東京ダブル霊視〜家の電気が切れるのは・・

スピリチュアルな言い方をすると・・・当然何かがありますよね・・・
ちゃんと回答があっちの世界からの影響・・という場合は。


まぁ・・ほとんどの場合は「電気の寿命」ですが、お客様にそれを説明しても

「絶対違う」と否定される方もまれにおられます。

どうしても・・幽霊のせいにしたい・・と思うのもわかりますが、人(元人)のせいにするとますます相手を怒らせますし、引き寄せの法則のマイナスが働きはじめます。

モノには寿命があります。

電気の球なら・・一度外して・・それを優しく振ってみたら小さな音がします。

はい「切れています」。



なので・・あまり幽霊さんたちのせいにしないこと。

それを思うと・・・
あなたはあちらの世界から見ると敵とみなされます。

そんな事態にならないようにしてください。

「きじも泣かずば・・撃たれまい」ですので。





「お客様がたくさんのスピリチュアルグッズを持ってこられまして、その鑑定をした後から体調が不良になりまして・・・」とスピリチュアルのお仕事をされている女性が来られました。

・・○年の仕事歴。

「・・・経歴が浅い割には・・・なぜこんな程度で攻撃を受ける?」と不思議に思いました。

そして・・
「家の中のものが・・特に電化製品が壊れるのです」と。

家の中のものを写真を撮っていただいていたので・・・視ると、確かに数名のものがいるのですが・・・
笙先生いわく
「この程度なんて大したことないよ」と言いました。


まぁ思い起こせば・・・ふるらんも笙先生と出会う前はよくやられたものでした。

変えの電球はとりあえず買っておく・・・

きゃ〜パソコンだけは・・パソコンだけは・・お願いだからやめて・・・

と願ったものです。



彼女の話を聞いていると・・・お客様に対してちょっとお疲れ気味。
それで彼女に提案しました。


「あのね・・・仕事を終わったら、もうお客様のことを考えないようにしないと・・・連れて歩いているよ」と。

はい、仕事が終わってからも自分の人生の時間の中でお客様のことを考えて、考えて・・・

それでずっとお客様を連れて歩いているのです。

その一部のせいで・・・電球が切れる。



なぜ電球が切れるかと言いますとですね・・・

人とあっちの人の電圧が違うみたいなもので。

と、、人によって
「私います」と主張している人もおりまして・・・
人ってさまざまなのです。



それで彼女にはある訓練をしてもらうことにしました。

そして2か月後・・今度はスカイプでその結果を見ることにしています。





もう一つのお話し。


「何度付け替えても・・・○側にある電気が切れるのです。あまりにも切れるので本体を買い替えました。でも新品なのに切れるのです」とお客様からのお話し。

その写真を持ってきていただきまして・・・そのほかの部屋の写真を霊視していると・・・


あ・・・・いるいる。


「ご主人、浮気していますよね?」とバッサリ聞くと、彼女は

「あ・・・やっぱりね」と言いました。

飼っているペットの様子がおかしい。
主人を時々吠える。

何か変だな・・・と思っていました・・・と言うことでした。


簡単なお話し。
同じところを何度もやられるのは・・・同じ攻撃を受けているということで・・・つまり同じ人の確率が高いということで・・・

それの○○の方角にある○○の上のライトといえば・・・霊感が無くても多少の知識があれば

「あ〜やっぱりね」になります。


「髪がこんなんで・・こんな足の子好きでしょう?ご主人のタイプ。それに御主人、嘘をついてもあまりまわりにわからないように巧妙だから・・相手の女性も本気だしね」と言うと、

「前の奥さんとの離婚の理由は向こうが悪かったと言っていましたが・・やっぱり彼が悪いのですね」というので

「相手を責める人も悪いけれど、自分が悪いとか言って周りの同情を買う奴もいるから・・それを見抜かないと、大人になれないでしょうね」と言いました。



風水とは面白いもので・・・霊感が無くてもその方向で何かが起きて、その解釈の仕方を覚えると霊感パワーを使わずに済む。


ふるらん達は霊感があるので写真を見たらわかるけれど・・・

「結構本気にさせて遊ぶのがご主人の趣味といおうか・・離婚しても滑り止めぐらいの女に仕立てるのが彼が人生で楽しんでいるゲーム」みたいなもの。


人の魂や感情に触れることを楽しむと・・・必ずその部分を通して何倍にもなってわが身に変える。



言葉じゃなくても文章でも。
相手を攻撃したり、もてあそんだりすると・・・ちゃんと帰ってくる。


「お前も彼女も本気だ」という変な思考の方とは早急にお別れください。

そして
「あの子はかわいそうなんだ」とか

「お前はなんでもできるけれど俺がいないとあの子は大変なんだ」とか

「お前の変わりはいくらでもいる」とかものすごいことを言う人とは速攻別れましょう。



それにもちろんのごとく
「彼女とは遊びだし、浮気だから〜」という人とも。


その人は人の魂をなんとも思っておられないので、いずれ仏罰等に合うことが決まっておりますので。

それをあなたが前にでて
「ゆるしてあげてください」は彼と同じく不徳を積むことになります。


必要なことは助けてあげましょう。
でもその前にその人がいままで自分にしてきたことをよく考えてから・・ね。


そして不必要なことは・・・してはいけません。



また生まれ変わったら・・あなたを利用し、あなたに自己都合と助けを求めるみっともないその男と結婚し、またあなたは彼とともに苦しみを何度も味わう人生が待っています。




その後、探偵を付け、離婚の準備を完成させ・・・無事離婚。

彼女は自立して今とても心が豊かな生活をしています。





あるお寺のお話しです。

お寺の天上にあるスポットライトがとても短い期間で切れる・・・という話をしていました。

ふるらんは電球の交換を見ながら・・・霊視をしてしました。

そして・・・
あ〜〜そうなんだ、そりゃ〜〜切れるわ、と思いました。



お坊さんたち数人で電球を交換して・・・


そして無事にまた点きました。


でもふるらんは
「この電球・・切れたらいいのに」と思ったのです。


回答はですね・・・その先にあるものが・・このライトが嫌いなのです。


はい、仏様にライトを当てるなど・・・どんでもないことです。


この仏像を彫られた方、仏師の方はこの大きさからして・・・大仏師と呼ばれるほどの超最高の方です。


彫られた方の時代を考えると・・・当然ライトなどありませんので、ろうそくの炎で仏様のお顔が美しく見えるように計算されて彫られています。



だから・・ライトアップなって・・ねぇ・・・・


揺らぐ炎で仏様の表情が変わる・・・というのを魂にしみるように仏師の方が命がけで掘られています。


と、あのあたり具合・・・
きっとまぶしいと思うわ・・・


ということで・・多分、そう思う人の念みたいなもんがあのライトに集中〜〜なのでしょうね。


もちろん仏様がされているとは思いません。


だって・・・人間のやることなんて・・・仏様からしたら・・とってもとっても小さなことだと思うので。




昔の光をみることを“観光”を言います。

はっきりくっきりしっかり見ることと意味しませんし、行かなきゃ損とかいう問題でもありません。




勘違いをしてもらっては困るので・・・

ふるらんもライトアップは好きです。

でもね、人の顔をライトで照らすのはショウービジネスだけにしましょうね。



私たちは視える光の中に感じるものを読み取るという仕事であり、一般の人は自分の心に感じるものを自然に受け止めればいいと思いますし。


夕日をわざわざより赤く染める必要もなく、

この青い空をもっと青く色を変換する作業もすることもなく、

あ〜〜今日はこんな色だ・・・で感謝できたらそれでいいかな〜〜と思うふるらんです。




いろんなことがあって・・・夕日がとてもつらく見えるときもあると思います。

でもそんなときでも
「これ以上悪くならなくてよかった・・」と思えるような自分でいたいと思っています。




年末に向けて・・電球の交換をお勧めします。

お正月に電球が消えるのは嫌でしょう?(苦笑)。



 

