東京ダブル霊視〜守護霊が強い人の特徴

「守護霊さんが強い人と言われるのですが、自分ではそう思えなくて」とお客様。

笙先生と霊視して・・
「確かに強いかもしれないけれど・・まだ全然動けていないからスイッチオフ状態」と話すと、

「自分が強くないからスイッチが入らないのでしょうね・・・」としょんぼり。



はい、その通りです。
彼女の目の奥に生きていることの充実とか感謝とか・・・
う〜〜ん少ない。

「要求の方が多くて、願いがかなわなくて・・不満が多いから燃焼しないんですよ」というと、

「だって・・つまんないことばかりで」という彼女。

ん・・・それが答え。

本来はもっと守護が強いはずだけれど、それじゃ・・守護霊さんもこの人の為に頑張らないと思う。

「残念ね・・」といい、しばらく沈黙していました。


すこしして
「変えたら・・もっといろんなことが本当になるのですか?」というので

「当然ですよ。それに要求の多い人のことなんてみんな嫌ですもの。
頑張っている人の為に守護霊さんが応援してくれるのに、何もしないとか文句が多ければしたくなくなるのが人の子ですもの」と言いました。

うつむいている彼女に笙先生から
「変えようと本気で思っているなら変え方を教えるけれどそうでないなら・・僕たちも無理ですよ」というと、彼女は

「人生を変えたくてここに来ました。本当に変えられるのなら変えたいです」というので

「変えられるのはあなただけ。保障はあなたしかできないし、あなたが本気にならないと何も起きないです」と話しました。


聞いている守護霊さん・・きっと歯がゆいでしょうね・・・
ですからずっと後ろに下がってしまい、余計なものが前に出てきて
「こっちが楽な生き方だぞ〜」とか言っていいことなんて少ない人生に引っ張られていきます。



不倫、○○、結婚、離婚・・・
そしてまた・・・あまり良くない人との出会いばかり・・


「そんなつまらない人生が続くのは守護霊さんをおろそかにするからだと思います」と話しました。



毎日のことを感謝していますか?
ご飯が食べられるのが幸せだと思っていますか?
トイレに自力で行けることがどれだけ幸せか・・・
健康であること、歩けること、耳が聞こえること・・
話しができること・・・
守護霊さんのおかげでしょう?
そしてご先祖様の偉大なる愛だし・・

もちろん・・あなたを産んでちゃんとご飯を食べさせてくれたり、オムツと取り換えてくれたり、洗濯してくれたり、病院に連れて行ってくれたりしたご両親、周りの人たち・・・


「感謝しても・・いいことがなかったです」というので

「感謝の意味が解からないのでしょうね・・・」と残念に思いました。



いいことってなんなのかな??とふるらんは単純に思うのです。
日々無事で・・これ以上いいことってなんなのかな?と。




「とりあえず、守護霊さんは強い人よ、でも・・まだあなたは本当に弱い・・だから変わらない」と話しました。



しばらくしてまた彼女から依頼のメールが来ました。

そして久しぶりにお会いするとお話しをしてくれました。

ある時、車の運転をしていて、対向車がセンターラインを越えてきてぶつかってきたそうです。
もう駄目だと思ったそうです。

そして気が付くと、車は道の横に止まっていました。

そばに人が立っていて
「よくかわしたよね、よかったね〜〜」と言ってくれたそうです。

車も自分もなんの怪我もなく、
「本当に命を守ってくれたんだ・・」と思ったら涙があふれてきたそうです。


そしてその次の日、同じ色の車が自損事故を起こしている映像をテレビで見たそうです。


「自分が生意気だったんです。要求ばかりの悪い人間だと思いました。
死ぬ目にあって初めて気が付いたぐらいですから相当のバカだと思いました。
あの日からずっと手を合わせて毎日生きていることの奇跡を感じています。
先生たちから言われた時にきちんと気が付いていたら・・
本当にあのとき失礼な態度をとって申し訳ありませんでした」と頭を下げていました。

「頭を下げるその素直さがあるから・・あなたのことが好きなのでしょうね・・守護霊さん」と話すと、彼女は泣き始めて

「本当に・・バカでした」と言いました。


目が覚めて・・スイッチが入ったと思いました。

そして笙先生から
「実は・・ご先祖様にしてほしいことがあるんだけれど・・やっとしっかり見えてきたよ」といい、彼女に伝えました。

彼女はそれをメモをして、笑顔で帰っていきました。



後日、不思議な夢を見たそうです。
手の大きな男性が出てきて
「幸せになろうね」と言われたそうです。


きっと・・幸せになれるはず、と笙先生もふるらんも思っています。





守護霊さんが特に強い人ってすぐわかりますよ。

だって・・・むっちゃ違いますもん。

ものすごく強い人って・・歩いてきた道にもそのかけらが落ちているぐらい。

だから・・お寺に行くと
「あ〜今日、あのお方が出勤されておられるのね」と玄関を開けたらすぐわかります。

さすがに都会なので・・たくさんの人が道を歩いているからかけらが残っていることは少ないですが、ふるらんの守護霊さんがなんとなく
「あのお方が来ています信号」を出してきて
「○時までにお寺にいけ」と言います。

そして・・どんぴしゃです。


と、簡単なお話し。

エアコンの送風が今どこに行っているか、わかりますよね?

