チャネリングスクールの生徒さんから〜悲しみの海から友人を救うために・・

「友達が失恋をして・・かなり悩んでしまって・・食事も喉が通らないみたいで。どうしたら救えるでしょうか?」というお話をチャネリングの生徒さんから聞きました。

失恋とは・・本当に苦しく、辛いものです。
心の傷は深く、きっと身を切られるほどの切なさと苦しさがあるでしょう。

毎日が真っ暗な海の中を流されているような・・深い海の底に沈み、苦しい胸の痛みでしょう。

生徒さんに
「チャネリングはしてみましたか?」と聞くと
「はい、彼と彼女の前世の関係が少し見えました・・」

聞くと・・・08091811_1.IMGP4305_1.JPG
前世も同じ関係だったようです。
そして彼はやはり彼女ではない人を選び、そして結婚して・・・
その後に不倫という形で彼女との関係を再開するような・・という生徒さんの見解でした。

「それは・・また同じことの繰り返しですね」と私がいうと
「ええ、それを止めたいのです。彼女はまた来世も同じになるのですから、友人としてこの輪廻を止めたいのです」と言いました。

その彼女・・・きっと彼と再会したら、また同じように交際をするでしょう。
そしてまた彼女は深い暗闇の海に沈んでいくのです。

闇の海に出向する船はありません。
しかし好きだという気持ちがある限り・・・命をかけて海に出向する船があるのです。

「彼女を止める方法は・・考えてみましたか?」と聞くと
「はい、いろいろ考えてみました。でも・・・好きだという気持ちは彼女からは・・取ることができません」
「彼が本当に悪い人でも・・好きは別ものですものね」
「はい・・・」

そして私は生徒さんに
「上級のことですけれど・・あることをやってみますか?」と聞いてみました。
答えは
「もちろんです。彼女が幸せになるのなら、私は頑張ります」

そして私は彼女にあることを教えることにしました。


一ヵ月後・・・生徒さんから連絡が来ました。

報告を聞くと・・
お友達が元気になって彼女と会ったそうです。
そして理由を聞くと
「会社である会議のため出張に行った時、昔の上司と久しぶりに会い、一緒に食事をして・・話をしたら離婚していて・・来年転勤になって大阪に戻るので、もしよかったら本気でつきあってもらえないかな?と申し込みを受けたそうです」と。
「あら、それは凄いですね」と私が言うと
「私もびっくりでした」と生徒さん
「それで彼女はなんと答えを?」
「もちろんその場でOKをしたそうです。彼女は昔好きだった人だったみたいですよ」と。
「失恋して辛い経験をしたけど、彼女はこれで幸せになれるわね」
「はい、そう思います。あ、そうそう、先生、私ですね〜その上司さんの顔を当てましたよ」
「あら〜チャネリング、旨くいきましたか?」
「はい、嬉しかったです。でもそれ以上に上級チャネリングの凄さを感じました。これからもお勉強してもっといろんな人を助けて生きたいと思います」と生徒さんが答えてくれました。

人を助けるために自分がお金を払って学ぶ・・
とても大切で尊いことです。

これからももっともっと成長してもらいたいと心から願っています。


 
CMSならドリーマASP