ダブル霊視〜春だからこそ増えるスピリチュアルな相談

この時期はですね・・・
春ですから、いつもと違う相談が増えます。

ふるらんのところは少し変わっているので、いろんなところから、つまり海外からも増える相談があります。



春って・・どんなイメージですか?

温かくなる、鼻が咲く、メジロやうぐいすさんが飛んでいる〜〜〜〜



温かいから体が変わってきます。

堅い体の人は・・今大変です。

はい、寝違い、ぎっくり腰などあります。


・・・ということで、はい、春のスピリチュアルな相談で増えるのは・・

「地震」など土の方の相談が増えたり、そのほかは
「落ち着かない」
「足元が浮いている・・」などあります。


農家の人は空を見るのもありますが、この時期、山を見ます。

足元の土の感触や匂いを嗅ぎます。


そして・・・


「○月・・○日ぐらいに畑をおこそうかな(耕す)」と言います。

寝ている畑が少し目を覚ましてきているので、それを起こすのです。


土の匂いや感覚は長年の勘ですし、すごい人になると土を食べます。

そして
「味」を見て、五感をフルにつかい、大地と会話というより、あるがままを受け入れます。

あるおじいちゃんが
「会話なんておこがましい。神様に対して会話なんてとっても失礼だし、同等じゃないしな」と言いました。


すばらしい〜〜〜!!!


農家の人の天性です。
そして努力という魂に大地の神様が力を貸してくれるのです。




都会の人は・・大地に対して鈍さがあります。

それはそうでしょうね、
アスファルトですから。



先日、あるビルの地下に行ってお手洗いに入ろうと思った瞬間・・・シャッターが閉まっているのに、そのシャッターがガシャガシャと音がするのです。

回りを歩いている人はまったくわかりませんし、気が付いてもいません。


ふるらんは
「え?なんでわからないの?こんなに大地が揺れているのに・・音までだしてくれているのに」と思って、急いで地上にでました。


そして・・・
やっぱり地下は・・避けないと、と思いました。


今は・・春なのです。

はい、変化の時。

その時に強引に自分の欲で動いてはいけません。

まして・・ふるらん達のように○感のある人間は・・・決して無理をしてはいけません。



そして・・・最大に思うことは
「必要以上におびえることや、人に伝えることはしないこと」なのです。


と、
「人が動けば・・その人が徳が高ければ・・気が付いてくれる」という○能者の先生の言葉を思い出させてくれるのです。



ちなみに・・場所によっては毎日揺れています。

と、揺れてはいけない場所が揺れるときが一番危険です。


たまに・・空気と大地が“カゲロウのようにゆらいでいる場合”があります。

そこを通るときには足を取られそうになりますが、でも守りができてからはなんともなくなりました。




自分の自信が過剰か過少になったとき、きっと体も心も揺らぎすぎになるのだと思っているので、一番大切なことを必ず思い出しては春の街を歩いています。



「(大地が揺れているので)動くな。

下に降りるな。すぐ上に戻れ。

これを言われただけで心がぶれるのであれば仕事などやめてしまえ。

相手(お客さんのこと)は大地よりも揺れているのだから」・・・・・・

 
CMSならドリーマASP