東京ダブル霊視〜断捨離で離婚成立

離婚はとっても手間とパワーが必要です。
だからあまり悩み過ぎると・・・なかなか前に進めませんし、その離婚の後に新しい出会いも時間がかかります。


離婚をしてもしばらくはご主人とのいろいろがある人もいます。

でもやっぱり・・・一度嫌いになった人がまた以前の出会いの時のようなときめきなど・・・ほとんどありません。

惰性が多いのもたしか。
やりなおして・・またダメになってしまうのもまた確かです。



人と人とのつながりや深さ、年を重ねる意味など互いにいたわり合うような関係がない限り・・・ただ耐えるだけの結婚生活であり、しかたがないから一緒に居る・・というだけの人生を色あせたものにするのと同じだと思います。


先日、東京から帰ってくる時に新幹線乗り場で老夫婦の会話がまさにそうでした。

奥さんはサイダーが飲みたいのです。

でもご主人は
「スタ○で売っているものでどれがいい?」と聞いている会話でした。

奥さんはサイダーが飲みたいのです・・ということを理解しておりません。



相手の望みをかなええてあげたい・・それが喜び、と思う人は素敵です。

「俺(私)の思い通りに動いてくれ」は・・不幸です。



最後のこの老夫婦さんは・・・ご主人が奥さんに対して
「はいはい、奥様、メニューはこのようになっております」という言葉を発し、奥さんにメニューを見せていました。



もう一度言います。

奥さんはサイダーが飲みたいのです。(悲しい・・・)




自分の思った通りにならないと・・幸せじゃない、と思うのはそれぞれの想いかもしれませんが・・・
やっぱり奥さんはサイダーが飲みたいのです。

休憩室をでて、ほんの何メーターか歩いて・・・売店に行ったら・・・売っています。


なぜ奥さんがご主人に頼んでいるのかというと・・・奥さんは車いすなのです。






遠くに欲しいものが売っていても・・買いに行くのが愛だと思うのは・・大げさなのかな・・・としみじみ思うふるらんでした。








彼女はご主人との関係に完全に亀裂が入っていました。

ご主人は自分、自分・・・
奥さんが自分にしてくれないと怒るのです。

そして見事に・・・ほかの女性へ。

まぁほかの女性の方も同じ目に合うのでしょうが・・・ラブラブだけの時なのでしょうね・・

それと、家庭を育てられない男性は、さっさと家から出てもらいましょう。

相手の女性の念なんていらないですからね。


それで、彼女には相手の女性の念が入ってこないように、あらゆるものを断捨離してもらいました。

ご主人のものはできるだけ整理して、いつでも彼が出ていくように準備をするのです。

え?準備したら・・ご主人は出ていくの?と思うでしょう?

出ていくように断捨離するのです。




もちろん、ご主人との関係も切れるようにするのです。



と、相手の女性の念が一番ややこしいですからね。
ご主人の言葉をすべて信じていますから。


今回はこれに力を入れて・・・ということで笙先生がいろいろしてくれました。




でも、間違ってはいけないのです。
相手の女性より、ご主人が悪いのです。

結婚式をあげ、神様や人の前で一生の愛を誓ったのに裏切った人が悪いのです。





まぁ・・・不思議なものですが、たとえばご主人が別れて、それから相手の女性と一緒になるか・・・ということですが、あまり結婚する人は少ないです。
でもご主人がそうとう相手に入れ込んでいるか、それともご主人がいくところがないか・・だから相手の女性のところへ行くとくことになるということになるようです。


相手の女性ですが、付き合っている男性が離婚したら最初は嬉しいようですが、でも散々不倫をしていましたから、
「いまさら?」というように冷める人も多いです。
それだけ不倫の体力やストレスがすごいのです。

数年の不倫の末、彼が奥さんと離婚・・・で、男性に
「向こうとわかれたから結婚しよう」と言われても・・・
「は?別れたから結婚しようなの?」です。


ある芸能人さんはずっと支えてくれていた十数年の付き合いの女性と結婚の話になり、
「じゃぁ結婚しようか?」と言いました。
その一言に彼女は
「じゃぁ、ってなに?」と怒ったそうです。


そして別れ・・

その芸能人さんはほかの女性と結婚しました。

そして・・・その女性が妊娠、出産のときにほかの女性と浮気をしていたそうです。

「じゃぁ・・」なんていう男性と一生を誓ってはいけません。

不幸になるだけです。








彼女は離婚の準備をして、そして静かに水面下で進めていきました。


笙先生から
「○月○○日をメドに進めていき、○月には自由になれるようにしましょう」という指示のもと、進めていきました。




3か月後、ご主人は家に戻ってこなくなりました。
「チャンス到来です」と彼女から連絡が来ました。

そして次の手を打ち・・・

まもなくご主人から離婚用紙がきました。


その用紙の話を聞いて、霊感的に不思議に急ぐ感じがするので・・・笙&ふるらんは
「きっと・・・ご主人は相手の女性と家を借りるか、買うかして・・・焦ってると思うよ」という話をしました。


チャンスです。
ここで畳みかけて・・・・いっきに離婚へ。



離婚用紙が来たので、すぐ役所へ。

離婚成立。


そして彼女も荷物をまとめ、家をほかに借りて引越し。




「新しい家は気持ちがいい」というメールが来ました。





そして・・・今月のセッションで彼女と久しぶりに会い・・・
「新しい家に入ってから、いろんな人との出会いが増えました。

人生が楽しくなってこれから自分の夢をかなえたいと思います」と目をキラキラしていました。




彼女は来年、最大のラッキーチャンスが待っています。

その時にはきっともともと持っている彼女の金運を最大に生かし、金運のあるしっかりした男性との出会いを引き寄せたいと思っています。



彼女のセッションが終わって、あいさつをしたときに、彼女は
「未来が見えてくるってわくわくしますね」と言いながら満面の笑顔で帰られました。



ふるらんも笙先生もその笑顔が仕事のパワーになるのです。

こちらこそ・・笑顔をありがとう〜と思います。

 
CMSならドリーマASP