チャネリング体質〜スピリチュアルな指輪


「彼は運命の相手ですか?」と笙先生とふるらんにお客様が聞きました。

笙先生とふるらんは顔を見合わせてお互いに知っている答えを言葉に出さすにうなずき合って・・・

笙先生がふるらんに
「ふるらん先生から話したらいいよ」というので、ふるらんは

「ごめんね・・・違うと思うわ」と言いました。



お客さんが
「やっぱりね・・・お二人の先生が彼の写真をみたときの顔が・・ちがうってわかりました」というので

「うん・・・まったく違うと思う、ね?笙先生」というと笙先生はうなづいていました。


彼の写真から見えることは・・・
「彼ってうそつきじゃない?最初はいい人だったけど、途中から何かが変わってしまったような」というと
「ええ、そうです。私が甘やかしたかな?」というので
「それもあるけど・・・彼って女性に影響されやすいのよね〜本当は彼の思いが正しいのに、周りの人で女性が言うことを信じてしまう。あるいみマザコンだけど、ある意味自分の意見に自信がない」
「そうそう」
「それでね、彼、こんな癖ない?」とあることをすると
「そうです」と言いました。

笙先生が
「彼はね・・・正直にいうけど、金運ないんだよね」というので
「え?」と彼女が驚き
「うん、無いんだよ。貯金しないだろう?それにお金を持ったら使うし」というと
「そうなんです・・それで結婚には向いていないのかなと思ったりして」というので
「そうね〜彼は無理・・・でもね・・・」と言って写真の見直すと・・
「彼のあとに、男性がちゃんと出てくるから、この人とはもう少し放置して・・○月ぐらいにはいいことが始まるからそれまで自分磨きをしてほしいの」といい、笙先生と彼女に恋愛アップの話をしていました。

彼女はそれをちゃんとメモをしていました。


「・・・と、その指輪・・外してね」とふるらんが言うと
「え〜これって彼からもらったものなんですけど・・・」というので
「それじゃ・・・○月までしていていいから、そのあとは外して売って処分してね」と言いました。

それと・・・
「家に〜〜みたいな指輪があると思うけど・・〜〜ぐらいの」というと
「ええ、あります。○○○の模様が付いた・・」
「それ、してね」と勧めました。

近所のおばさんで、小さい時からかわいがってくれた人から頂いたものらしいです。

○か月過ぎて、彼女からメールがきました。
そしてご予約をいただきました。


ふるらんたちに会ってから○か月後にあの近所のおばさんに頂いた指輪をしていたそうです。

彼女はふっとその指輪をある場所に置くといいな〜とイメージがわいたそうです。

それでふるらんにメールがきました。
ふるらんは
「それって・・さすがに霊感のある人ね〜あなたの部屋のパワースポットよ」とメールを返しました。

そして一晩その場所においてから、下して指にしてみました。
すると前の日より違う何か不思議な安心感がわいてきたそうです。


彼女は来てくれた時に、その指輪を見せてくれました。

笙先生と二人で
「いいね〜これ」とうれしくなりました。


そして・・・友達の紹介である男性と知り合い、数回のデートをしました。

彼の写真をメールで見たときに、笙先生は
「さすが・・パワーアップするといい人見つけるね〜」と言いました。

彼はまもなく彼女に
「結婚を前提に・・・」と言われ、彼女は受け入れました。


「これが・・彼から頂いた、バースデイプレゼントの指輪です」と見せてくれたのは、あるブランドの指輪でした。


笙先生が
「これもいいね〜パワー全開だし、それに彼の写真をみても金運パワーあるし、男性としても大正解だし。いい出会いだと思うよ」と回答しました。
ふるらんも同意見でした。


「それで相談なんですけど・・・結婚してもいいですか?」と聞かれたので
「もちろん!」と笙先生とふるらんと答えました。




お盆には両家のおうちにご挨拶に行くそうです。


それで・・・不思議なことにその彼から
「最近、金運がいいんだよね〜」と彼女に言うそうです。


ダブルで金運アップ!

本当に素晴らしいですね〜。


・・ちなみに・・近所のおばさんという人、みなさんのご想像どおり、金運があり、宝くじなど当たる人だそうですよ。





 
CMSならドリーマASP