開運財布

08030214.IMGP3498.JPG「最近彼と別れてから運が無くて」とお友達。
聞いていると・・何か違和感があって・・・
お別れの理由は性格の不一致。

レジでお金を出しているとき、彼女のお財布を見て、あ!と思いました。

「もしかして・・そのお財布彼からのプレゼント?」
「ええ、思い出の」
「それは・・まずいわ」
「え?」
「彼との思い出もいいけど、それは・・」
「そうなんですか?」
「うん、と、新しい彼も厳しいよ」
「あ・・」

聞くと・・・合コンに行っても乗る気がないそうなのです。
またダメになるような気がして。

私は彼女にお財布とのお別れの仕方と新しい財布のタイミングを教えることにしました。
そして時間が合えば一緒にお買い物ということになりました。

少しして彼女は彼からのお財布をある方法で処分。
そしてその後に待ち合わせて・・・一緒にお財布を買いに行きました。
でもその日はいいのが無くて・・・

また他の日をあわせて・・・そしてお買い物。
いいものがありました。
彼女は
「え?前と同じものですよ?」
「同じブランドでも違うのよ」
そして店員さんが
「これが最後のものです」と言いました。

関西でいう「残り福」。
彼女が
「お金残るお財布になるんですね」と笑顔になりました。

そして私は彼女のお財布にあるおまじないを。
開運財布になってもらいたいので。

そして数週間・・・
彼女からメールが来ました。

「お友達に食事をおごっても数日後に他の人からおごってもらったり、無料で服とかアクセを友人からもらったり・・とっても面白いです。これからも開運財布を育てます」

はい、頑張ってください。
私自身もどんどん今のお財布を育てます。

あ、春にお財布を買うといいですよ、というのが昔から言われている言葉です。


 
CMSならドリーマASP