胎動

07100811.IMGP2943.JPG「私・・おなかの中に赤ちゃんがいます」
ヒプノセラピーの途中で彼女がおなかをなでながら話しました。
ちょうど前世で彼と出会い、そしてそのお付き合いの状況をお話しているときでした。
「彼の赤ちゃんです。それで私は・・彼にそのお話をしようとすると・・・・」といって彼女の顔が曇りました。
「彼が・・・・他の女性と・・・楽しく会話しています。私はそれを嫉妬して・・・・彼に怒りをぶつけました。そして・・・」
「そして?」
「そのとき転んで・・・おなかを打ち・・・・赤ちゃんが・・・私の赤ちゃんが・・・」と泣き始めました。
そして
「浮気さえしなきゃ・・彼があんなことをしなきゃ・・私は幸せだったのに」と言いました。
本当にそれが原因なのか調べてみました。
そして・・・彼女の誤解でした。
彼はただその女性に親切にしただけだったのです。
二人は彼女の誤解で別れることになりました。
「私・・今と同じ状況です。子供さえいませんが・・私・・同じことを繰り返しています」と言いました。

そして前世の彼女は人を信じることができず、一人で亡くなって行く人生でした。

ハイヤーセルフからのメッセージです。
「人を信じることができないのは・・・自分を信じていないこと。自分が不安定になるのは相手の答えに左右されていること・・・お前がしなければならないのは・・また・・・」
といって彼女は嗚咽しながら、
「私・・・私・・・・また・・赤ちゃん産めるんんだ・・」と言いました。
そうハイヤーセルフは
「また、赤ちゃん産むことだよ」と言ったのです。

そしてハイヤーセルフは
「子供を産みなさい、そうしたら益々彼とつながりが深くなる。本当の人生が待っている」と。

そのあとセッションが続きます・・・・

目が覚めてから彼女は
「不思議ですね・・私、妊娠したことないのに・・・妊娠の喜びを知っているし」と言いました。
「そうね、女の子はいくつになっても赤ちゃんをみるといとおしくなるし、おなかの痛みさえ感じる未婚の女性もいるし。年齢が上がっても赤ちゃんを抱っこしておっぱいが出る人もいるし・・そして動物もそうだよね」
「そうですね・・犬が猫の赤ちゃんを育てたりしますものね。女性ってすごいですね」
「ええ、だから本当に大切なことを失っちゃ駄目よ。それがあっての妊娠だから」
「はい、わかりました」と笑顔で帰られました。

その夜、彼女は彼にすなおな気持ちで「自分の嫉妬や誤解」のことを話したそうです。
そして彼もそれを受け入れてくれたそうです。

夜自宅に帰って寝て・・夢を見たそうです。
「ママぁ〜〜〜ママ〜〜〜」と女の子の声。
とっさに
「ママはここよ〜」と答えたそうです。そして子供がまっすぐ自分に走ってきました。
走ってくる子の可愛さで抱き上げて抱きしめたそうです。
「み〜つけた」といって腕の中でニコニコしている女の子。
なんて愛しいんだろう・・・としみじみしている夢だったそうです。

「先生、まだ妊娠していませんけど・・私ぜったいこの子を産みます。この子が来てくれるように身体を作ります。医療で無理やりではなく、自然に食事とか生活を変えます」と彼女は言いました。


出産のシーンなどテレビで放送していると一緒におなかが痛くなりそうだし、テレビに向かって
「がんばれ!お母さん!」と応援しながら泣いている自分がいます。
今世ではお母さんと呼んでもらえるような人生を歩いていませんが、私が結婚して相手に連れ子さんがいて・・・お母さん、と呼ばれたらきっと泣いちゃうかもしれませんね。


 
CMSならドリーマASP