大阪ダブル霊視〜金運を上げる方法

金運を上げる方法は・・・いろいろあります。

普通に言われているように断捨離もそうです。

お部屋の掃除をして金運の神様が来ていただけるようにしましょうね。



あなた自身の考え方もそうです。

無駄がある人はいくら金運を上げる方法をとっても・・ぜったい無理です。


だって・・やっぱり自分で自分の穴を掘っていますからね。


それと・・金運をダメにする人間関係。

会社のストレスでイライラしてお買いものをしすぎたり、食べ過ぎたり。

家族の過剰なお金の使い方。

そして・・・夫の裏切りもそうです。



金運の神様は「人を裏切ったりする人」や、「嘘をつく人」そして「道徳に違反する人」、つまり汚い人は嫌いです。



金運の神様は・・・ある行動をとります。

それがある場所にいるときにはあることが起きます。



でも・・・一時期はお金が多額に入ったとしても・・・やっぱり汚い人である限り神様はいなくなります。

そして・・夫婦であれば片方の裏切りは裏切りを受けた方の憎悪を呼び、家をゆがみ、そして人生をゆがませます。


不徳を積むことは汚いものを集めるということです。

自分の欲求のために相手に平気で嘘をつき、そして相手を振り回して・・・自分の楽しさや人生を過ごす・・・
そんなことが絶対ゆるされるわけがありません。


そしてそんな行動を取る人には・・・もちろん、神罰や仏罰等あるということを忘れないでください。


「ただで済むと思うな・・」と言うことです。



奥さんを裏切り・・

未来を誓った人を裏切り・・・

それで・・ただで済むと思うな・・・です。





・・・ということを裏切られた方のあなたが考えることは短時間にしましょう〜

こんなことを考えるよりも次のことや次の男性を見つけましょう。


だってほかにもたくさんいるもん!

あなたを心から大切にしてくれる尊敬できる人が必ずとこかにいるはずです。




「いらん奴はいらんと思うよ」とふるらんはバッサリお客様に言います。


だって・・・一度裏切った人は・・また一生裏切るもん。
誰が信用なんてするもんですか〜でしょう?


いろんな人を見てきましたが・・・スピリチュアルでどうにもなるものではありません。

古い言葉にもあるぐらいなので。





いいですか?

あなたを裏切った人はあなたのお金さえも狙っています。

とにかくあなたがいてくれればいいのです。
毎日の生活はあなたがやってくれる。
そして働いてくれる。

俺は楽〜〜


そしてひどい話では・・・
「死んでくれたらいいのに〜」とご主人が男友達に話したり、付き合っている女性に話したり・・・そんな人もいます。


お金が無くなる男性とは縁を切りましょう。

そして・・やっぱり借金のある男性とは縁を切るのが一番です。(内容にも寄ります)







ある女性からの相談で
「彼が親の借金があってそれで結婚ができないから借金を返すまで待っていてほしい」と言われました。

彼女は・・・12年待ちました。

そして子供ができる年齢が過ぎていきました。


私たちの前で
「子供が欲しかった」と泣いていました。

ふるらんは
「彼の前でそれを言わなかったのでしょう?」というと、

「はい、そうです」というので

「なぜ言わなかったの?」と聞くと

「いえなかったんです」というので

「いえなかった理由は・・・言えば別れるって言われるのがわかっていたからでしょう?」と言うと彼女はまた泣いていました。



つまり・・・彼にとって彼女との子供は必要なかった・・と言うことです。

はい、彼は彼女と結婚の意志については逃げて・・・いいだけ付き合ったという事例ということで・



子供を産む期限があります。
それから逃げる男性は結婚の意志がありません。


そして・・・借金のことで彼女を振り回すのも・・神様から見てどう思われるのでしょうか?


「もっといい人がいるよ」と言われているのではないのでしょうか?


「子供が欲しいといったら別れを言われる」・・・


それって・・・すっかり脅されていますよね?

「産むな」って。




お金が無くても結婚して二人で幸せに生活している人もたくさんいます。

そしてそこからこつこつためて・・幸せな人生を作り上げる夫婦もいます。




「籍は入れられない・・・」

不倫もそうですし、彼に結婚の意志がない、ということです。

つまり・・・これも汚れた約束をさせられています。

神様からみてどう思います?


女性は心の底から彼のことが好きで結婚したいのに・・・


でも・・・
「籍は入れられない」。


「紙切れ一枚だから」という人の気持ちが意味不明・・・

神様からみたら
「そうね〜紙切れ一枚ね〜〜」と言われるのでしょうか?


そして自分のおなかを痛めて産んだ娘が
「あのね、彼が籍を入れられないっていうの」と言ったら

「そうね〜紙切れ一枚だからね〜〜」と言うのでしょうか?


私が親なら
「そんな人、将来が危ないし、信用できないし、尊敬もできないわ〜〜別れたら?」と言いますが、間違っていますか?





相手の気持ちにこたえるのが愛だとふるらんは思います。

愛があるから相手のために結婚できるように頑張る。
働く、努力する、貯金する。

「幸せにしてくれてありがとう」と相手から言われたい。

絶対言われたい!

そしてもし自分があの世に行くときに最後に
「幸せにしてくれてありがとう」と相手に言いたい。


そして・・・相手に不快な思いをさせるような行動や思考をする人は・・・神様から愛されていないと思いますので金運も無くなるでしょうし、あとは〜〜〜と〜が無くなります。




互いの愛があれば・・・

愛情の運もお金の運もちゃんと付いてきます。

そして互いに健康を気遣い、健康運も上がります。

どんな苦労も乗り越えられます。

だって・・隣には命がけで守ってくれる素晴らしい人がいるんだし、そしてこの人のためなら死んでもいいと思うぐらいだし・・・


手放したくないから・・・ほかの人に取られたくないから結婚でしょう?

欲しいものを買ってあげて、
「ありがとう〜!」と言われて抱き着いてもらいたい・・・


それが愛でしょう?
だから金運もあげてパートナーのためにも努力したいし。




裏切り者は・・・いらない。

お金も愛も・・・裏切ったらそれ以上はなにもない。



神様も仏様も・・
もちろんそれ以上はなにもない。


ふるらんの中では・・神様も仏様も厳しいお方、だと解釈しているので。







あなたの金運を守ってください。

足を引っ張られて・・大変な目にあっている人たちをたくさんみてきたふるらんにとっては
「早く気持ちを切るのが先決」だと思っています。




ある女性を霊視していた時に足元に異変を感じるので
「足痛くない?」と聞くと

「時々強烈に痛くなるので病院に行ってもなんでもないと言われて」というので、

「ご主人に引っ張られてるよ」と言うと、急に笑い出し、

「やっぱり・・ですね」と言いました。



気が付いていました。

犯人は・・「夫」。




悲しい話ですが、「身内にも敵がいる」ということも心の隅においておいてください。




「金、金っていうな」というお叱りも受けるでしょう。

でもお金が普通に使えなくて辛くて相談に来られるのです。


その方たちのご相談を受けて・・・のお話しですのでご理解をお願いいたします。





大阪にはふるらんが知っている場所で・・・金運の素晴らしいところが2か所あります。

残念ながらここには書くことができません。

それは・・「いろいろな人」に荒らされる可能性があるからです。


そこの場所に行くと・・・身体にある反応が起きます。

そしてもう一つの場所に行くと・・・ちゃんとお話しをされる方がおられます。




金運単体のお仕事をされておられてはいませんが、大阪の金運やいろんなことをお守りされておられております。




注意事項を承ることが時にあります。

それをメモをして・・・もう一か所へ行く、というのが通例です。




ちゃんと持参するものがあります。
そしてそれにはある決められたもので、ご指定をされたモノです。





何百年にわたり・・この地を治め、そして今もなお、このつたない人間たちのためにお仕事をしていただいて・・・

本当にもったいない、もったいない・・・と頭を深く下げるのがふるらんのお仕事の一つです。




ふるらんも・・・きちんとしようと思います。

ぜったい神様や仏様から
「こいつは裏切り者」「汚い者」と言われないためにも。



 

大阪タロット教室〜恋愛を成功させるメール

メールの上手な子がいますよね。
読んでいても感心します。

ロンドンハーツの淳さんが女性のメールを代弁して書きますが、上手だな・・と思います。


はい、女性のみなさん、男性のメルアドをいただいて・・・どのタイミングでどんなメールを書いていますか?


