一つ空くけど来ない・・という話がありまして。

よく考えたら、先生たちと会う日だと思って。これはきっとチャンスだと思って、先生とお話ししてから決めようかと・・・」とお話ししてくれたので、彼女にその友達の写真を見せてもらい・・・

「この人、仕事できるでしょう?」と言うと、

「はい、尊敬しています」というので、

「会って話を聞いて、決断したらいいですよ。
私たちはきっと・・あなたにとっていいお話しだと思っています」と言うと、彼女は

「正社員ではありませんが・・・もうこだわりません。それに仕事のやり甲斐もよく考えたら・・楽もいいけれど、もっと伸ばせばよかったと思う毎日から脱皮したいと思いました。
話を聞いてよかったそちらに行けるようにしたいと思います」と言いました。



彼女は独身。
結婚にはあまり・・の状態の人です。

でも・・・何か不思議に・・
「変わったらいいことがあると思うよ」と笙先生と同意見でした。



辞めるまでの間にはその嫌な上司への対応策を伝えました。


まず・・・あるものを持って出社すること。

そして朝は必ずあることをすること。

話をしているときはあることを通してそれを確認しながら進めること・・・等話しました。


彼女は
「とっても気楽になりました」と笑顔で話、そして帰っていきました。





そしてセッションの次の日の夜。

「ラピス・ハート」にメールが来ました。


お話しの内容を聞いて、彼女は決意しました。
会社を辞めて、新しいところへ。


そして昔あこがれだった人も同じチームになるそうです。


その彼、離婚していて・・・

話を持ってきてくれた女性が
「この話、一番喜ぶのは彼だと思うわ」と笑っていたそうです。





来月末まで今の会社。

そしてそのあとに・・・新しい会社へ。


あの・・・みんなが知っている名前の会社です。




東京の派遣って・・・いろんなところへ行けるんですね〜〜〜としみじみ思うふるらんでした。

(ちなみに・・・英語ができると、本当にすごい名前のところへ仕事に行ける確率が上がります)







 

東京スピリチュアルセッション〜ありがとうございました。

今月も東京スピリチュアルセッションに来ていただきましてありがとうございました。

今回は正直少し焦りました。

台風が大阪の横を通過・・という状態で、新幹線の遅延か・・止まるか・・・の覚悟はしていました。
その場合のことも笙先生と話していました。


出発日の前の日、お仏壇の仏様に
「雨が降っても構いません。ただ・・・風だけは少し弱めていただきたいのです。
あまりにも振っていると・・ずぶ濡れですし、それで風邪を引いたら・・お客様に移すことになるので・・・それとあまり暴雨風とだとタクシーがいないので乗れないのと、新幹線が止まり・・仕事に支障をきたすので・・・(ほかに、あるお話しをさせていただいています。ただし・・・この文章な言い方はしていません。ある独特の話の仕方があります)」と話させていただいます。




当日になり・・・本当に少し斜めの雨であり、そしてタクシーはすぐ見つけました。

そしてあまり濡れずに済みました。


新幹線も通常通り動き・・助かりました。

あ〜〜本当にありがたい、ありがたい・・・(感謝)


そして無事に到着。

そして無事に仕事をしまして・・・・

みなさんの笑顔が見れました。

もちろん・・・辛いお話しもありますよ。

でもその人、その人から見える未来へつなげる幸せの方法をお話しするとみなさん安心されます。




帰りの新幹線も無事に動き・・・よかった、よかった・・・

もしも新幹線の中で体調不良とかあったら大変ですもの。




そして・・無事にお家に到着。

よかった、よかった・・・・

帰ってきてすぐ手を洗い、口をゆすいで・・・仏様にご挨拶。


本当に無事に移動させていただいてありがとうございました。

 

大阪チャネリング教室〜スピリチュアルでしてはいけないこと。

JUGEMテーマ:スピリチュアル

チャネリング教室の生徒さんには授業の時にはスピリチャルでしてはいけないことを教えています。


そして
「スピリチュアルでしてはいけないこと」・・・というブログを書いていまして、結構書いたのですが、そのあとに・・後ろでいろんな警戒音や、気配がする不思議な現象が数回起きたので・・・

