バイオリンの調べに乗せて・・・

07101816.IMGP2986.JPGピアノの先生が来られました。
「肩の張りがなかなか取れなくて、マッサージも針も行きましたが・・お友達に聞いてヒーリングをうけてみようと思って」と言われました。

そして・・・準備をしていただいて、ベッドに寝ていただきました。
うつぶせからスタートしました。
肩の辺りに確かに重みを感じます。
しかしこの重み・・何か違う意味があると思いました。
それと・・・耳に辺りと・・後頭部周辺・・・・・

ヒーリングの時にかける音楽があります。
ほとんどはスピリチュアル系なのですが、今日は何か違うような気がしました。
私のインスピレーションで・・・クラシック音楽。
それもバイオリンを選んだのです。

私の手が彼女の体に触れてヒーリングを進めていくと彼女が泣き始めました。
カラダが緩むと心も緩み・・そして目からあふれる人や、言葉があふれる人とかいらっしゃいます。
そのままセッションを続けました。
すると彼女の背中の辺りがぶるぶると震えていました。
そして私の頭の中にある風景が見えてきたのです。

小さな彼女がピアノの先生に怒られ、震えている場面・・・そしてその先生とお母さんがお話している顔を彼女がこわごわみている場面・・・
彼女がピアノの練習を休みたいといえない場面・・・
背中から父親が
「偉いな〜」とほめているけど、自分はちっとも嬉しくない場面・・・

彼女の小さな背中には親から言われた「ピアノの練習がんばれ!」という大きな荷物というものが乗っかっていたのです。

ヒーリングセッションが終わって彼女の口から
「気持ちもカラダも楽になったような気がします」といわれましたので、先ほど感じたことを彼女に伝えると
「その通りです。本当はバイオリンを習いたかったのですが・・親の言うことを聞きました」と言いました。
彼女には
「今からでもいいので、バイオリンの教室に通ったらいかがですか?大人のピアノがあるように、大人のバイオリンがあってもいいと思うから」と進めると
「そうですね!ああ、そうですね」と顔に光が出てきました。

子供の時できなかったこと、今からでもいいからやってみませんか?
私はフルートを吹きたかったですが、吹奏楽部がない学校だったので、自力でおこづかいをため、購入して・・独学で吹きました。
社会人になって吹くことがなくなり、手放しましたが、今は龍笛(雅楽の笛です)を吹いています。

あとでわかったことですが、私の前世に平安時代を生きたことがあり、男子のたしなみで笛を持っていたことを知り、納得できたことがありました。

彼女は今、自宅にバイオリンの先生を呼んで練習しています。
私に
「肩こりはありますが、でも不思議に肩こりを楽しめます」とメールが来ています。


 
CMSならドリーマASP