まさか・・普通に
「今度食事に行きましょう!」とか
「お休みはいつですか?」とか・・書いてないでしょうね・・・?


最初が肝心なのに・・・これじゃ男性なんか落とせない。


「え?まだ好きでもないのに・・」とか思っている人もいると思いますけれど・・恋愛の基本をお忘れですか?

こちらが好きになる前に男性はもうあなたに対して結論を出す・・という生きものですよ。

・・・ともう一つ。
「女性が必要ない」という男性もとっても増えてきました。

こういう男性を落とすにはやり方が全く違います。


・・とあれこれやってから
「うまくいかないんですけれど・・」と言われても、もう相手は結論を出していますので、修正は難しいと思います。

逆に急に変えてきたら・・ある意味目的が違うかも・・と思う節はもっていいと思います。


ただ・・今書いている文章はすべての人に合うというお話しではありません・・ということを理解してください。

「自分の場合は違う」と言われるもの当然。

ただ・・世界には何十億人の方がおられますので、ここでお話しするのはふるらんが経験したお話しだということです。




何度も言いますが、ほとんどの場合は・・最初が肝心です。

いろいろやった後で
「修正・・」は難しいです。

ただわかってほしいのは・・最初にきちんとしておくと、そのあとがとっても楽チン!

と、あとは恋愛を上手に持って行き、結婚、結婚生活を順調にもっていくためにも本当に最初が肝心です。



ただ・・結婚したくない男性とか「いまさら責任をもつ家族なんて」とか思う男性はとっても難しいからやり方も違うので気を付けてね。




今回の女性は最初からメールのやりとりの訓練から始まりました。


タロット教室の生徒さんでしたが、途中から気になる人が出てきて、彼を落とす方の授業になりました。
もちろんタロットさんの意見を聞きながら・・です。

でもちゃんと
「結婚のカード」が出てきます。

「結婚するしかないでしょ〜〜」とふるらんは彼女に言いながら授業を進めていきました。


彼女のメールの文章が・・・正直男性の心にまったく響かない・・

「このメールなら・・後で返信してもいいか」クラス。


「ここは・・・こうやって、ここは・・」と説明していくと

「こんなに大変なんですね」というので、

「それを怠ったから・・・今までの人は返信が来なかったんでしょう?

初めて行ったお店で印象に残らなければ二度と行かないのと同じで、相手の男性によって書く文章が違うぐらいの女の子のキモチを書かないとね」と話しました。


めんどくさい人は・・どんなに頑張ってもメールで彼を落とすなんてできません。

と、言われたことをは完全にやってね。
・・でないと、彼、落ちませんよ。


「運命なら・・普通に結婚できますよね?」と聞かれる人もいますが、前世でも努力なしだったから・・結婚できず、そして今世でも努力も変化もなければ・・やっぱり片思いの恋愛という結末であなたは年を取っていきます。

はい、俗にいう
「繰り返す」ですね。



今世で変えようと思いませんか?


変化に対しての努力は必ずご褒美があると思います。

ただし・・・気になる彼と結婚するのが本当に幸せかどうか・・は別ですが・・・


ある女性の場合は・・本命の彼とのメールのやりとりをしていた時に、相手の彼の本音が見えて
「この人と結婚しても不幸ね」とはっきりしたものが視え、メールの生徒さんと二人で
「ほかの人と変更」という回答を出したこともあります。


・・そして不思議なことにそういうときに限って・・すぐ結婚相手の男性が現れるのです。

つまり・・
「本命だと思っていた人の本性が見えて、とっても訓練になった。そしてその結果本当の本命が出てきて・・」ということだと思います。



何回も生まれ変わっています。

まったく結婚していなかった人もいますし、何回も結婚している人もいます。

どの人と今世結婚するのか・・あなたが決めることです。

今世のベストの彼。

メールでの会話で相手のことがわかるなんてなんて楽なんでしょう〜!・・・と思いませんか?





「俺、メール苦手」・・・

まぁ・・それでもいいですよ。

でも
「電話も苦手・・」なら、この男性、仕事できるんですか?と聞きたいところです。


・・・「じゃぁ会おうよ」という話になると

「忙しいから・・○日の・・・・」という人がいますが・・

は?今から何日目の話?


できる男は
「5分でもいいから会っていただけますか?」と相手に言いませんか?



対会社でも、女性でも。



・・・とスカイプあるじゃない。

「俺、忙しい・・・」の本当の本音は

「忙しくて(そんなお前にかまっている暇と)時間がない」。





さて・・本題のメールの書き方ですが、あくまでも相手の男性を霊視させていただきまして、決めます。

タイプによってまったく書き方が違います。



と、時間のタイミングも違いますしね。


絵文字の範囲もあります。



でも・・・ふるらんはお客様に

「今、返信が欲しいなら今すぐ帰ってくるメールを書けるよ」と言います。


変ですけれど・・・むっちゃ自信があります。


なぜかというと・・・昔仕事でいろんなお勉強をしているので。



返ってくるメールの時間と内容によって彼のことが良くわかりますよ。



それと・・今までたくさんのお客様の結婚を決める文章を制作してきましたが・・・

とっても面白いぐらい気持ちいいです。





男と女は違う。

そして性格も違う。

考え方も相性も違う。


仕事の内容も違うし、そして意識も違う・・




メールって覚えたら最強のツールだと思っています。






タロットの生徒さんにいろんなことを教えて・・・

そして今、彼と彼女はお付き合いをしています。

彼女には
「この人は早く落として、早く結婚を決めたほうが幸せになれるタイプ」と伝えてあります。


そしてやっぱりタロットカードは「結婚のカード」が繰り返し出ています。



やってほしいことをいろいろ話して、そしてそれを実行してもらい、それをクリアーしたら・・・結婚をしたくなるすご〜〜〜いことを仕掛けます。


今まで失敗したことはありません。

・・もちろん、男心を知る笙先生にも参加していただきますので。





「結婚を決めるなら・・年末まで。それ以降は来年の○月・・そのあとは○年無理」という回答。


さて・・・彼女と彼、とってもお楽しみです。



ちなみにふるらんはいつもで彼を落とすメールをスタンバイ中です。


 

大阪チャネリング教室〜来年の運勢と金運財布

2016年の運勢を聞きにこらえるお客様が増える時期でもあります。

対面はもとより、スカイプでも遠方の方の対応をさせていただいております。



一番増えるのは・・運勢の流れです。
○月には気をつけましょう〜というお話しをさせていただいています。

特に人間関係は精神的にも来ますからそれは「転ばぬ先の杖」だと思います。


そして新しい年に新しいお財布のことを聞かれる方も増えます。

はい、もちろんお財布もタイミングです。



お財布のタイミングは2〜3年。

持っていてあまり良くなかったものは早めに変えましょう。


その方によって買うタイミングもありますし、自分で買う、友達に買ってもらう・・等、あります。


自分の運気と相手の運気で上昇させることもできますし、細かい注意点があります。

・・・と基本的に最初が肝心です。

あ、神棚とかお仏壇にお財布を載せないでね。

決してやってはいけません。

その理由は・・・ここでは書けませんので聞いてください。




材質もその人に合うものを。

金運が悪くなる材質・・とはいいませんが、あまりおススメできないものもあります。

そして大切なのは・・・使わなくなったお財布。

どうします?

