チャネリング〜心のチェンジ

好きだった人が・・他の女の人のところへ行ってしまって・・

体は自宅に帰ってくるけど・・もう心は相手のお家の中・・・


「それって・・どうしようもないですよね?」とお客様。

「うん・・誰にもどうにもならないし・・それに男性はいつまでもそこに心を置いてくるからね」

「そうですよね・・一度外に行ったら・・・」

「うん、ダメよ」

「・・・・はい。友達にも言われました」

「わかってるけど・・わかりたくないものね・・」

「ええ・・・ただ、だた・・・悔しいやら、なさけないやら・・そして・・」

「自分が・・可愛そうだもんね・・・散々彼氏に言われたでしょう?正当なことに聞こえるような不当の事」

「・・・はい」

チャネリングでもかなり彼女は罵声を浴びているシーンが見えてくる。

そして最後には殴られている。

「なじられ・・けられ・・そして殴られ・・・よく我慢したね・・・」

「・・・・・・・・・・・」

見ていても目に余る。

とにかく恐怖なのだ。

男性の性的行為を妨害したものはすべて敵とみなされる。

だから女性にでも簡単に暴力を振るうのだ。


CIMG2319 「上からチェンジって聞こえるよ」と話すと

「チェンジしたいです・・すべてを」といいました。

そして聞こえてきた次の言葉は・・・

「変わらなければ・・・あなたの心は死ぬ、でも変わればあなたは幸せになれる。どちらの道を選ぶ?もし変わる方を選ぶのであれば方法を教える・・って」というと

「本当に変わると決心したら・・私は幸せになれるのですか?」と聞かれたので

「ええ、私は聞こえてくる言葉にはちゃんとお客様に伝えているし、あなたが決意した方の意思を尊重してお伝えするわ。さぁどうする?」と聞くと

「変わりたいです、いえ、変わりますhappy01」といいました。

そしてチャネリングを続けると・・

「今後〜〜の間、〜〜と〜〜をしなさい。そして○月になったら何か起きるから、その間に〜〜をしておきなさい。そして・・あるものを身につけなさい、って聞こえています」というと

「あるものって?」

「このぐらいの・・ネックレス。たぶんブルーの濃い感じで・・・」

彼女が考えて・・・

「あ、もしかして・・母の・・・」

「お母さん?」

「はい、亡くなった母の・・・あ・・・・・(涙)」


彼女のお母さんは数年前、ある病気で他界されたそうです。

彼女が落ち込んだ時にいつも

「〜〜屋のラーメン食べに行こうか!」とか

「回転ずしいかない」と気分転換に連れて行ってくれたそうです。


「そういえば・・私ばっかりしてくれて・・私って母に何にもしてなかったわ・・」というので

「あなたが幸せになることがお母さんにとっての喜びであり、幸せよ。だってあなたもいつか母親になって子供ができたら・・・きっと子供の幸せだけを願っていると思う。なんにもいらない、ただ子供の幸せを願うのが親だから」といいました。

お母さんのネックレスを身につけて、彼女は彼からの“チェンジ”をすることにしました。

「不思議と勇気がでます」と彼女は笑顔になりました。

だって・・一度殴られたら・・もう相手には恐怖しかないから言われたことをやっていく女になるだけですものね・・・


それからしばらくして・・彼女から連絡が来ました。

彼は他の女性のところへいき、彼女は一人に戻ったそうです。

そしてまもなく、不思議なことが起きました。

彼女は彼との別れが決まったとき、母親に力を貸してくれたお礼のお墓参りに行ったそうです。

そこで昔の高校時代の彼氏のお母さん(母親と友人)とばったり出会いました。

帰り道一緒に話しをしていて

「今・・一人?」と聞かれ

「はい」と返事をすると

「実は、息子はまだあなたのことを思っているのよ」と教えてくれました。

高校卒業後、お互いに社会人へ。

仕事が忙しくて会えなくなったのをお互いにイライラしてしまって、ケンカになりました。

そしてお別れ・・・・

「何人かのお嬢さんと付き合ったけど・・お別れして、写真も処分するけど、あなたの写真だけは綺麗にとってあるの・・」と言われました。

そしてそのお母さんに

「実は・・今でも○○君(彼氏さん)の夢を見るんです・・」と答えたそうです。

そして、セッティングしてもらって、十数年ぶりに再会wink

お互い、大人の会話で始り、そしてすなおに

「今でも好きですheart04」と告白したそうです。


「さっきから学生服の右腕のボタンの画面が入ってくるんだけど」と私が言うと

「それは・・彼のボタンが何回も取れたので私が縫ったからだと思います」といいました。


あ〜それって・・彼、わざと取れるようにしたな・・・とニンマリwink


優しくて穏やかで温かい男性です。

だから・・女性に言われると自分の意見を言えなくて、それが他の女性にしたら

「はっきりしない」という評価。

でも、彼女は彼を知っています。

「彼、優しいから、人を傷つけたくないんです。さびしがり屋だから一緒にいたがるし。だから束縛されているんだと他の女性から思われると思います。でも私は一緒に居たい人だから・・・彼とこれからも一緒にいます」といいましたwink


もう二人は立派な大人。

若い時にケンカする内容は・・経験が終わりました。

仕事のコントロールもできるいい大人になったから・・・きっといい大人のカップルになると思いますlovely

きっとあの世のお母さんのお力もあったと思いますよ〜


『チェンジを決意し、実行したものだけが神の祝福を受けられる・・・・shine

                              ・・・・ふるらんのチャネリングの声よりsagittarius




 
CMSならドリーマASP