お盆のスピリチュアルな過ごし方

お盆なので・・ご先祖様がお帰りになれられます、ということと・・・

 

帰れない人や、諸事情ありで・・帰るところがわからない人や・・

 

意地でも帰らなくて他の人にわかってもらいたいなど・・・

 

人の心複雑ですね。

 

 

もっとすなおに

「楽になりたい」を認められないし、

 

相手のおられる方の複雑な心境など・・・

 

計り知れないものが心の量以上にあります。

 

 

そして心が壊れて・・の方もおられます・・

 

いろんな悩みあり・・でしょうし、幸せだった、といっても思い残すことはあるでしょうし・・・

 

『人』とは深いのですね。

 

 

 

 

この時期、お盆の関係で街の中は人が少なくなります。

 

帰省ですし、家のなかや旅行への方もおられます。

 

 

それで・・○感のある人は・・

「出られない」とか

「とりあえず無事な場所へ」とか・・・

 

ええ、人は少なくなりますが、見えない人が増えるのです。

 

というのと、見えている人が・・・だったり、見えない人がキツかったり。

 

想いが出やすいというよりも絶対人数多し、ですね・・・

 

終戦・・もあります。

さぞ辛かったと思います。

 

みなさん・・平和が一番の幸せだということを思い出してくださいね。

 

 

 

 

○感の人にはいろんなことがありますので対応策をとりながら移動、もしくはそこに居る、ということになります。

 

他に

「こんな方法、あんな方法」などありますが、基本、○感があるが故に・・・ということでまず自分のことをしなければなりませんので。

 

 

ふるらんは今年は・・

午前中に仏壇のお掃除。

 

そして台所、デスクの上の掃除・・・

 

そして仕事をして・・・

 

夕方から体のメンテナンスへ出かけます。

 

うまいこと予約が当日取れました。

 

ありがたいわ〜〜〜

 

 

そのときに仏具屋さんの前を通るので仏具磨きの材料を買ってきます。

 

それでぴかぴかにする予定です。

 

「ふるらんのおうちです〜」とわかるぐらいに。

 

それと・・・お花と・・ろうそくと・・・

御菓子ですね。

 

 

 

 

ご先祖様に深い感謝を。

 

 

簡単な言葉ではなくて・・・心を込めてしてくださいね。

 

 

あなたを見守ってくださっておられますので。

 

 


 
CMSならドリーマASP