簡単な処分の方法を教えます。

もしいろいろ意味があるのであれば・・またその方法をお伝えします。







それとお財布に入れるお守りがあります。
何個も入れないように。

神社さんによってはあまり相性がよろしくないお守りもあります。

そうですよ・・
あちらの世界ではいろんなことがあったのです。





チャネリングの生徒さんがお財布を持ってきて
「なかなかお金が貯まらないのです」と言うので彼女をチャネリング。

すると出てきた情景が・・飲み会が結構あるみたいで。



「ランチとか・・ちょっとお茶とか結構お金がかかってない?」と聞くと

「その通りです」と彼女は言いました。



お友達との関係維持に結構細かいお金が飛んでいくこと。


「でも・・それをやめたらお友達がいなくなると思います」というので

「それをやめてお友達が減るような人なら・・・何の御縁なのかしら?」と聞くと、

「みんなで飲んだり騒いだりしてストレス発散しているのです」というので

「結局ストレス発散にはなっていないですよね?お金に困るお金の使い方でお金の縁が悪くなっているから・・」とお話ししました。


参加者の方の写真をチャネリング・・・(霊視とはちょっと違う方法です)


「この人と、・・・この人、結構お金があるように見えるけれど実際は貯金無しよね?」と言うと

「え〜そうですか?いつもこの人たちから連絡があるので・・」というので

「ううん・・・無い。一番貯金をしているのは・・・この中で・・そうね、この人」と言うと、

「彼女が一番参加率が悪いから、さっきのこの二人にはあまりいい顔をされなくて・・」と言うので

「結局・・この二人の顔色のための参加でしょ?」とバッサリいうと、彼女は

「・・・そうですね」と言いました。




全員、ママ友です。

で、金運の無い二人にすっかり引きずられ・・・

みんな吸い上げられてるどころか、マイナスを増強させています。

「縁が切れるのが怖いです。さびしくなると思うし・・」というので

「縁が切れてさびしくなるという考え方は違うと思うの・・・縁を切らないと・・本当の金運のある友達を失い、そしてあなたはお金の縁や幸せの縁のある人と出会えなくなるし、一番かわいそうなのはその影響で子供もお金が無くなるし・・・

試しに・・・今頭の中に浮かんできたことを・・話してもいい?」と前置きして・・・


彼女に
「2回でいいから、飲み会を断って、そして起きたことをすなおに見つめてみたらいいと思うよ・・・ってチャネリングのメッセージが来てる。それと・・・今、ここでミニのチャネリングしてみてくれる?」といい、彼女の守護されている方に彼女にその行動をさせていいかどうか聞いてみると・・・彼女が

「今ほんの少しですが・・・ホッとしている自分が見えました」と言いました。



この問題があるのなら、お財布を今年中に買い替えることを指示。

それはとても相性のいいご主人様に○月に買ってもらうこと。


それを言うと
「その月は主人と出会った月なので、とてもいい時です」と言いました。





飲み会を2回断ると・・あの二人からしつこくラインで攻撃。


そして・・
「それでも友達なの?」と言われる始末。


それから間もなく一番参加率の悪かったママ友から連絡が来て・・

「ラインを見たけれど・・・もうママ友を一緒に離れませんか?」という話になりました。


二人で会い、お互いの話をすると・・彼女は堅実でとても未来を見ている人。

御主人をしっかり支え、ご主人も子供もとてもいい人で家族ぐるみでちゃんとしたお付き合いをしたいと心から思ったそうです。



「たくさんの友達よりも一人の親友みたいな人を見つけた感じでした」という彼女に

「○月まで・・もう少し耐えたら・・・きっといいことがあるってチャネリングです。あ、そうそう笙先生にこのことを話したら近々あの二人は離れていくから・・~~をしておいたらいいと思うよ、って言ってましたよ」と伝えました。

それと・・・その距離が近くなったお友達に
「たぶん・・〜〜と言われると思うから、それに気をつけさえしていれば大丈夫。それと・・・」ということで金運の伸ばし方を伝えてあげました。

そのお返事をいただきました。
「どうして・・そのことを知っていたのかびっくりしていました。やっぱりスピリチュアルってすごいですね」というので、

「あなたも人の幸せのためにチャネリングを覚えに来ているのだから・・彼女も幸せにしてあげましょうね」と伝えました。




数か月後、あのお二人さんは家を建てることになりました。

学区が変わり・・離れていくことになりました。


「・・・でも・・超借金でしょう?」とふるらんが聞くと

「はい、頭金なしで・・払うそうです。○○○○千万円の家を」というので、ふるらん、無言になりました。


御主人の仕事から考えて・・・その借金は・・・キツイと思うけれど。


ちなみに・・このお二人、仲良しでいたいということで・・近くに同時に家を建てたそうです。


御主人様・・・お疲れ様です。





彼女と深く仲良しになったお友達はお互いにちゃんと距離を取っていい感じで適度な金額でお茶をするようになりました。

お互いに前向きな会話をしてストレスをエネルギーに変える話し方をするようにしました。

(その話方は聞いてくださいね)


ちゃんとチャネリングをできる人は・・エネルギーの方向性を考えて会話ができます。


マイナスのエネルギーを持つ人は歩いているだけで
「あの人は・・」
「こいつは」
「あれはだめだ」
「なんで世の中はこうなんだ」・・・と他罰的です。



何も生まれず、そしてすべてを破壊し、相手を傷つけます。

つまりこういう人はいずれ大きな愛を手に入れたとしても、そのほか大きなお金を持ったとしてもあるとき一瞬で消える破壊力を自分で増強させているので相手にも自分にも無意識で使えるように日々訓練をされております。


そして・・・神様、仏様から愛されることはないでしょう。


行く着く先は・・ちゃんと本人が望んだ『孤独』です。



二人で仲良しであったとしても・・・結局孤独な自分に会います。

なぜなら心が通っているのではなくて依存と競争の合間で生きている関係なのですから。





御主人のお給料が上がりました。

少し神経質気味のお子さんが落ち着きました・・・


お小遣いを貯金できるようになりました。



「それはあなたが変わったからですよ。それにもともと金運のある人だったから、今度は御主人やお子さんの金運や健康運を伸ばしてあげれるチャネラーさんになりましょうね」とお話ししました。






お母さんが落ち着くと・・家が落ち着きます。

そのお母さんを落ち着かせない要因で・・どうにもならないこと・・つまりご主人の浮気とか、治らない癖とかはさっさと切りましょう。




そして自分の金運とお子さんにそそぐ愛情を増やし、楽しく暮らすのも人生です。




「前はお前を見ているとせわしなかったけれど、今、落ち着いて見れるな〜それに家に帰ってくると前よりずっと家の中が明るくなった。いつも頑張ってくれてありがとう」とご主人にひさしぶりに言われて愛されていることを実感できたそうですよ。

 

大阪ダブル霊視〜腕時計が止まる理由

お客様で
「○に送った腕時計が止まってしまって・・・何かあるのかと思って心配」というお話しがありました。


確かに嫌ですよね・・・
時計が止まるって。

ですからできるだけ「壊れないもの」などで送る方がいいかと思います。

それか・・・お金をお渡ししてほしいものを買ってもらう、等ですね。




腕時計が止まる。
壊れる・・

これにはいろいろな意味がありますので、“これ!”は言い切れません。


その時計をしていた人。
送った人・・

その回りの人のこと・・・

いろいろ視ます。



そして・・まったく関係ない人からのもののせいで止まる時があります。



「え?関係ないのに?」と思うでしょう?

でも人ってそんなものなんです。

街を歩いていても・・
「なんだ、あいつ」と思ったり、思われたら・・思った人と思われた人と視えない縁ができます。


あの人が気になる、この人が気になる・・
会社の人が苦手・・・

無視もできないし・・
でも・・でも・・としていると・・自分が苦手な人がちゃんと自分のそばに来るでしょう?


人に対して反応が激しい人は、ちゃんと反応の激しい人(内面ならまだしも、魂に潜んでいるものまで含む)とちゃんと縁ができます。

それはそれは・・・超完璧に。


「え?場所が変われば・・そんな現象なくなるんじゃないの?」と思うでしょう?

