大阪チャネリング教室〜途中からヒーリングへ



時には不思議なことがあります。


チャネリングの授業をしているときに急に生徒さんが


「ふるらんさん・・・不思議な画像が見えてきたのですが・・」とお話される時があるのです。



彼女が言うには・・・


「中世の感じで・・きれいな服を着て・・・そして自分は廊下を歩いていて・・・なんでこんな画像が突然みえてきたんでしょう・・・」と言いました。


ふるらんは

「それはね、今あなたのチャネリングが前世のスイッチに切り替わったんだと思うわ」と答えました。


でも心が不安で・・とお話をされるのでチャネリングの力を少しコントロールして進めてみました。


RIMG0230

すると・・・



今お付き合いしている男性が冷たくされている事と前世の経験がシンクロするみたいで・・・


「胸が・・悲しいいのか・・痛いのか・・・苦しいです」と言いました。


ふるらんは彼女の胸とに向かって手が動きました。

それで・・彼女に

「チャネリングの授業なんだけど、今日は急にヒーリングしていい?」と聞くと

「はい、いいです。すべて先生に任せます」と答えてくれました。


ふるらんの右手が・・背中を触りたがるので背中に手を当てると・・彼女が泣き始めました

彼女は前世で彼に殴られたようでした。

背中を。



「それで・・その痛みを隠していたのですね・・」と話すと彼女は



「やっと気がつきました・・・私は・・彼と別れるべきだと思います。いえ、わかれます。

胸と背中の痛みが・・私にそう言います」と言いました。


チャネリングの声が聞こえてきているようでした。



彼女はそれから間もなく彼と別れました。

そして・・・新しい愛を見つけました。




彼女はふるらんに



「ヒーリングを受けていなければ、きっと別れられなかったと思います。これから幸せのための努力をしていきます」と言いました。


彼女の胸と背中の傷が彼女にこう言ったように聞こえたそうです。



「私たちは・・あなたに正しいことをしてもらい、早く傷をなおしてほしい・・」と。


まもなく彼女はチャネリングと同時にヒーリングも学び始めました。


今では、会社員の仕事をしながら、時々、ヒーリングとチャネリングを混ぜて、お友達を癒しているそうです。


あなたの体から聞こえるメッセージを受け取ってくださいね。

なぜならその体はあなたの魂の声を入れている大切な宝の箱なのですから。


 
CMSならドリーマASP