今年最後のスピリチュアル〜指輪の不思議

石やアクセサリー、その他指輪など値段によってスピリチュアルな能力があると言えるかどうか・・というのは疑問です。

何万円の腕輪を買って
「これが効くのです」と言うので、ふるらんが

「もしかして・・こんなお守り持っていない?」とあるカタチを指で教えていると

「ありますよ。でもあれ何にも効かないので」というので、

「粗末にしているから効かないと思うし。それにその腕輪・・作っている人って・・〜〜で〜〜な人でしょう?」と言うと、

「はい、でも能力があるって聞いたので」というので、

「人の能力よりも・・ふるらんは神様のお守りの方がすごいと思っているんだけれど・・・」と残念な話をすることが多いのです。



神様を超える人が・・いるのかな?と思います。


・・・とにかく、効けば・・それでいいとも思っている部分も多々あるのがふるらんです。


作った人のいろいろが宿るのがスピリチュアルなモノ・・・

最初はいいけれど、あとから大変な目にあり、その相談に来たときは重傷になっているのも事実・・・





年末にはいろいろなグッズを持ってこられる方が増えます。

はい、御掃除とともにいろんなものが発見されるからです。


もちろんお守りもでてきますので
(出てくる・・という表現が普段粗末にしていることなのですが)


ふるらんは柔らかい布の袋に入れて、それを毎日持ち歩いています。


忘れたときは・・・とっても注意深くして歩きます。


そしてできるだけ早く家に戻ります。




数日前のお話しです。

チャネリングのお客様が来られました。

やはりあるお店で作られている腕輪のパワーを聞いてこられました。


それもそれなりだけど・・・
正直・・・違うし、それにこれを作った人って・・・なんだろう・・・お金だけの人???と思いました。



アクセサリー全てを持ってきていました。


ふるらんは
「パワーと言ったら・・これ」といい、一つの指輪を指差しました。

彼女は
「これは友達からの海外旅行のおみあげです」というので

「これ、最高よ〜光り輝いているし、友達もとっても素敵な人だし・・お金稼いでいるでしょう?」と聞くと、

「彼女はいつも前向きで転職もいいところばかりに決まります」というので

「それが悔しくて・・これ、しないんだ・・」というと、彼女はうなづきました。


嫉妬って・・幸せの最大の邪魔ね・・・

「これをしていたら・・ますます彼女に負けているような気がして」というので

「え〜負けるとかじゃなくて、パワーもらうだけよ。あなたが一番望んでいることだけど」と話すと、

「なんか認めてしまっているようで・・嫌なんです」と言いました。



それじゃ・・前に進まない。


「腕輪で・・だめなんでしょうか?」と言うので

「今のままでいいなら・・ただ、この作った人と同じ運命をたどると思う」と話すと

「スピリチュアル能力が出るってことですか?」と期待した聞き方をするので、

「もともとないでしょう?ただのお金のことだけ。回りが上手だから・・カリスマ化しているように見せているけれど。
それに・・・」と言ってあることを彼女の前でしてあげると、彼女は驚き、

「こんな風に・・まったく違うんですね・・・」と驚いていました。



パワーがあるかないか・・・
自分で判断できればとっても楽ちん。

でもこの方法の一番のネックは
「自分の思いこみ」で回答を間違えること。


ふるらんの性格だからどんな回答が出ても受け入れるので、正直利益追求ではないし。


「お似合いですね〜」のCMには絶対ならない。



「その指輪を〜〜〜して、〜〜〜してみて。数日後には回答が出ると思う」と話をしました。



正直・・・彼女とその友達の関係で・・・嫉妬があるかぎりあの指輪は使いこなせないし、反発が悪い方に回答をわざと引き出す。
「やっぱりこの指輪、私に不幸を与えます」といい、しなくていい回答にしたいと思う。


でも・・あることを彼女にしてもらって・・それがちゃんと完了したら・・反発すればするほど・・・好転せざるを得ないようになる・・と思いました。




セッションをして・・3日後、彼女からの連絡。

「あの指輪をしてから、転んだり、物を落としたり・・嫌な思いをしました。
でもそのたびに人の親切に出会うのです。
買い物を忘れたときには、ほら、忘れたと思い嫌な気分になりましたが、遠くからお店の人が後ろから走ってきてくれました。

次の日には道で段差でつまづいて・・やっぱりこの指輪は嫌だと思ったら・・そばに小学生の子供たちが来てくれて、おばちゃん大丈夫?と手を貸してくれました。
その手を見ているとなんてかわいいんだろう・・と思いました。

落とした荷物も拾ってくれました。
そしてみんなにありがとうと言ってその場を離れてから涙があふれてきました。


私は友達がうらやましかったから、この指輪をすることによって嫌なことが起きると自分に言い聞かせ、友達を悪者にしたかったのです。
そして、ほら、起こった、と回りの人にも言いたかったのです。

でも人の親切に触れ、そして子供までに親切にしてもらって、自分の心が悪いことを選ぶことに気が付きました。


子供たちが私の服に着いた泥を手でほろってくれた時に、何か心の中に起きた気がしました。


この指輪を大切にします。
人の親切を受け入れ、そして人を心から祝福することをしていきたいと思います。

気づかせていただいてありがとうございました」


と、メールが来ていました。




不幸を呪っている場合じゃない。
これだけで済んだ・・と思えばそれでもっと幸せになれる。

人の幸せを祝福すれば自分にも帰ってくるし、倍層することは間違いない。


「なぜ、あの人だけ?」

「なぜ、自分には幸せはないの?」

・・・そんなことを言っている場合ではないし、そんなことを考えている時間などない。



今年もあと数時間で終了・・

あなたはあと何年無事に生きられる??





ありがたい・・・と思う気持ちはあなたを幸せにする最高のパワーだということを決して忘れないでね。

 
CMSならドリーマASP