スピリチュアルな失恋

「やっといい人ができた、と思って1年。先日その彼にふられてしまいました」と彼女は言いました。

ふられた理由が

「相性が合わないし、一緒にいてもあまりときめかなくなった」。

う〜〜ん、それはちょっと悲しい言葉を受けてしまいましたね・・・

彼女はそれで

「恋愛に自信が無くなってしまいました」というので、霊視をすると

「単純にそれだけではないと思います」とふるらんが言うと、笙先生も

「僕もそう思う」と言いました。


簡単に言うと、笙先生とふるらんの意見は

「彼側のご先祖様とこっちのご先祖様の相性が良くない、・・と言おうか、昔何かあったでしょう?という感じなの」と彼女に説明すると

「それはどういう意味ですか?」と聞いたので

「彼の写真をみていてそう思うし、それに無理して一緒になったら・・・大変かも」と言いました。


彼女の「やっといい人ができた」というのは「やっと昔あった人を見つけた」という感じで、彼のご先祖様の方にとってもなんかあるのが見えるので、きっと

「関わり合い」という点が引っかかる。

結婚するまではとっても良かったのに、結婚してからむっちゃケンカばかりという話も多い。


CIMG2488見えない世界ですからなんといったらいいのかわからないですが・・

ただ、ただ・・・出会わなければよかった、という事もあります。

「お嫁に言っていたら・・・きっと失敗した、とか苦労したと思います」というと

「それも・・運命で縁ですか?」と聞かれたので

「そうですね、嬉しい出会いも悲しい出会いもあります」と答えました。


昔、ヒプノセラピーをしたとき、女性は夫のことを

「怖い」と言いました。

そして二人は前世ででも出会い、殺傷事件を起こしていました。

奥さんはおなかを刺され、重傷。

今世では

「辛い時にはおなかが痛くなるのです。それも刺されたように」といい、

夫は前世で自殺未遂をして・・今世では首に傷があります。

そして夫の口癖は

「殺されたいのか?」。


ヒプノセラピーでは逃げ惑う奥さんに馬乗りになり、押さえつけ、そして動くなとどなり、おなかを刺しています。

「今も・・馬乗りになります・・」と奥さんは言いました。

腕をひねる、肉をちねる・・・

そして腹が立つと、手で殴る。

「怒らせないように・・怒らせないように・・・と暮しています。腫れものに触るように生きている自分がもう限界です」と言っていました。


そしてヒプノが終わった時には・・奥さんは

「離婚をします。これで決意ができました」と言って帰っていきました。


「もし・・私も彼と結婚していたら・・そのようなことになっていたということもあり得るのですか?」と聞かれたので

「ええ、彼の写真を霊視すると・・そう思います。彼と出会ったのは・・最後のごあいさつぐらいだと思って、あなたを幸せにしてくれる男性を改めて探してください。前世に関係なくてもいいので、今世で新しい人がいてもおかしくはないので」と言いました。


彼女は派遣だったので、今の会社を辞めて、新しい派遣先に行きました。

そこで出会ったのが新しい彼。

同じ年の人ですが、温かくて優しい人です。

聞くと前の彼女と結婚の約束をしていたけれど、彼女は他の人と結婚を決め、その心の痛みでしばらく恋愛から遠のいていたそうです。

彼女と出会った時

「初めてであった感じがしない」と彼が思ったそうです。

そして急接近しました。

お互いに実家を聞いてみると・・

隣町同士。

彼の写真を霊視すると・・

「この人ならいいよ〜」と笙先生の許可も出ました。


「ところで・・」とふるらんがきりだし・・

「あなたのいとことか双子だし、お母さんの兄弟も双子よね?双子が生まれやすいの?」と聞くと

「ええ、そうです。でも私は一人っ子ですから、私の後の代に出るかも」というと思わずニンマリしてしまいました。


彼女が帰った後、笙先生に

「彼、彼女と前世で双子ね?」と言うと

「だろうね〜今世は別々に生まれたけど、この辺とか・・このあたりに見えるものは同じだもんね」と二人で笑っていました。


地方によっては双子は引き離される場合があります。

今世ではあまりないですけれど。

やっと、やっと見つけた魂の片割れです。

今度は・・夫婦。

そして・・・双子の赤ちゃん誕生かな?(ニッコリ)


 
CMSならドリーマASP