大阪チャネリングセッション〜「運命の人ってわかるの?」

「運命の人って出会ったらわかるんですか?」・・・ということですが、わかる人とわからない人がいます。


自分が思い込んでいる人もいるし、
相手が気が付いていて、自分が違うと思っている人もいるし、
回りの人が「この人とこの人なのに・・」と歯がゆい思いをしている人もいるし、
解かっているのに言えなくて・・・ほかの人と付き合ってしまったり・・・
(すなおになれない人や相手をひきつけるためにわざとやってしまってこじれたり・・・)
あることがきっかけで相手の雰囲気にのみこまれたり・・・
不倫をしていたら・・わからないし、相手の男性の「嘘」を運命だからと解釈するし。
失恋をしたくないから今の彼ばかり追いかけている人は見えないし・・


「別れたら視えるようになるよ」と話しても

「今の彼じゃないんですか?」と回答される・・・

「この人だよ」とほかの写真の男性を指をさしても

「ちがいます」と速攻拒否される・・・



運命なら・・・不思議と結ばれるし、周りの反対がまったくない。
それと変な障害がない。

と・・・男性に嘘がない。



なぜ運命の人が見えないか・・・というのは、どうしても寂しさで選んでしまったり、体から入る人もいるし・・・

何かの共通点でしっかり思い込む人もいる。


運命の人は・・・突然現れる人もいれば、友達だった人が突然のことで男に見えるときがある。


そしてなんとも思っていなかった男性が2年後、急に運命になる人もいる(ロンドンハーツのプロポーズの人もそうでしたでしょう?)


人って・・・懐に入るとよくわかる。

体を引き寄せるのか・・心が引き寄せるのか・・

魂が引き寄せるレベルと全く違う。


お互いに引き寄せるものであって、一方的なものでも
「私の想いがなぜ通じない!」という心の要求でもないと思っている。




あるお客さんがネットでの出会いをたくさんして、それからある一人の男性と出会った。
1・2回目まではなんとも思っていなかったけれど、3回目、ある事件が起きた。

電車が事故で遅延になった。

そして彼は彼女に遅れるというメールをして、彼女の待っているところへ汗びっしょりで走ってきた・・・

その一生懸命走っている姿を見て彼女は
「この人が運命の人だ」と突然確信したという。

そして彼は
「女性を待たせてこんなに走ってきたのは初めてです」と汗を拭きながら謝ったという。

彼女も
「男性をまってこんなに心配したのは初めてです」と答えたそうです。



それから二人は急接近。
そして二人は不思議にデートの時に友達とばったり会ったりしても自然に会話ができていたということでした。


もちろん友達からも
「あの人いいね」と高評価。

両方の親にももちろん
「いい人ね〜」と。


運命の人って不思議にすべて自然に着地です。





ある女性は不倫をやめました。
はい、やめるように言いました。
でも必死に抵抗されていました。

そして最後には
「どうして彼じゃないんですか?」と言いました。

私たちはこれ以上に話しても無理だと思いました。



相手の奥さんがどうであれ(だいたいは男性が嘘をいったり、本当であっても・・・大げさに言ったり、離婚の決断ができない人かしたくない人です)、不倫は不倫です。

略奪は・・・不徳になります。
相手の男性が離婚をしてからのスタートが本当です。

もちろんこちらから離婚してください、ということは言えませんし、
「離婚をさせてまで私と一緒になってほしくありません」と言われますが、そうですね、それは当たり前です。


でもこの話・・落ち着いて考えたらすぐわかることです。




しばらくしてやっぱり男性から別れ話が来ました。

そして別れなければならない・・になり、別れました。

でも・・・忘れられない。


そして彼を忘れたくないので、結婚ができない人ばかりと付き合うようになりました。

「私はなぜそうするのでしょうか?」の答えです。



・・と体から入る人も多いですし、ほかにもいろいろ理由があります。

スピリチュアルな理由を別に知りたいですか?
それは簡単ですよ。
「あなたが〜〜〜・・・で・・・」ということです。
(もちろん人によっては違いますが、その人の過去世で思い出したくないこともあると思いますから控えています)

不倫をされる方の共通点があります。
・・・も、ここでは控えたいと思います。




そして彼女はある病気になりました。
「しばらく妊娠はできません」と医者から宣告。




手術を受け、そして・・・友達が面会。

その友達から言われたことが
「友達で一番心配しているのは隆君(仮名)だよ」。



なんとも思っていない人でした。

そしてラインを送ると、その返事が来ました。

「女性の病気だから行くのを控えているけれど、本当は顔を見るまで心配でたまらない」。



その一文を読んでたくさん涙が出てきたそうです。

こんなことを言ってくれる人は誰もいなかったし・・(気が付いていないだけだったんです)

心と体を痛めて・・そしてやっと気が付いた人の本当の優しさ、正しさ・・・


入院中、ずっと隆さんとの思い出を回想していたそうです。

そして気が付いたのが
「彼が一番私を思っていたんだ・・・」と。



退院し、お祝いで友達が集まってくれました。
その中で隆さんもいました。

一番自分を見ていて、そして一番心配そうに顔を覗き込んでいることにはっきりと気が付きました。



帰り道友達に
「わかったでしょう?今まであなたの見てきた男はあなたを利用するだけの人だったて。
隆君は違うってこと・・なんで今まで気が付かないのか、私にはわからなかたけれど、もうわかったよね?」と言われました。



そのあと、隆さんと二人で会うことに。
そして未来の話をしたときにスムーズに会話できる自分に気が付いたそうです。



これからのことを相談にきました。
そこで、
「私は何を見ていたんでしょうね」という彼女にふるらんは

「本当の愛じゃなくて・・違うものを見ていたんでしょうね。だから苦しむことになったし。
でもこれからは安らぎの愛の中にいられるね」と言うと、彼女はうなづいていました。




二人は結婚し、お医者さんからの許可がでたので今妊活中です。





運命なら・・・苦しみよりも、安らぎであり、そしてもしいろんなことがあっても荒れることはなく、静かに会話しながら回答を出せる夫婦になるでしょう。

そして運命なら・・・なんかわからないけれど・・・幸せで泣けるはずです。


 
CMSならドリーマASP