愛してると言えなくて・・・

チャネリング教室の回数が過ぎていくと過去世が出てくることがあります。

そのときのお話です。07012819.IMGP1740.JPG
彼女は占い師さんでした。
ご主人がおられましたが、占いの分は自分のお小遣いなどにしていました。

時々お客様の後ろに何かが見えそうで見えない・・という感情に襲われていました。

そしてそれをはっきりするために、私を訪ねてきてくれました。

授業は皆さん人によって違います。
少しずつ進むたびに彼女の才能は開花していきました。

「占いの時、不思議にさえます」と。





そしてある回数の時彼女の過去世が彼女を通じて出てきました。

彼女、彼・・そして彼の好きな彼・・・・
意味わかりますか?

彼は男性が好きでした。
今世は彼は今の彼、そして彼の好きだった人は彼のお父さんだということがわかりました。

「私と彼ってこんな感じだったのですね・・・」

それがわかり、そしてその先まで行くことにしました。

彼女が前世で亡くなっとき初めて彼が彼女ことが好きだということに気がついたようで・・・

彼女は
「彼は彼のことが好きでしたから・・私は彼に愛してるといえませんでした」
「では今世でいえるようになったのですものね」
「はい、彼と彼は親子だから毎日愛してると言える環境を選んだようです」
「恋愛も愛だけど・・親子も大きな愛だよね」
「はい、とっても大きな愛ですね」

彼女のチャネリングは前世を捉える才能です。
ですから、これからはこれをただ「前世は○○」という回答のみではなく、彼女なりの使い方に今学びを深めています。

最近の彼女の言葉です。
「お客様の愛の行方を占う占いから、なぜその人と出会ったのか、どんな意味があるのか・・という占いを越えて、今愛という意味のことをお客様と話すようになりました」

愛してる・・は好きな人に言う言葉です。

あなたは生きているうちに何回好きな人に「愛してる」と言えますか?








 
CMSならドリーマASP