背中が熱い〜スピリチュアルメッセージ、4つのバランス

背中がたまに熱くなります。

ふるらんなりには分析完了ですので、あくまでもふるらん体質の答えですが、“調子が変わるスイッチ”みたいな時にボワ〜っと熱くなってきて、

「背中に急に湯たんぽ?」状態になります。

 

ひなたぼっこよりまだ熱いです。

でも汗はかきません。

 

更年期障害は越えました(応援、ありがとうございました)

 

まるで修行のようなものすごい体にくるしんどさを越えたという心は今でも自分の自信につながりました。

 

 

更年期は汗がでてきますので頭が火照るみたいな。

 

スピリチュアルな背中の熱さは・・なんて表現したらいいのでしょうね・・ふわぁっとした熱気が立ち上がるみたいな。

 

そうなってきたときに、メッセージが確実に来る、という感じでは約束されていません。

 

 

「いつでも降りてくる時に・・」の時に、はい必要なものは受け取ります、なので、背中のスイッチという決まりにはなっていないみたいです。

 

とりあえず伸ばしてみて様子を見て見ます。

 

 

 

 

熱くなるときは良いこともありますし、警戒するときもあります。

 

でも根本はあまり体に答えを求めないようにします。

 

年も年なので(笑)。

 

 

 

心、

身体、

精神、

魂(霊魂)。

 

バランスが大切だと思っています。

 

 

霊的なことに偏ることは他のものを後回しにしてしまうことになりかねないので。

 

 

私たちは、

心だけで動いているのではないし、

身体だけでも

精神だけでも

魂だけでもないのですから。

 

 

すべてのバランスあっての“今日のあなた”です。

 

4つのバランスがどこか傷ついてとても悲しくなって、それをなんとかしたいとか、

 

そうならないように何をしておいたらいいか、

 

魂があまりにも後回しにされて(見えないから)それが今とっても悲しくなっているのか・・・

 

魂の前の前・・

それからこれからの先の先・・・

 

 

ふるらんも毎日実践です。

 

そしていろいろなことを知っている大先輩の方やお坊様からのお話などもお伝えして自分の身を守って行く方法をしていこうと思っています。

 

ブログには書けないことがたくさんあります。

それは・・ご理解をお願いいたします。

 

人の心は人に見せているいるものよりもっと繊細で・・とても壊れやすいものでもあり、

悲しみが深く、

怒りも沸き、

憎しみも集まり・・

辛さが増し、

自分を責め、

現実や見えないものを知り、

・・・自分の立場や心を目の当たりに見せつけられ・・

 

自壊に発展しそうになったり、

人の一言で目が覚めたり、

 

泣いて、泣いて・・

時間が少しずつ過ぎて・・

思い出してまた泣いて。

 

人と話しをしたり、

音楽を聴いて気持が変わってきたり・・

ネットの文章を見て

「そうなんだ同じ人がいるんだ」と思い、共感し、

 

深い谷間からほんの少し・・をすぎて・・

 

やっと前に進もうかと思ったり、

また・・後ろに引っ込んでしまったり・・

 

 

 

でも、でも・・・心も身体も精神も・・魂も、

「このままでは・・自分ではない」と感じて、

やっぱり、どうにかしなきゃ、と思って、

「変えたい!」と魂のどっかで言っている。

 

 

その声を大切にしなきゃ・・・ね?

ふるらんもそうしてきました。

 

心も身体も精神もみんなメッセージを出しているから

スピリチュアルだけには偏らないセッションをしています。

 

諸事情等あると思いますので、セッション依頼やセッションの時にご相談くださいね。

 

 

ふるらん、いっぱいいろんな人のいろんな相談や現実や「人には理解されていないお話」なども聞いてあげられます。

(最近宇宙のお話の関係の方も多くなりました。これから先のメッセージですね)

 

そして見えないことも見てきたし、

知らないことは今、勉強をさせていただいているので。

 

“必要なお勉強”はやっていきます。

 

 

お客様や生徒さんと気軽な話やお勉強をしながらお茶をしたりして笑いながらふっと、

「もっと勉強しなきゃ」と思う時が背中が熱くなるときがあります。

 

本当の根本は「進め」の合図かもしれませんね(笑)。


 
CMSならドリーマASP