大阪ダブル霊視〜スピリチュアルな離婚と金運の関係

離婚の決意をされてから相談に来られる方も多いです。
彼女もその一人。

話を聞いたら・・誰だって離婚すると思うわ・・この話。



ある日家に帰ったら新しい車が止まっている。
誰かが来ているのかしら?と思って家に入ると・・・

夫がニコニコしながら
「車買ったから〜」と。

え!今何を言ったの??

毎月の支払がどれだけあって・・そして毎回大変な思いをして食費やお化粧品をこらえているのか知ってるの?

子供だってこれからお金がかかるし、それに来月は保険の支払いがあるのよ!



「俺はいつも頑張っているんだから車の一台ぐらいあったっていいじゃないか。
いつもお前は買ったらだめだというだけで俺の自由がないし。
それに車を買ったら荷物も積んでおけるし、いつでも遊びにいけるじゃないか。ほら子供だって喜んでいるし・・・」


あのね・・・
遊びに行くだけのお金もないし、そんな時間があるなら子供の面倒を見たり、家の掃除や片付けを手伝ってよ!

何が遊びに行くのが便利なのよ!
遊びにいく時間があるなら私を休ませてよ!


本気のバカだと思いました。

このままではこの人の言う通りにしていたら・・・お金が無くなる・・
自分のことしか考えていない。

私がこれだけ体調がおかしくなっているのは・・・一体だれのせいなのよ!

ちっとも手伝ってくれないからじゃない。


寝るのも遅いし・・それにあなた・・・

私知っているのよ。
もう調べて写真も撮ってあるし。

ええ、女のせるために車ほしかったんでしょう?
そのぐらいわかるわよ。
いつでも出かけてこの車の中でことを進めて・・そして楽しむんでしょう?

そんなことわかってるわよ。
だって車の話をするときは私を脅迫するような顔をしてるし、そういう顔をするときは・・女がいるときだって聞いているから・・・





「・・だったでしょう?」とふるらん。

「よかったですよ、先に聞いておいて。来るべき日が来ただけです」と彼女は淡々と言いました。

 

そして
「たぶん・・車のことを言い出したら・・もう離婚は止められないからね」と言ったのでそれが来ただけのこと。




ふるらんからは
「気持ち悪いよね、女が乗った車に家族で乗る・・なんて」というと、

「子供にも触らせたくありませんし。それに嘘がばれているのにまだいうのが本当にこの人ひどい人なんだと確信しました」




あ・・・気持ち悪い。
奥さんのことよりも彼女との楽しみのため。

それで・・通勤に使うわけでもないのに、突然、
「通勤に使うから」とその車でご出勤。


もうみえみえ。



「ご主人の名義でしょう?ご主人に払わせて・・そして離婚しましょう。スピリチュアル的にもご主人は・・奥さんに変な甘え方をして苦しめるタイプだし、それと・・○子と○女(女の子)の霊がついているから無理よ。

この霊がつく人の特徴はね・・・・」と説明をしました。




奥さんの心を痛めるような発言をすること自体もうダメなんです。
○女が付くぐらいの低レベルなんだから。

と子供らしいやり方の「無邪気」ではなく、複雑に絡んだ本人の本質とそこの間に入り込んだ彼の魂のゆがみ・・・



「今年の夏までに結論を。そしてこの車には一切触らないように」。



ええ・・・○子や○女がいる場合・・それも複数な・・とかほかいろいろあるのですが(お坊さんに教えてもらいました)、こういう人は事故や事件で突然問題を起こしたり、人を巻き込むのが得意らしく、さっさと別れたほうが得策ということでした。


大人の霊の場合は・・その霊の精神や〜〜を見ます。

「大人は執念深いとか、愛情のもつれとか・・理由がわかりやすいから強制送還の方法もあるし、まだ何とかなるんだよね。でも子供を付けている自体、本人が未熟でまたつける確率が高い。それはまた女性との問題を起こしやすく、そしてまたもらうから・・・」と。





永遠に・・女問題?
そんなのやってられない。


そしてついてくるのが・・・お金の問題。

いいかっこをするご主人は・・穴の開いたたらい(若い人はわかるかな?)

まぁ・・バケツでもいいですよ。
穴が開いているんです。
お金が流れる穴。

もちろん・・そこから侵入してくる霊がいることをお忘れにならないように・・・



使わない車に・・何が遊び道具を入れておく?

レンタカーでいいじゃない。
そんなに言うなら・・自分のお金で買って好きにして。

どうせ女をのせるんだから私は一生その車には乗るつもりはないし、視界には入れない・・・




「決意ができたようね」とふるらん。

「離婚には最高の年ですよ」と。



奥さんの精神を考えても・・早めの離婚をお勧め。

「ふるらんがあなたの立ち場なら・・・もう何もかも捨てて家を出る」と言いました。

ええ、そうでしょう?
ふるらんはそんな女。


幸せになれないなら・・・離婚する。







彼女は子供を連れて実家に戻りました。

そしてかねてから話をしていた弁護士さんと離婚のスタート。
(この弁護士さんも彼女の話を聞いてふるらんと同じく、本気で怒ったそうです)



人の心がわからない人は・・一生一緒にいたくないですものね。


二度と会わないつもりで家を出る、その覚悟。

応援しますわ、スピリチュアルな方法もかねて。




ねらい目は・・・○月○日。

その日が決戦日。




彼女の弁護士さんが力があり、とてもスムーズ。

そして
「僕がこれだけ動けたのは奥さんが写真や証拠をちゃんと持っておられたこともそうですが、不思議にスムーズにことが進んだのはありがたかったですね」と言ったそうです。


あまりご主人がごちゃごちゃ言ってこなかったらしく。

「よかったね」と思いました。

「まぁ・・相手が子供だからね、弁護士さんとの戦は怖いって知っていると思うよ」と笙先生。




相手の女性は・・人妻。
相手の奥さんは
「夫にばれないように」と条件付きで慰謝料の支払い完了。


相手のご主人さん・・・
かわいそうにね・・・



「でも・・ご主人にばれるのも時間の問題。だって・・・きっと今度からは家に彼女を連れてきてホテル代を浮かせると思うから」。





ご主人が急に
「車がほしい」と言いだしたらちゃんと理由を聞くように。

そして・・断り続けたら・・なんていうかよく聞いておくように。

大体・・普通に欲しかったらちゃんとプレゼンをしてきます。
そうではなくて・・・あなたをにらみつけて来たら・・・女性がいると思ってください。

いなかったらにらむ必要もないので。


なぜにらむかって?
「お前さえいなければ・・彼女と付き合えるのに」と思っているからよ。

それが夫の本性ですので。



ああそうだ。
「お前さえいなければ・・」と思っているということは・・・いつか必ず暴力を振るわれるか・・その先はもっと恐ろしいことが待っています。

え?大げさ?
いえいえ・・そんな目にあってみたら本当にわかりますよ、人って・・好きな人ができたら本性丸出しってね。

そしてその醜い顔が本人の顔であり、霊に乗り移られた顔だと・・・

その霊に・・お金も乗っ取られるということを・・・


 
CMSならドリーマASP