大阪スピリチュアルセッション〜運命の人とは・・

とても冷静に淡々と話すお客様を見ていると本当に心が痛い…

相手の男性が彼女にした行為が最悪だとわかるから。

泣いて、泣いて、泣いて…
いくら泣いても楽になんかならない。

泣き終わって込み上げてくるのは「憎悪」。

「彼、不幸になりますか?」と言う質問は…普通に聞けば醜い発言だけど、こういう彼女にしたのは彼の責任でもある。


でもいつまでたっても「捨てられた女」「被害者の私」をしているわけにはいかないから。
「今でも殴るか蹴飛ばしてやりたい」
と彼女がいうので、ふるらんは
「どうしますか?あなたの上げたその右足、蹴飛ばすのに使います?それとも、前に歩き幸せを掴むために使いますか?」と聞くと少し考えて
「もう泣きたくないから…幸せになるために使います」と答えてくれました。

正直、そんなにすなおになれないでしょうね
自分を騙しても本当のよい女に戻らないとダメなんだと自分でちゃんとわかってる。

それを強制で自分にいい聞かせる作業をする。
繰り返し、繰り返し…
繰り替えさないとまた醜い女の自分になるから…

CIMG2628「ふるらんさん、彼を恨んでいてはダメですか?」と聞くので
「恨んでいるほうが楽かもしれないですね…でも…」
「でも?」
「恨むとたくさんの〜〜〜になり、〜〜〜になるの」
「え!」
「〜だし」
「え…」
「知らなかったでしょう?」
「はい…」
「早く彼をあなたの記憶から消去するのが一番。…あなたは時期に新しい人見つかるから大丈夫だけどね」とニンマリ。


あれから三年…
「スーパーで買い物をしていたら見たことがある人だと思って…会社の同僚の男性にばったり会い、食事をしました。そしてその場で告白されました。〇才下ですが…久しぶりにみたら男っぽくなっていて素敵になっていました。お付き合いをしても大丈夫でしょうか?」と連絡がきたので
「その男性って〜で〜の人?」と聞くと
「そうです」と返信があり
「それならいいですよ〜」と答えました。


そして…
「彼から聞きましたが、実は毎日私に会えるように〜をしていたそうです」と彼女がいうので
「それは凄いね」と言うと
「それでなかなか願いが叶わないからやり方が違うのかな?と思っていると友達のお坊さんから願い方が違うよと言われて、言われたとおりにしたそうです。そして私と会えたみたいで・・」

「そのお坊さんに感謝しないとね」

「ええ、近いうちに私をお坊さんに紹介するみたいです」

「それは素敵ね〜その願い方って・・・・〜〜でしょう?」というと

「はい、その通りです。やはりちがうんですね」というので

「うん!」と返事をしました。


運命の男性はたくさんいます。

運命の男性とは前世で必ず幸せに終わった男性ではありません。

今世で会わなければならなかった人、前世の決着をつけなければならない人・・・

前世で「来世、この人の子供を産みたい」とか「結婚したい」とか「この人と離れたくないから、子供として産みたい」と思った人。

(幸せになるかならないかは別ですが・・)

その他たくさんの意味があります。

そして・・・今世でまた新たな縁ができる

それは・・・今世で前世の関係が切れたからの出会いです。


いろんな事があったと思います。

そしてまたいろんなことがあるでしょう。

でも・・幸せになるためにはしなkればならないことがあります。


そのために・・聞きにきてください。

お手伝いをさせていただきます。



 
CMSならドリーマASP