ナチュラルスピリチュアルに向けて・・

スピリチュアル、と言っていると微妙にニュアンスが違って・・

 

う〜ん・・ふるらんとしたら、もっと自然に

「神様、仏様とのつながりであり、感謝や恩返し・・そして自分の心のありかた」というようにとらえていて・・

 

見えるということは

そんなに視える、ということにとらわれなくていいかも、と思っている。

 

とらわれているとなかなか前に進めないのと、実際見えていたり、感じていたりいるのにとらわれているせいで、

「これって本当?」と疑う心の方が強くなり、ナチュラルなスピリチュアルメッセージが入ってこない。

 

 

だからチャネリングの講座では、

「止めているのは自分なの」とお話することも多い。

 

 

でも、普段の生活がずっといろんなことを止めているからこそ、その癖はなかなか取れないし。

と言って、止めていないと・・社会生活では「あの人微妙」ということになる。

 

 

ふるらんも・・そういう系統の人も子供の時にはそう言う経験をしてきているから(苦笑)

 

 

 

 

注意されることはいつも同じ。

“(もっと深い)感謝が足りない”

“きちんと(考え方等)なっていない”

 

 

どこまで頑張ればいいのか?

そこまで尽くせばいいのか?

 

きっと一般の人との違いはある思います。

 

 

 

そしてこの仕事と、普通の生活のバランスをとりながらまだまだ自分が出来ていないといつも繰り返しています。

 

 

 

それでですね・・

最近、やっとわかってきました。

 

 

そうね・・場所が変わると考え方が変わるのね、と。

それと、出会う人が変わると・・・自分が簡単に変わるわね・・と。

 

 

 

 

 

 

先日、テレビで「又吉先生」がある漢字を書きました。

 

それを見た瞬間、あ!と府に落ちました。

 

 

そして・・これって・・わかりやすい、と。

 

 

 

スピリチュアルは触れてはいけない部分もあるけれど、もっとナチュラルなことを伝えてあげたら良いのね、と。

 

 

写真を撮る時に後ろが都会か、近代美術館か、それとも森の中なのか、海なのか・・・

 

そうね、その生徒さんに合わせて今まで通りの部分と、そして一番大切なのが・・・ふるらん自身じゃないですか、と。

 

 

 

「動け」と

 

「動くな」と、

 

「(これから〜〜になるから)○○の○○を切れ」と・・・

 

 

 

「何も要らない、要ろうとするな、だから今・・○○だから」と。

 

 

 

 

 

本当のことをいろいろ知って、また前を歩きます。

ただし今までよりはペースを下げて。

 

 

そして今までよりも・・呼吸を自然にして。


 
CMSならドリーマASP