エンゼル(もしくはエンジェル)コミュニケーション。

ヒプノセラピーを受けた時、たくさんの天使さんが出てきたお客様がいました。07072217.IMGP2581.JPG
私が見て、まずこのお客様・・一番多いかも・・と思ったりしました。

わぁ〜〜〜と囲まれる感じで。
ヒプノの中でその天使さんの数人が私にお願いをしてきました。
もちろん私はそれを快諾しました。
そしてその後、彼女自身もそれを行うことを決意しました。
それとは・・・
「エンゼルさんとの完璧なコミュニケーション」。

お願い事とか簡単なことならとっても簡単です。
でも彼女の使命はあのヒプノで出てきたぐらいの天使さんが手伝ってくれるので、私としてもとても頼もしい。

きっとハイレベルまでいけると思いました。

そして第一回目の授業を終えて・・・その数日後に連絡がしました。
「夢の中に天使さんが出てきて・・・いろいろお話していったのですが、私、忘れてしまって・・・」と。
それってありがちなんですよね、初心者さんに。私は
「それならその夢の会話を思い出す方法を今日の授業でやりましょう」と言いました。

人によって思い出し方が違うので、その彼女に合う方法を教えました。
すると思い出してきました。

聞くと・・とっても彼女にとって重要なメッセージだったことがわかります。
でも解読も必要・・・
読み方を間違えると・・違う意味に取れるから。

天使さんもいろんな伝え方をしてきます。
そしてその人のことなのか、家族のことなのかを混ぜてくる時もあります。
こちらの心のあり方ですね。
それと・・・やはり天使さんとの関係。

低空飛行の天使さんが来て、
「お疲れぎみ」とか言う時があります。
あらあら、大変、と思いますわ。

他には変わったところでうちの守護霊さんが
「この子は天使でも違う系統があってる」という時もあるし。

千差万別ですもの。
自分の役目と自分に合っていることをすすめなければなりません。

あなたの力はあなたとそのご加護している方たちとの連携があってのことだから。

授業の最後の彼女の天使さんが彼女の口を通して言いました。
「彼女をこれからもよろしくお願いします」と彼女。
「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」。
直接に天使さんとお話できるのも嬉しいものですね〜〜〜。

ちなみに天使さんを背負ってる人にはある特徴があります。
羽が見える?・・ううん。
天使さんが好き?・・・ううん。
天使さんの声が聞こえる?・・・ううん。

そんなんじゃなくてねぇ〜〜〜〜もっともっと・・・具体的な特徴。

うふふ、ナイショ。

 
CMSならドリーマASP