霊視教室〜友達を霊視する。



霊視の教室では、いろいろな内容を準備しています。

とっても不思議な授業だと思いますよ。

怖い?

いえいえ、とんでもない。

ふるらんは楽しいことをしながら人生を歩むのが大好きなので。


ややこしいことも、嫌いです。


だから・・楽しくて、へぇ〜〜がたくさんあるお勉強に勤めています。



霊視教室の生徒さんのお話しです。

彼女はまったく見えない人でした。

でも・・

「どうしても・・・お仕事でつかえるようになったいいと思いましたから、いろいろ学校を探していたんです」と言いました。

彼女の仕事は占い師さん。

でも、半分以上は普通の会社員さんです。

空いている日に占い師さんをしていました。

土日だけとか、休日にとか・・でした。


RIMG0230月に数万円の仕事でしたが

「お小遣い程度でしたから、これでいいと思っていたのです」と話していました。


占いのお客様はタロット占いで対応していましたが・・・時々、

「先生は霊視はできないのですか?」と聞かれることがあり、霊視も必須かな?と思って授業を受けにきました。



ある日、お友達から

「霊視はできないよねぇ・・?」と言われ、

「今霊視の授業を受けているのよ」と答えると、そのお友達は

「その先生を紹介してもらえる?」と言われて、ふるらんに会いに来てくれました。


お友達の霊視をしました。

ご主人のことや、家庭環境のお話しになりました。

そしてふるらんは、生徒さんに霊視を実践してもらいました。


「あそこのあの辺をみてくれると・・・」と小さな声で言うと生徒さんがいつもの授業のようにして・・・

少し時間をかけると・・・

「あのぉ〜ふるらんさん。もしかしてこれって・・・」と見えたものをおしえてくれました。

そしてほぼ半分以上は正解でしたから、それを友達に話すようにしました。


するとお友達は

「そうそう。当たってる」と言ってくれたので、未来のことも生徒さんから伝えてもらうことにしました。

もちろん後ろから

「見るポイントは・・・もうすこし・・こっち・・」とか教えてあげて・・・


そして友達は大喜びで帰っていきました。

なぜなら・・・お友達が今一番ほしいと思っているものが手に入るというメッセージを彼女に渡したから。



セッションが終わり、生徒さんは

「とっても面白いと言おうか、楽しいと思いました。占いにはない世界ですね」といい、

「もっと勉強します」と言って帰宅されました。


その日の夜に見た夢が

「たくさんの人にありがとうと言われる夢」だったそうです。



しばらくしてお友達から

「一番ほしかったものが手に入ったわ〜ありがとう」とメールが来たそうです。


一番ほしかったものって・・なんだと思います?


女性なら思いますよ〜

はい、赤ちゃんでした。



ふるらんの授業は幸せをお客様にお渡しするための授業です。

そのためにまず幸せのお勉強をしていただきます。


たくさんの幸せを増やして、この地球を幸せいっぱいにしてあげてくださいね。


 
CMSならドリーマASP