スピリチュアルセッション〜右肩の痛み

霊感があるのはそうなのですけれど、ふるらんは他の方とちょっと違う系統の人でして・・

 

本来の言い方は○○○○・・能力者という言葉になります。

 

○代見えて、そのために影響を受けて・・お仕事がなかなかできないというぐらいの人が言われましたが、

「見えてもなんの解決にもならないしね」と。

 

確かに・・数代前の問題を今、どうするか?と言われても・・それは相当なお力のある方に納めてもらうということも大切ですが、本来はなぜ“起きるか”とどうして“私なの?”の部分の根っこみたいなもののところに・・なんですが。

 

それを避けて

「今、すぐなんとか」は無理ですものね。

 

 

 

霊能者=○○と○○を持っている人、

 

本来は・・まぁこの辺はまた今度。

 

この事実を知ったときはふるらんは一瞬○○○しました(苦笑)

 

 

 

 

右肩が痛い。

病院へ行っても問題なし。

 

整体やカイロへ行きましたが・・治らず・・・

 

 

「生霊とか霊的なことでしょうか?」彼女。

 

見ていると・・

「違うな」と思いました。

 

「先生を変えなさいということですね」とふるらんが言うと

 

「もう数名変えました」と言われたので

 

「他の先生が治してくれますよ」と話すと、彼女は

 

「・・そうですか・・」というので

 

「霊のせいにするとダメですよ」と彼女に話しました。

 

ある先生と話したことなのですが

「先生、私に霊が憑いていますか?」と聞かれるときもあるそうです。

 

その先生、霊感があるので。

 

先生は笑ってこう言いました

「本物のが憑いていたら・・無事ではないしね」と。

(※先生の無事の意味のレベルはご想像にお任せします)

 

 

確かにその先生は守りも○○もとってもキレイな方できちんと毎日されているし。

 

 

 

ということで、彼女自身の考え方を変えていただきまして、一から自分に会った先生を探そうと心から思っていただきました。

 

すると・・

2件目の先生があっさり

「ここと、これが曲がっているから」といい、施術して・・

「どう?」と先生が聞いたので、彼女は確認すると

「少し良くなった気がします」と入ったので、先生が

「自分の癖を直そうとしない人は治らないし、治したいと思う人は・・あなたの場合ならあと2回来てくれたら治るよ」と言いました。

 

それで後2回行くと・・

あっさり肩が動き上がるようになりました。

 

先生は

「まず気持ちからだよ」と笑顔で話してくれたそうです。

そして普段のストレスの事もきちんと受け止めて生活の方法を教えてくださったそうです。

 

 

 

 

 

次のお話は本当に霊的な関連のお話。

 

依頼されて用紙を見たときに、

「彼女には先に○○へ行ってもらった方がいいわ」と思いました。

 

それでメールで予約の調整をしながら、行っていただきたいことろへ話すと

「ちょうど来週にお友達と旅行の予定です」とお返事をいただきました。

 

(別に肩が良くなる神社に行くとそういう訳ではないのですが)

 

 

旅行のコツだけ教えてあげました。

きっと・・そちらへ入っていただけると思ったので。

 

そして彼女と面談の日が来ました。

 

あれ?依頼とイメージが違う・・

 

 

彼女の話では友達と旅行へ行って、その時、ある問題が起きたそうです。

それでそのお友達があまりにもわがままだったので、旅行から帰ってきてから連絡をとらなくなったそうです。

 

 

それから不思議と肩が楽になり、友達や会社の人から

「ちょっと変わってない?」と言われるようになりました。

 

 

「最初の依頼と相談が変わりますが、一緒に行った友達と縁が切れたから治ったのでしょうか?」と聞かれたので見てみると・・

 

「確かにそれもありますね。行った先がお友達とあなたにくっついていたものと合わなかったみたいですよ」と言うと

 

「あ・・なんとなくわかります。自分はゆっくりしたいのに友達がすぐ移動するし、自分は食べたいのに閉店時間や売り切れとかで食べれなかったり・・

友達が早々に寝たのでその寝顔を見ていたら怖いな・・と思ったりしました。

それで一人でホテルの中を歩いていたら、通り過ぎた場所なのにある展示物が気になって見ているとホテルの人が来てお話をしてくれて、それがとても懐かしいような気がしたのです」と言いました。

 

○○県○○市・・観光地です。

彼女のお父さんの系統のところです。

 

・・とお友達にとっては敵対関係の場所。

 

 

「元々互いに闘った人だからどうにもならないのよね。出会うの縁、切れるのも縁だし」と言うと

 

「はい、わかります。ケンカにならずに切れてよかったと思います。それと肩が楽になったのも良かったでした」と彼女は受け入れていました。

 

 

まぁ・・相手側の土地に行く縁もありますからね。

最初は仲が良くてもそのうちにけんかに・・となる人も居ますし。

 

結婚もそうです。

最初は出会って惹かれ合い・・別れられないのです。

 

でも出会ったら最後。

最終結論が離婚ならまだしも、相手をやっつけるために出会うという縁もあります。

 

 

 

別れるために体や心をやられる人も居ますし、それを越えれるか、どうなるか・・・

だから

「離婚にはエネルギーが必要よ」と離婚経験者の方々は言われます。

特に女性は男性より筋肉が少ない。

体をやられやすいのです。

 

 

 

彼女の肩を見ていると・・

あることがわかったので、それに注意してもらうことにしました。

 

 

ふるらんもこれから益々年を重ねていきますので、お坊さまと直接お話ができるかたから紹介をいただきまして、お坊さまから直接のお話を受け、注意点とあるお守りをいただいております。

 

 

なぜ自分のとこへ来るか・・というご質問ですが、このような公共の場所ではいろいろあると思いますので控えております。

 

 

 

ちなみに・・この文章を書いて、途中で写真を入れようと思って作業しておりましたところ、パソコンが動かなくなる現象になりました。

 

あぶない、あぶない・・

ということで控えめに書かせていただいております。

 

 

 

 

 

仕事の途中で肩を正しく回してみてください。

きちんとした指導をいただいてくださいね。

 

それだけでも・・意外に効果があるときはありますので(意味深)


 
CMSならドリーマASP