「さぁ未来へ行こう」

ヒプノセラピーのご依頼があり、彼女と会いました。
彼女の知りたいことは
「彼との関係を知りたい」ということでした。

普段でしたらそのままヒプノセラピーをするのですが、なぜか私は日を改めることにしました。

一週間後にまた彼女と会いヒプノをすることにしました。

「戦争が・・・」と言ったあと彼女は男性の名前を繰り返して呼んでいました。
どうやら男性が戦争に行くときのシーンだったようです。

彼女はずっと泣いていました。08111815.IMGP4432.JPG
そして戦争が終わり、彼の帰りを待っていました。
数年たっても帰ってこない彼・・・
そして彼女はある男性から
「彼は亡くなった」と聞かされ、生きる勇気もなくなりました。
そしてその男性は彼女に交際を申し込んだのでした。
(その男性は今も彼女と付き合いたい、と言っている男性だったそうです。その男性が運命の男性なのか迷っていたみたいでした)

彼女はそれを断りました。
しかし・・一人は辛い。
どうしよう・・どうしよう・・と思っているときに心の隙に入ってくるその男性・・・
彼女は迷いました。

そして彼女のそばにいた親友の女性(今でも親友だそうです)が
「好きな人と一緒になるべきだし、さびしいからといってその人を選ぶのはおかしい」と言いました。

彼女は一人の道を決めました。
そして年を重ねて・・・・天に召されました。

天国で彼と再会。
そして彼は彼女に
「さぁ未来へ行こう。そしてまた君を選び、君と一緒になるんだ。だからまた僕を選んでね」と言いました。

彼女の目から涙が溢れ・・・そして小さく「うん」と答えました。

セッションは続きます・・・・

08111815.IMGP4435.JPG目が覚めた後彼女は私に
「本当のことを知りました。そして私は未来の約束を果たすためにまた彼に会ったのですね」と穏やかに答えてくれました。

実は彼と彼女、遠距離恋愛だったそうです。
そして時々心の迷いや相手に対する疑いが心に芽生え・・・
身近な人の声に迷わされていたようでした。
それを支えていたのは親友の女性。

「実は最初に会ってからセッションを受ける間に不思議なことがありました」というので聞くと
「決して失ってはいけないものがある」という言葉が聞こえていまして。それが何なのか不思議で・・・聞こえているような聞こえていないような。それと未来という言葉がとっても目に入っていて・・・このメッセージだったんですね」と言いました。

遥か昔・・・もうとっても昔・・あなたは誰かと未来の約束をしているのかもしれません。
もしかしてその逆で何事にも臆病で・・誰とも約束をしていなのかもしれません。

前者の場合は是非一生懸命相手を探してください。
後者の場合は・・・今世で必ずその相手を作ってください。

愛の約束はとても永遠で、たとえ肉体が滅びても必ずその約束と遂げる日がやってくると私は思っています。

そう・・私も今年その約束をした人と出会いましたから・・・・。

 
CMSならドリーマASP