霊視セッション〜仏壇の水が減る

お仏壇のお水の減りが早い・・

 

理由は様々。

 

誰かの命日。

・・きちんと供養されていない方からのお知らせ。

 

自分の体の水が足りていない。

 

・・そして・・まったく関係の無い人が来てお水を・・・など。

 

 

 

昔の時代はですね・・

ついつい助けるつもりで他の人のこともしてしまうということもあったのです。

 

ただ・・やっぱり事情を知っている知らないにかかわらず相手の家のことを背負うことになりますので・・・

よっぽどの覚悟と自分の孫、ひ孫・・・とのことをお考えください。

 

 

 

ふるらんは女性ですが、‘お仏壇をもつ運命’を持っている人です。

それと前世の関係で当然、お祀りをしていく使命があります。

 

それで家系のことをしていかなければならない人でもあり、前世の関係で人の役に立つために自分の人生を・・の人でもあります。

ですからいろんなことが起きて不思議だけれど不思議・・でもないかもしれないですね。

 

 

 

他人の名前が過去帳にあって・・

ず〜〜っとたどって・・たどって・・・

前世でその人に助けてもらった・・ということが明確で、それで自分の代で・・と覚悟されているのならまだしも・・

ただやっぱり他人のお世話の大変さは介護のお仕事をしている人に聞かれるとわかると思いますが・・

本当に大変です。

 

もちろん身内でも大変ですが。

 

 

 

ちなみに・・へっているのは水だけですか?

それと・・お仏壇にお供えしているもので塩っぽいモノ、水が必要なものなどありませんか?

ちゃんとお茶も差し上げておられますか?

 

御菓子によってふるらんは

「きっと朝上げた分ならたりないかも?」と思ったら・・

「お茶・・」と聞いてからまた増やしたりしています。

 

それとお花はきちんときれいなものを。

切らしたら・・また仏様が好きなお花屋さんで買うようにしています。

 

水・・だけではなくて他のもののバランスを考えてみてください。

 

 

水が減るのなら・・何かの理由があるはず。

それをひとつずつ対応して・・そしてきちんとお仏壇を守って行くことだと思っています。

 

それと・・・今暖房の時期ですから蒸発も早いですので。

お水を入れ直して増やしてさしあげるもの方法です。

 

 

ふるらんの家はお仏壇と神様をお祀りしています。

きちんとしていると・・榊が数ヶ月もすぎても青々しています。

それをみていると、本当に

「守っていただけるのはありがたいわ」と思いますし、いろんなことが無事に進んでいることに感謝の日々です。

 

お知らせのお印が来るときもわかります。

お祀りしているお花がぽとんと落ちている時があったり、あるときはお守りのおふだが斜めになっていたり・・

「気をつけなさい」と警戒警報を発令してくださるのです。

 

 

正直、神棚もお仏壇も・・守る人は毎日しなければならないので大変・・と思いますが、きちんとしているとその恩恵は素晴らしいものです。

体調を崩しても理論的にはこっちの先生・・なのに、不思議に

「こっちの先生のところへ言った方がいいかな・・」と思って、それが正解というところへ連れて行っていただけます。

お金のことで・・う〜ん・・と思っていても、不思議に解決します。

そして・・

「なぜきちんと進まないんだろう」と思ったら、進まなくて良かったということがあとでわかったりします。

 

あるとき、帰宅すると家のカギをかけ忘れていました。

でも泥棒に入られることはありませんでした。

 

よかった・・・

 

マンションの玄関を出てふっと頭に家の中の風景が出てきて・・

それで一端帰宅すると・・

はい、ガスの元栓が開いていました。

 

ありがたい・・・

 

お出かけ寸前に部屋の中にハンガーに掛けているものが突然下に落ちたりする音を聞いて

「もしかして・・外に干しているものを取り込んでおいたら良いのかな?」と思って、そうすると・・

はい、雨が降りました。

 

ちゃんとお知らせくださるのです。

それを知っている人はきちんとお仏壇を守って行かれます。

 

 

 

 

 

お坊様に

「毎日、お仏壇のことをきちんと出来ないのは理由がありましてね・・

一つは自分がしたくないと思う気持ち。

もう一つは・・そうさせたくないと思っているモノの仕業・・。

 

つまり・・毎日することによって自分の人生が変わるのですが・・変えられないから変わらないのですし、また来世もそうなるのです」と言われました。

 

 

 

 

お仏壇に関わるもっと深いお話がありますが・・また今度。

 

 

 

お水、お花、お茶・・お香、ろうそくの明かり・・

そして最大に必要なのは、自分の間違いを素早く素直に謝り、反省し、そして日々のことを手を合わせて深く、深く・・・感謝の気持。

 

 

 

先日友達がふるらんのお仏壇を見て

「なんか・・変わった?」と言いました。

何も変えてないけれど・・強いていったら・・菜の花の仏花さんかな?などを話すと

「・・う〜んそうじゃなくて・・・なんか・・・○○感が違うんだけれど」と不思議そうな顔をしていました。

 

 

ふふふ・・その言葉は最近お寺でも言われるのよ、やっぱりシンクロするのね、と笑いながら聞いていたふるらんでした。

 

 

 


 
CMSならドリーマASP