「書いてはいけないのね・・・」と実感しています。



正しいことを伝えたい、という反面、

「正しいことは正しい人は知っている」と言われているような気がします。


そして
「正しいことを知っていきたい」と思った人は勉強をされるのだと思います。



間違っていることを正しいと思っていることは・・悲しいことですが、それはきっとその人が成長したら正しさを受け入れてくれるものだと信じています。



ただ・・・なかなか自分の考えを変更はできづらいですよね・・・
でもそれを変えて自分の成長を願ったときにはちゃんとご褒美がくると思っています。




東京のチャネリングの生徒さんのお話しです。
彼女はプロでスピリチュアルのお仕事をしていました。

彼女との授業を開始するときに約束をしてもらいました。
「言ったこと以上のことを決してしないこと」。


どうしても`知っていること’を`やりたがる’のがすでに活動している人の悪い癖でして・・
リセットをするのに時間がかかるのです。


たとえば・・新しく入ってきた社員の人に仕事の説明をすると
「前はこうでした」と平気で言い返してくるのと同じでして・・・


自己流でも他流でも・・・
他で覚えてきたことと比べられても・・・と思うのです。

申し訳ないのですが・・・ほかの先生の解釈をこちらで「どうなんですか?あの先生の考え方」と言われても・・・

・・だって・・・流派が違うでしょう?

つまり、お花も踊りも・・・

いろんな違いを説明してください、と聞く前に自分で体験して違いを知ってほしいと思います。


先生自身も・・相手の流派を知っているわけではないので・・・




いろんなことがあって・・立体的なことがこの世にたくさんあると思います。
まして見えない世界の場合もそうです。
そして・・・見えない世界に限って「たくさん見えるお話しをしてくれる人が正しい」と思う風潮がありますので、それには気を付けてください。

ふるらんが尊敬する方のほとんどがふるらんに対して二言、三言しか言いません。

本質をついてきます。
そして・・・ふるらんに対しては細かい説明をしません。
「自分で回答を出していくタイプだから強い人生を歩く人で将来は安定した人格のためって知っているよね」と言われます。

先日も霊感のある尼さんに
「ちょっと立って・・・」と言われて、じっと目を見ていました。

そして
「深く見える人なのね〜」と静かに言いました。


そうですね・・・深く見えます。
それが良いのか、悪いのか・・・人の○いところまで見えます。
でもそれは相手に言いません。
マナーだと思っているので。



そんな説明も尼さんにはしませんでした。

きっと“知っておられる”と思ったので。




マナー違反はしません。
そして人との約束は絶対です。

破ることはもちろん・・・不徳を積むことですので。




彼女はふるらんにあるお客様のお話しをしました。
そのお客さんにあるものを使い、癒しをされたそうです。

ふるらんは
「ふるらんはあなたに○○○○系のものは一斎処分してください、とお話ししましたよね?」と話すと、

「これだけはお客様にいつも使って評判がよかったので」というので、

「最初はいいでしょうが、数日後には良くないものですし、あなたにとってはそのグッズはいいと思い込んでいるだけですよ」と話すと
「そうなんですか・・・」と言うので、

「はい、最初の約束を破りましたのでしばらくは授業は中止させていただきます」とお話ししました。



してはいけないことは、絶対してはいけないのです。

まして彼女はプロですし、チャネリングの授業の途中で○○○○系のグッズを使ってしまうと、チャネリングがぶれる・・・
・・というより、何かにつれてそのグッズを使いたがる。

