大阪のマッサージ霊視〜咳の意味

プロのマッサージの先生に聞かれるのが
「お客さん・・お仕事は何をされているのですか?」は普通に聞かれますが、

霊感のあるマッサージの先生には
「あの・・・普通の仕事ではない仕事をされていますか?」と聞かれます。


そうなんですね・・・
こりかたが違うみたいです。

と、手の感触が違うみたいです。



何を触られているんでしょうね・・・・(苦笑)






その逆バージョンのお話しをしましょう。



ある整骨院(月に数回行っている)にマッサージを受けていた時に先生に
「義理の父(奥さんのお父さん)のお墓は・・・」というお話しになりました。

3年ぐらいお墓参りに行っていないらしく・・・

「あらら、行かないとね」とふるらんは言いました。


言いながら・・・・あれタバコ臭いな・・と思いました。


すると・・・突然、先生が咳き込みを始めて・・・
「す、すみません・・・ゴホゴホ・・・・咳が出てきて・・・」というので、

「どうぞ、思いっきりしてくださいね」といい、ふるらんは待っていました。

そして・・心の中で
「咳を出せ、出せ・・」とずっと思っていました。


出したほうがいいと思ったので。


それで・・・咳をし終わると・・・
「すみません」と謝っていました。

「いえいえ」と言いながら・・まだ出るぞ・・・と心で思っていました。

そして・・ときどきマッサージをしては咳がでて・・とまり・・咳がでて・・・をくりかえしていました。



あ〜言わなきゃだめかな・・・と思っていると、先生が
「実は義父は肺○○で亡くなっていて・・・」というので、
「だから咳が出るんでしょう?今」というと、ハッとしたらしく・・・

「お墓行きます!」とすぐ言いました。



本数はそうでもないけれど、ストレス解消で・・・キツイの吸ってたみたいな感じかな???と感じていたふるらんでした。


で、やっぱりたばこのにおいが・・・と思いながら苦笑いをしていました。







だいぶ前ですが・・

ある場所でマッサージを受けていた時のお話しです。


「担当させていただきます、鈴木(仮名)と申します」と言って30代前半ぐらいの男性が頭を下げてくれました。

ふるらんも
「よろしくお願いします」といって、頭を下げました。

そして目が・・・不思議と彼の手に行くのでした。

まぁ・・マッサージの人だから仕方ないのかな?と思いつつ・・・


そしてうつ伏せになって・・・寝て、それから彼のマッサージが始まると・・・あれ?なんかおかしい・・・


途中でストップさせて・・・
「ごめん・・悪いんだけれど、一度手を洗ってきてくれる?」と話しました。

そして
「ついでにお手洗いに行くといいよ」と勧めました。

彼はすなおにそれに従ってくれました。


帰ってきてから最スタート。
今度はスムーズでした。


「さっきはごめんね」とふるらんは謝り、

「何かありましたか?」と聞かれたので

「あのね・・・私の前の人か・・その前の人で・・・こんな服装で・・・」と質問をすると、彼は

「やっぱり・・」と先にいって、そのあとの話をしてくれました。



ふるらんの2人前の男性なのですが、マッサージの彼も違和感があったそうです。
体をさわると・・まるでぶよぶよした感触で・・肉が崩れていくような不気味な柔らかさ。
張りとか緊張とか・・まったくなく

「まるで物体の皮をいじっているみたいな感触でした」と言いました。


実はそのお客さん、彼を指名してくるらしく・・・
「そのお客様をマッサージすると体がどよんとするのです」と言いました。




彼がかわいそうなので・・・そのお客様の対処法を教えてあげました。


そして彼は
「やっぱり・・お客さんって違いますね。初めて顔を見たとき何か違う人だな・・と思いました」と言いました。






マッサージやエステ、そしてヒーリング等、体に関係のある仕事・・お医者さんも看護師さんも同じですし、保母さんも同じです。


みんな・・・問題のある人をなんの防御もなく施術すると・・・はい、やられます。



だから・・「私はできる」と思ってむやみにヒーリングとかしないでね。

倍返しで`見えないものを喰らって’立てなくなった人もいるのだから・・・



そうなったら・・・セージとか浄化とか・・天使が・・・とかどころじゃない。

力のある本物の霊能者であり、修行者でなければ・・どうにもならないことを知っておいてね。

 
CMSならドリーマASP