「決意が勇気に変わる時」

チャネリングの生徒さん、令子さん(仮名)が私に最近、彼女の職場で起きている「いじめ」の問題を話し始めました。07080216.IMGP2611.JPG

ある上司が中心になり、ひとりの男性社員さんをいじめるようになりました。
上司の言い分は
「仕事ができないから」ということでした。
しかし、その社員さんを採用したのは・・その上司さんでした。

「それって、上司さんの育て方に問題があるのと、自分の成長のための課題ですものね」と私がいうと、
「私もそう思います。でもその上司はみんなでその人をやめされる行動をとったのです」

彼女の話は続きます。
彼女はいじめることを反対しました。
すると上司は令子さんに
「気があるのか?」とセクハラまがいのことを言ったそうです。
一応彼女の方が先輩にあたるので、彼女はいじめを免れていましたが、ほかの社員さんは令子さんに
「いじめなんてしてくないけど・・でも私がしないと・・上司が怖い」と女性社員さん。
男性社員さんは仕方なくいじめる人と一緒になっていじめる人いました。

令子さんは思いました。
このまま続くと私自身もいやな人間になる、と。

「それなら、あなたの課題としてチャネリングをしてみたらいいですよ」と私が言うと
「それがなかなか出てこなくて・・」と言ったので私は
「ある場所の風景が見えるから・・きっとそこでチャネリングをしたら答えが出ると思いますよ」といいました。

そしてある日、令子さんは休日を利用して、その場所へ行き、チャネリングをしてみました。
するとある風景が出てきました。
いじめられている男性社員さんが料理をしている風景でした。
「まさか・・この人・・」と思い、その男性とあるお店(個室)で待ち合わせ、個人的に話を聞くことにしました。

彼は涙を止めながらそして目を腫らせ、仕事でいじめられていることを語りはじめました。
でも生活があるから・・やめられない、と話していました。
彼女は彼に
「料理好きじゃない?」と聞くと
「え?そうです。料理学校へ行こうと思ったのですが、父に先が見えないから会社員に成れ、といわれたんです」と言いました。

彼女は
「今からでも遅くないから、会社をやめて学校へ行ったら?きっと成功すると思うわ」と彼の背中を叩きました。

そしてその数日後、彼はまた上司にみんなの前で仕事のことを言われたそうです。
すると・・彼は上司に
「あなたは仕事を注意しているのではなく、あなたは私の人格を否定していますね」と言ったそうです。
当然、上司は怒りました。しかし、そのときたまたま来ていた社長がその会話を聞いていて上司に
「君の言い方は人を傷つけるね」と言ったそうです。

社長は彼を連れて外に出ました。
上司はその上司に連れられ、ほかの部屋に行きました。

みんなは
「めっちゃグッドタイミングね」と言いました。

その後令子さんに電話が来て・・あの彼からでした。
社長にすべてを話したそうです。そして上司に対しては逆に今の仕事をやめる決意ができたので感謝しています、と伝えたそうです。
そして上司に
「自分は料理人になります。店を開けたらぜひ来てください」と挨拶し、握手をして、辞表を出したそうです。
自分があの時、言い返すことができたのは令子さんのおかげです、という文面だったそうです。

後日、父親に勇気ももって決意を話すと、父親に「わかった。がんばれ」と言われたそうです。

「彼は今、料理学校へ行っているんです」と令子さん。
「それは素敵ね、いいことだわ」と私が言うと
「それでね、先生」
「はい?」
「なんか彼を見ていると・・前世も部下だったような気がしてきて」
「あら・・そうなんだ」
「はい。きっとそんな感じが。それでヒプノセラピーを受けたいのですが。きっとその先があるような気がするんです」

もちろん私は快諾しました。

そしてヒプノセラピーをしました。
答えは「そのとおり」でした。
そしてその彼は令子さんに多大な未来を与えてくれた一人だったのでした。

「恩返しができたのですね・・」と彼女の目に涙があふれたのは言うまでもありません。



 
CMSならドリーマASP