でも根本は・・・そのグッズは良くないのです。


理由は・・合わないと説明しましたが、合わないどころがたくさん寄ってくるのです。



あちらの世界の怖いところは・・
最初に甘いものがきます。
そしてそれに合わせてどんどん悪いものが寄ってきます。



先日、お寺で聞いたお話しですが、本当の修行や信心が始まると・・・次々と悪いことが起きるそうです。

はい、ちゃんとあなたにくっついてきたものがあなたの新人や修行を邪魔し始めます。


それで途中で辞められる方も多いそうです。

ある土地のお話しを聞きましたが・・・その土地に住んでいる人の大多数にあることが起きたそうです。


でもそれを超えて・・・乗り越えた人だけがとても安定して楽になったそうです。



授業もそうです。
最初から
「はい、あなたはもうできます」にはなりません。

そしてそのあと変わっていくことを決意する人は変わりますが、変わらない、変えてくれない・・と思った人は何の変化も起きないこともあります。

起きない人は・・はやりあることが足りないのです。

そして何も起きないので
「私には才能がないのでしょうか?」となります。

才能ではないのです。
努力が足りないだけなのです。



チャネリングは努力とすなおさがあればできると思っています。


お母さんにしか教えていないのに、その子供さんがあっさりできたりするときがあります。

お母さんの話をすなおに聞いているからです。



半年後、彼女と再会しました。

すっかり顔が変わっていて・・・

「とっても素敵になりましたね」と言うと、

「今までのものをすべて捨てることを決意したらグッズをすべてすてて、そしていろんな考え方も捨てました。

とにかく半年のお休みでリセットしないとチャネリングができないし、私の目標の`自分と人を幸せにする’が実行できないと思ったのです。

すべてをすなおに受け入れるために自分を変えてきました。

一からよろしくお願いします」と彼女は話してくれました。





今、彼女はある県でチャネラーとして活躍しています。

普通の先生は静かなところで静かにお話ししますが、この先生はふるらんと同じでどこにいてもちゃんとチャネリングができるようになったので道端でも困った人に対しても手を差し伸べることができるのです。



彼女からメールが来ました。
「・・・(中略)・・・おかげ様で毎日安定した心で生活をしています。
お客様も落ち着いた方ばかりが増えまして、いつでも自由にチャネリングが役に立つのでとても楽しいです。


スピリチュアルでいろんな出来事があることを受け入れられる自分の出会ってから、してはいけないことの意味が深くわかるようになりました。

表面的に美しいことでも、深いところで違った意味なときもあるのですね。
これからはふるらんさんの言葉を何度も想いだし、きちんと見極め、プロとしてのお仕事をしていきたいと思います。

また定期的にいろんな教えを受けに行きたいと思っていますのでよろしくお願いいたします」とメールがありました。





決してしてはいけないことがたくさんあります。


お坊さんを見ていて・・ん?と思ったこともたくさんあります。

でも一般の人は・・
「なんでしないの?」と簡単に回答をだし、
「お坊さんがおかしい」という話をします。


見えない世界は・・簡単に手出しをしてはいけません。
そして安易に
「助けてあげるわ」として思ってはいけないことを心に刻んでくださいね。


相手の方がはるかに上手・・ということも多々ありますので。


もちろん・・・チャネリングだけでどうにもなる世界を背負うお客様も多いことを知っておいてください。

 

東京スピリチュアルセッション〜運命の人と出会うまでの道


恋愛ができない、結婚ができない・・・
それで占い師さんや霊能者さんに
「運気が悪い」とか「家の問題がありますよ」と言われますね。

はい、それもあります。
強弱がありますが。



本人さんの性格の問題があまりにも荒かったり、自分本位で・・とっても無理・・という場合もありますし、前世や今世のトラウマをずっと前に出しっぱなしで男性を寄せ付けない人も多いです。




ある人には
「20代の時にプロポーズしてくれた人があなたを一生幸せにしてくれる人だったのに、あなたはちょっとでも自分の願いと違うと相手を切る人だものね」と話したこともあります。


自分が一番大切なのはわかりますが、相手に対してとても評価がきつすぎたり、
「結婚って作り上げていく人生なのに・・今答えが先では・・」と話すときがあります。


「お金はたくさん持っていると出会いはありますか?」
「この人となら子供ができますか?」
「私の親を面倒を見てくれますか?」
「家が欲しいのですが、買ってくれますか?」
「私は仕事を辞めて家でのんびりさせてくれる人ですか?」


・・・男性の方に、もしそのようなことを聞いたりしたら男性側はすぐうんざりでしょうねぇ・・・・

直接聞かなくても、そのような空気を出して会話は・・・男性もいなくなります。



自分からダメにしている人は多いです。





それと・・焦ってしまって、結婚を決めて・・

結婚することになって・・・結婚式のお金や生活のお金、どっちがお財布を持つかを話し合わないうちに結婚式をしてしまう人が多いこと。

上記の質問をちゃんと夫となる人と話し合えないなら・・結婚しても夫の顔色を見ていくことになります。


昔は結婚のためにちゃんと貯金したものです。
でも今貯金や収入が無い、つまりお金がないから結婚して安定を・・の人が増えています。

・・だから結婚後、生活が苦しいのですけれど・・・


今増えてきているのは・・
彼氏の借金発覚。
そして・・結婚後に夫の借金発覚です。

奥さんと一緒に借金を払っていこうという彼の計画的犯行です。

そういう夫には必ず
「払ったら夫が変わるかと思って」というのですが、はい、みなさん、わかりますよね?

借金のある人は変わりません。
お金を借りて、返したら・・また借ります。
そしてその土台がお金の管理ができないので、自分の管理もできません。

そしてほかには・・結婚後、仕事を辞めた夫が
「男女平等だから・・女が家にいるのも俺が家にいるもの同じ。うちは俺が家に居てお前が働け」。


すごいでしょ?