でも「ババ抜きのババ」を持っている人はババを引く割合が高いとみなさんは知っていると思いますよ。




人に対してと同じように、お金に対してもそうでしょうね。

いろんなことがあるのですが・・・ここでは書けないのでごめんなさいね。







御主人が
「腕時計が欲しいな〜」と言うので、奥さんは一緒に言って予算に応じて見て、そして買ってあげました。

御主人はとても喜び、それをつけていました。


ところが・・・2週間をすぎたころ、突然止まるようになりました。

「これ・・不良品だな・・」といい、ご主人は保証書を持ってお店へ持って行きました。

そして修理を頼み・・・

なおって・・また2週間ぐらい過ぎたころ、また止まりました。


御主人はまた時計屋さんに行き、今度は苦情を言いました。
「新しいのをよこせ!」と。
(まぁ・・・・こうなると・・・口汚いですよねぇ・・・みっともないし。と、相手にごねたり、脅すとか、相手に不快を与えるのは不徳ですよ)


元々少し短気なところもあったし、そして会社等、ストレスなど時計屋さんにぶちまけたのだと思います。
(筋違いだろうけれど・・)


そして、ご主人は結局時計代を返せ!と怒鳴り、お店側としては新しいものを渡すことになりました。
(お店の人が悪いのじゃない・・・ってわからないのでしょうね、このご主人)



そして・・・その時計はしばらく動いて・・・

今度は・・失くしてしまいました、という奥さんの説明でした。



ふるらんと笙先生は写真を霊視。

ふるらんが、
「どこで無くしたとかまったくわからないの?」と聞くと、

「ええ、主人は多分会社だと思うと言っていましたが」と言うので、ご主人と時計の写真をまた霊視・・・


ふるらんが
「ふふふ・・・」と笑いだして・・・

「あ〜ごめんなさい。あのね・・ちょっと聞きたいことがあるんだけれど」と前置きして・・

「ご主人ってお帰りが遅い人?週に数回はとっても遅いとか・・」というと、

「ええ、そうです。仕事が残業とかで」というので
(この質問をした時点で大人の人なら・・あ〜と思うでしょう?)


「残業して帰ってきたときはまっすぐ部屋に入るでしょう?」と聞くと

「いつもまっすぐ部屋に行きますが・・何か・・・」

「ご主人・・浮気してません?」

「え!」

「時計・・相手の女性が持っていますよ、あ〜もしかして捨てたか、売ったか知らないけれど。

こうやって写真の時計を見ていると・・なんか・・女の嫉妬みたいなものがまとわりついていてね・・・ね?笙先生」と聞くと、先生が

「この辺・・色がおかしくないですか?」とある部分を指を差して・・

「あ・・本当だ」と奥さんが言うので、ふるらんが、あることをして・・・そして

「こうやって見たら・・わかりますよ」と言い、ある見せ方をすると・・・

「女性の顔みたいのが見えますね・・・・」とわかってもらえました。



はい、ご主人がですね・・・奥さんに買ってもらった腕時計を彼女に見せて嫉妬させたんですよ。

それでその嫉妬が時計を止める。

止まることで・・奥さんを責めるという流れ。
そしてご主人の不徳は時計屋さんへ。

新しい時計を手に入れたことをまた女性に伝えることによって奥さんの匂いの消えた腕時計を不倫の女性が見て・・

行うことはただ一つ。

「隠して、困らせて・・また奥さんともめたらいいんだわ・・」。


これもまた不徳ですね。



これがひどくなると・・奥さんの身体やお子さんの身体、そして命を狙う人もいます。

ほかには・・会社をしているご主人、奥さん等でしたら、お客様が入らないようにして家庭を壊す人もいます。

まぁ・・平た〜〜〜い話、生霊飛ばしをしてきます。


それでそれがわからないご主人は奥さんや子供に
「また病気か?」

「しっかりしろよ」

「俺が困るじゃないか」

と言います。

まぁご主人としては愛人さんと会える時間が増えるからいいのだろうけれど、でも子供の面倒を見るのは嫌だから・・奥さんが離れるような念の飛ばし方をしてくる不倫相手をちゃんと選ぶ才能があります。

怖いですね〜

御主人も、そしてその女性も。

同じ穴の・・なんとかですから。


え?
「不倫しても離婚はしない、家庭は壊すつもりはない」って言っているご主人がいる?


それって家庭をカタチと見ているのであって、愛じゃないですよね。

「仕事をさぼっても会社は辞めない、給料をもらえなくなるつもりはない」というのと同じだし、

「子供が生まれても面倒はみない、産んだのはお前だし、俺の子供だから子供から離れるつもりはない」というのと同じ。


一生懸命さとか人とのありがたさとか、感謝とか・・・そして命とか愛とかまったくない。

ひっくるめて・・「俺の都合」。




・・・このお話し、一番悪いのは・・誰?





「・・・ということで、きちんと調べてそのあとは気持ちを固めたらまた相談に来てください。

そうそう、時計屋さんやこの時計の職人さんはまったく悪くはないですからね」と付け加えました。





奥さんには不倫の事実をきちんとしたカタチにして正面から受け止めることをお願いしました。

なぜかというと・・相手が悪すぎる。

時計を止めてくるぐらいの実力ですからね。



つまり・・・心臓ぐらいは狙ってくる人だということです。

時計は・・左腕ですし。

と、ご主人、この人が最初の人じゃないから・・・





奥さんに聞くと・・反対された結婚であり、それをねじ伏せるためのでき婚。

「夫はほかの女性と付き合っていましたが、私と付き合ってからすぐ妊娠したので私と結婚しました」ということでした。




私たちからの彼女へのメッセージは
「離婚は自分が決めることといいますが・・先を思うと、今しか離婚のチャンスはないですし、この後、彼はほかの女性と子供ができてもおかしくないと思います。

なぜなら・・彼の後ろには彼女だけじゃないしね。

それにあなたはパートで家計を支えているでしょう?
そのお金・・時々御主人がせびるお小遣いになっているんだろうけれど彼女とのデートに使っているし」と伝えました。

奥さんはしばらくうつむき・・そして顔をあげて、
「人がどれだけ仕事を頑張っているのか・・まったくわかってくれなかったし、今回の腕時計も私のへそくりで買ったのに・・・
お前はパートだから俺より仕事をしていないとか言われたり・・バカにされたり・・どれだけ我慢してきたか思い知らせてやります」と静かに言いました。





その後、きちんと探偵を付け、精密で立派な書類が完成。
(今の探偵さんは素晴らしい方が多いですよ。絶対わかりません。夜の写真も美しく撮れていますし、本人が見たら本当に驚くほどしっかり顔が写っています)

弁護士さんを見つけ、タイミングを見計らって子供を連れて別居。

相手の女性は結婚していたらしく、相手の御主人さんも交えて裁判開始。


慰謝料○○○万円、そして離婚の方も成立。

相手の女性はもちろん離婚になりました。



・・・で、そのご主人と彼女、結婚?

・・・しない人が多いですよ。

だって、
「相手のせいにする人同士」だから。




まさか、不倫をしてくる女性を信じる人います?

男性だって・・その女性を信じて不倫なんてしていませんよ。

「利用できなくなったら終わり」が大半で、本当に好きで愛しているなら離婚してその人と結婚するもん。


「あの子は違う」という単語は言わないですね。
いう人は・・まれのまれ。

と、この「あの子・・」の解釈は
「(たぶん)この子は(俺のことを愛しているから・・)大丈夫」と自分に言い聞かせているだけの言い方。


よっぽど自分が選んだ“不倫相手の価値が高い”と思い込みの激しい人なのでしょう。

つまり「自己愛の強い人」か「〜〜で〜〜な人」です。




今までこの仕事をして・・不倫同士で居て、お互いに離婚して・・結婚して・・・までは○組もいません。


お互いに離婚はありますよ。

でも
「じゃ〜結婚しよう」は片側だけです。

もう片方は・・
「(結婚までは)・・考えていなかった」とね。


責任の取れないもの同士の愛です。

ふにゃふにゃの土台の上でただ絡み合っていることに喜びを感じ、そして互いに「嘘」を信じ合っている・・・


もったいない。

本当に深くて、大切な愛を知るための生まれてきたのに・・・


そして・・徳を積めば必ず神様や仏様が出会いの糸の先をこちらに向けてくれるのに・・・



せっかく出会っても『人を悲しませるための嘘で作ったもの』を含んだ現実があるなら・・・いろんなもので振り回されたらさっさと別れる準備をしましょう。

「なぜこの人と出会ったのですか?」の質問の答えは

「別れるためです。永久に」です。


ほんのかけらも、形跡も・・・そして記憶もすべて消すためです。




精神科の先生がある患者さん(付き合っていた男性に奥さんがいて、それで心がおかしくなり、自殺未遂を起こす)に・・・

「忘れる努力なんてしなくていいよ。

腹を立てることも、泣くことも十分してきただろう?

