ホタルからの伝言

07092311.IMGP2869.JPGアロマセラピストの女性がヒーリングのスクールにこられています。
アロママッサージの時にどうしてもヒーリングが必要だと思ったそうです。

「マッサージをもっと極めたいんです。筋肉とは皮膚ではなく心に届くような」といいまいした。

そしてスクールに通って数回目・・・

「あるお客様を触っているときだったんですけど・・ホタルが飛んでいる風景が入ってくるのです。それも一匹。不思議です。でもお客様に聞けなくて」と言いました。

私も霊視してみました。
すると・・・
「聞いてもいいみたいです。大丈夫、そのお客様が次に来たとき、もし見えたら聞いてみて。もしかしてそれがお客様にとってのヒーリングになるかもしれませんよ」と言いました。


そしてしばらくして・・・
セラピストの彼女から連絡が来ました。
その内容とは・・・

お客様をアロママッサージをしていたら、やはりホタルが一匹見えるので
「ホタルが飛んでいるように見えるんですけど」というと
「え?」と言われ
「ええ、なんとなくホタルが・・」というと
「あ・・・・・・」といって涙を流したそうです。
聞くと彼女は弟と二人兄弟で、そして両親と4人暮らしでした。
父親はお盆になると父親の実家に帰り、ホタルを見せてくれたそうです。
「あの時が一番家族として幸せだったなぁ・・・」とぽつんと言いました。
そしてそのご両親も無くなり、弟は海外へ。
「きっと父が来ているんだと思います。教えてくれてありがとう」と言われたそうです。

それから少しして・・そのお客様から連絡が来て、
弟が海外から帰ってきたのでそのときに思い切ってホタルの話をしたら、弟も行きたかったんだよ、と行ってくれ、二人で父の実家の土地へ行ったそうです。そして季節外れでしたけど・・ふたりでホタルが見えるようだね・・、と会話したそうです。
二人で泣きましたよ、でもそれで父親が喜んでくれたと思います。
「姉ちゃん、ホタルの時期にまた来ような」といってくれたそうです。

先生、ありがとうございました、と言われ、私はヒーリングを覚えてよかったわ〜とつくづく思いました、とセラピストの彼女は私に言いました。

忘れてはいけないことがあります。
身体が無くなっても、子を思うこころは永遠です。
その心に感謝しましょう。

不器用な親もいます。
でも許してあげましょう。
だって、あなたも不器用なんだから・・・・・

 
CMSならドリーマASP