大阪スピリチュアルダブル霊視〜電気が切れる、家電が壊れる

スピリチュアルな世界でよくあるのが・・電気が消える、とか、電化製品が壊れるなどあります。

「壊れた!だから霊が」とすぐ結びつけないでね。

その事例によります。


霊的なことで見分けやすいのは・・
消えたりついたり・・いつもと違うことが起きたりするとわかりやすいですね。
解かりやすいって・・なんか変な言い方ですけれど・・

でも・・変にパチン・・パチ・・とか、
不思議な・・というよりもある意味気持ち悪い現象が起きます。


できれば・・そうならないように・・あまり心霊系のテレビは見ないように・・ね。

思いは想いを寄せ・・どんどん重くなりますので。


回り近所の飛んでいるのが集まってきたら嫌でしょう?
・・・だから。




「扇風機が壊れ、トースターが壊れ、その後、スタンドライトが切れて・・それからスマホもおかしくなって・・・つぎつぎ来ています。
友達の霊感のある子に見てもらったら怖くて行きくないとまで言われました」というご相談。

お部屋の写真を見せてもらって・・笙先生がすぐ
「ここにいるね」と指を差しました。


子供が一人・・・

「ん・・・古い子だね・・歴史的な感じの」と笙先生が説明するので

「最近、歴史的なところや、神社とかお寺とか行っていない?さっきから石段の階段があって・・・結構重たいような石が見えてるだけれど。お役度参りもできるところ」と聞くと

「○○県の○○○○へ行きました。願いがかなうと聞いたので」と言われたので、

「そこでもらってきていますね」と言うと、

「え〜〜」と驚いているので、

「本来は地の人しか行ってはいけないところなのに・・縁もないのに行くとそういうことになりますよ」と話すと

「お祓いは・・どうなんですか?」と聞かれ、

「祓ったとしても・・・またあなたがどこかへ行けばまたもらってくるタイプの人だから・・・体質を変える方がいいと思います。
あなたはなんでも興味を持つ人だから・・それに付け込んで乗っかってくる人のターゲットになります」


「・・・・・」


運気をもらう・・っていうのはあまり進めません。
ましてその地の神様とのご縁とか、お世話もさせていただいていないのに・・・運をもらう?

恐れ多いです。



何もしていない友達が突然きて
「運が欲しいです」と言われた・・どうですか?


それと・・問題なのが・・彼女の言った場所。
ここは昔・・・〜〜で〜〜の場所。

・・・というのが見える場所。




昔はね・・・産みたくても産めないことがあったし、産んでする〜〜したりした場所があるの。

・・・ということを知っていますか?
だから地元の人でさえ行かないところがあります。

知らないから
「ここはパワースポット」ということを言う人やそこの○に操られて・・もっと人を集めることに使われたりします。


○○○○という役目の人もいるのです。

・・・怖いでしょう?


・・とは自分の意識で気が付かないで雑誌や本やネット上で、
「私は〜〜〜〜」になっている人もいます。

でも・・ちゃんと正しいことを言っている人もいますので、ちゃんと見分けてくださいね。




電気に反応するのは・・・ある意味ちょっと怖い。

ふるらんも・・電気が切れるときは要注意です。


笙先生に報告して・・
「俺がやるわ」と一言であることを開始します。
もちろん、それをするには・・準備をしていますが。


たまに・・・笙&ふるらんのお家に覗きにくる人(?)もあるので・・・(苦笑)。



・・と、

「この壊れた家電って・・・もしかして男性からもらったものじゃないの?」と聞くと

「・・・そうです」

「子供にあちこち触られて・・切られて、壊されて・・・ん・・・困るよね」

「はい・・どうしたらいいですか?」と聞かれて、

「全部あきらめて新しいのを買うことと、そして二度とあちこちの願いがかなうというところへ行くことはやめること。
この霊は・・前のところへ返してこないと・・・」というと

「また行くのですか?」と聞かれ、

「うん、ちゃんとお帰りになってもらって・・・この子の親類、縁者の人のところに行ってもらいましょう」と言いました。



敷地内には入らず・・・ある場所に立っていてもらって・・・

そして不思議なことがありました。

一人の地元の女性が声を掛けてきて、地域の案内をしてくれました。
その人と話しているうちに
「まさかこの人が・・この子のお母さんか・・・関係者かな・・」と思ったそうです。

そして・・・その女性は結婚して妊娠しないこと、これから不妊治療に入ることを教えてくれました。

「大丈夫、きっと赤ちゃんできますよ」とその女性に声を掛けると・・不思議に身体が軽くなったそうです。


ラインを交換して・・・

その数か月後、その女性から自然妊娠したということを知りました。
「あの時元気づけられたおかげで自分が強くなれた」とラインに書いてくれたそうです。



「お母さんを間違えたんでしょうね」と返信をして・・・

「変にお祓いなんてしないほうがいいんですね・・・」という内容のメールをお客様から頂きました。






子供からしたら・・・
前の男性の臭いのするものが嫌いだったんでしょうね。

どこかで
「間違えた・・」と気が付いて、彼女にいろいろしてくる。

でも・・ちゃんともとの場所に戻り・・・
正しいお母さんと・・出会い、この世に生まれてくる。


・・・だから・・ね、あんまり妊娠したくて・・縁もゆかりもないところへ行かないでね。

・・とあまりにも
「妊娠させてください・・・必ず妊娠させて」というような執着の会話は呼び寄せるので気を付けてね。



「なんで・・あんまり自分たちに似ていないんだろう・・・」はそういうこともありますので。






あの世に行ったことこっちに来る子の・・・交差する場所も・・・

子・・・だけではなくて・・もちろん大人も。







ちなみに・・スマホは寝る場所でよく頭のところに置きますが、本当は離しておいてください。


妊娠したい人は・・ご主人に内緒で枕元とか壁に実のなる絵や飾りを置くことですし、ほかにはしなければならないことがあります。


ただ・・授かりものです。

・・・と、家電はできるだけ身体から離してくださいね。



壊れた家電の処分は・・・もちろん聴きに来てください。
相手(人?)によっては多少の処分の仕方が違うので。



最後に・・・もう一つの話。

冷蔵庫のモノがすぐ腐る・・・という相談を受けました。

「きっと夫の不倫相手だと思います」という彼女の言葉を聞きながら・・・霊視をしていると・・

「これ・・・冷蔵庫が壊れているだけです」と言いました。

そして
「壊れた理由は・・あなたの怒りです」と。



御主人の不倫相手の女性と言われている人は・・まったくなんとも思っていません。
御主人が入れあげているだけです。

ですから・・・悪いのは御主人です。

不倫・・というよりもご主人が追いかけまわしているだけです・・・・


というお話しです。



凄いでしょう?
怒りって。

もちろん・・・人の感情は・・電化製品ぐらいは壊します。
もっとひどくなると・・・人を〜〜したり・・〜〜したり。



・・それで彼女は
「怒りを納めるために・・・別れることを決意しました」という正しい回答をだしました。


もちろん、笙先生もふるらんも
「最高に正しい答えです」と深くうなづきました。




 
CMSならドリーマASP