ヒプノセラピー 〜不倫の理由


「なぜか不倫ばかりしてしまうのです」・・と彼女は話してくれました。

そしてその理由をはっきりさせたいということでヒプノセラピーをすることにしました。


「たくさんの・・女の人がいます。私は・・着ものを着て・・他の人より粗末ですが・・・・・ここは大奥です」と答えました。

大奥は・・とにかくお殿様に好かれることが出世の道。

なんとしてでも気にいられることをしていくことです。

そして・・ある日、上の人達との面接があり、お殿様との顔合わせがありました。

そして・・彼女がお殿様の夜のお共に選ばれました。

その日の前にしてはいけないことがあることを教わり、作法も教わりました。

そして・・その夜になり、お殿様と布団に入るのですが、御簾の向こうには監視役の女の人がいました。

ずっと見られていて、はしたないことをした場合、罰があるのでした。


NEC_0037 ことを終えて、その反省を上司から聞かされ・・・

そして妊娠を待ちましたが・・生理が来ました。

上司からは

「女としてなっていない」と散々怒られました。


他の女性が妊娠したことを聞き、彼女は胸の中から嫉妬が燃え上がり

「(子供が)降りてしまえばいいのに・・」と憎しみの心がわいたそうです。


もし自分が妊娠していたら・・たくさんのお金と、地位が待っているのです。

それが・・・他の人のところへ行ってしまう・・

そう思うと彼女は悔しく思いました。

「あ・・」と言うので聞くと

「他の女性は・・夜中、わら人形を作っている人もいるし、針を刺している人もいます」と言いました。


お殿様にお手付きになり、でも妊娠しなかった女性は、とりあえず大奥にはいられますが、ずっとそのままで働きます。

そして体力的にダメになると、今度は大名とかおおきなお家の下女になり、下働きで一生終わります。


くやしい・・くやしい・・とにかく・・くやしい・・・

彼女は握りこぶしをにぎりながら泣いていました・・・


天命を受け、そしてあの世へ。

あの世でのメッセージが

「歴史に流されることなく、自分の愛で生きることを選びなさい」

すると彼女は

「・・・・・・・私、勘違いしていたんだ・・」と言いました。


彼女は

「愛を手に入れて、自分の欲求を完成させようとして・・・本当の愛を育てることをしていなかた」のです。

「ふるらんさん・・」というので

「なぁに?」と聞くと

「私・・今世は・・太ってるけど、おっとりしているけど・・・・わかった。前世の・・お殿様の・・下で働いていた武士の人、武道は鈍いけど、文学にたけてて面白いお話をしてくれた・・・・この人と結婚するんだ」と言いました。


目がさめてから

「わかりました。私、あの男性に声をかけます」というので

「誰?」と聞くと

「私に前に声をかけてきてくれた人です。今の会社に前に働いていた男性です。今、独立して会社をしています。
たしか・・・2・3人で始めた小さな会社ですが、私に来ないか?と言われたのを断ったんです。
今からでも連絡します。そうです・・そうしなければならなかったのですね・・・わたし・・気が付きました。いつも・・お城で彼が私に面白い話をしてくれていたんです。そうそう、会社にいた時も。彼と話すと私は落ち着いて・・・・・楽しかったんです。そしてこの人・・優しくて、楽しくていい人だと思っていました。
あれが愛だったんですね」と言いました。


その後、彼女は彼と連絡をとり、彼は温かく迎えてくれました。

そして今二人の間には女の子が二人います。


本当の愛に気がついてね。おねがいします。
相手の方の持っている地位やお金に惑わされて・・・本当に手に入れなければならないものを失わないでね。


 
CMSならドリーマASP