節分の前に起きることを予防、対処する。

もうすぐ節分。
運気が変わる節目です。

昔は1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日、11月11日・・と節目にいろんなことをしました。


旧家ではまだその行事をきちんとされておられるので伝統とはすばらしいと思います。


2月の節分に運勢がごろっと変わります。
その時からまた波が変わりますので人生の船の方向を変えたり、スピードを変えたりします。


笙先生は船の免許を持っていますので、その点はよく海を見ています。
(ごめんね・・・もう少し海に行かせてあげたいのだけれど・・天候やスケジュールが合わなくて)


ふるらんは山育ちですから山のご機嫌を見ます。
「山が大きく見えたら雨が降る」と教えてもらっています。

ほかには
「あの部分に雪が残ると・・今年は豊作」とか。
「○○が春に多いと○○になる」とか、いろんなことを教えてもらいました。

後でそれが占いの世界にも通用するとわかった時は驚きました。
(おばあちゃんって・・どこの出の人?と思いましたもん)




それと・・お月様を見ていたら明日の天気がわかります。

農家の人も漁村の人もやっぱり神様の教えは守るのです。


やっぱり人は“生かされている”と実感します。




節分が来る前に毎年起きることがあります。

病院で仕事をしていると必ずあることが起きやすくなります。


看護師さんをやめてもうかなりすぎますが・・・今の仕事をしていて、起きることがあります。


それは・・体調不良や、物が壊れたりすること。



そのほか、〜〜が変化したり、感覚がずれたりしたり・・

そうですね・・少しぶれる感じがします。

何か違うな・・と感じることです。




ここで別れるのは・・スピリチュアルな人と精神的に〜〜で〜な性格の人では違う言い方をします。


普通に壊れたのに・・
「〜〜なのです。そして・・・・です」という人がいます。

そこを聞き分けて違いが判らなければなりません。

○神科に勤めていてその違いが判るようになり、霊感のある先生とよく話していました。

「うん、あの人は・・病気じゃなくて・・」です。




風の匂いが変わるように、空気の感覚が変わります。


敏感な人はふるらん達が東京セッションの時に使っているホテルの場所がどういう意味かを感覚的に見抜きます。


実は・・・1月から使っているホテルよりも前のホテルの方が・・・〜〜〜なのです。

ふるらんも笙先生も同じ意見です。

その理由があります。
(知っている生徒さんなら今頃うなづいていると思います)


ある時、その理由に確信を持った出来事がありました。

それを知った時に
「やっぱり東京セッションをしていてよかったね」と二人で喜んだものでした。



ヒーラーの授業を受けに来ている人ならすぐ答えられます。
そしてチャネリングの授業の生徒さんは
「〜〜で〜〜な感じがしますね」と答えられます。




その感覚がわかりやすくなるときでもあり、ぶれるときでもありますから・・

たとえば、普段しないことをしてしまってミスをしたり、言わなくてもいいことを言ってしまったり・・・
少し継ぎ目が弱くなったりします。



身体が変わるのです。

ですから・・昨日ふるらんの背中に蕁麻疹・・・(苦笑)


メッセージボードに
「乾燥と肝休(お酒は飲みませんが、疲れがたまる時があり、肝機能が上がる人です)に注意」を書きました。






こうやって書いていたら・・・

あらぁ〜〜〜とっても外が天気になって来たぁ〜〜

嬉しいわ(拍手)





笙先生も背中に少し出ています。

お風呂上りには乳液を背中に塗ってあげます。

「老人性の乾燥肌にならないように・・」です。




笙先生も身体と継ぎ目に注意です。



こういう時は無理をしないこと。

そして楽しいことをさせてあげることです。


おしゃれな笙先生ですから、
「今年のジャケットを買っていいよ」とバーゲン最終週のお買いものに行かせてあげました。

そして半額になったものを見つけ、写メをふるらんに送ってきてくれまして、

「これでいい?」と聞いてからご購入〜〜


電話の声が弾んでいました。

いいことですわ。


これで・・元気になれたら安いお買いものです。

少なくても病院代よりかなり安い。
だって・・本気で半額はかなり安い。

それに・・金運教室の生徒さんならわかるけれど、このジャケットの購入意味をきちんと答えられるはず。





帰宅した笙先生はやっぱりいい顔をしながら
「ありがとう〜〜」を連発していました。

そして部屋にしっかり飾って、
「いいな〜やっぱり新しいのは」と眺めていました。




(ちなみにこのジャケットではありませんが・・)


今朝、お仏壇のお花のお水を取り替えていたら、
「花を逆に置きなさい」と指示を受けました。


本来なら
「はい」の一言ですが、この時期なら

「はい、わかりました。これでよろしいですか?」と確認します。



接続が・・はい、少しでもずれていたら・・と慎重になる時期なのです。




2月に入ったらすぐ仏壇のお掃除を念入りにする予定です。

それと・・・昨年(2月3日までのこと)の整理を完了させないと・・です。




ふるらんは大きく飛躍する年となります。

スピリチュアルも現実もきちんとバランスを取り、そして常に感謝をしながらこの身体を大切にし、今起きている現象を整理して節分を迎えたいと思っています。





 
CMSならドリーマASP