だから結婚は慎重に。


焦ったらだめよ。








「結婚できない理由を教えてほしいのです」というご相談の彼女はもうすぐ40歳を迎える人でした。

笙先生とダブル霊視をして・・・
「そうさせられていますし、そうすることであなたは守られています」と言いました。



お付き合いをして、楽しかったら・・という簡単な公式をもっていたのですが、それは間違えではないのですが、彼女は世の中の大人としての慎重さに欠けていました。


「あなたのご先祖様があなたを止めているのでしょうね」というと

「それなら結婚も幸せにもなれないのでしょうか?」というので、

「そうではなくて、あなたが変わらないと・・またご先祖様が止めると思いますよ」と言いました。



結婚したら幸せになれる・・ではないでしょう?

愛しているもの同士が相手の命を守り、命を産み、育て・・一生を共に暮らし・・
その間に幸せや不幸の経験をしながら作り上げるもの・・・

幸せって・・思いやりとか助け合いとか・・支え合いとか・・・愛をちゃんと含んだ努力の後にあるものだと思う。

そしてどんな小さなことにも感謝を込めて愛する人に言葉を捧げる・・

単純に、結婚=幸せになれる、というのではないと思う。


結婚を頼りにしては・・相手に負担。

だから・・相手も重くなる。

「え?一緒に努力するんじゃなかったの?」だし。




普通に一緒にいて楽な人。
時間や空気感が一緒な人は・・とっても気持ちがいい。

この人なら・・一生心が楽と思う人が一番。
そして大人としての責任感のちゃんとある人。



彼女が結婚に‘求めているもの’がご先祖様からみて・・違うと思っているのでただ止められているだけ・


「止められているのが幸せだと思ったほうがいいと思う」と言いました。


普通は・・止められないで、そのまま大変な結婚に突入ですもの・・・



「ご先祖様に認められたら・・結婚できるのですか?」というので

「認められるような考えや、行いに少しずつ変えることですね。ご先祖様や周りが祝福された時は結婚がすんなりできて、結婚に反対の人がまずいない。今までたくさんの人を見てきましたから」と話しました。


笙先生が彼女のなおすところを伝えてくれました。


彼女は自分を変えるための決意を話してくれました。

「幸せになれるのなら、今の自分を変えます。努力します」とお話ししてくれたので、その先の方法をお話ししました。

(「このままの自分で好きになってくれる人はいないのでしょうか?」と聞かれる場合も多いのですが、運命の男性と出会った女性に聞くとよくわかると思いますが・・・「新しく〜を始めた」とか「前の彼氏のものを片付けた」とか「考え方を変えた」等、変化したご褒美で運命の彼と出会ったことを教えてくれると思います)



今までの自分で・・・は一番楽だと思います・・というのは本当にそうでしょうか?

そして今までの自分は・・・本当のあなたなのでしょうか?

本当のあなたなら、もっと普通にしてて、そして幸せのはずです。


ご先祖様が
「いままでの行動で、今の結果がでているのだから、変化は必要ですよ」と言われているのだと思います。
(ご先祖様のせいにして恨み節を話す方が多いですし、いろんなところで言われたことをどんどん積み重ねて重くされる方も多いです)


どうしても変えたくない、相手が変わってほしい、突然運命の人が出てきてほしい、と願う気持ちの女の子だと思います。


それで・・・運命の人はちゃんと見分けられる自信がありますか?

やはり変化した努力と考え方を変えたことで得られた新しい部分の目線が“本物の運命の彼”を見分けられると思っています。




運命の彼は・・・不思議に物事がスムーズに進みます。

相手のご家族様ともとても仲良しですし、もちろん、誰も反対はしないです。


そして一番言えることは・・・デートも数回の中にお互い結婚の話になります。

その理由は・・・
「ほかの人に取られたくない」という気持ちもありますが、もっと深くて大切な部分の気持ちである

「一心同体だから・・結婚というのは自然の流れ」のような

『自分の人生のすべてを見つけたからそうする(結婚)』というような気持ち・・・


これ以上はいらない・・

もうなんにもいらない・・・

幸せに包まれることによって物質とかお金とか・・・もう彼氏かいらないっていう多幸感ってわかります?
経験したらとっても不思議なものが全身に広がります。





彼女は2か月に一回スカイプでの授業を受けてくれました。
(授業はお客様のペースで進めています)

