夢想花

ある人に
「夢想花って知っていますか?」と聞かれ、07010615.IMGP1674.JPG
「え?ムソウ・・・」
「飛んで飛んで・・ですよ」
「あ〜円 広志さんの・・」
「そうそう」

あの曲の最初の部分が
「忘れてしまいたいことが 今の私には多すぎる・・」とかいう感じでしたよね。

確かに忘れてしまいたいことが多くなるんですよね、年を重ねると。
早く忘れた方がいいのに・・・忘れらない。

やはり人間って不器用なのかもしれません。
でも考えようによっては忘れてはいけないことを忘れようとしているときもあるし、忘れなければならないことにずっと思いを寄せるのを辞めなさい、と神様が言っているのかもしれません。

「もっといいことがあるから、今が変わるんだよ」というように・・・。

ある女性が来られました。
彼と別れて3年たつのですが、忘れらない・・と言うのです。

「どうしたら忘れられますか?」という質問に私は
「忘れたいのですか?」と聞くと
「はい、忘れたいのです」と帰ってきました。
「では、忘れるれることができたらどんな風に自分がなれると思いますか?」と聞くと
「きっとスッキリして楽になれると思います」と答えてくれました。
「では、そんな風になって、彼と再会して、彼がまた付き合って欲しいと言ったも忘れているから、もういいですものね」と言うと
「あ・・・・・それは・・・・」

忘れたくないのです。
そして思い出していてほしいのでしょうね。

また、あの幸せの時のようになれることを願いながら・・・・

気持ちはとってもわかります。
でも前進しなければならないのです。

タロットで見て見ました。
あら・・3ヶ月かぐらいに・・彼氏ができると思います。
前より、ずっと優しい人。

「前の彼氏は浮気性で・・・大変でした」
「それなら前を向いてあなたを愛してくれる人と幸せになっちゃいましょう〜」


♪・・・飛んで飛んで飛んで・・・回って回って回って・・まわる・・・・・・♪


毎日が今であり、今は明日になると過去になります。
過去が積み重なり、個人の歴史になります。

忘れる努力も必要かもしれません。
でもそれよりも楽しい思い出をこれから作る努力に力を入れたいと思っています。

私も長年生きてきたわけですから、いろんなことがありました。
でも、これからも必ず未来を見て沢山飛んで、回って生きたいと思っています。




 
CMSならドリーマASP