もう涙もでなくなって・・心が壊れたんだろう?

これ以上苦しむこともできないと思う。


これ以上の悲しみもできないと思う。


いいかい、もし僕の声が君に届いてくれたなら・・・一つだけお願いがあるんだ。


心が元気になれるまで僕の声を聞いていてほしい。

それだけでいいんだ。


できるかな?

そうしてくれたら・・僕は医者として君の心を治していけると思うよ。

いや、ちゃんと治す。


どう?僕の声を聞いてくれる?

そして時には僕の声を代弁した看護師さん達が君に話しかけるから・・それを聞いてほしいんだ。


無理をして聞かなくていいし、疲れたら聞かなくていい。


ただ・・・信じられるものがこの世の中にあるって・・感じてほしいだけなんだ。


看護師さんたちもいろんな人生の経験をしているから・・

彼女たちも・・いっぱい苦しんでもこうやって人の為に働いているのだから・・君の心に届くように話してくれるよ。

どうかな?・・・・」





愛の意味の分からない人と早く別れなさい。

そうしないとあなたも愛の意味が解からなくなるから・・・・

 

大阪スピリチュアルセッション〜来年の運勢と離婚のタイミング

2016年の運勢がいろいろ出ていますね。

ふるらんも時々いろんなネットを見ています。


ただ・・残念なのが・・数個に分類して書いてあるので、大多数という枠の中の自分は・・・どっちより?になってしまうのが欠点。



・・・もちろんのごとく書いていないのが・・・スピリチュアルな現象の影響関係。


これは自分で自分を見るしかない(苦笑)


こんな時代だから本屋さんに行くことも無くなったのと、それとやっぱりふるらんも古い人間なので紙化(紙に書かないと)記憶が定まらない感じ。


見ることが記憶もあるけれど、やっぱり手を動かして一度書かないと・・・かな?


で、案の定、本で運勢を立ち読みしても・・帰宅時にはしっかり忘れている・・・
覚えているのは部分的。

そのようなお年頃です。




大まかなことはわかるだろうけれど、スピリチュアル的なことや相手の動きも読んで行動する場合(人間関係、離婚等)は複合なのでセラピストさんやカウンセラーさんや・・・うちのようは二人の霊能者さんとの会話をしてみるといいと思う。



迷って悩む前に・・相談する。

迷って・・・悩んで・・・苦しんで・・・それを繰り返していたら、自分が最後には何を考えていたのかどうしたいのか・・・わからなくなるのと一緒。


お料理をしていてあれこれ作っていたら・・・

あれ、こっちの材料が・・・こっちに行ってしまって・・
何を作る予定だったっけ??と一緒。



料理ならまだ変更しても家族にはバレない(家族さんごめんね)けれど、人生は重圧と苦痛と・・そして下手をすると敵ができる。


それだけは・・避けていきたい。

だから離婚もタイミングも・・必ず知って行動をすることです。






来年の運勢を聞きにこらえたお客様と話をしている途中で
「本当は・・離婚したいんじゃない?」とふるらんは聞いていました。


御主人が機嫌のムラが激しく、うまくいかないと暴力の近いところまでいく。

子供をにらむし、あちこちで大きな音を立てる。

食事をしていようがどこにいても人の悪口を言う・・・


「そんな風景が見えるし、あなたはずっとうつむいている人生がこれから視えるので・・・来年の運勢も大切だけれど、それより未来の運勢や方向性を考えたほうがいいと思います」というと彼女は、

「子供のために私が我慢すれば・・」というので、

「我慢しているのはあなただけじゃなくて子供じゃない?」と言うと、

「離婚をしたら・・生活が・・」というので、

「ここにしている女性で最高子供が○人いる女性がいますよ。でもみんなちゃんと生活しているし、学校も、大学のことも進んでいますし、役所や奨学金など調べてそして頑張っている人がいますよ」と言うと、

「働く自信がなくて・・・」と。




はい、働きたくなくて・・今の夫と結婚。
子供を産んだら・・働かなくていい、といったあるお母さんもいて、その人はなんと○人のお子さんを産んでいます。


「でも、将来、あなたが働いた先に出会いがあると視えるんだけれど・・・それかその関係だと思うけれど・・・
今から未来も耐える?それとも・・人生を変えて挑戦する姿を子供たちに見せますか?」と聞くと、笙先生が

「○年後、大きなチャンスが来ます。その時に今の御主人がいると・・・そのチャンスを逃します。その理由は・・・」とご主人にいろんなことをしている霊のことと、それを引っ張ってきているのは御主人本人だということ。

たとえ、除霊をしたとしても、こういう人だからまた連れて帰ってくるし・・・



怒る、
怒鳴る。
暴力ごときあちこちを蹴る、
にらむ、
脅す、
「俺の機嫌を取れ」と言わんばかりに自分の存在を回りに大きくアピールする・・・


この症状が出ているときは○個の霊的な〜〜〜が考えられます。


「で、ご主人、機嫌が悪くなると・・〜〜で〜〜な歩き方する人でしょう?」

「ええそうです!わかるんですか?」と彼女はいうので、

「うん、そして彼なんでそれをするかわかる?」というと、首を振るので、

「簡単よ〜、〜〜〜で〜〜〜だから。それと・・・〜〜なんじゃないの?だからそうするの」

「そうなんですか・・・」

「だからあなたが普段見ているのは彼の〜〜であって、〜〜ではないの。そしてあなたが心に感じている辛いと思う部分は・・・実は・・〜〜で〜〜なの」

「へぇ・・・・・・・それじゃ・・主人って・・・〜〜〜なんですね」


「うん。だからこうやって写真をみていると・・・」と言いながら笙先生と後ろに見える霊の数を数え・・・笙先生が

「○人。ほとんどは家系の人。でももらってきた霊も・・○人はいるかな?俺ならこの人と付き合わないし」というと、彼女は少し考えて・・・

「つまり・・もう主人はどうにもならないし、変わることもないし・・夫として生きていない人なのですね」というので、

「うん!」とふるらんは大きく返事をしました。





はい、夫として生きていません。
そして男ですが・・実は・・○○○なのです。


なので・・「昔の夫は良かった」ではなくて、昔からこうで、それが結婚してがっちり出てきたということ。


出会いは縁。

結婚は永遠に切りたくない縁であり、相手に命を捧げる誓いです。

そして相手を敬うことであり、相手から学び、自分をもっと成長させるためにあります。

互いに同じものを食べ、身体と健康を作り、愛のある会話をして心を育てます。



それができない人と一緒に居てどうなりますか?


結婚ではないでしょう?

