東京タロットスクール〜スピリチュアルな離婚

タロットスクールの生徒さんにはいろいろと注意事項を説明しています。

普通のタロットスクールでは多分教えていないこともたくさん。

なぜなら・・実力が付くにしたがってお客様の質も変わり、その対処の方法も大切ですが、困ったことが起きないようにもしておかなければならないので。



ある生徒さんにタロットを教えている途中にふるらんの頭の中に
「離婚」という文字が降りてきました。

そして授業を中断して・・彼女にカードを一枚引いてもらうと・・・
やっぱり「離婚」。


「立ち入ったことを聞くけれど・・」と前置きし、話をしてみると、
「実は離婚を考えています」と話をされました。


その話が進んでいる途中、ふるらんは3回とも同じカードをひいていました。

ん・・回避は不可能ね・・・ということもわかりました。


ご主人の態度がおかしいので浮気をしているのを疑っていたのですが・・やっぱり浮気をされていたようで、

「正直、これでこの浮気を理由に離婚できるかな・・ぐらいに思っていました」という冷めた感じでした。



ふるらんは彼女を見ながらカードを数回引いていました。

離婚・・・それから・・自立・・・そして豊かな生活・・

ただ・・引っかかるのは・・・彼女の健康・・・



カードさんはハッキリしていました。



ただ・・ご主人の気持ちは・・・このままややこしい離婚騒動なんてめんどくさいので結婚生活を続行しながらの浮気が理想みたいで・・・




「めんどくさいね・・ご主人」と言うと、
「だから嫌になったのもあります」と彼女は答えました。



「ご主人が絶対離婚に反対できないことが起きればいいのにね〜〜」とふるらんが何気に言ったのですが、それがやっぱり本当になるのは・・昔からのふるらんの癖みたいなものだということをまた体験するのでした。





ある日、街で声をかけてくる人がいたので見ると、夫の会社の社長さんと社員さんでした。
はい、彼女は昔その会社で働いていて、そして夫と結婚したのでした。

立ち話をしていて、そしてお茶に誘われ、3人でホテルのラウンジに入ろうとすると・・入れ違いに一組のカップルが客室のエレベーターから降りてきました。
見ると・・なんと夫と女性・・・

二人は気が付いて・・そして驚いて立ちすくんでいました。


つまり・・・夫は仕事に行って、営業中に彼女とデート。
彼女という人は・・前に社長の秘書だった人で会社を辞めてほかの会社へ行った人だったのです。


社長さんはこの秘書さんを大切にしていたらしく、いろいろな世話までしていたそうで・・・

社長さんは
「そういうことだったのか・・」といい、夫に対して
「今日はもう会社に来なくていいから」と静かにいい、社員さんと駐車場へ消えました。


彼女も夫に対し、
「今日は家に帰ってこなくていいから・・」と静かに言うと、夫は
「そんなこと言わないでくれ、夫婦だろう?」と泣きついてきたそうです。


そばに居た女性はそれを聞いて顔色が変わり・・その場から離れていきました。




帰宅し、震えている夫をみて、
「もうこんなのいらない」と思ったそうです。


まぁ・・当然でしょうね・・会社ではもう居場所がない・・・



「でも明日会社に行かないとね」とあっさりいって、その夜は寝たそうです。

夫は出社。
その間に実家に電話をかけて諸事情を話し、両親が
「子供を連れて今日から来なさい」ということで・・・実家にもどりました。



「実家が近くてよかったね」とふるらんが言うと

「はい、決断させてもらえるような超偶然の現象だったと思います。
あの時、夫と彼女を見てカーッとならなかった自分が不思議でした。
本当にスピリチュアルな力が働いて私の幸せの方に風が吹き、夫が離婚を承諾せざるを得ないようになったと思っています」と彼女が言いました。



夫はそれからその会社を辞め、無職へ。
彼女の実家へ迎えに来るかと思いきや・・まったくそれはなし。
電話をかけてきて
「帰ってきてくれ」。



夫の社長さんから連絡が来て
やめてほしいとは言っていないが自分から辞めると言ってきたのでそれを承諾したこと、もし相手の女性を訴えて不倫の現場の証言が欲しいなら協力すること等話してくれたそうです。
それと・・知り合いの社長が人を探しているから、働いてみないかい?というお話し。


週3回のバイトを辞め、その会社へ転職することにしました。

はい、離婚は成立して。



落ち着いてからタロットの授業を再開。


「一枚ひいてみて」とふるらんが彼女に進めると、彼女は一枚引いてふるらんに渡してくれました。


そのカードを見ながらふるらんは
「ほら、スタートのカードよ。これからはあなたの思ったものを作りはじめ、そして成功させると思うわ」と言うと、彼女は

「ありがとうございます。スッキリしたのでこれで全力で自分の世界を作ります」と言いました。



必要なことは起きる。
それも必ず・・・とふるらんはいつも思っています。

 
CMSならドリーマASP