会うたびに彼女が変わることがとても嬉しく、彼女自身も
「友達から変わったね」と言われることや、会社の男性から急に声をかけられたり、親戚の人から突然お見合いの話が出たりして不思議ですと言われるお話しをしてくれました。


はい、彼女の努力は神様も認めてくれるのです。
そして周りの人もちゃんと彼女を見て、彼女の幸せを願い、幸せの道を作ってくれるのです。



人ってありがたいですよね。

笙先生やふるらんは
“変化させる方法“しかお伝えできません。


変化するのはお客様ご自身しかできません。

私たちがいくら話しても行動しない人はしないのです。



がんばった人はかならずいいことがある、と思います。
それを信じて前進してほしいのです。




彼女は起きることを受け止め、そして行動しました。



それからしばらくして・・・

ネットである男性と巡り合いました。
え?ネット?と思うでしょう?

でも・・・今、ほとんどの出会いはネットですし、結構ネットで出会ったことを隠す人も多いですが、徐々にネットでの出会いを公表する人も増えました。

今、そういう時代なのです。

これだけインターネットの時代ですもの。
それが当たり前だし、普通のことになっています。




たくさんの男性とのメールのやりとりをされたり、あったりして、やっとこの男性と出会いました。


彼はある外国との取引の仕事をしていて、忙しい合間をぬってネットで結婚相手をさがしていた人でした。
(海外の仕事をしている人は時差や移動がありますから、とても大変です)



私たちのまず報告をして、笙先生とふるらんとダブル霊視をして、
「いいと思うから交際を続けたら?」と一次試験合格メールを送り・・

ほかに注意するところを彼女に伝えました。
(ハードルを何個か用意させていただいています。その男性によって違いますが・・・)



そして彼はとても忙しい人なのに、デートの時間を作ってくれたり、スカイプをして二人の気持ちを育てて・・・
4回目のデートで彼から
「一緒に同じ風景をみながら暮らしたいし同じ夢をみたり、君の夢をかなえたいと強く思っているからこれから先は結婚を考えてほしい」とご挨拶。

本気の男性はデートの回数が少ないうちにすぐこの言葉を言われます。



そして半年後に結婚・・という話になり、結婚の日取り等、両家で現在進行中です。




女性は子供を産む期間が決められています。
ですからネットでの出会いは否定できないのです。

それになにしろ・・・今の男性はなかなか声をかけてこない。

それと・・仕事ができる男性は忙しい・・・

恋愛なんてなかなかできないし、海外の男性とも出会えるチャンスがあるネットを無視することもできない。



・・・というわけで、彼は彼女より3つ年下です。




運命は・・地球上の男性から選んでください。

そのぐらいの大きな規模でいいと思います。



どんなに遠くにいる人でも、あなたとの縁がある人は必ず出会います。

あなたが拒否しない限り。





先日、外国に住んでいる生徒さん(前まで恋愛教室、今は金運教室)がこんなことを言っていました。
「先生、運命ってすごいですよね。とっても遠い国に住んでいる一人の男性とある日突然出会い、結婚して・・・こんなに幸せな時間を与えられるのですから・・」と。



彼女のおなかに赤ちゃんがいます。




幸せの入口を狭くしないように。
たくさんのことを受け入れて、そしてどんどん育ててください。

もちろん、選択の権利はあなたにあります。
でもそれも正しい選択をされるように。



幸せって・・・誰でも与えらえるように、自分でも選べるように・・・でも、間違えないように。




本物の幸せって・・・本当に心の底から違うから。

 

東京スピリチュアルセッション〜オーラが金色のはずなのに・・・

金色のオーラって・・・見てみたいでしょう?