あれのスピリチュアル版です。

その人が通ると・・不思議な風が吹きます。・・・としか言いようがないのですが。



歩き終わって・・その人の足跡が残りますのでその形跡をたどると・・今どこのお部屋に居るかわかります。

そして・・・奥のお部屋から廊下を伝って風が吹いてきます。
その風量だけではなくて、不思議な雰囲気が建物に広がります。

もっとわかりやすいのが・・・本殿の色が変わりますわ・・・

あ〜来ているな、お坊様って。

(超本気の修行をされているお坊様のことですので・・・)


もっとすごい強いお坊様を見たときは・・ご登場の前からわかります。
扉の向こうから光が出ています。


そして・・・着物のたもとが揺れるたびにその風で身体がきれいになれます。





ふるらんの守護霊さんも昔はとっても修行をされていた方です。
ただ、団体所属は・・縄張り争いがあるので、お寺を離れた人ですが。



・・・で、基本、みなさん一般の方が「強い守護霊さん」とか「そんな守護霊さんを持っている人」ってどんなイメージなのでしょうか?

霊感がすごい?
除霊のチカラがある?
願い事が叶う?
・・・等あると思います。


わかりますよ。
人って・・自分の思いを手に入れたいし。


でも・・守護霊さんって・・・結構入れ替わりがありまして・・・(苦笑)

人の行いで・・すっと変わります。

ちなみに守護霊さんと、背後霊さんとはちがいます。

背後・・の方もそうですが、もらいものの霊もいます。

その方たちが守護のフリをされている人もいます。
(だから・・いろんな目にあうんだけれど・・)



と、大人の言葉で話すお子ちゃまの霊もいますし、
お子ちゃまで亡くなったんですけれど、悔しくて人に乗っかって・・・それで俺は強い!の子供威張りをされたりしている人もいます。
子供のいうとおりに動く大人の人がいますよね?あれと同じです。

子供は大人の弱点を知っています。
泣く、騒ぐ・・・

大人に成りきれない霊さんも同じことをします。
泣く、騒ぐ・・にらむ、怒鳴る・・・

そして自分の言うなりになる人を常に探します・・

生きていても死んでいても・・所詮人間のやることは一緒です。



強い守護霊さんとの縁を結びたいのであれば・・・この世は修行の場ですので毎日が訓練場となっております。

自分が変われば・・周りが変わります。

・・ということでふるらんも笙先生も日々訓練場でお勉強をさせていただいております。





ある時、尼さんに
「あら・・・入れかわったのね・・○○系は変わりないけれど・・ご守護が」と言われました。

・・となると、仕事が変わります。

でも
「強い守護霊さんね」とは言われたことはありません。

「個人で突き詰めて修行(遥か昔は教科書はないですからね)されておられますね・・・」と言われたことはあります。


きっと
「強いですか?」と聞いたら

「弱いから鍛えたんだろうな〜」と笑いながらいうタイプの人です(笑)




強さとはなんなのか・・・
それをしばらく考えていました。


何に対しても対応できる?

いやいや・・・

しっかりしている?

いやいや・・・そんなことではないと思う。




昨年、夜中まで起きていた時にある番組を偶然見ました。


主役さんがですね・・・いつでもキョトンとしているんです。

そして・・あまりチカラを入れずに・・・処理・・そして解決。


3年前は普通の人だったのですが、努力して自分を鍛え上げて・・・

そして強くなり・・・

強くなって失ったものもあります。

そしてある言葉を彼が時々言います。

それが不思議に響きまして・・・


ん〜〜深いな・・・と思いまして。

ずっと考えていたことがこれで答えが出そう・・と思ったら、この番組を教えてくれた守護霊さんに感謝です。




ふるらんはもともと戦闘系で勝利とか、能力で強制送還の除霊系でもありません。

戦うことで得られるものと失うものを知っています。
失うことよりも・・・相手からもらうものすごいものも知っています。

「先祖代々・・・云々してやる」という・・ものですよね?


話し合いに応じるならまだしも、それを聞きもせずつっこんでくる人もいます。


それが・・その人の人生の未来がおかしくなるのですが、譲り合うというものが無い人はそのあとの見えない苦労を知らないからなのでしょうね。
と、
「また勝てばいい。また俺が勝つ」という安易な思考で引き寄せる不幸があると思います。



強さとは・・
正しい強さとはなんなのか、自分なりのものを整理してみてください。


強くなればなるほど、何を失うか、そして何が変わるのか・・・ということも。



誤解しないでほしいのは・・
ふるらんはスポーツは大好きですし、プロレスもボクシングも見ます。

「男!!!」のオーラが出ているものは特に好きです。



正しい強さを身に着けてください。

男子も女子も。


もちろんふるらんもこれからもっと『未来のための正しい真の強さ』を身に着けたいと思っています。

(痩せねば・・・泣)。

 
CMSならドリーマASP