東京スピリチュアルセッション〜ヒプノセラピーでバラの意味を知る。


前回にセッションを受けたお客様から
「次回のセッションは、ヒプノセラピーを受けたいのです。彼との前世の意味や家族との意味など知りたいのです」と依頼を受けました。

そしてもう一つ・・
「バラが気になるのです」と。





ヒプノセラピーの日がきました。

そしてその日、ある男性のお客様が
「ふるらん先生のお誕生日のプレゼントです」と言ってとても立派な赤いバラを一厘いただきました。

とってもお花が大きくて、茎も太くて・・・
大人の女性がいただいてとてもうれしくなるような立派な真紅のバラでした。


ふるらんはいただいた嬉しさと、この後に来る、ヒプノセラピーのお客様との不思議さを感じながら
「神様や仏様って粋なことをされるのね・・・・」と見えないもののチカラがいつも働いていることを心から思いました。


ちなみに・・・もちろんのごとく、そのバラを持ってこられた男性のお客様に
「赤いバラを持ってきてね」と頼んではいません。


そして・・・・・・その男性はチャネリングの授業を受けておられる方で、日々自分磨きの努力されている方でした。




彼女は過去へ戻っていきました・・・


彼女は最初森の中を歩いていました。

そしてある男性と出会い、交際をしましたが、別れ・・そして出会いと別れを繰り返し・・・
自分の家族との意味も知りました。

彼女はある港に生活を移しました。

ふるらんの頭の中に、港と・・・大きな船やまるでヨットハーバー(関西でいうと・・神戸よりもう少し西に大きなヨットハーバーがあり。ヨットがたくさん並んでいるあの風景です)を見ながら生活をされているのが見えてきました。

彼女は
「建物がたくさんあって・・ヨットや船が並んでいます・・・」とふるらんに教えてくれました。

「とっても綺麗ね〜」とふるらんが言うと
「はい。とっても・・」と言いました。


そして・・・ふるらんの頭の中に彼女がお腹を触り、痛がっている風景が出てきました。
「おなか・・病気になったみたいね」と彼女に聞くと
「○側が痛いです」と教えてくれました。

ベッドの上に横たわる彼女に、男性がいつもお見舞いに来てくれました。

「その男性の顔・・わかる?」とふるらんが聞くと
「・・・今の彼です」と答えてくれました。


男性が彼女に面会に来るときはいつも赤いバラを持ってくるようでした。

「○側に・・・赤いバラがあって・・・綺麗です」と彼女は話してくれました。

そして・・・彼の彼女に対しての思い、彼女の思いなどを知り・・・


彼女はあの世へ旅立っていきました。


いろいろなことを思いだし、そして・・・彼女は大切なことも思い出したようでした。




彼女から頂いたメールです。


「先日はヒプノセラピーありがとうございました。

最初は見えるのかも不安だったけど、受けたら全然そんなことなくてすごーく心がぽかぽかになりました。

最初の階段を上がっていく時にもピンクや黄色の光の玉も見えてそこで不安も消えました。

ヒプノで左足を痛めてたところは、今世では長時間歩いたり天気が悪いと左膝がぎゅーっと痛くなるんです。

ヒプノで感じたお腹の痛みなんですが、実は○○歳の時に○○の経験があるんです。その時もお腹の左側が痛くなっていました…。
昔からお腹をよくこわしていたので、これからしっかり検査して身体を大切にしていきます。
少し前に住んでいる市から無料検査の券が届いていました!!
この機会に検査してきます。

薔薇のこともわかってすごく嬉しいです。
ヒプノで見た薔薇を持っている彼がニヤニヤしていたので今の彼と似てるな〜と思いました。
ふるらん先生がいただいた赤い薔薇もベッドの横に飾ってあるのも偶然だけど当時みたいですごく嬉しかったです。

彼を失った感覚が今でも思い出すと震えて涙が出てきます。あの喪失感は今までに感じたことない悲しみでした。
同じようなことが起きないよう彼には交通事故にはくれぐれも気をつけるように伝えました。
今世では一緒に年を重ねて彼がお爺ちゃんになった姿が見たいです。


これからしなきゃいけないこともわかったのでまた前を向いて頑張ります!

来月もまたよろしくお願いします」



彼女はこれから気をつけなければならないこと、手にいれなければならないもの、そして・・本当に大切にしなければならないものを知りました。

もちろん、愛する彼の前世も知りましたから、彼をどうやって守っていいのかも知りました。



幸せになってほしい・・・と思う気持ちでいつもヒプノセラピーをさせていただいています。

最初は少し怖いかもしれませんが・・・
あなたにほんの少しの勇気があれば・・・必ず幸せになれるとふるらんは信じています。


 
CMSならドリーマASP