霊視セッション〜右肩の痛みだけではなく・・

「離婚してから体調が悪くて・・」とお客様。

 

確かに・・言われている右肩が痛いみたいです。

それと・・・

「今、いろいろ出てきているんですよ」と言うと、

 

「相手の女性からの攻撃でですか?」と聞かれたので、

 

「それもありますが、あなた自身の心の痛みが体にギシギシと音をだして、表に出ているんです」と言いました。

 

 

ご主人のために、家族のために頑張った。

その大変さが霊視でもよく見える・・・

 

「痛くても、しんどくても・・・寝込むことなく頑張ってきましたよね?」と静かにいうと、彼女は目に涙を溜めて

 

「そうなんです・・でも家族はだれも理解してくれなくて、私が元気だと思っています。少ししんどい話をすると、うるさがられるのです」と孤独な気持をおしえてくれました。

 

 

離婚にはパワーがいる。

疲れる・・・

まして・・相手が勝手にしたことなのに、こっちに被害が来る・・

 

挙げ句の果ては周りの人から

「なんで離婚したの?」とか

「我慢していたらご飯食べられるし・・楽なのに」とか、

「理想の夫婦だったのに・・残念だと思ったわ」とか・・

 

傷ついている彼女の心をなお刺激し、直撃するようは心ない発言をする人も多い。

 

だから・・離婚には別れるパワーと、周りから自分を守るパワーがいる。

昔から比べたら離婚という単語は増えているから、遙かに楽になったとはいえ・・でもしんどいことは変わりない。

 

 

 

傷ついている心に言ってほしいのは、

「いろいろ大変だったのね・・少し休んだら?」とか、

「(大変だったというのを見せないで来たので)無理していたんでしょう・・」とか、

「(突然のご主人の裏切りなどの場合もあるので)体、大丈夫?ちゃんと食べてる?」とか気遣ってくれる言葉を書けるのが人徳のある人がいう言葉。

 

 

 

 

霊視して・・

 

確かに相手からも攻撃も受けている・・

でもそれは少しの部分。

大部分は・・今まで我慢してきた体の悲鳴が聞こえてきている。

 

 

心が折れてしまったら、当然体にも影響が来る。

 

心と体が別々・・なんてそんなに頑丈な自分じゃないですものね・・・

 

 

「たっぷり休むことをおすすめします。

会社も辞めたかったと思いますしね。タイミングとしても辞めてもいいです。

 

それと年齢的に・・・」の話をしました。

 

次の仕事の見つけ方などもありますし、仕事の方法も変わります。

 

 

それに・・・心が折れているのですから、まず骨折を治さないと・・・

 

最初の添え木は・・周りにいる親切で心温かい人の言葉・・

 

ふるらんが出来るのは・・起きる前に

「(ご主人、仕事、他いろいろなことで)骨、折れそうですよ・・」とお話したり、

「折れると体や心に・・」、

「一人で歩かれた方が楽ですし・・」

 

折れた人が来られたら

「大変でしたね・・・」ですし、その先にこうしたらいいですよ・・・というお話になります。

 

 

でもみなさん生活がある。

だから

「休んでしまうと・・生活が」と言われる方が大半です。

まして年を重ねていると将来の不安がなおキツイです。

 

 

わかりますよ。

でも、今は

「外界とは・・距離を置かないと・・きっとこの先に後遺症です。もう人とのつきあいはしんどいと思っているところでしょう?」と話すと、

「そうです。さすがにいろんな人にいろんなことを言われました」と言いました。

 

 

本人が風邪で寝込んでいるとする。

その人に

「風邪になってどうするのよ!」と言ってどうする?

 

 

「今はとにかく休みましょう。体の中で風邪の菌と自分の抵抗力と戦っているのですから、戦いが収まるまで体を休めるのがいいのです」と言いましょうね。

 

 

 

 

貯金・・へらしてでも少し休まないと。

生活を見直して・・ほんの少しでも貯金すればいいのです。

老後はお金を使わない生活の体質にしていなければならないので。

 

 

彼女の場合は先に体と心を。

折れたまま仕事をしたり、人と関わると・・・人生が後遺症のままで歩かないとならない。

(人によっては仕事を頑張っていろいろなものを振り切った方がいい人もおられますのでお客様の運勢によります)

 

 

辛いときに本当の人間関係がわかります。

そして相手の方の徳の深さや大きさも。

 

 

人の心がわかる人とず〜とおつきあいしていきたいですものね。

 

 

「今回の件で友達や人間関係が変わりました」という彼女に

 

「わかりますよ。とっても辛かったと思いますが、これから先の自分の人生に大切なものがわかったことは良かったですね」と話していました。

 

 

 

それから彼女は2ヶ月、人生をお休みすることにしました。

 

ちょうどその時から運勢が良くなるので。

 

 

最初は何もしたくなくなったり、自分を責めたりするのですが、それが整理されて・・炎症が治まってきて、形が落ち着いて・・普段の徳積みや神様貯金がある人は不思議と何かがわいてきます。

 

このとき、不思議な体験をする方も多いですし、これからスピリチュアルな仕事に移られる方もおられます。

 

 

必要ではないものが削がれるのでそれでなるのでしょうね。

 

 

 

 

大きな事故にあって、人生のことを深く考えて生き方を大きく変えた人が多いように。

 

それが事故なのか、人生の心の事故なのか・・の違いだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2ヶ月後、また会いに来てくれました。

「休んで良かったです。もし休んでいなかったら一年とかかかっていたと思います」とお話する彼女に

 

「まだすっかりという訳にはいかないけれど、少しずつ動き出すには良いときになりましたしね、ちょこっと動きましょうか」とこれからのお話をしました。

 

 

 

まだ完全ではない。

だからこそもっと大切にしてあげなきゃ・・自分。

 

“今の自分”ができることって何?

 

どこぐらいのことをしらたいいの?

 

 

 

・・・はい、相談に乗りますよ。

 

 

早く元気になってとは思いますが、でも焦ったらダメです。

 

ぜったい、ぜったい。

 

まず休んで・・

人生にはそういう時も必要。

 

 

そして・・・人のこころの傷みのわかる深い人になってください。

 

それと・・必ず『見えないところからご褒美』が来るのを信じてくださいね。

 


 
CMSならドリーマASP