スピリチュアル霊視〜右足首の痛み

右足首…痛そう……


少し引きずって歩いてきたお客様。

で、誰?
会社の人?
元カレ?
兄弟?…それとも……
「覚えがないんです…」
ですよね?


霊視開始…

菊が見える…
白いな……



お墓?
「お墓に行った?」
「仕事でいけなくて…」


で、どこでもらったのかしら・・・

…霊視…


「お線香…ん?」

自宅にはお仏壇はないし・・・

少しして…
「お墓にはいってないけど、お寺には行ってるよね?」
「はい、いつもお勉強にいくお寺でお話し会とかあるので…」
「ちょっとポタッとした……男性なんだけれど・・・霊視をしているとお線香の香りがするの・・・」

 

彼女は考えて・・・
「あ!」……


思い出しました。


靴を脱いだとき、バランスを崩し、男性の靴を踏んでしまったそうです。

その男性が……

「俺の靴を」・・・

 



お寺に来て教えを学んでいるはずなのに…生き霊?

まぁ…人それぞれ………


プライドがあるからね……

 

 

お坊様が

「仏様の前だけいい顔をする方も多いですが(苦笑)、仏様はいつでもどこでも見ておられます」と言われます。

 

 

バスに乗っていて・・途中から行者さん数名が乗ってきて・・

そして席を我先に取り合っているのをみて・・残念、と思ったこともあります。

 

 

 

お経は全部暗記していて凄いな・・と思った人が、他の場所で人の欠点を話しているのをみて・・・

ん・・・読めるけれど心で読んではいないし、つながっておられないのかしら・・と思ったりもします。

 

 





「混んでる時はタイミングをはずさないと巻き込まれるのは世の中の常。余裕は美でもあり、運を荒らさないことになります」というお話をしました。

 

 

だから・・ふるらんは混んでいる時は行かないの・・・


考え方とか気持の方向が変わると・・くっついている人が

「ん?」と思うし。

 

 

 

それで彼女には、くっついている人が離れていく方法を実践してみてね、というお話。

お祓い?

いえいえ、自分を変えないとまた他の人との関係が発生するでしょう?

 

「すみません」と簡単に謝る相手と

「大切な靴を踏んでしまいまして・・申し訳ありません」と頭をさげるのとでは違います。

 

(相手の方次第・・という部分もありますしね・・そこはいろいろと・・・)

 

それと・・その当日に履いていた靴を捨てていただく事にしました。

 

 

 

これで良くなってくれたらいいな…………




玄関という場所はいろいろな人のいろいろなものが一斉にはいる場所です。

余裕を持って入りましょうね。

 

 

そしてご自分のおうちの玄関もです。

 

玄関掃除は午前中。

靴磨きは夜の○○時をすぎたらしてはいけない。

 

「かかとを踏んで歩く人はね・・・」

「つま先の・・・」など、おばあちゃんの教えがあります。

 

靴を踏んでしまったら・・きちんと謝りましょう。

 

キチンとです。

 

相手にわかるように・・キチンとです。

 

 

 

 

1週間後・・彼女から連絡がありまして、楽になってきたということでした。

 

 

 

世の中にはいろいろな方がおられます。

 

 

 

場所、時間・・タイミングを選んでくださいね。

それと・・自分の玄関は・・運の入り口ですので、きれいにお掃除をしてください。

 

 

人の家の玄関前でホコリを落としてから家のチャイムを鳴らすのが礼儀・・

自分の家の中でホコリを落とされたら・・やっぱり嫌でしょう?

 

 

もちろん・・神社様やお寺様も。

自分の厄を落としてから、入らせていただいてください。

 

 

昔は・・もっといろいろあったのです。

だからもっと美しかったのです。

 

 

これから先のことを考えて・・伝統と見えないお力を維持されるためにも・・・きれいな気持と身ぎれいな自分でお参りくださいね。


 
CMSならドリーマASP