大阪 チャネリング 〜耳鳴りの理由

・・また消えました・・(ショボン・・・)

 

耳鳴りの問題があり、お話の回答部分に触れたときですね。

 

 

・・では気持を切り替えて・・

 

他の耳鳴りのお話をします。(書き直しをシャキンとしなければ)

 

 

 

 

 

「気にならない耳鳴り程度ですが」というお客様。

 

 

見ながらお話を聞いていると、確かに少し・・・

 

「もうちょっとやさしくして欲しいとか、もっとしてほしいみたいな感じに取れます」というと、彼女は

 

「それってご先祖様ですか?」と言われたので

 

「ちょっと変わったチャネリングをさせていただきますが、その感じを教えてくれる?」と聞くと彼女はそうしてくれまして・・

 

すると

「〜〜な感じがします・・・」

 

「〜〜という感覚が降りてくるのですが」というと

 

「〜〜ですか?・・・・・(少し間を置いて・・)あ」と気がつきました。

 

そしてぽろぽろ泣き始めました。

 

 

ええ、いつも一緒に寝ていた猫。

 

「毛が長くて・・白と・・色の」というと、頷いていました。

 

 

かまってあげていなくて・・

イライラしてしまって。

 

「あなたは自由でいいよね、あなたのえさ代とか私が働いているのよ、などと愚痴を言っていたでしょう?それが猫にとって耳障りだったみたい・・」

 

「・・・すみませんでした・・」

 

 

 

 

年を重ねて介護になったとき、どうしようも無かったので実家へ。

最後はお母さんが面倒をみてくれたそうです。

 

でもやっぱり、あなたと一緒に居たかった・・・

 

 

「こんど実家に帰ったら謝ってきます」とすなおに言ってくれました。

 

 

 

 

 

セッションの数日後夢を見たそうです。

 

そばに居て頭をすりつけてきて・・

甘えてくる仕草。

 

ごめんね・・と何回も謝ると、

「また会いたい」というメッセージ。

 

 

その後、猫の保護のページを見て、面影がある子を見つけて、また飼うことにしたそうです。

 

 

「最後まで面倒を見ます」という決意が書いてありました。

 

 

 

耳鳴りは消えました。

そして・・ふるらんとの約束、「ありがとう」の言葉や感謝の感覚を会社の人につたえるようにしたそうです。

 

 

 

心は・・何にでもあると思います。

つたえる方法は・・

笑顔でも行動でもメールでも・・そしてやっぱり言葉で心を込めて相手の目と耳と心へが一番ですね。


 
CMSならドリーマASP