だって相手は
「自分の不機嫌さを解消するために存在している人」であり、単なるゴミのはけ口で、そして結婚というモノで逃げられないように仕組んできてるだけの人なのだから。




まぁ・・案の定、彼、貯金無しだったそうです。
で、やっぱり奥さんをあてにして生きていましたね。

何かあったら・・「奥さん」。

そして普段は・・・単なる「怒りのはけ口」の人。





お子さんの運勢をお話ししました。

未来はとても大きくなる予定のお子さんが一人、そして人のためになる人が一人、それから結婚相手が結構な立場にある人が一人・・


「無理には進めないけれど・・あなた次第。
未来を変える予定があるなら・・運勢と行動の仕方を未来をかねてお話しします。

でも来年の運勢とこれからも夫とともに・・ならまったく違うお話しをしますが・・どうされますか?」と話すと、


「実は・・ブログを読んで、ここの先生はハッキリしている人だから・・と思い、それで来ました。

・・やっぱり自分の気持ちがどうしたらいいのか?とまた考えたり、ぐるぐるしていました。

自分の未来と子供の未来が大きく変わるのなら・・私、挑戦してもいいですか?」と聞かれ、

「決意するのであれば・・」と前置きし、決意した方の運勢のお話しとタイミングをお話ししました。







それからしばらくして・・彼女からの連絡。

こちらから「しなければならないこと」はだいたい準備でき、そしてあと○日で“あれ”を決行するところまでできたそうです。



「お話しにあったように彼をみていると今まで機嫌が悪くなるたびにびくびくしていましたが、見方を変えただけで、こんなに楽になれるとは思いませんでした。
子供たちにもきちんと先生に言われたように説明しました。
それでもう子供たちは主人の機嫌をうかがうことをやめる訓練ができて行っています。

○番目の娘が、お母さん、最近変わった感じがする、と言いました。
自分も変わった感じがします。これからも変えて、先生が言われた通り、計画を実行します」と連絡が来ていました。






一年後、無事離婚。

計画通りです。

そして狭いながらも親子で暮らしを開始しました。


一番下の子が
「お父さんがいなくなって部屋が広くなったところに引っ越せた〜」と喜んでいたそうです。



不思議ですよね。
狭くなったのに・・広くなったって感じを持つのは。

やっぱり子供は不思議ですし、そして・・・やっぱり正解です。







来年の運勢を聞きに来てください。

あなたの環境やこれからのことでお話しの内容が変わると思います。

スピリチュアルな面も大切、そして現実のことも兼ねて。

 

スピリチュアルパワーアップの方法

スピリチュアルなパワーのアップ方法って知りたいでしょう?

「見えるようになりたい」っていうのは・・正直あまりおススメしません。

だって・・・霊感が付いたら・・・いいことばっかりよりも、視たくないものが増えますもんね〜

「神様が・・」
「仏様が・・」と言うほどそんなに身近すぎるお方たちではないことは十分理解していますので、なんでもかんでも聞きはしませんし、見せてもらってはいません。

ふるらんの守護霊さんも
「自分で考えたらわかることだ」とバッサリ来ることがあります。


はい、そうなんです。
相手を変えることはできないので自分を変えるしかない。



スピリチュアルパワーもそうです。

自分を変えるとパワーアップします。

え?見えることも?・・・
見えたいと思うなら・・・見えるかもしれませんが・・・ちゃんと説明通りに実行してもらわないと本当にしんどいですよ。



自己管理ができないと・・・大変です。





ですから
「FXができるようにしてください」の方はお断りをしています。

金運アップも同じです。

「FXができて自分の足で歩けるようになりたいので教えてもらえますか?」でしたら笙先生は喜んで教えてくれるでしょう。





スピリチュアルなパワーアップの一番最初はまずパワーアップのために無駄なものを落とすことです。

断捨離はもちろんですね。


でも「捨ててはいけないもの」まで捨てる人がいます。




「もしかして・・こんなの無かった?」と聞いて、

「捨てました〜」と言われて・・・え〜もったいない、と思うこともしばしば。





現在、スピリチュアル、金運教室の生徒さん達には正しい断捨離を勧めさせていただいております。

押入れ一つ丸ごと綺麗になって、そのあと会社から
「時給が上がるからね〜」と言われた人もいます。

そのほかには
「親の遺品を片付けていたら急に乳がんの検査に行きたくなり、病院へ行ったらものすごく小さいのが見つかりました」というお話しがあり、すぐに彼女は手術をしました。

先生には
「早く取ったから心配ないですよ」ということでよかったよかった。

きっとご先祖様や親御さんは教えてくれたのでしょうね。



断捨離のほかには・・・神様貯金をお願いしています。

つまり、正しい徳積みですね。

人に席を譲る。





人を先に行かせる。
エレベーターでボタンを押してちゃんと扉を押さえていてあげる。

店員さんをせかさない。
店員さんにやさしく心遣いをする。
「私は急いでいないので先にそちらの方をどうぞ」ってね。


人の文句は言わない。
言うと・・徳が消えるから。
そして・・・もちろん金運も消えます。

人より先に自分が・・自分が・・という行動をとらない。

人様を先に、と思うこと。


夫のことが嫌で悪口を言いたくなったら・・・友達に話すこと。
子供の前では言わない。
言うと、子供の心に不安やいろんなものが増えて、将来あなたが不安を増やすことになります。


それに・・・あまりにも悪口が増えるようなら、あなたの足で歩けるように準備をしていくこと。
そして立派なお母さんということを子供に見せること。
真剣になれば人間運命が変わると笙先生もふるらんも信じていますし、必ずふるらん達も実践しています。

だから・・ふるらんも真剣にFXを頑張っているのです。


いつまでも相手のことを悪く言うとあなたの運勢が悪くなります。
嫌な相手をどうするかのスピリチュアルな仕方は聞きに来てください。


相手の方によってやり方が違いますので。


そして一番基本は・・・やっぱり知ってください。

知っていても、わかっていない人はやはりつらいと思います。





簡単に変えられる・・という風には思っていません。
変えられるグッズなどあるようですが、変わらないことが多いのでみなさんその鑑定の相談に来られます。

ほとんど高額なのでびっくりしますが。

たま〜〜に
「あら、いいね」のものがありますが、やはり賞味期限があるようです。


永久に素晴らしい・・というものはやはり人の心の中のスピリチュアルな部分にあると思っています。


だって・・・この世に生まれてくるってことはそれこそが最大のスピリチュアルですからね。


そしてそれからもっとパワーを増していくのが人間ですが、いろんなことがあって半減したり、信じられなくなったりします。

そして最悪は
「もう・・何もかもダメ」。



信じるものを間違ってはいけません。

モノでもなく、○○の〜〜や〜〜〜でもありません。

自分を信じることもそうですが、ほかにも信じるものや自分を支えている本当のことを知ることだと思います。

そして知っている、だけではいけません。

使用方法も大切なことです。




説明書を読まずに使える機械が増えてきました。

そしてわからない時は・・・インターネット。

…と言うことと、人に聞くことも大切です。


でも使用するのはあなた自身です。

あなたが理解しないと使いきれません。


そしてまた人に聞く・・ということになります。






スピリチュアルなお仕事をされている女性が相談に来られました。


不景気のせいもありますが、お客様が減ってきているということでした。

確かに・・ものすごく増える時代でもありませんし、それに能力のある先生だからと言ってものすごくお客さんが来るわけでもありません。

上手い宣伝でたくさんお客様を増やすところも増えてきているからです。


「スピリチュアル能力はありますし、そちらの自信は失くさなくていいと思いますよ」と話すとホッとされていました。


はい、御客様が減ったからと言って能力も減っているわけではないので。

それと
「だいぶ・・溜まっていますね、お疲れが」と話すと

「はい、確かにずっと使いっぱなしの状態でした」と言われるので笙先生が

「○月まで数を減らしてもいいですよ。その間にしたいことをされた方がたぶんその先安定しますよ」と話すと

「そうしたいと思っていました。そしてその間に私は何をしたらいいでしょうか?」と聞かれたので

「スピリチュアル能力のアップを考えることをやめることです」とふるらんが言うと

「え?どうしてですか?」と聞かれたので

「伸びすぎたゴムひもになっちゃってるから、って聞こえています。少し落ち着かせて・・また伸びるようにしませんか?
樹だって冬の間は伸びませんよ。人間は伸ばすことばかりやっているからよれよれになっちゃうっていうととが聞こえてきていますよ」と言うと、彼女は笑いながら