今まで数人見させていただきました。

いずれも会社を動かしている人です。

男女ともきれいな透明な感じのオーラでした。


その奥に・・お〜〜金色があるのね・・・と思うようなきれいなものです。



はっきり‘金色!’という感じではなかったですね。

深いところに美しい金色・・という感じでした。



人柄もすばらしく、熱いものを感じたり、深さを感じたり・・

みなさん共通のは温かさを感じました。
それも・・・人を幸せに感じされるような温かさ。



温かさがあるだけの人もいます。

人柄の温かさです。



金のオーラを出す人の特徴は・・・芯があります。

そして熱意があります。

ぎらぎらしていません。


優しいけれど、熱くて・・・太くて・・・余裕があります。



そして・・・人にパワーを与え、人を動かす心を必ず持っています。


そして、そして・・・何より、共通するのは神仏に対しても人に対しても感謝の気持ちを持っておられることです。


普通に会社員をされていて、
「この人・・・将来、とっても綺麗な色になるのに・・・」と思う人もおられます。

正直職業ではないと思っています。

人柄や意識、そして人間としての霊格の高さだと思います。

最初は良くなくても意識が変わり、どんどん美しくなるとふるらんは信じています。









オーラの色を聞きに来られた方がいました。

彼女は昔からオーラに興味があったらしく、でも見えないのが辛いというお話しをされました。


それで「見えない理由」がわかりました。


「あなたは求めるからそうなるのですよ」と話すと

「求めないでどうやってほしいものを手に入れるのですか?」と聞かれたので、

「求めることではなく、与えられるように自分がなるのが本来の道の歩き方だと思います」といい、いろんなお話しをさせていただきました。


見たい、知りたい・・・もっと、もっと・・・


ふるらんはそんな風には思ったことがありません。

もちろん金のオーラをまとうこともないでしょう。

欲しい、もっともっと、と思うことは・・・正直要求することに近い行為だと思います。



金色のオーラの人、それに近い人のみなさんの共通は
「努力の後についてくる」ということを知っておられます。



見える方向から考えると同じことです。

見えるようになりたい!と思うよりも

「努力をしたら与えられるのだから・・・それだけ頑張ろう」となってほしいのです。




彼女は私たちのお話しを真剣に聞いてくれました。

そして
「私の考え方が間違っていたとわかりました」と気持ちを改めてくれました。


「やっぱり・・すなおな方ですね」と話すと

「結構へそまがりです」と笑うので

「へそまがりなら、絶対私はへそ曲がりではありません、と答えますよ」と笑って答えると、彼女も笑っていました。





そしてまたオーラのことをお話しし、彼女は帰っていきました。


笙先生が
「かすかに見えるよね・・まだ遠いけれど」というので、ふるらんも

「でしょう?(笑)。途中からちょこっと出てきてたよね。今までのことが彼女を邪魔しているんだということが本人的に気づいてくれただけで嬉しいわ。次回はきっともっと見えてくると思う」と会話していました。



半年後、またご予約をいただきました。

セッションをすると・・・
最近、金運が出てきたようで、派遣だったのに、ボーナスを少しいただいたり、お得情報などが入ってきたり、友達と連絡がついて、気持ちに楽しみとドキドキ出てきたそうです。

「いい刺激ね」とふるらんが言うと、

「これで心や考え方が磨かれて、金色に光っていくんだわ、とわかりました。
小さな努力を続けてみたらすぐいろんなことが始まったのです。だから要求ではなくて、努力の後に結果に答えがでての意味が解かりました」とお話してくれました。



それで、スピリチュアル的な徳の積み方など教えてあげました。

彼女は
「定期的に授業を受けに来ていいですか?」と話されたので、

「もちろんいいですよ。その時に悩みがあったら相談も受けますので」と答えました。



彼女の背中をみながら笙先生が
「変わるもんだね・・前とぜんぜん違うね。女性が恋で綺麗になるのと同じように、考え方を変え、正しい行動をしたらこんなに見やすいオーラになったし」と言いました。



そうなんですよ。
女の子は・・お化粧一つで変わるように、どんどんお化粧を勉強してほしいのです。


高いものじゃなくても、基礎とか理論とか、ネットで出てるし、自信がなければお店に行ってください。
お店の対応方法は教えてあげます(笑)。


ちなみにこれで、40代後半の女性が合コン(男性○対女子○人、女性の方が多い)で3人の男性からメルアドをいただいています。


だめよ〜
昔の自分のままで対決しようとしたら。
自分は年を取っているのを自覚しないと。

同じ年の人とはなしてごらんなさい。

え?って思うから。
私ってこの人と同じようにほかの人からも見られているのね・・・と自覚するから。



高い服は着なくても、オーラが綺麗なら・・とっても綺麗なそして若く見えます。

芸能人がオーラが出てるのがわかるでしょう?



努力とそれについてくるオーラがものを言うのです。

ただ、残念ながら私たちには芸能人さんたちのようにお金がありません。

でも、時間はあるのです。

時間を利用してどんどんいろいろな努力をしてください。

徳積みもそうです。


そしてオーラを出してください。



気が付けば・・あなたの回りの人たちの顔ぶれが変わります。
もちろん出会いも。(ニッコリ)。

 
CMSならドリーマASP