「確かに今私はヨレヨレですわ」と言いました。


能力を思い切り伸ばし続けているともとに戻らない・・のデロ〜〜ン状態になります。


もっと人の役に立ちたい、はわかりますが、相手のことを解かればわかるほど・・・スピリチュアルセラピストはあることをしていかなければなりません。

伸ばすためには必ずもう片一方の能力も増やすことをしない人が多いです。


と、隠れて・・もうひとつ。


伸びれば伸びるほど・・行うことと辞めることと・・・いろんな課題が増えてきます。



一般の方はそこまでいろんなことをすることはないでしょうけれど、簡単なことはできますし。



断捨離もそうですし、毎日の神様貯金・・等。



スピリチュアルって結構大変なこともあるけれど、楽しいことも、不思議なこともいっぱいあります。



昨日も笙先生と携帯とかスマホとか話していて・・どうしようか〜と話していたら・・・帰宅するとあるはがきが届いていました。
「今、変えると○万円お得キャンペーン」


お〜〜なんてナイスなタイミング。
まるで神様が二人の会話を聞かれていて、こっちにしなさいと言わんばかりの現象・・・

ありがたい、ありがたい・・・





彼女は結局、○月まで新規のお客様を増やすという意識を切りました。

来た人だけ受ける、ということで。

すると不思議なことが起きました。


昔のお客様・・○年前に見てもらったお客様が十数名来られたのです。


そして・・もっと不思議なことが・・・

○年前にわかれた男性から突然連絡が来ました。


彼とは結婚の約束をしていたのですが、彼の実家で父親が亡くなり、母親の強い希望で実家の自営業を継ぐことになり、彼女と別れることになったのでした。

お互いの両親の反対・・(両家一人っ子だったので)。


その彼から別れて今でも後悔していることと、今でも愛していること、そして・・・
「断捨離をしていたら、昔の携帯が出てきて、それを捨てるか捨てないか・・を本当に迷って。
捨てれない理由を心の底から考えたとき、やっぱり君と別れたくないと確信した。そして母親が病気になりもう先がない、母親が君に謝りたいから来てほしい」という話になり・・・

病床の彼の母親に会いに行きました。

そして言われたのが
「反対して悪かった、自分はもう長くないから息子と一緒になってほしい。息子はずっとあなたを思っていたことには嘘がないから」と言われたそうです。



実は・・・彼と彼女。
別れて10年すぎています。

お互いに・・大人でした。


もう・・反対もなにもないでしょう・・・?



そして彼女の両親も許してくれました。


彼のお母さんの病室で彼女と彼は結婚式をあげました。

そのあと、お母さんはあの世へ行きました。



今、彼のお家で二人で仲良く自営をしています。

彼女はすっかりスピリチュアルのお仕事はやめました。

そしてたまに昔のお客様との会話だけしているそうです。

なぜなら・・・その理由を彼女は知っているから。


「笙先生のように修行もなにもしていない私にとって彼を守るには能力が無さすぎます。
やっと本当に望んていたこと、それは・・二人で生きていけることになったので彼との生活に集中してこれからも幸せに生きていきます」と彼女からメールがきていました。



彼女は運命の転換期に素晴らしいタイミングでご相談に来られています。

やっぱりスピリチュアルパワーのありがたさですね。

 

霊感の強い人の特徴と気をつけなければならないこと。

昨夜の「世界一受けたい授業」の救助犬のお話しを見ましたか?

凄いですね・・わんちゃんたちやそれを育てる人たちの信念や使命・・・

本当に感動しました。


東日本の震災の時の救助犬のお話しのことが一番心に痛かったです。


救助犬は閉じ込められている人を見つけると吠えることを訓練させられているそうなのですが、震災で仕事をしていたある救助犬は、悲しい顔をして救助士さんに何かを伝えるので、救助士さんんはその場所に旗を立てて行ったそうです。


そしてその旗の下からは犠牲になって亡くなられた方の遺体がでてきたそうでして・・・
その数がすごいものでした。


人間の嗅覚の数千倍、感じやすい犬の鼻です。

生きている人間を見つけることがお仕事で見つけたら吠える、というのとでしたから、亡くなっておられる方を見つけたら吠えることができず、悲しい顔をしていた、というお話しを聞いていて、涙をこらえるのにいっぱいいっぱいのふるらんでした。



しかし・・・話の途中からふるらんはあることに気が付いていました。

死体って・・・ものすごい匂いがするのです。

犬の鼻ほどではありませんが・・・ふるらんは嗅覚がすごくて・・・
生きている人でも
「この人の体の中は・・」とわかる体質です。

救助犬がどうなるか・・・
ましてあれだけの遺体を見つけたらどうなるか・・・・


案の定、その救助犬は鼻を痛めてしまい・・・そして匂いを感じなくなってしまったそうです。

そしてその救助犬は・・・お仕事ができなくなり・・そして亡くなったそうです。



人の為に働いていただいて・・・本当にありがたいと思います。

・・ご家族の元に御遺体がもどられるだけありがたいことだと深く思いました。







生きている人の匂いは・・好きになるかならないかはっきりわかるぐらいの不思議なものです。

体からその人のエネルギーや考え方が出ているのでしょうね・・・




そして・・生霊や死霊などは独特な匂いがします。


古い霊ならまた独特な匂いがします。

そして・・・不条理な堕○をされたりすると・・・またそれはそれで独特な匂いがします・・・


・・・というときは必ず、ふるらんの守護霊さんが
「これ以上はやめろ」とか

「(霊)視るな」と言います。

解かっているからです。

深入りすると・・・こっちがやられる、ということが。

「そんなことはない、きちんとしたら大丈夫」と言われるスピリチュアルな先生もおられます。

実力があるならいいのでしょうが・・・

中途半端なら・・・先生もお客様もやられます。

先生の家族もやられます。



相手は・・・肉体のないものなのです。

制限や○○がまったくない。

そして・・あるものが無制限にある・・・・





霊感も使いすぎると・・・どれだけ大変な目に合うか・・・

それでご相談にこられるスピリチュアルのお仕事をされておられる先生も多数来られます。



・・・と、本当に相手の○○を〜〜〜すると・・・突然〜〜になったり、自己のコントロールが効かない性格になり、常にイライラしたりする方も出てくるのです。


時々のメンテナンス・・
時々なんて論外です。


この仕事をするなら・・・毎日することが必ずあることと、そしてそのもっと上には
「自分の実力より上の方に必ずあることをしてもらうこと」が必須です。

〜〜〜〜〜仏教や〜〜〜〜には必ずその掟があります。


それが遅れると・・・どんな悲惨な目にあうか。

あっていることさえ気が付かず
「自分がこうなるのはもっと上になるからだ〜!」とすでに〜〜〜〜されていることに気が付いていないことが多いからです。


これは○○に特に多い現象であり、そして性格的に○○で〜〜なことを常に思っている方に多いです。





病院で仕事をしているときに、亡くなられた方が運ばれてきました。
まだ亡くなられて数時間も立っていないのに・・匂いが。

ほかの看護師さんはすぐ○○しそうになり、離れるのですが、ふるらんは不思議に冷静になるので先輩に
「すごいね」と言われましたが、ふるらんは
「自分でも変だけれど・・・いつか自分もこうなるからって思ったら、ここにいられるような気がして」と答えました。


この亡くなられた方もいろんなことを経験されて・・・そしてこの姿になられたと思う。

そして処置をして、お家の方に引き取られて行きました。


ちなみに・・・時間が過ぎすぎると・・・鼻がおかしくなるぐらいの匂いがして、しばらく匂いが鼻から取れなくなるそうです。





「肉体から魂が離れ・・・そして体が土へ帰りやすくなる・・そのために人はこういう体をしているんだよ」

とおばあちゃんに教えられました。


だから・・・そのおばあちゃんが火葬場に入った時にふるらんが一番泣いていて、親戚のおばさんに

「泣きすぎ!」と怒鳴られたのを昨日のように覚えています・・・




悲しみや・・苦しみは・・水の中に流すように、

憎しみや恨みは・・・土の中に戻し、そしてそれをエネルギーに変えるように、


愛や慈しみは天上へ持って行き、神々や仏様に差し出して喜ばれるように。



何度も生まれ変わるために必要なことは・・死ぬこと。

産まれるために死んで、死ぬために生まれて・・・


輪廻転生を繰り返し・・・


いつかは・・・もしかしていつかは・・・


ず〜〜っと天上界に居られたらな〜〜・・・とか思うのは数千年早いかな(苦笑)。


・・・というより、この性格とこのぐらいの徳積みでは・・・永遠に無理かも。


でも・・ちょっとは近づきたい・・と思うふるらんでした。


 
CMSならドリーマASP